クレヨンしんちゃん (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレヨンしんちゃん > クレヨンしんちゃん (アニメ)
クレヨンしんちゃん
春日部情報発信館に設置されているパネル。
ジャンル ギャグ
アニメ
原作 臼井儀人
監督 本郷みつる原恵一ムトウユージ
脚本 翁妙子、中弘子、阪口和久
うえのきみこ、川辺美奈子
キャラクターデザイン 小川博司
音楽 荒川敏行
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 テレビ朝日ADK・シンエイ動画
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1992年4月13日 - 継続中
テンプレート - ノート

クレヨンしんちゃん』は、臼井儀人同名の漫画作品を原作とした長寿テレビアニメ

概要[編集]

1992年4月13日からテレビ朝日系列で月曜19:00から放送開始。2014年現在は金曜19:30から放送中。開始当初、テレビ欄では『アニメ・嵐を呼ぶ園児クレヨンしんちゃん』と表記されていた。

当初はシンエイ動画社内でも力を入れていた作品ではなく、上層部からも「半年持たせてくれ」と言われていたという[1]。放送初回は4.0%という低視聴率だったが、翌月には10%を超えるようになり、『クイズ100人に聞きました』(TBS)を打ち切りへと追い込んだ。同年の11月ごろには20%台まで上昇し、視聴者の子供がしんのすけの物真似をするなどの社会現象にまで至る(詳細は後述)。1993年に製作された劇場版第一作『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』は22.2億円の興行収入を記録した。

文字多重放送[2]2002年5月25日より、セル画での制作からデジタルによる制作へ移行し、動画の制作効率が向上した(ただし、移行後もしばらくの間は一部でセル画を使用していた)。2005年4月22日よりハイビジョン制作を開始、アナログ放送では2010年6月11日まで14:9サイズで、7月3日から16:9サイズでの放送となっている。2013年10月18日放送分より連動データ放送を開始[3]

2005年4月15日以降、「放送中のキャラクターデザインと声優を変更をしていないアニメ番組」としては、テレビ朝日系列では最長である[4]

歴代平均最高視聴率は1993年7月12日に記録された28.2%。同月、4歳 - 12歳の個人視聴率が67.6%に達した(視聴率データはすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

1996年4月12日から金曜日に移動。そして2002年4月20日からは新アニメ『あたしンち』放送開始のため土曜日に移動。2004年10月22日、バラエティ番組の強化に伴い水曜枠であった2時間特番『スイスペ!』を土曜日に『ドスペ!』として移動させるため、金曜日の放送に戻り現在に至る。このように放送時間の移動が多いものの、放送時間はすべてゴールデンタイムである。

2009年からは、視聴率が一桁となる回が出始めたが、現在も9 - 12%の視聴率を保っており、ゴールデンタイムのアニメ番組の中では高い部類である。近畿(ABC)では毎回15%前後の高視聴率を記録。

現在定期的な再放送を行っている局は、CS放送における系列局のテレ朝チャンネルのみで、毎週土・日の12:00 - 12:30と19:00 - 19:30に行っているほか、2008年10月27日からは毎週月 - 金の朝7:00からも放送している(後者はリピート放送、2009年4月6日から毎週月曜・火曜の19:00 - 19:30と水曜・木曜の8:00 - 8:30に変更された)。不定期に行っている局でも、ABCが「子供アニメ大会」や日曜日の早朝(不定期)に、テレビ朝日で春休みゴールデンウィーク夏休みの平日午前の再放送枠で行っている(2002年 - ‎2004年2007年)。また、テレビ放送以外でもテレビ朝日の動画配信サービス「テレ朝bb」にて『クレヨンしんちゃん ぶろーどばんど』で過去に放送された話を有料配信している(毎週水曜3話入れ替え更新)。現在は「テレ朝動画」にて有料配信している。

2014年現在では、放送開始から20年以上経過していることもあって多くのスタッフが入れ替わっている。放送開始時の1992年から現在も務めているスタッフは、音楽の荒川敏行、音響監督の大熊昭、美術設定の川井憲、美術監督の星野直美、脚本の中弘子、翁妙子(翁は第1話の脚本も担当)、絵コンテ・演出の義野利幸、ささきひろゆき、横山広行、作画監督の原勝徳、樋口善法、高倉佳彦林静香、木村陽子(初期は原画)、タイトルの道川昭、脚本進行(旧:文芸)の金井浩である。湯浅政明などは現在はテレビシリーズには参加してはいないが、劇場版などには稀に原画や設定デザインを担当している。

2009年9月11日、原作者である臼井儀人が不慮の死を遂げ(詳細は「臼井儀人」を参照)、原作漫画は未完のまま絶筆作品となったが、キー局のテレビ朝日など関係者は2009年10月16日分以降の放送方針について、「これから話し合って決める予定である」とした[5]。同年9月29日にテレビ朝日の社長早河洋は記者会見で「(サザエさん方式で)継続の方向で話を進めている」と語っている[6]。原作者が亡くなってから約2年間、「げんこつ」のシーンは使用されていなかった(2011年8月以降、「げんこつ」のシーンは復活した)。

そして、臼井死亡確認後初の放送となった2009年10月16日放送分では、冒頭にお悔やみの言葉を添えて放送された。ナレーションは局アナが担当し、しんのすけは画面右下隅に描かれているものの、無表情で声は出さなかった。 その後は原作エピソードの不足によりアニメオリジナルの話が多くなっている。

原作漫画が連載開始20周年を迎えた2010年途中から「クレヨンしんちゃん20周年」企画が開始、同年秋より外伝作品「SHIN-MEN」が開始され、2011年には、テレビアニメの放送20年(「20周年」は上記の通り2012年3月30日)を記念して、過去の作品の再放送を行った。

2012年4月13日の放送でアニメ放送20周年となり、2012年に同じく20周年を迎えた『ちびまる子ちゃん[7]と並ぶ長寿番組となった。

また、アニメオリジナルの長編として野原みさえ入院編が放映された。

1年に数回、ホラー系の話が放送されることもある。これは1997年8月8日に放送された 『クレヨンホラー劇場』(「呪いのフランス人形だゾ」「恐怖の幼稚園だゾ」「ユーレイにさそわれちゃったゾ」の3話放送)がルーツとなっている。子供向けとは思えないホラー演出などの内容が一部の視聴者に痛烈な印象を残している。以来、現在に至るまで、ホラー系、不思議系の作品が数多く放送されている。続き物として、2003年から2006年にかけて放送されたネネの殴られウサギ側の視点から描いた「ウサギシリーズ」や、2008年12月5日から不定期に放送された「しんこちゃんシリーズ」は、1か月に一度程度のペースで徐々に謎が明かされていくという構成がとられた。

