動画工房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社動画工房
Doga Kobo inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:176-0012
東京都練馬区豊玉北2-21-11[1]
設立 1973年7月11日(有限会社として)[2]
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーション制作[3]
代表者 代表取締役社長 石黒 竜[1]
資本金 5,000,000円[1]
発行済株式総数 5,000株[4]
売上高 4億1,136万9千円(2008年7月期)[4]
営業利益 2,141万3千円(2008年7月期)[4]
従業員数 47人(2006年6月末時点)[2]
45人(2006年8月末時点)[3]
51人(2009年4月時点)[4]
77人(2011年9月時点)[5]
決算期 7月31日
外部リンク http://www.dogakobo.com/
特記事項:2006年7月11日、株式登記変更[1]。2006年7月11日から[2]2009年4月23日まで[4]ティー・ワイ・オー子会社
テンプレートを表示

株式会社動画工房(どうがこうぼう)は、アニメーションの企画、制作を主な事業内容とする日本企業練馬アニメーション協議会会員。

概要・沿革[編集]

1973年7月11日に設立[3]。戦前から活躍した漫画家アニメーター古沢日出夫とともに、初代社長はアニメーター兼演出家石黒育が務めた。古沢は戦前からのベテランアニメーターで、東映動画がテレビアニメを開始するときに独立し、自ら設立した日動新プロやFプロなどのプロダクションで活動していた[6]

作画力は高く[7]、1980年代には『風の谷のナウシカ』の作画を、1990年代には『ポケットモンスター』の作画を担当した[7]。2000年代以降は他社の下請けだけでなく、自社オリジナル作品も制作している[7]2006年7月11日、株式会社に登記を変更[1]すると、TYOが発行済み株式の70%を取得し、ハルフィルムメーカーゆめ太カンパニーとともに同社のグループ傘下に入った[2]。同年には石黒竜が代表取締役に就任している[7]2009年4月23日、経営方針への意見の食い違いを理由として、TYOが保有する動画工房の全株式を代表取締役の石黒竜に譲渡し、TYOグループから離脱した[4]

作品履歴[編集]

元請制作[編集]

テレビシリーズ
OVA
劇場作品

制作協力[編集]

テレビシリーズ
劇場作品

ゲーム[編集]

関連人物[編集]


参考文献[編集]

  • 高嶋健夫 『TYOの勢いはなぜとまらないのか 自己増殖する“クリエイティブビジネス都市”の秘密に迫る』 日経BP企画、2006年10月2日ISBN 9784861301469

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 株式会社 動画工房 会社概要
  2. ^ a b c d “有限会社動画工房の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ティー・ワイ・オー, (2006年7月11日), http://group.tyo.jp/files/ir/news/4358_20060711dougakoubou2.pdf 2011年11月5日閲覧。 
  3. ^ a b c 高嶋 310-311ページ
  4. ^ a b c d e f “子会社の異動(譲渡)に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ティー・ワイ・オー, (2009年4月23日), http://group.tyo.jp/files/doc/364/pdf/douga_mbo.pdf 2011年11月5日閲覧。 
  5. ^ 現在〜将来の名作アニメを創り上げる!アニメ制作進行スタッフ 株式会社動画工房”. アルバイト|練馬区|その他、クリエイティブ系|株式会社動画工房|800円未満|関東. エン・ジャパン (2011年10月28日). 2011年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月5日閲覧。
  6. ^ 株式会社 動画工房 社史 日本のアニメーションのルーツ 動画工房の創業者 古沢日出夫
  7. ^ a b c d 小林由比「わが町日本一 アニメ産業 東京都練馬区 アニメ制作会社社長・石黒竜さん(33歳) 次も記憶に残る名作を」『東京新聞』2010年5月9日付け朝刊サンデー版、2面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]