ノイタミナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノイタミナ (noitaminA) は、フジテレビほかフジテレビ系列地上波一部局およびフジテレビワンツーネクストなどの各CSチャンネルで放送されている日本の深夜アニメ放送枠名称である。

放送開始から2011年9月までは『ノイタミナ』の名称を用いない形で、フジテレビ系列地上波各局でも放送。2009年11月から2013年3月まではBSフジでも放送されていた。(詳細は#放送局の節を参照)

内容[編集]

誕生への経緯[編集]

アニカンR Vol.3』での豊島雅郎アスミック・エース エンタテインメント社長(当時)へのインタビュー記事によると、本枠誕生の発端はアスミックが人気少女コミック『ハチミツとクローバー』の実写版を制作したいと集英社と交渉したところ、集英社側は「アニメ化が先」という条件を出してきたことに始まった。

このころ、タイミングよくジェンコからアニメ化の希望を聞いていたアスミックは、再度集英社と『ハチミツとクローバー』アニメ化についての交渉を行う。集英社側はアニメ化において「放送時刻は遅くとも25時台まで」と提示した。当初は2004年秋からの放送を予定していたジェンコ・アスミック両社であったが、この条件を満たす放送局が決まらず企画は一時中断した。

しかし直後に女性向けの作品を探していたフジテレビから声がかかり、アニプレックス(作品によっては不参加もしくは間接的に参加)、SME等のソニーグループ企業や電通などが製作に参加して2005年4月より『ハチミツとクローバー』をテレビ放送する計画が本格始動。その後、別企画として動いていた人気少女漫画家・矢沢あいの作品『Paradise Kiss』も『ハチミツとクローバー』の後番として放送する事が決定。そして両作品を放送する枠にブランドを冠する流れが出来上がり、最終的には“ノイタミナ”という名称が与えられた。

語源[編集]

枠名称である「ノイタミナ」とは、「Animation」(アニメーション)を逆さ読みでローマ字読みしたもので、「アニメの常識を覆したい」「すべての人にアニメを見てもらいたい」という制作スタッフの想いに由来する。後述するジングルにおいても、「Animation」と表示された後、並び順が逆になる演出がなされている。

映像ジングル[編集]

枠放送冒頭には「ノイタミナ」の映像ジングルが5秒間流れる。放送開始時から2011年9月までは原則としてノイタミナを明示して放送されるフジテレビ、BSフジのみで流れた(『のだめカンタービレ』のみ、岩手めんこいテレビでは映像ロゴが使われた事がある)。同年10月からは全放送局がノイタミナ枠として放送することになったので、全局において用いられる様になった。

初代の映像ジングルはノイタミナのロゴの色が作品によって異なる場合があった。2010年4月に映像がリニューアルされ、BGMは初代の音声をそのまま使用している。
2014年4月期からは「ノイタミナ」放送10周年を機に映像を変更(BGMはそのまま)。ノイタミナ10thスペシャルアニメ(詳細は#10周年企画アニメで後述)『ポレットのイス』に登場した女の子・ポレットとイスが登場している。

評価[編集]

『ノイタミナ』作品中初回最高視聴率は「東京マグニチュード8.0」の5.8%[1] 。全体における最高視聴率は『のだめカンタービレ 巴里編』第9話の6.6%、瞬間最高視聴率7.4%[2][注 1]

2007年には『ノイタミナ』枠自体が第13回AMDアワード年間コンテンツ賞・優秀賞を受賞。

2010年にはノイタミナ枠で放送された『四畳半神話大系』が文化庁メディア芸術祭アニメーション部門で、テレビアニメ史上初となる大賞を受賞した。

放送作品の傾向[編集]

1枠時代[編集]

設立の経緯から、開始からしばらくは少女漫画原作作品が主流で、従来アニメを見ないと思われていたF1層を意識した展開を図っていた。ノイタミナの企画を担当している松崎容子プロデューサー(以下敬称略)はアニメージュなどのアニメ雑誌で「女性をターゲットにしている」とコメントした事もある。また、アニメージュ2007年8月号のノイタミナの特集において、以前企画を担当していた金田耕司元プロデューサー(現・編成制作局バラエティー制作センター室長)は、「普通の人たちに観てもらいたいという気持ちで、女性向けだけに立ち上げたつもりはない」とコメント。また、同様の内容を高瀬敦也がアニカンR TV2008春改編超特集号で説明していた。。月刊ニュータイプ2008年4月号内の特集で松崎は「主な視聴者層を意識的に変化させてきた」ともコメントしている。