1回の構成について[編集]

1回に放送される話数は2話(8分×2)か3話(8分×3)で、2014年現在は2話。ほとんどの話が「○○た(だ)ゾ」というタイトルである放送開始当初は3話であり、2001年4月13日に初めて2話として放送されてからしばらくの間は、統一されない時期があった。その後、2002年4月20日の土曜日への放送枠移動とともに3話に戻り、2004年10月22日に金曜日へ戻ると再び2話になった。2000年5月25日の「実家に帰らせていただきますだゾ」以降は1話のみの放送もある(ただし前後編または三部構成)。なお、1話の時間は8分ジャストではなく、数十秒単位で変動することがある。時間が余ったり足りなくなった場合、アイキャッチを省略したりエンディングを短縮する、または1分ほどの短い話を挿入するなどして時間を調整している。アイキャッチは放送時期によって変動する(以下の通り)。

  • 初代(1992年4月13日 - 1995年9月25日)
    しんのすけが各話終了後に「お」、「おお」、「じゃ」と言う。途中で音声が変更されている(しんのすけの声が著しく変わったため)。
  • 2代目(1995年10月9日 - 1997年9月26日)
    しんのすけが各話終了後に「O」「OH」「Bye2」という。このときのBGMは他の代と違っていた。
  • 3代目(1997年10月17日 - 2004年9月4日[8]
    しんのすけ、ひまわり、シロが丘に座っていて、1話目終了後はひまわりが手前に向かって仰向けになる。2話目終了後はシロが吠える。3話目終了後はしんのすけが「じゃあ」と言い、「じゃじゃじゃ〜ん」と全員で歌う。2話構成の場合は1話目終了時か2話目終了時のアイキャッチが省略される。
    2002年5月4日のセル画からデジタル彩色制作へ変更の際は、同じものが使用された上で使用された。ただし、一時期混在したセル画制作の話では従来のセル画版で放送された。
  • 4代目(2004年11月26日 - [9]
    線で書かれたしんのすけの顔が、カラー化して「おっ」と言う。線の状態では「おっ」と何回か言う、アハアハ笑う、ぐるぐる回る、げんこつなどの数パターンあり、ランダムで使用される。

スペシャル版や長編物、アニバーサリー期間では特別なアイキャッチが使用される(以下の通り)。

  • スペシャル(初期)
    しんのすけが、「うま」・「たつ」など、十二支のいずれかを言う。
  • グアム旅行編(1993年7月12日)
    しんのすけが、各話終了後に「ぐ」、「あ」、「む」、「とう」と言う。
  • 1993年クリスマスSP(1993年12月20日)
    しんのすけが、各話終了後に「ク」、「リ」、「ス」、「マ」、「ス」、「クリスマス」と言う。
  • スペシャル(1994年12月26日)
    しんのすけが、各話終了後に「あ」、「か」、「ち」、「ゃ」、「ん」、「あかちゃん」と言う。
  • 原始時代しんちゃんだゾ(1995年4月10日)
    原始時代調の背景で「お」、「おお」と言う。「原始時代しんちゃんだゾ」自体は2話で完結し、その後のスペシャル内では通常の話だったため、「じゃ」はない。なお、このスペシャルでは「原始時代しんちゃんだゾ」終了後に正式なオープニングが流れる特殊フォーマットだった(番組冒頭ではタイトル部分で中断された)。
  • ひまわり出産編(1996年)
    1話目終了後、まずしんのすけが「GO」と叫ぶ。2話目終了後はひろしと加わり二人で「GO」と叫ぶ。3話目終了後には、みさえと加わって三人全員で「GO」と叫ぶ。このときのBGMは2代目と同じ。
  • スペシャル(特別な日)
    しんのすけが今日は何の日かを数回に分けて言う(大晦日なら「おお」「み」「そか」の等)。近年では省かれている。
  • 20周年バージョン(2010年8月6日 - )
    「20」の「0」からシロが出てきて、それからしんのすけが「クレヨンしんちゃん20周年」と言うもの。

BGMについては、初期から長年使用している音楽もあり、中には第1回から現在でも使用されているものもある。また、劇場版で使用されたものが再利用されるなど新曲も増えている。また、劇場版BGMのごく一部を除き、テレビ用のBGMは全くCD化されていない。

2007年6月8日には、『ドラえもん』終了直後に放送される番宣枠(15秒、同時ネット局すべてに送出)で、誤って1週前の放送分の番宣を放送する放送事故があった。2006年11月17日には2度目の番宣枠で翌週の11月24日の内容を流している。

2006年以降は、本編の終了後に着ぐるみのしんのすけがさまざまな場所に行って、さまざまな体験をするコーナーが放送されている(コーナー名はない)。回によっては、テレビ朝日系で放送される番組や、同局が制作に関わっている映画とタイアップして、芸能人が登場することもある。また、オープニングテーマの前にも数秒間同様のものが放送されることや、オープニングの途中に挿入されることもある。このコーナーの登場によってエンディングテーマが省略され、スタッフはこのコーナー内で表記される事になった。近年はこのコーナー内でスペシャル版の番宣をすることがあり、スペシャル版の内容もその影響を受けることが増えてきている(タイアップする作品の宣伝や、スペシャル版をその作品のパロディにして、芸能人をゲスト出演させるなど)。

2008年6月6日以降は、毎回最後に78秒のおまけが放送される。ヤキトリ屋デスペラートのマスター(2008年6月6日の後半に初登場)と、その回の本編に登場したキャラクター1人(状況によっては複数)が出来事の後日談をしている(主役となる野原家も含む)。

なお、2010年8月6日以降はミニコーナーからスタッフクレジットが省略されるケースも見られるようになり、その場合キャストはオープニング、各話スタッフ(脚本・絵コンテ・演出・作画監督・原画)はサブタイトル画面で表示され、動画・仕上げ・背景・撮影・アフレコ系・制作部等のクレジットは表示されない。これに伴い、長らくエンディングの最後に表示されていた製作会社のクレジットもオープニングに移行した。

2010年10月15日には、『ちい散歩』のパロディで「しん散歩」が放送されていた。

2012年11月9日より、エンディングにてみさえの料理コーナーが開始された。

2013年10月18日より、データ放送を使ったゲームである「東西南北あっち向いてホイ」が始まった[3]

評価[編集]

