交響曲第7番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第7番イ長調作品92ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲した7番目の交響曲。リズム重視の曲想から現代においても人気が高く、演奏される機会が多い。

概要[編集]

ベートーヴェンの交響曲中でも最もリズミカルな作品である。第5番第6番におけるさまざまな新たな試みの後に、再び正統的な手法による交響曲に回帰した作品である。

音楽家からの評価はさまざまである。ワーグナーは各楽章におけるリズム動機の活用を指して、この曲を舞踏の聖化と絶賛している。その一方で、ウェーバーは「ベートーヴェンは今や精神病院行きだ」との言葉を残し、ワインガルトナーは「他のいかなる曲よりも精神的疲労を生じさせる」と語っている。

作曲は1811年から1812年にかけて行われ、初演は、1813年12月8日ウィーンにて、ベートーヴェン自身の指揮で行われた。同じ演奏会で初演された『ウェリントンの勝利』の方が聴衆の受けはよかったとされるが、それでも初演は成功であり、第2楽章はアンコールを求められた。

演奏時間[編集]

伝統的な演奏では第1・3・4楽章のすべての繰り返しを含むと約42分である。

ただし、すべての繰り返しが行われる演奏は少なく、その結果40分弱の時間で演奏されることが多かった。カラヤンベルリン・フィルなどでは35分を切る時間で演奏されている。近年はベートーヴェンのメトロノーム指示と作曲当時の演奏習慣を尊重する傾向が強まり、全て繰り返しを行って40分を切る演奏も増えている。

編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 2 Hr. 2 Timp. Vn.1
Ob. 2 Trp. 2 Vn.2
Cl. 2 Va.
Fg. 2 Vc.
Cb.

第3番のような拡張されたホルンのパートはなく、第5番や第6番のようにピッコロやトロンボーンを動員することもなく、第9番のような合唱はもちろん使用されていない。また書法も第3番や第9番に比べて明瞭であり、古典的な管弦楽といえる。

第8番の初演で一緒に演奏された際は、木管楽器が倍、弦楽器はヴァイオリン各18、ヴィオラ14、チェロ12、コントラバス7、さらに出版譜に無いコントラファゴットも2本加わるという当時としては巨大な編成であった。

曲の構成[編集]

古典的な交響曲の形式に従うが、緩徐楽章(第2楽章)では通例「遅く」などと指定されるところを「やや速く」と指定されている。また、全曲を通してリズムが支配的であり、快い速度で全曲を駆け抜けていく。

第1楽章[編集]

  • ポコ・ソステヌート - ヴィヴァーチェ、イ長調 4分の4拍子[1] - 8分の6拍子 序奏付きソナタ形式(提示部反復指定あり)。
トゥッティで四分音符が強く奏され、オーボエがソロで奏でる。そして、長大な上昇長音階の輝ける序奏の後、付点音符による軽快なリズムの音楽が始まる。第1主題はフルートの楽しげなソロによって提示される。そこから付点音符の動機が全曲を通して反復されるため第2主題との対比は少ない。シチリアーノが主題部展開部再現部すべてを支配しておりワーグナーの評が指示する通りである。展開部は弦と管の対比応答が目覚ましい。ベートーヴェンらしいユニゾン的な分厚さで盛り上がったところで金管の合図と共に、全楽器が主旋律と伴奏に散開、再現部に突入する。コーダでは22小節にも渡って持続される低弦によるオスティナートが、混沌としたままppからffまでを導き、最後に、弦と管が応答を繰り返したのち一体化し一気に終結になだれ込む。曲を締める音は主音のド(イ音)ではなく第3音のミ(嬰ハ音)である。

第2楽章[編集]

初演時に聴衆から特に支持された楽章。シューマンはこの主題を基に変奏曲を遺しているし、ワーグナーはこの楽章をさして「不滅のアレグレット」と呼んでいる。複合三部形式の主部は変奏曲の形式であり、かたくなに同音が反復されつづける静的な旋律でありながらも、和声的には豊かに彩られている。最初の三小節でホルンと木管が奏でる印象的な和音のあとに、弦楽器で第1主題が奏でられる。後半をリピートした主題を弦楽器の低音の提示を含めて四度演奏し、最後に全楽器によるフォルテに至るのは第九の歓喜の旋律の提示展開と同じである。
ヴィヴァーチェ、プレスト、アレグロが立て続けに演奏されるこの曲の中では、「アレグレット(少し速く)」は、比較的遅い速度設定である。ベートーヴェンは、ゆっくり、しかし普通のアンダンテやアダージョよりは速くしてほしい、という意図で、このように設定したようである。