実際、2007年10月 - 12月の『もやしもん』の原作は青年誌の連載作品であり、それまでのノイタミナ作品のコンセプトからは外れているが、『墓場鬼太郎』放映時のメディアでの紹介においても、ノイタミナが女性向けである点は主張されている。その次作『図書館戦争』では更にその傾向を継ぐ形で原作の幅が広がっており、2009年の『東のエデン』では初のオリジナル作品を制作した[注 2]

週1本体制の頃のDVD・BDは主にアスミック・エース エンタテインメントから発売していた。ただし枠成立前の企画の関係で、『Paradise Kiss』はアニプレックスからの発売となっている。

2枠時代[編集]

当枠開始当初よりプロデューサー職を担当している山本幸治曰く、2010年4月期より2枠体制に拡大するきっかけとして、それ以前に同じく深夜アニメ枠として存在していた『NOISE』の放送時間帯が深さ故に「より多くの人に観てもらいたい思いが叶えられ辛かった」点を挙げている[4]

この頃より、時期によっては本放送開始前に事前特番を制作・放送したり、年間放送ラインナップ作品の大多数を放送開始前のかなり早い段階で一挙に発表する場を設け、それらをUstream[5]ニコニコ生放送でネット生配信するなど、事前宣伝を熱心に行う様になった。

その他(全時代共通)[編集]

フジテレビの放送においては、製作委員会に関係ないタイアップ扱いに近いスポンサーが付くことが多い[注 3]

音楽制作・主題歌は枠を通してほぼ全てSony Musicグループが担当。アニプレックス制作作品においてしばしば行われる同業他社のランティスによる音楽制作・GloryHeavenレーベルでリリースという形態は本枠では2014年4月期の『龍ヶ嬢七々々の埋蔵金』EDを除いて行われていない。初回放送時では音楽制作をランティスが担当した旧作『刀語』の本枠における放送も例外ではなく、主題歌をランティス制作のものから、SME所属のアーティストのものに差し替える措置が行われた(本編BGMに変更はないため、ランティスは音楽制作のクレジットには残っている)。

実写ドラマ連動[編集]

2007年1月から放送された『のだめカンタービレ』では先行して放送された実写ドラマ版と連動した試みもなされ、アニメ版スタッフが製作した劇中アニメが実写ドラマ版で使用されたりするなど、新たな試みも成されている。

2007年に本枠でアニメで放送された『もやしもん』が2010年に本枠としては初めてドラマとして放送された。

2011年7月期に放送された『うさぎドロップ』は同時期に実写映画版が上映された。ただし、アニメと実写映画は主題歌を共通にした以外、特段に連携しているわけではない。

2014年1月期に放送されている『銀の匙 Silver Spoon』(第2期)でも同時期に実写映画版が上映予定。連動企画として実写映画版で主演を務める中島健人Sexy Zone)がアニメに出演した。実写映画版ではTBS系列基幹局が製作委員会に入っているため、ネットワーク系列を超えた連動企画となっている。

放送枠[編集]

2011年9月まで[編集]

2010年2月22日に行われた新作ラインナップ記者発表会で、同年4月より放送時間枠が30分拡大され、24:45 - 25:45の1時間枠・2部制になることが発表された。同年4月15日深夜(16日未明)には枠の拡大を記念した前半枠にてアニメ番組として史上初の生特番を行い、翌週以降より週2作品の放送体制となった(これよりロゴタイトルをリニューアル。また、前半枠終了直前にミニコーナーを設けた)。

2011年10月以降[編集]

2011年10月より、「ノイタミナ」作品を放送する全放送局において、番組枠に「ノイタミナ」の枠名称を用いて放送する事となった。また、放送局が15局に拡大した[6]。当枠開始以来、フジテレビにおける放送開始日は1月・4月・10月期は第2・3週目、7月期は第1週目からとなる。

2012年4月より、テレビ西日本が2年半振りにネット局に復活、現在の地上波16局体制となった。また、遅れネット局では東海テレビが同日ネットに戻るなど、遅れの日数を7日以内に短縮した。