原作が青年向漫画誌上での連載であることもあり、初期のころは大人向けの皮肉表現やきわどい性表現がストレートでアニメ化されることもあり、しんのすけが男性の性器(登場人物は「ゾウさん」と表現する)やおしり(登場人物は「ケツだけ星人」と表現する)を見せるギャグや、口調を子供が実際に真似する社会現象を起こした。また、大人や親を馬鹿にする言動が子供に悪影響とし、2012年まで実施していた日本PTA協議会主催の「小中学生と親のテレビ番組に関する意識調査」の「子供たちに見せたくない番組」アンケートでは毎年上位にランクインし、低俗番組として槍玉に挙げられることがあった。なお、「小中学生と親のテレビ番組に関する意識調査」に関しては、2013年から調査を取りやめている。

2006年には、青少年育成広島県民会議(青少年育成国民会議の下部団体)が、当番組と『めちゃ×2イケてるッ!』・『爆笑問題のバク天!』・『ロンドンハーツ』・『土曜ワイド劇場』などのサスペンスドラマ・『水10!』の放送自粛を求める要望書を在広局と在京キー局に提出した[10]

しかし、この作品が当初PTAによる指摘で騒がれても、スタッフはその事態をパロディにしてみせることもあった(放送初期の『エンピツしんちゃん』というエピソードで、本作に酷似した劇中の架空のアニメに影響を受けて言動を真似る子供が増加し、それを評論家が非難する、という内容)。

原作者が作風を変えてからはあからさまな下ネタや大人や親を馬鹿にしたような言動、ブラックなギャグは少なくなっており、ホームコメディを主体にした作風になっている(非現実的な話も見られる)。

このアニメに対して否定的な見解が残る一方で、「幼児の本音を表す国民的漫画」[11]などと評される場合もあり、教科書や子育て参考書に掲載されたり、映画の評価も高まっていることもあって、「子供と一緒に見たいアニメ」として再評価される向きにある。週刊朝日は2003年の調査結果を受けて「クレヨンしんちゃんのどこが悪い」という反論記事を掲載している。

2005年には公共広告機構(現:ACジャパン)の新聞広告にしんのすけが起用されたり、2007年には内閣府気象庁緊急地震速報の一般情報提供開始の児童向け予告リーフレットに野原一家とかすかべ防衛隊が採用されたりするなど[12]、官公庁や放送関連団体のイメージキャラクターとしても採用されることが多くなっている[13]

アニメ監督の富野由悠季は「エンターテイメント作品として完成している」と高評価をしている。富野は『OVERMANキングゲイナー』の製作中のインタビューにおいて、「今回のライバルは、『クレヨンしんちゃん』です」「だから、目標値はものすごく高いです」と語っており、特に劇場版作品である『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』に関しては、「視聴者側が、このエンターテインメントの面白さを理解を出来ていないようではいけない」と絶賛した[14]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 臼井儀人(らくだ社)
  • キャラクターデザイン(旧・総作画監督[15]) - 小川博司→(不在)→小川博司
  • 色彩設計(途中から) - 野中幸子→今泉ひろみ(833話 -)
  • 美術設定 - 川井憲
  • 美術監督 - 星野直美
  • 音響監督(旧・録音監督) - 大熊昭、浦上靖之(第747話 - 第782話)
  • 音楽 - 荒川敏行
  • 撮影監督 - 高橋秀子→梅田俊之
  • 編集 - 岡安肇→村井秀明→村井秀明・三宅圭貴
  • 連載 - 双葉社
  • チーフプロデューサー(旧・プロデューサー→チーフプロデューサー→総合プロデューサー)
    • テレビ朝日 - 太田賢司→(不在)→太田賢司→杉山登→赤津一彦→松久智治
    • ADK - 堀内孝・高閑者清光→生田英隆→松下洋子→高木智悌
    • シンエイ動画 - 茂木仁史→(不在)→加藤良雄→和田泰
  • プロデューサー
    • テレビ朝日 - 岩本太郎・福吉健→西口なおみ→梶淳→今川朋美→本井健吾→松久智治→中世古裕美
    • ADK - すぎやまあつお→鶴崎りか
    • シンエイ動画 - 山川順市(途中まで)・和田泰→吉田有希
  • 監督 - 本郷みつる(第1話 - SPECIAL 13)→原恵一(第203話 - 第504話)→ムトウユージ(第505話 - )
  • 美術補佐 - 下山和人→浜名お孝→清水純子→鈴木聡→(不在)→金純愛
  • 背景 - アトリエローク07(旧・アトリエローク)
  • コンポジット撮影(旧・撮影) - 旭プロダクション(セル)→アニメフィルム(セル→コンポジット)
  • 音響制作(旧・録音制作) - AUDIO PLANNING U(当初はオーディオ・プランニング・ユー、2003年改称)
  • 音響制作デスク - 山口さやか→(不在)
  • 録音 - APU MEGURO STUDIO(当初はAPUスタジオ、2003年改称)
  • ミキサー(旧・整音) - 柴田信弘→田中章喜大城久典、山本寿→内山敬章→山本寿→大城久典→内山敬章→田口信孝
  • アシスタントミキサー(旧・整音) - 山本寿→(不在)→小沼則義→村越直→(不在)
  • 効果(旧・音響効果) - 松田昭彦(フィズサウンド・クリエイション
  • 音楽協力(現在ノンクレジット) - テレビ朝日ミュージック
  • 編集スタジオ(旧・編集→オフライン編集) - 小島俊彦、三宅圭貴、中葉由美子、村井秀明、川崎晃洋→岡安プロモーション
  • タイトル - 道川昭
  • ビデオ編集(旧・現像) - 東京現像所(金高明宏、藤村政樹→菊池亮)
  • 編成 - 神田エミイ亜希子(テレビ朝日)
  • 宣伝(旧・広報担当) - 森田兆基→三輪祐見子→丹羽敦子→奥村彰浩→吉田香絵→鈴木かおり→粟井淳→松本実希子→保坂正紀→豊島晶子→曲尾有香→飯田爽→加藤二奈→千葉晶子→塚崎旬子→大川希→小枝加奈→尾木実愛(テレビ朝日)
  • アシスタントプロデューサー
    • テレビ朝日 - 西口なおみ→湊亜弥子→吉川大祐→不在→菅野あゆみ→中世古裕美→菅野あゆみ
    • シンエイ動画 - おおさわまさたか(旧・大澤正享)→不在→馬渕吉喜→(不在)
    • ADK - 佐々木沙織→(不在)
  • データ放送 - テレビ朝日メディアプレックス(819話 -)
  • 制作デスク - 山川順市(旧・山川順一)・和田泰→魁生聡→木野雄→馬渕吉喜→馬渕吉喜・湊亜弥子→馬渕吉喜→(不在)→山崎智史
  • 脚本進行(旧・文芸) - 金井浩
  • 制作 - テレビ朝日ASATSU→ASATSU-DK→ADK→ADK<シンエイ動画