第3楽章[編集]

トリオはニ長調。形式的には三部形式であるが、トリオは2回現れ、ABABAの型になっている。コーダでは第9番の第二楽章と同様にトリオが短く回想される。

第4楽章[編集]

アレグロ・コン・ブリオ、イ長調 4分の2拍子 ソナタ形式(提示部反復指定あり)。  

熱狂的なフィナーレ。第2楽章同様、同一リズムが執拗に反復され、アウフタクト(弱拍)である2拍目にアクセントが置かれている。(現代のロック、ポップスにおけるドラムスの拍子のとり方と同じである)第1主題は後年の資料研究からアイルランドの民謡「ノラ・クレイナ」の旋律からとられたとされている。この第1主題は主和音ではなく属七の和音で始まる。第1楽章同様、コーダでは低弦によるオスティナートが演奏される。

前後の作品[編集]

  • 作品番号
    • Op91戦争交響曲「ウェリントンの勝利」 - Op92交響曲第7番 - Op93交響曲第8番
  • 交響曲

新しい楽譜[編集]

自筆スコアは現存しており、ポーランドクラクフ・ヤギェウォ図書館に収蔵されている。これは戦前ドイツに有ったものが第2次大戦の際に戦火を避けて疎開させられ、ドイツの敗戦後ポーランドに接収されたためである。初版は1816年シュタイナー社から交響曲では初めてパート譜とスコアの両方が出され、ベートーヴェンから「悪魔」と呼ばれるほど目敏い写譜力を誇ったアントン・ディアベッリ(悪魔とは"Diabolus Diabelli"というベートーヴェンがよく使った語呂合わせ)が出版用筆写スコアを準備した。

さらにベートーヴェン自身が修正した初版の校正刷りもベルリン国立(州立)図書館にある。それまでの交響曲に比べて第7番に関する資料はベートーヴェン自身が修正したものが多く残っており、ベートーヴェンが書きたかった/避けたかった稿態を知る手がかりとなる。

20世紀末に残存する原典資料の点検が行われ、ベーレンライター出版社がジョナサン・デルマーの校訂で、ブライトコプフ・ウント・ヘルテル社もペーター・ハウシルトの校訂で新しい原典版を出版した。また将来ボンのベートーヴェン研究所が編纂する新ベートーヴェン全集版(校訂はエルンスト・ヘルトリヒ。当初は交響曲第5 - 6番を校訂した児島新が引き続き担当する予定だったが、死去により引き継いだ)もヘンレ社から刊行予定である。資料が多いため、どの資料を重視するかによって譜面は変化する。2社が出した原典版も、ほぼ同じ資料に拠りながら、相違点がある。

ブライトコプフ社の旧ベートーヴェン全集の版(エディション)は、出版されて以来一世紀以上にわたって多くの指揮者/団体が使用してきたが、第2楽章の最後のヴァイオリンパート[2]アルコの指示がある。その部分の少し前から続くピチカートからアルコに切り替えるものであるが、エーリヒ・クライバーカルロス・クライバーなど一部の指揮者はピチカートのまま弾かせている。これは自筆スコアを参照した結果、汚れなどで見にくい当該部分をアルコ無しと判断したからとみられる。同じ部分についてブライトコプフ社の新版(ハウシルト校訂)は同社の旧版と同じだが、ベーレンライター新版(デルマー校訂)では初版や筆写スコアに従い、275小節のアルコを276小節に移している。

この曲を使用した作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ P.ハウシルトのブライトコプフ新版は開始を2分の2拍子としている。
  2. ^ 第2ヴァイオリンは275小節、第1ヴァイオリンは同じ小節の後半
  3. ^ アサヒービール|ザ・マスター|CM情報

外部リンク[編集]

関連項目[編集]