2013年4月期は、BSフジがネット局から脱退して地上波のみの放送体制となった一方で、2010年度に制作・放送した旧作『刀語』をノイタミナでの放送用に再編集、主題歌等を一新して放送。この作品は1話約1時間作品でありノイタミナ1時間枠をフルに使用するため、期間中は完全新作の放送を休止していた。これは「実写ドラマの様に、毎週1話1時間のアニメ番組を放送してみたい」という山本の長年暖めていた構想への第一歩であると言う[7]。2014年7月期には『PSYCHO-PASS』の新編集版を下段の放送時間を1時間に拡大して放送する。

2014年4月期からは、サガテレビを除く遅れネットの地方局が同日ネットになり、関西テレビでは8年振りの放送枠移動となった。その結果、TBS木曜深夜アニメ枠と競合状態の関東広域圏・中京広域圏に加えて、近畿広域圏においても毎日放送の「アニメイズム」および同日のアニメ枠と競合状態になり、三大都市圏全てでフジテレビ系列とTBS系列の深夜アニメが同時間帯に競合することとなった。

ネット配信[編集]

YouTubeのフジテレビチャンネル上では、過去作品を選抜して一定期間のみ全話無料配信される場合がある。有料配信についてはフジテレビ On Demandにて行う事が殆どであるが2014年3月に一部作品を除いてdアニメストアでも行うようになった。

ニコニコ動画では『ブラック★ロックシューター』がニコニコチャンネルにてテレビ放送と同時期の1週間無料配信が実施された。また、テレビ放送期間中に振り返りと題した一挙配信や、放送期間終了後に全話の一挙配信をニコニコ生放送で行う作品もある。

共通スタッフ[編集]

  • チーフプロデューサー:山本幸治
  • 過去のスタッフ
    • 企画:金田耕司、松崎容子
    • プロデューサー:伊藤幸弘、細貝康介

放送作品一覧[編集]

全作品字幕放送対応(フジテレビは全作品、『モノノ怪』より関西テレビ・テレビ西日本でも実施、『もやしもん』(アニメ版)より東海テレビでも実施、BSフジでも放送開始時(『空中ブランコ』)より実施、その他一部の局でも実施)、『怪〜Ayakashi〜』を除いてハイビジョン放送(2005年制作作品はフジテレビ・関西テレビのみ)。