各話スタッフ(現在)[編集]

各話スタッフ(過去)[編集]

  • 脚本 - もとひら了西園悟桜井正明本郷みつる原恵一湯浅政明、荻田寛子、北条千夏、小松崎康弘、静谷伊佐夫、小川真、きむらひでふみ ほか
  • 絵コンテ・演出(どちらか一方参加も含む) - 本郷みつる、原恵一、水島努湯浅政明米谷良知池端たかし、青山ヒロシ、川崎逸朗、寺東克己、小川博司、高倉佳彦、堤規至、市野文隆、釘宮洋、浜名孝行、井硲清高、須永司、しのゆきひろ、高柳哲司貞光紳也義野利幸 ほか
  • 作画監督 - 小川博司、湯浅政明、松山正彦、堤規至、橋本とよ子、松本朋之、大塚正実、樋口善法、ほか
  • 動画検査(旧・動画チェック) - 菊地洋子、東野伊佐子、Production I.G(小山優子、森南海子、中林美佳、竹谷今日子、いずみひろよ(旧・泉広代)、和田さつき、石崎和哉、森田史、窪田康高、小松田大全、三田由起子(みたゆきこ)、野上麻衣子、近藤育代、斎藤言栄、木下美香、江野沢柚美、酒井怜子、鈴木明日香、宮崎瞳、西村潤子、菅田朋子)
  • 動画 - アートランド、I.G 新潟、旭プロダクション亜細亜堂葦プロダクションA.P.P.P、アニメトロトロ、WishMSC、エー・ライン、GAINAXぎゃろっぷ、コックス、作楽クリエイト、じゃんぐるじむ、シンエイ動画、スタジオ伽藍、スタジオコクピットスタジオ座円洞、スタジオシータ、スタジオジブリ、スタジオマーク、スタジオ・リバティ、スノーライト、TYOアニメーション、デルタ・ピーク・プロダクション、ぴえろP.A.WORKSビィートレインProduction I.Gユーフォーテーブル遊歩堂ラディクス ほか
  • 色指定 - 安部なぎさ、石原裕介、稲村智子、今泉ひろみ、岩本ちえ、蝦名佳代子、大谷夏代、楠本みゆき、小島真喜子、小平梨加、小林めぐみ、下浦亜弓、須川恵、竹田明代、中島和子、西澤真理子、野中幸子、福谷直樹、堀越智子、松谷早苗、三関江美、横井未加、吉田小百合、渡辺陽子、米田侑加
  • 仕上 - 仙台アニメーション、スタジオトイズ、スタジオキリー、スタジオロード、Production I.G
  • 特殊効果 - 土井通明、前川孝、深山聡、村上陸(むらかみりく)、山本公、村上正博、村上寿美江
  • 制作進行 - 星野達也、八木信幸、内田和弘、魁生聡、柏原健二、和田泰、棚田俊晴、安部弘光、山本寛、松井正一、杉谷光一、別紙直樹、高橋麗奈、永居慎平、西川昭彦、木野雄、山本秀世、上田徳、井上貴允、高橋渉、高橋順、荒木元道、辻充仁、山本直史、長南佳志、上木場千人、岡田麻衣子、ソー・ヘジン、梅原英司、鈴木昭彦、吉田有希、床次里美、山崎智史、永田雄一、鈴木洋介、萩野宏之、利岡伸一、大瀬裕嗣、鈴木健一、高橋紗ゆり、岩瀬隆文、新井宣圭、中村和喜、廣川浩二、須藤悟史、姉帶葉菜、須之内佑典、青木拓也
  • 制作協力(ノンクレジット) - Production I.G、P.A.WORKS

