A-1 Pictures

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社A-1 Pictures
A-1 Pictures Inc.
種類 株式会社
略称 A1P[1]
本社所在地 日本の旗 日本
166-0015
東京都杉並区成田東4丁目38番18号
設立 2005年5月9日
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作
代表者 代表取締役社長 植田 益朗
資本金 100,000,000円(2007年時点)
従業員数 152名(2014年10月時点)
主要株主 株式会社アニプレックス 100%
外部リンク http://www.a1p.jp/
テンプレートを表示

株式会社A-1 Pictures(エー・ワン・ピクチャーズ)は、アニメーションの企画・制作を主な事業内容とするアニプレックス傘下の日本企業日本動画協会正会員。略称は「A1P[1]

概要[編集]

アニプレックスがソニーグループの中でワールドワイドのアニメコンテンツにおけるビジネス展開の中心企業として、供給するコンテンツのさらなる安定化と高品質化を目的に2005年に設立したアニメーション制作会社である。2006年ノーサイドと共同制作した『ぜんまいざむらい』より元請制作を開始し、同年10月には東京都杉並区に本社兼阿佐ヶ谷スタジオを設立。2007年に制作した『おおきく振りかぶって』より自社単独での元請制作を開始した。2012年には高円寺スタジオが稼動開始した。

主にアニプレックス製作作品の実制作やファミリー向けアニメーションの制作を中心に事業展開している。一方2009年SANKYO子会社のサテライトと共同制作した『FAIRY TAIL』ではグループ外のポニーキャニオンFCG系FMHD子会社)と、2011年2013年に制作した『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEシリーズ』ではキングレコードとそれぞれ製作委員会を構成。またテレビ東京原作に頼らないオリジナルアニメの共同制作・放映において業務提携するなど、親会社であるアニプレックス以外の企業との取引も多い。さらにアニメ・エキスポ2007(アメリカ合衆国)、Japan Expo2008(フランス)に出展する等国際的に事業展開している。

THE IDOLM@STERシリーズ』では多くの賞を受賞し、TVアニメ版では2011年に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011』でCM部門を受賞、2012年には同じく『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2012』で監督賞・脚本賞など7部門を受賞してスタジオ賞では2位にランクインし、劇場版では2014年に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2014』においてスタジオ賞・監督賞など6部門を受賞して相応の成果を得る[2]

ブラック企業大賞2014 業界賞を受賞している。

労働問題[編集]

作画を担当者に依頼したり、完成品を受け取ったりする「制作進行」と呼ばれる現場の調整役を務めていた男性=当時(28)が2010年10月に自殺し、2014年4月11日付けで新宿労働基準監督署が過労によるうつ病が原因として労災認定した。通院した医療施設のカルテには「月600時間労働」との記載があったが、残業代が支払われた形跡は無いとされている[3]

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

時期未定

OVA[編集]

2011年

2012年

2014年

アニメ映画[編集]

2010年

2012年

2013年

2014年

2015年

特典用アニメ[編集]

2009年

ゲーム[編集]

2007年

2009年

2012年

2013年

その他[編集]

2007年

2008年

2011年

2012年

2014年

  • 時季は巡る ~TOKYO STATION~(短編ウェブアニメ)

制作協力[編集]

2009年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アニプレックス (2005年5月9日). “制作会社"株式会社A-1 Pictures (エイ・ワン ピクチャーズ)"設立のお知らせ”. ソニー・ミュージックアクシス. 2013年8月5日閲覧。
  2. ^ 2014年に同社が制作した『ソードアート・オンラインII』においても男性キャラクター賞を受賞している。
  3. ^ アニメ制作で過労自殺 カルテに「月600時間」 28歳男性、労災認定 スポニチアネックス 2014年4月18日 17:02 [1]

関連人物[編集]

アニメーター・演出家[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]