放送内で特に用いてはいないものの、主にラインナップ発表において前半枠を「上段」、後半枠を「下段」と表記しているため[8]、当項でもこの表記を用いる。

放送期間はフジテレビと、同日放送の放送局の場合。遅れネットの場合は翌月になる場合がある。

タイトル 放送時期 放送枠 放送期間 話数 アニメーション制作
1 はちみつとくろおはあ/ハチミツとクローバー 2005年04月 - 09月 2クール 全24話 J.C.STAFF
2 はらたいすきす/Paradise Kiss 2005年10月 - 12月 1クール 全12話 マッドハウス
3 あやかし/怪 〜ayakashi〜 2006年01月 - 03月 1クール 全11話 東映アニメーション
4 しゆうおうせい/獣王星 2006年04月 - 06月 1クール 全11話 ボンズ
5 はちみつとくろおはあ/ハチミツとクローバーII 2006年06月 - 09月 1クール 全12話 J.C.STAFF
6 はたらきまん/働きマン 2006年10月 - 12月 1クール 全11話 ぎゃろっぷ
7 のためかんたあひれ1/のだめカンタービレ 2007年01月 - 06月 2クール 全23話 J.C.STAFF
8 もののけ/モノノ怪 2007年07月 - 09月 1クール 全12話 東映アニメーション
9 もやしもん/もやしもん 2007年10月 - 12月 1クール 全11話 白組
テレコム・アニメーションフィルム
10 はかはきたろう/墓場鬼太郎 2008年01月 - 03月 1クール 全11話 東映アニメーション
11 としよかんせんそう/図書館戦争 2008年04月 - 06月 1クール 全12話 Production I.G
12 せいようこつとうようかしてん/西洋骨董洋菓子店 〜アンティーク〜 2008年07月 - 09月 1クール 全12話 日本アニメーション
白組
13 のためかんたあひれ2/のだめカンタービレ 巴里編 2008年10月 - 12月 1クール 全11話 J.C.STAFF
14 けんしものかたりせんねんき/源氏物語千年紀 Genji[注 4] 2009年01月 - 03月 1クール 全11話 トムス・エンタテインメント
手塚プロダクション
15 ひかしのえてん/東のエデン 2009年04月 - 06月 1クール 全11話 Production I.G
16 とうきようまくにちゆうと8.0/東京マグニチュード8.0 2009年07月 - 09月 1クール 全11話 ボンズ
キネマシトラス
17 くうちゆうふらんこ/空中ブランコ 2009年10月 - 12月 1クール 全11話 東映アニメーション
18 のためかんたあひれ3/のだめカンタービレ フィナーレ[注 5] 2010年01月 - 03月 1クール 全11話 J.C.STAFF
19 よしようはんしんわたいけい/四畳半神話大系 2010年04月 - 06月 上段 1クール 全11話 マッドハウス
20 さらいやこよう/さらい屋 五葉 2010年04月 - 06月 下段 1クール 全12話 マングローブ
21 もやしもん/もやしもん(ドラマ版) 2010年07月 - 09月 上段 1クール 全11話 白組
22 しき/屍鬼 2010年07月 - 12月 下段 2クール 全22話 童夢
23 くらけひめ/海月姫 2010年10月 - 12月 上段 1クール 全11話 ブレインズ・ベース
24 ふらくたる/フラクタル 2011年01月 - 03月 上段 1クール 全11話 A-1 Pictures
25 ほうろうむすこ/放浪息子 2011年01月 - 03月 下段 1クール 全11話 AIC Classic
26 しい/C 2011年04月 - 06月 上段 1クール 全11話 タツノコプロ
27 あのひみたはなのなまえをほくたちはまたしらない/あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2011年04月 - 06月
2013年07月 - 09月(再)[注 6]
下段
下段
1クール 全11話 A-1 Pictures
28 うさきとろつふ/うさぎドロップ 2011年07月 - 09月 上段 1クール 全11話 Production I.G
29 なんはあしつくす/NO.6 2011年07月 - 09月 下段 1クール 全11話 ボンズ
30 あんこ/UN-GO 2011年10月 - 12月 上段 1クール 全11話 ボンズ
31 きるていくらうん/ギルティクラウン 2011年10月 - 2012年03月 下段 2クール 全22話 Production I.G
32 てるまえろまえ/テルマエ・ロマエ 2012年01月 上段 0.3/約0.3クール 03話 DLE
33 ふらつくろつくしゆうたあ/ブラック★ロックシューター 2012年02月 - 03月 上段 0.7/約0.7クール 08話 Ordet
サンジゲン
34 さかみちのあほろん/坂道のアポロン 2012年04月 - 06月 上段 1クール 全12話 MAPPA
手塚プロダクション
35 つりたま/つり球 2012年04月 - 06月 下段 1クール 全12話 A-1 Pictures
36 もやしもんりたあんす/もやしもん リターンズ 2012年07月 - 09月 上段 1クール 全11話 白組
テレコム・アニメーションフィルム
37 なつゆきらんてふう/夏雪ランデブー 2012年07月 - 09月 下段 1クール 全11話 動画工房
38 さいこはす/PSYCHO-PASS サイコパス 2012年10月 - 2013年03月
2014年07月 - 09月(再)[注 7]
上段
下段
2クール
1クール
全22話
全10話[注 8]
Production I.G
39 ろほていくすのおつ/ROBOTICS;NOTES 2012年10月 - 2013年03月 下段 2クール 全22話 Production I.G
40 かたなかたり/刀語(ノイタミナ版)[注 9] 2013年04月 - 06月 1時間枠 1クール 全12話 WHITE FOX
41 きんのさししるはあすふうん/銀の匙 Silver Spoon 2013年07月 - 09月(第1期)
2014年01月 - 03月(第2期)
上段
上段
2クール 全22話
全11話第1期:全11話
第2期:全11話
A-1 Pictures
42 かりれいとんな/ガリレイドンナ 2013年10月 - 12月 上段 1クール 全11話 A-1 Pictures
43 さむらいふらめんこ/サムライフラメンコ 2013年10月 - 2014年03月 下段 2クール 全22話 マングローブ
44 ひんほん/ピンポン THE ANIMATION 2014年04月 - 06月 上段 1クール 全11話 タツノコプロ
45 りゆうかしようなななのまいそうきん/龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 2014年04月 - 06月 下段 1クール 全11話 A-1 Pictures
46 さんきようのてろる/残響のテロル 2014年07月 - 09月 上段 1クール 全11話 MAPPA
47 さいこはすつう/PSYCHO-PASS サイコパス 2 2014年10月 - 012月 上段 1クール 不明 タツノコプロ
48 しかつはきみのうそ/四月は君の嘘 2014年10月 - 2015年03月 下段 2クール 不明 A-1 Pictures
49 さえないひろいんのそたてかた/冴えない彼女の育てかた 2015年01月 - 03月 上段 1クール 不明 A-1 Pictures