主題歌・挿入歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

曲名 歌手 作詞・作曲 放送話数(長さ) 作画監督 備考
1 動物園は大変だ TUNE'S 作詞 - 臼井儀人
作曲 - 織田哲郎
編曲 - 明石昌夫
第1話(1992年4月13日) - 第21話(1992年9月21日) 林静香 原作者の臼井儀人が作詞した唯一の曲。
2 夢のENDはいつも目覚まし! B.B.クイーンズ 作詞 - 長戸大幸
作曲 - 織田哲郎
編曲 - 葉山たけし
第22話(1992年10月12日) - 第57話(1993年7月5日)
3 オラはにんきもの 野原しんのすけ矢島晶子 作詞 - 里乃塚玲央
作曲 - 小杉保夫
編曲 - 加藤みちあき
SPECIAL 3(1993年7月12日) - SPECIAL9 (1995年9月25日) 声優が歌うアニメキャラクター名義のシングルとして史上初のオリコンのベストテン入りを果たすなど、『クレヨンしんちゃん』の主題歌としては一番のヒットとなった。2012年7月6日の回にて約17年ぶりにエンディングで流された。
4 パカッポでGO! 作詞 - ポエム団
作曲・編曲 - 木村貴志
第161話(1995年10月9日) - SPECIAL 13(1996年9月27日) 表記揺れからしばしバカッポでGO!と表記されることもある。このころからしんのすけのキャラクターデザインが現在と近くなっていく。また、このOPの途中から監督が原恵一に変更された。
5 年中夢中"I WANT YOU" Puppy[16] 作詞 - C's
作曲・編曲 - 菅原サトル
第203話(1996年10月11日) - SPECIAL 19(1998年4月17日) 湯浅政明 このOPからひまわりが登場した。OPの作画監督が湯浅政明に変更されたことで若干の作画の違いが生じる。2012年8月17日の回にて約14年ぶりにエンディングで流された。
6 とべとべおねいさん 野原しんのすけ(矢島晶子)
アクション仮面玄田哲章
作詞・作曲・編曲 - もつ 第270話(1998年4月24日) - 第354話(2000年4月28日) 勇者ライディーン』のオープニングテーマソング『勇者ライディーン』の替え歌として制作された。[要出典]スペインでの放送時にはエンディングテーマとして流れている。2012年7月13日の回にて約12年ぶりにエンディングで流された。
7 ダメダメのうた LADY Q
野原しんのすけ(矢島晶子)
野原みさえならはしみき
作詞 - LADY Q
作曲・編曲 - 森俊也
第355話(2000年5月5日) - 第458話(2003年1月11日) 末吉裕一郎 このOPと第15弾OPの「キミに100パーセント」のみ番組タイトルが曲の最後に来る演出がされている[17]。このオープニングからリメイクされた。ちなみに、エピソードは、第3期シリーズオープニング「パカッポでGO!」のままで、リメイクされていない。だが、第4期シリーズのエピソードの、「3人でお風呂は騒々だゾ」では、唯一のリメイクされていたらしい。歌は早口言葉と、同じ。2012年7月27日の回にて約9年ぶりにエンディングで流された。
8 PLEASURE 華原朋美 作詞 - 黒須チヒロ
作曲 - 細井かおり
編曲 - 清水信之
第459話(2003年1月18日) - SPECIAL 43(2004年10月16日) 林静香 ボボボーボ・ボーボボ』放送期間中は全てのスタッフクレジットが表示され、曲時間も延長された。また、このOPの途中から監督がムトウユージに変更された。
9 ユルユルでDE-O! 野原しんのすけ(矢島晶子) 作詞 - ムトウユージ
作曲・編曲 - 中村康就
第509話(2004年10月22日) - 第594話(2007年2月23日)
第604話(2007年7月6日) - 第681話(2009年10月16日)
間々田益男 番組唯一監督が作詞している曲。オープニングでは一番長く使われた。2012年7月27日の回にて約3年ぶりにエンディングで流された。また、このOPの途中から総作画監督の小川博司が番組を降板した。
10 ユルユルでDE-O! 2007クレヨンフレンズVERSION 野原しんのすけ(矢島晶子)
クレヨンフレンズ from AKB48
第595話(2007年3月9日) - 第603話(2007年6月22日) 劇場版『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』公開に合わせて使用された。また、歴代オープニング曲では一番短い曲となっている。DVDではこのオープニングは未収録。
11 ハピハピ ベッキー♪♯ 作詞 - ベッキー♪♯
作曲 - Splash Candy
編曲 - 本田優一郎
第682話(2009年10月23日) - 第708話(2010年7月30日) 林静香
12 Hey baby! 倖田來未 作詞 - 倖田來未
作曲 - 井上慎二郎
編曲 - 田中直
第709話(2010年8月6日) - 第724話(2011年1月28日) 末吉裕一郎 Bメロ部分では過去のオープニング映像が使用されている。この曲から製作会社のクレジットがオープニングに表示される(エンディングのミニコーナーからは削除)。回によってはキャストも一括紹介される(概要参照)。
13 T.W.L 関ジャニ∞ 作詞・作曲 - 北川悠仁
作曲 - 野間康介
第725話(2011年2月4日) - 第747話(2011年10月28日) 林静香
14 希望山脈 渡り廊下走り隊7 作詞 - 秋元康
作曲 - ray.m
編曲 - 増田武史
第748話(2011年11月4日) - SPECIAL 64(2012年3月16日)
15 キミに100パーセント きゃりーぱみゅぱみゅ 作詞・作曲・編曲 - 中田ヤスタカ 第783話(2012年10月19日 - 現在) 原勝徳 オープニングの映像制作にはサイクロングラフィックスも携わっている。テレビ放映版のみしんのすけによる合いの手が入るようになった。
  • 最新映画情報がある場合、オープニングテーマが廃止されたり、映画の主題歌やシーンがオープニングやエンディングの枠で流れる事がある。
  • 映画版のオープニングでは『ブリブリ王国の秘宝』からねんどアニメで映像を使用している。なお、『アクション仮面VSハイグレ魔王』ではテレビ版の「オラはにんきもの」をそのまま流している。映画版で使用されていないオープニングは「動物園は大変だ」「夢のENDはいつも目覚まし!」「Hey baby!」の3曲。
  • 2013年10月24日放送分のオープニングでは、同年8月に実施された「夏休みアニメ祭り」の視聴者プレゼント企画に当選した応募者の通う幼稚園へしんのすけが訪問し、「キミに100パーセント」の体操を園児達と踊った時の様子が放送された。
  • 映画第22作「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」の公開一週間前に当たる2014年4月11日放送分のオープニングでは、劇中のシーンは使われず、着ぐるみのしんのすけが主題歌「ファミリーパーティー」の曲に合わせて踊る映像が放送された。

エンディングテーマ[編集]

エンディングテーマは短縮される時期があり、これは監督が原恵一だったころの末期から見られる。また、この項で述べたように、土曜日に放送されていた頃は『ボボボーボ・ボーボボ』とステブレレスで接続していたためエンディングテーマがなかった。現在はドラえもんと共にエンディングはカットし、概要の項で述べたようなコーナーが2006年1月6日から放送されている。