放送局[編集]

放送形態はスポンサードネットもしくは番組販売の2種類である[注 10](2012年7月現在)。

  • 放送局によっては編成の都合で放映時間の変更、もしくは設備不足で4:3サイズのダウンコンバート放送となる場合がある。

地上波[編集]

太字はレギュラーネット局。
★は同時ネット、☆は時差同日ネット、△は時差ネット。
搭載されてる放送局(ネット局)、または放送内容は2014年10月現在の内容。

放送地域 放送局 放送有無
(2014年10月現在)
備考 放送作品履歴
関東広域圏 フジテレビ 有り 製作委員会参加 全作品放送(合計48本)※放送時間は各作品の項目を参照のこと。
近畿広域圏 関西テレビ [注 11][注 12][注 13]
中京広域圏 東海テレビ
北海道 北海道文化放送 無し 一時期スポンサードネットの時期あり。
岩手県 岩手めんこいテレビ 有り
宮城県 仙台放送 2010年10月より『ノイタミナ』枠名を使用。
秋田県 秋田テレビ
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 新潟総合テレビ スポンサードネットで2009年9月まで放送、以後2年間放送中断
石川県 石川テレビ 無し
福井県 福井テレビ
静岡県 テレビ静岡 有り
島根県鳥取県 山陰中央テレビ 無し
岡山県・香川県 岡山放送 有り(1枠のみ) 2013年7月より番組販売での放送を開始。2014年4月より半年間中断も、2014年10月より再開。[注 14]
広島県 テレビ新広島 有り
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ 無し
福岡県 テレビ西日本 有り スポンサードネットで2009年9月まで放送、以後2年半放送中断。
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎 無し
熊本県 テレビくまもと 有り [注 15]
鹿児島県 鹿児島テレビ

BS/CS放送・ネット配信[編集]

放送局 放送有無
(2014年10月現在)
備考 放送作品履歴
BSフジ 無し フジテレビ系列
BSデジタル放送
フジテレビ721→
フジテレビTWO ドラマ・アニメ
有り CSデジタル放送
フジテレビNEXT ライブ・プレミアム
アニマックス アニメ専門BS/CS放送
WOWOWプライム 無し BS放送
女性チャンネル♪LaLa TV CS放送
ファミリー劇場
ニコニコ動画 ネット配信
バンダイチャンネル 有り
フジテレビオンデマンド 全作品配信(合計47本)
dアニメストア

10周年企画アニメ[編集]

2014年からは“ ノイタミナ 10th Anniversary ”として、ノイタミナブランドをテレビアニメのみならず映画やwebなど他媒体で展開する事を発表している。詳細は各作品の項目を参照のこと。特に映画は「ノイタミナムービー」と称し、テレビアニメシリーズを経ず直接映画化する作品にも「ノイタミナ」のブランドを与え、今後も劇場作品の制作を活発化する事を標榜している。

webアニメーション
スタジオコロリド製作による短編アニメ『ポレットのイス』をYouTubeノイタミナ公式チャンネルで無料配信中。
劇場用アニメーション
『PSYCHO-PASS サイコパス』劇場版(仮題)を同年冬期に、2015年には伊藤計劃による小説『虐殺器官』・『ハーモニー』が“ 伊藤計劃プロジェクト(Project Itoh) ”と銘打たれた劇場用アニメーション作品として公開予定。

Webラジオ[編集]

ノイタミナラジオ』はノイタミナ公式サイトおよび音泉で配信されているインターネットラジオ。ニッポン放送アナウンサー吉田尚記が務めている。業界屈指のオタクでもある吉田の担当番組『ミュ〜コミ+プラス』が、アニメ・漫画の話題を扱う『ただの音楽番組ではない番組』というところが、『ただのアニメ枠ではない』ノイタミナのコンセプトと共通したことから、起用に至った。

吉田を起用した番組では、「『ノイタミナ』を起点として、何をやってもよい!」ということをコンセプトとしている。そのため「ノイタミナ」以外のアニメ作品の話題も扱ったり、時にはノイタミナと関係ない話もする。また、「クリックしたら自己責任!」という言葉を掲げて、webラジオであることをいいことにAM放送でできないことをやったりもする。

基本的に吉田・第2回で公募したアシスタント2人(通称「放浪息子」「ニート[注 17]、第3回から)・ゲストで話は進む。

また、第4回放送分ではリスナーからのメールによる提案、あおきえい監督プロデュース[注 18]による番組のプロモーションを兼ねた池袋闊歩、第7回放送分では吉祥寺「ノイタミナショップ」で1日店長を務めた、小林ゆうの密着ロケなど、スタジオ外での収録も実施している。

2013年3月21日、100回配信にて一時休止を宣言する。

2013年7月11日、リニューアルして第2期を開始。第101回配信からゲストとtwitterとの連動企画でゲストのサイン入りグッズをプレゼントする企画が始まった。

なお、第2期開始直後の2013年7月期は、ノイタミナ上段枠「銀の匙(第1期)」の話題を中心に扱った。下段枠「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(スペシャルオンエア版)」については、「あの花 neets ノイタミナラジオ」として同日配信された。

第127回では、吉田とゲストとのスケジュールが合わなかったため、緊急特番としてアシスタント2人とノイタミナ商品化担当の阿久津をゲストに向かえ収録を行った。

第135回以降の下段枠はアニメ「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」龍ヶ嬢七々々役の田辺留依をアシスタントとして毎週迎えている。

2014年7月5日、ニコニコ生放送『インターネットラジオステーション<音泉>10周年記念24時間生放送』内にて当番組が参加番組として動画生配信された。出演は吉田尚記、関智一、西部慎也。

更新日
  • 2011年1月14日 - 2013年3月21日
毎週木曜日 25:45[10]
  • 2013年7月11日 - 2014年3月20日
毎週木曜日 25:50[11](フジテレビ「ノイタミナ」放送後)
  • 2014年3月27日 -
毎週木曜日 22:00
配信先
  • ノイタミナ公式サイト
  • 音泉
パーソナリティ
アシスタント
  • 西部慎也(無職)
  • まーざん(ニート)
ゲスト
ラジオCD

過去の放送分をMP3データで収録するとともに新規撮りおろし版も含めたCDがある。

CDタイトル 過去音源収録回 新規撮りお
ろしゲスト
備考
ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」 おまとめ1 第1〜22回分 小林ゆう
畠山航輔
内山昴輝
茅野愛衣
アニメ「フラクタル」クレイン役
アニメ「放浪息子」二鳥修一役
アニメ「C」余賀公磨役
アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」本間芽衣子役
ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」 おまとめ2 第23〜33回分 土田大
梶裕貴
アニメ「うさぎドロップ」河地大吉役
アニメ「No.6」紫苑役
ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」 おまとめ3 第34〜44回分
(第38回分除く)
山本希望
茅野愛衣
アニメ「UN-GO」海勝梨江役
アニメ「ギルティクラウン」楪いのり役
ラジオCD「ノイタミナWEBラジオ」 おまとめ4 第45〜59回分 木村良平
内山昴輝
アニメ「坂道のアポロン」西見薫役
アニメ「つり球」宇佐美夏樹役