  • 「ママとのお約束条項の歌(ラップ)」(初期バージョン)は、一度だけ1993年のスペシャル版で挿入歌として使用された。
  • 「しんちゃんのジングル・ベル'93」は1993年のクリスマススペシャルで使われた。
  • 「動物園は大変だ」は初期のスペシャルで何度か使用されている。
  • 劇場版公開時期には主題歌が使用されることがある。また、過去の劇場版主題歌がスペシャルで使用されたこともある。
  • 2012年7月6日放送回から2012年9月14日放送回までは、『オラの名曲ベストセレクション』と称して過去のオープニングおよびエンディングを当時の映像付きで流していた。
通常放送時
曲名 歌手 作詞・作曲 放送話数(長さ) 作画監督 備考
1 うたをうたおう 大事MANブラザーズバンド 作詞・作曲 - 立川俊之
編曲 - 大事MANブラザーズバンド
第1話(1992年4月13日) - 第21話(1992年9月21日) 小川博司
湯浅政明
2 素直になりたい 米村裕美 作詞・作曲 - 米村裕美
編曲 - 渡辺格
第22話(1992年10月12日) - 第57話(1993年7月5日)
3 DO-して 桜っ子クラブさくら組 作詞 - 西脇唯
作曲 - 斉藤英夫
編曲 - 新川博
SPECIAL 3(1993年7月12日) - 第99話(1994年5月30日) 湯浅政明 エンディングの最後でしんのすけがピースするバージョンと「ん〜」と画面大アップでキスしてくるバージョンの2つが存在し、ランダムで使用された。エンディングとしての使用終了後も一部の回で挿入歌として使用された時期があった。
4 しんちゃん音頭 ゆうこ
野原しんのすけ(矢島晶子)
作詞 - 加茂茂一
作曲・編曲 - おづたいりく&星野やすひこ
第100話(1994年6月6日) - 第112話(1994年8月29日) 歴代エンディング曲では一番短い曲となっている。DVDでは、このエンディングはない。
5 パリジョナ大作戦 マロン公しゃく 作詞 - マロン公しゃく
作曲・編曲 - 木村貴志
第113話(1994年9月5日) - SPECIAL 9(1995年9月25日) TV版はマロン公しゃくのソロだが、CD版はマロン公しゃく & しんのすけの二人で歌っている。2012年8月31日の回にて約17年ぶりに流された。
6 REGGAE KONOTE 作詞 - KONOTE
作曲 - KEISUKE&山崎洋一
編曲 - 林有三
第161話(1995年10月9日) - 第188話(1996年5月24日) 最初と最後で、しんのすけが、目を閉じ、開ける。最後では、逆再生になっている。
7 しんちゃん音頭〜オラといっしょにおどろうよ〜 三波春夫
野原しんのすけ(矢島晶子)
作詞 - 加茂茂一
作曲・編曲 - おづたいりく&星野やすひこ
第189話(1996年6月7日) - SPECIAL 13(1996年9月27日) 映像はイントロのみ新規で、残りは1994年版の流用である。DVDでは、このエンディングはない。
8 BOYS BE BRAVE〜少年よ勇気を持て〜 奥井亜紀 作詞 - 奥井亜紀&西東レモン
作曲 - 奥井亜紀
編曲 - 小野寺明敏
第203話(1996年10月11日) - SPECIAL 17(1997年10月10日) 小川博司 DVDでは、このエンディングはない。
9 月灯りふんわり落ちてくる夜 小川七生 作詞・作曲・編曲 - RYUZI 第249話(1997年10月17日) - 第297話(1998年11月20日) 林静香 このエンディングからひまわりが登場した。夜をテーマにした、エンディングである。
10 スキスキ♡マイガール L'luvia 作詞・作曲 - KAORU
編曲 - 山中剛 & L'luvia
第298話(1998年11月27日) - 第352話(2000年3月17日) もっとも長く使われていたエンディング曲でもある。DVDでは、このエンディングはない。
11 今日はデート かまぼこ 作詞・作曲・編曲 - けーちゃん 第353話(2000年4月14日) - 第397話(2001年5月25日) なし この曲から「ママとのお約束条項の歌」までスタッフクレジットがロール式になり、演奏時間が短縮された。映像は次回予告の本編映像を使用しているため、専用のアニメーションはない。このエンディングの時期は、次回予告がなく、2分短だったらしい。DVDでは、このエンディングはない。
12 全体的に大好きです。 シェキドル 作詞・作曲 - つんく
編曲 - 高橋諭一 & つんく
第398話(2001年6月1日) - SPECIAL 33〈2002年9月28日) 末吉裕一郎 放送時間の関係で一部歌詞をカットされていた時期がある。映像は一枚の絵の表示方法の違いで4パターンある。
13 ママとのお約束条項の歌 野原しんのすけ(矢島晶子)
野原みさえ(ならはしみき)
作詞 - 臼井儀人 & 浅田有理
作曲 - 小杉保夫
編曲 - 斉藤英夫
第452話(2002年11月2日) - SPECIAL 43(2004年10月16日) なし 本来はテレビアニメの挿入歌としてつくられた歌。映像は原作からの流用。DVDでは、DVDに収録されている、エピソードの、ワンクシーンが流用されている。2012年9月14日の回にて約8年ぶりに流された。
14 ありの歌 やなわらばー 作詞・作曲 - りお
編曲 - パパダイスケ
第509話(2004年10月22日) - SPECIAL 46(2005年12月16日) 林静香 「スキスキマイガール」以前の形式に戻ったが、シリーズ最後のエンディング曲でもある(2014年現在)。夕方をテーマにした、エンディングである。ひろしは、アリ、みさえは、カマキリである。このエンディングから、リメイクされた。2012年11月9日の回にて挿入歌としてではあるが約7年ぶりに流された。

テレ朝チャンネルでの放送やDVD版では、SPECIAL46以降の回でもエンディングとして流れている。

特別放送

あなただけを 〜Summer Heartbreak〜 - クレヨンしんちゃんハワイスペシャルにて。

挿入歌[編集]

  • 「アクション仮面の唄」
  • 「ふたば幼稚園の歌」
  • 「ひまわり体操」
  • 「立て! カンタムロボ」
  • 「北埼玉ブルース」
  • 「魔法をかけてあげる」
  • 「ぽんぽこちん体操」
  • 「せめて今夜だけは」
  • 仲井戸麗市「年の瀬'93」

各話リスト[編集]

放送されたエピソードのサブタイトルについては、

ほとんどのサブタイトルが「〜だ(ゾ)」という形式で、しんのすけがタイトルコールを行うが、一部例外あり。サブタイトル画面やBGMも放送開始以来ほぼ変わっていないが、特殊な画面やBGMが使われたこともある。2010年以降はエンディングのミニコーナーからスタッフクレジットが省略される場合、各話のスタッフ(概要参照)も表示される。

放送局[編集]

現在の放送局[編集]

2014年10月現在

放送地域 放送局 放送日時 放送系列 遅れ日数 字幕・連動データ放送
関東広域圏 テレビ朝日 (EX) 金曜 19:30 - 19:54 テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ (HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送 (ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ (IAT)
宮城県 東日本放送 (KHB)
秋田県 秋田朝日放送 (AAB)
山形県 山形テレビ (YTS)
福島県 福島放送 (KFB)
新潟県 新潟テレビ21 (UX)
石川県 北陸朝日放送 (HAB)
長野県 長野朝日放送 (abn)
静岡県 静岡朝日テレビ (SATV)
中京広域圏 メ〜テレ (NBN)
近畿広域圏 朝日放送 (ABC)
広島県 広島ホームテレビ (HOME)
山口県 山口朝日放送 (yab)
香川県・岡山県 瀬戸内海放送 (KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ (eat)
福岡県 九州朝日放送 (KBC)
長崎県 長崎文化放送 (NCC)
熊本県 熊本朝日放送 (KAB)
大分県 大分朝日放送 (OAB)
鹿児島県 鹿児島放送 (KKB)
沖縄県 琉球朝日放送 (QAB)
宮崎県 テレビ宮崎 (UMK) 金曜 15:25 - 15:50 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
14日遅れ[18] ×
日本全域 テレ朝チャンネル1
ドラマ・バラティ・アニメ
月 - 木曜 19:00 - 20:00 CS放送 5年遅れ

過去の放送局[編集]