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『のだめ』第1シリーズも初回平均視聴率5.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録するなどしている[3]
  2. ^ 厳密には『怪 〜ayakashi〜』、『モノノ怪』、『源氏物語千年紀 Genji』はいずれも江戸時代の奇談、平安文学からの直接的な翻案であり、いわゆる「原作付き」作品とは毛色が違う、オリジナル色が強いものではあった。
  3. ^ 一例として『働きマン』の転職情報会社(dip)や『ドラマ もやしもん』と健康サプリメントメーカーなど。また、2011年度以降はブシロードも提供する番組もある。
  4. ^ 元々は「あさきゆめみし」を放送する予定であったが、2008年11月10日、同じく源氏物語を題材としたオリジナルストーリーに企画変更される事が発表された[9]
  5. ^ 第二期『のだめカンタービレ 巴里編』最終回にて第三期放送決定の告知がされた際は2009年秋とされていた。2009年7月、アニメ公式サイトにて題名を『のだめカンタービレ フィナーレ』とし、2010年1月放送開始すると正式に発表された。
  6. ^ 劇場版公開記念として、スペシャルオンエア版を放送。全11回の再放送ではあるが、オープニングは新作映像や副音声によるオーディオコメンタリー(第1 - 4話)を加えたものになる。ネット局ではフジテレビ・関西テレビ・東海テレビ・テレビ熊本以外は初放送となる。
  7. ^ 新規カットを含む再編集版。下段を1時間に拡大。
  8. ^ 当初は全11話の放送予定だったが、4話が放送中止(フジテレビオンデマンドでの配信のみ)。
  9. ^ 2010年にフジテレビやMBS、BSフジなどで毎月1話ずつ放送した作品の再編集版。BSフジでは当番組枠を休止して放送した。10年の本放送時を含めれば、ネット局ではフジテレビ・BSフジおよび第1話のみ放送したサガテレビ以外は初放送となる。
  10. ^ BSフジのみ、厳密には番販ではなくサスネット(白ネット)に近い形である。
  11. ^ 2010年4月から2011年9月は『アニメわ〜く!』という独自の枠で放送。ただし「もやしもん」(ドラマ版)は実写ドラマだった為、『アニメわ〜く!』枠からは外れていた。
  12. ^ 2014年7月期のみ下段を木曜深夜、上段を金曜深夜に放送する変則編成となっている(連続編成ではないため、枠放送冒頭のジングルもカット)。
  13. ^ 「四月は君の嘘」では製作委員会に参加。
  14. ^ 2013年7月期の『銀の匙 Silver Spoon』はキー局より26日遅れ。2013年10月期の『ガリレイドンナ』、2014年10月期の『PSYCHO-PASS 2』からはキー局より12日遅れ。
  15. ^ 2009年10月 - 2010年1月はノイタミナ枠アニメの放送無し。
  16. ^ 以降、1週間オンデマンド配信、有料配信無し
  17. ^ アシスタント1人は正規の「ニート」に当てはまらないため、「無職」とも呼ばれている
  18. ^ 吉田が女装(初音ミクの姿)で、あおき作のプラカードを掲げて実施

出典[編集]

  1. ^ 『東京マグニチュード8.0』ノイタミナ史上最高の第1話視聴率5.8%を記録!! - プレセペ 2009年7月10日
  2. ^ のだめカンタービレ 巴里編:視聴率6.6% 「NANA」超え深夜アニメ最高」『毎日jp まんたんウェブ』2008年12月5日、毎日新聞。(2008年12月7日時点のアーカイブ
  3. ^ 『のだめ』深夜アニメ初回視聴率の最高記録樹立」『アニメイトTV』2007年10月13日、アニメイト。(2007年1月18日時点のアーカイブ
  4. ^ 小黒祐一郎、岡本敦史 (2010年3月19日). “フジテレビ山本幸治プロデューサーが語る“ノイタミナ”の軌跡と、新たな展開(後編)”. アニメスタイル. 2014年7月7日閲覧。
  5. ^ フジテレビのUstream連携番組が話題に、生放送の舞台裏 日経トレンディ 2010年4月16日、2014年7月7日閲覧。
  6. ^ ノイタミナ放送局一挙拡大! - ノイタミナ公式サイト(2011年10月28日時点のアーカイブ
  7. ^ ノイタミナ「刀語」 山本幸治(フジテレビジョン)岩上敦宏(アニプレックス)プロデューサー対談・「ノイタミナ」1時間枠放送への挑戦
  8. ^ 2013 ノイタミナラインナップ発表会 開催決定!”. 2013年5月26日閲覧。
  9. ^ お知らせ”. アニメ「あさきゆめみし」公式サイト. 2013年1月27日閲覧。
  10. ^ 2011年9月第2週 - 10月第1週、2012年3月第5週 - 4月第1週、2013年4月 - 2013年6月は休止
  11. ^ 2013年9月19日、10月3日は休止

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]