系列は現在の系列。◎はテレビ朝日系新局開局やネットチェンジにより終了した局。

放送地域 放送局 放送系列 備考
岩手県 IBC岩手放送(IBC) TBS系列 ◎1996年3月打ち切り
1996年4月から9月までは岩手県では未放送[19]
秋田県 秋田放送(ABS) 日本テレビ系列 ◎1992年9月まで[20]
山形県 山形放送 (YBC) ◎1993年3月29日まで
1993年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局[21]
山梨県 山梨放送 (YBS) 2006年4月打ち切り
富山県 北日本放送 (KNB) 2006年3月打ち切り
福井県 福井放送 (FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
2009年3月打ち切り
島根県鳥取県 山陰放送 (BSS) TBS系列 2000年9月打ち切り
徳島県 四国放送 (JRT) 日本テレビ系列 2004年3月打ち切り[22][23]
愛媛県 南海放送 (RNB) ◎1995年3月まで
高知県 高知放送 (RKC) 2002年3月打ち切り
沖縄県 琉球放送 (RBC) TBS系列 ◎1995年9月まで

放送時間の変遷[編集]

本番組は、改編に伴う時間変動が多く、本番組の移動でアニメ枠が再開または終了することも多い。

放送期間 時間 備考
1992年4月13日 - 1996年3月18日 月曜 19:00 - 19:30 30分枠で放送開始。『ピーコック劇場』から長年に渡ってアニメ・特撮を放送してきたテレビ朝日の月曜19時前半枠のアニメは、
本作が事実上最後となった。また、系列外ネット局では四国放送もネットしてきたが、
テレビ朝日におけるゴールデンタイムで系列外ネット局も配信する番組はこの番組が最後になった。
1996年4月12日 - 2000年3月17日 金曜 19:30 - 20:00 放送枠を移動。
当該枠でのアニメは『宇宙船サジタリウス』以来、8年半ぶり。なお、四国放送はこの時期から2004年3月までも月曜19:00ままの放送だった。
2000年4月14日 - 2002年3月29日 金曜 19:30 - 19:54 ニュースステーション』のフライングスタートに伴い、次番組『ミュージックステーション』が19:54 - のフライングスタートとなったため、
放送枠を6分短縮して24分枠に。なお、『ミュージックステーション』のフライングスタートは2000年9月15日まで続き、
10月20日以降は再び20:00からのスタートに戻り、19:54 - 20:00は各局ミニ番組となっている。
2001年4月13日 - 5月4日、7月6日 - 2002年3月29日放送分は2話へ短縮された。
2002年4月20日 - 2003年9月27日 土曜 19:00 - 19:30 あたしンち』の放送開始により移動。当該枠でのアニメは『キューティーハニーF』以来、4年半ぶり。
この時期の土曜19:30からの枠は『クイズ!バーチャQ』→『釣りバカ日誌』を放送。30分枠に戻り、1回2話から3話へ。
2003年11月8日 - 2004年10月16日 土曜 19:00 - 19:28 『釣りバカ日誌』の放送が終了し『ボボボーボ・ボーボボ』が放送開始。ステブレレスのフライングスタートのため2分短縮して28分枠となる。この時期はエンディングテーマが省略された。
2004年10月22日 - 金曜 19:30 - 19:54 スイスペ!』の枠を移動し『ドスペ!』の枠を設けるために時間移動。金曜19時30分枠の『あたしンち』はローカルセールス枠となった。
「ミュージックステーション」のフライングスタートにより24分に短縮されたため、2話へ短縮。2000年4月14日 - 2002年3月29日末の放送時間に戻る形に。

前述のとおり、30分枠や28分枠で放送されていたときもあれば、現在のように24分枠の時期もあり、放送時間の長さの違いによって、放送1回分の話の本数が3本(30分、28分)や2本(24分)と変動している。

また、2002年から2004年までの3年間は「傑作選」として春休み期間の3月に平日午前の再放送枠の11:00 - 11:30枠にて放送され、2010年2011年夏休みは「夏休みアニメ祭り」として、前枠・ドラえもんとのコンプレックスで放送され、その後半枠として扱われたことがあった。また、「傑作選」については、元々2002年の回については「クレしん」放送開始10周年を記念してのものであったが好評のため、2004年まで毎年放送が行われた。放送話は3年間すべてひまわりが登場した直後のものであったが、オープニングは3年間一貫して本放送と異なる「ダメダメのうた」、エンディングは一部歌詞がカットされたうえで「ママとのお約束条項」が使われた。

映像ソフト[編集]

テレビ版については、VHSとDVDで「クレヨンしんちゃんTV版傑作選 第○期シリーズ」の名称でバンダイビジュアルより販売されている。傑作選と銘打っているが実際にはほぼすべてのエピソードが収録されていて、主に既成曲が使用された一部のエピソード(CCガールズサザンオールスターズの曲)が権利上の問題から未収録となっている。

問題[編集]

VHSシリーズが順調にリリースされる中で主要メディアがVHSからDVDへ移行し、過去にVHSのみであった作品もDVDで販売されるが、「DVD傑作選シリーズ」として発売された内容はVHS第2期シリーズの収録内容であったため、VHS版1期のエピソードはDVD販売されずにシリーズ番号『第2期』が欠落していた。VHS第3期シリーズ以降は「DVD第◯期シリーズ」としてVHS同様のナンバリングでDVD化され、2012年に放映開始20週年を記念して『第1期』の内容を「1年目シリーズ」、以降「2年目シリーズ」として発売されてシリーズナンバリングは統一された。第43話Cパート「地震がきたゾ」は未収録であるため1期13巻のみ収録和数が1話少ない。2011年に1992年度の放送回を収録したメモリアルボックスが限定発売されている。

テレビ版では上記シリーズの他に、テレビのスペシャル回などで放送されたエピソードをまとめた「クレヨンしんちゃんスペシャル」シリーズも販売されている。ひまわり誕生エピソードはスペシャル回放送であったが、直前のエピソードまでひまわり誕生を引き合いにしながら以降のエピソードで何事も無く出生済みであることは不整合であるため「TV版傑作選」へ収録されるなど、スペシャル回全エピソードは収録されていないが、「TV版傑作選」と「スペシャル」で重複収録はない。

映像ソフトのシーズン区切りを以下に示す。

  • 第1期:第1話(1992年4月13日放送) - 第83話(1994年1月31日放送)(VHS全24巻)
  • 第2期:第84話(1994年2月7日放送) - 第169話(1995年12月4日放送)[24] (VHS・DVD全24巻)
  • 第3期:第170話(1995年12月11日放送) - 第248話(1997年9月26日放送)(VHS・DVD全24巻)
  • 第4期:第249話(1997年10月17日放送) - 第330話(1999年8月27日放送)(VHS・DVD全24巻)
  • 第5期:第333話(1999年9月17日放送) - 第436話(2002年5月18日放送)(VHS・DVD全24巻)
  • 第6期:第437話(2002年5月25日放送) - 第479話(2003年8月2日放送)(VHS・DVD全12巻)
  • 第7期:第479話(2003年8月2日放送) - 第517話(2005年1月7日放送)(DVD全12巻)
  • 第8期:第518話(2005年1月14日放送) - 第636話(2008年7月18日放送)(DVD全24巻)
  • 第9期:第637話(2008年7月25日放送) - 第698話(2010年4月30日放送)(DVD全12巻)
  • 第10期:第698話(2010年4月30日放送) - 第764話(2012年3月9日放送)(DVD全12巻)
  • 第11期:第764話(2012年3月9日放送) -

劇場版[編集]

劇場版東宝配給を行い、1作目は夏休みにニュー東宝シネマをチェーンマスターとする東宝洋画系で公開され、2作目以降はTOHOシネマズ日劇(旧:日劇2)をチェーンマスターとする東宝邦画系にて、毎年春のゴールデンウィーク前(概ね4月の3-4週目の土曜日)に公開されている。
「劇場版 クレヨンしんちゃん」を略して「劇しん(げきしん)」と呼ぶこともある(特にシンエイ動画内)。
チェーン系劇場では、例年3月上旬の春休みシーズンに公開される同じシンエイ動画制作・東宝邦画系の映画ドラえもんが公開前日までに終映となり、クレヨンしんちゃんと作品入替になる劇場が多い(単館系劇場やシネマコンプレックスによってはドラえもんの上映期間を延長あるいは4月以降に上映開始する場合もあり、入れ替わりにならないケースもある)。また、5作目以降は、13作目を除き劇場版『名探偵コナン』(東宝洋画系)と公開日が同一である[25]。日本のアニメ映画では『ドラえもん』『それいけ!アンパンマン』に次ぐ長寿映画シリーズである。

2代目監督である原恵一が務めた作品では、「大人も子供も笑って泣ける映画」というコンセプトのもとに制作されており、作者がこれを元に描いた漫画もある(ストーリーが少しアレンジされていて、ギャグが多い)。ストーリーはおもに「突然襲い掛かる敵に対して、野原一家やかすかべ防衛隊が力を合わせて戦う」といったもので、人々の人情や協力といったものがキーワードとなる。テレビ朝日のもう1つの看板アニメ『ドラえもん』が非現実的な世界が舞台になることが多いのに対し、こちらは実在の町を舞台にストーリーが展開する。原作やテレビアニメが現実的な作風なのに対し、劇場版ではタイムスリップなどのファンタジー要素も組み込まれている。物語の中では実在する車や銃などがリアルに登場、アクションシーンや逃走劇が過多に出てくることから、敵キャラクターの造形や1シーンなどに映画やアニメのパロディがちりばめてあることも多い。映画で使われたBGMはその後のテレビシリーズでよく起用される事が多い。

世界観や設定は作品ごとに矛盾している場合もある(例としては、『アクション仮面VSハイグレ魔王』ではアクション仮面はパラレルワールドからやってきた本物のヒーローとされているが、『嵐を呼ぶジャングル』では架空の存在とされている、『黄金のスパイ大作戦』ではしんのすけがヘガデル博士と体形が完全同一の唯一の人物とされ、『ブリブリ王国の秘宝』に登場したしんのすけと瓜二つのスンノケシ王子の存在が考慮されていないなど)。

コンセプトのとおり、最後には感動的な結末が待っているものが多く、劇場版の評価は高いものとなっている。特に第9作目『オトナ帝国の逆襲』と第10作『戦国大合戦』は評価が高く、前者は20世紀の高度経済成長期そのノスタルジーを取り上げ、後者は緻密な戦国時代や(この手のアニメではタブーとも言える)明確な「死」を描き、大人からの評価は非常に高い。

他の作品と大きく違う点は、予告編で映画本編では使用されないシーン(=オミット)が多いことである。特に第7作『爆発!温泉わくわく大決戦』では、「野原一家離散」という重大かつ深刻なエピソード(原因は不明だが一家全員で口論し、一家4人が離散してそれぞれ旅に出るというもの)が制作されたが、本編では一切そのようなシーンはなかった(むしろ、家族で一致団結していた)。なお、基本的にこのような予告は公開数か月前に流れる「特報」と称されるもので、この時点では動画もほとんど上がらない時期なので、あくまで作品の大まかなイメージと受け取るのが妥当といえる。第5作-第12作まで特報を手掛けた水島努が降板した後の特報では、映画本編で使用されないシーンがある場合もあるが、本編とかけ離れたものはなくなっている。

劇場版は、制作スケジュールが他の劇場作品に比べて極端に短いとされている。そのため脚本は作らず、いきなり絵コンテから作業を始めている。第13作『伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』以降の作品では、複数の脚本家と絵コンテマンが参加している。

第10作目『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』は以下の賞を受賞した。

第2作『ブリブリ王国の秘宝』以降では、クレイアニメーターの石田卓也がオープニングのねんどアニメを制作している。

オープニングテーマは、上映される時期にアニメ版で使用されているものが使用されている(ただし、第12作『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』では『オラはにんきもの』が使用された)。

第16作『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』では、本郷みつるが約12年ぶりに監督に復帰し、話題となった。

テレビ放送では、2007年に放送された『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』以降、ドラえもん同様、オープニング・エンディングと一部シーンをカットして放送されるようになった。ただし、2014年に放送された『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』ではオープニングこそカットされたものの本編はノーカットでエンディングはダイジェスト版として放送された。

劇場版作品一覧[編集]

映画タイトル一覧
No タイトル 公開日 オープニングテーマ エンディングテーマ 監督 脚本 興行収入
1 クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王 1993年7月24日 オラはにんきもの
(歌:野原しんのすけ)
「僕は永遠のお子様」
(歌:MEW)
本郷みつる もとひら了 22.2億円
2 クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝 1994年4月23日 「約束SEE YOU!」
(歌:岸恭子)
本郷みつる
原恵一
21.0億円
3 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望 1995年4月15日 「たすけてケスタ」
(歌:杉本幸子)
14.0億円
4 クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 1996年4月13日 パカッポでGO!
(歌:野原しんのすけ)
「SIX COLORS BOY」
(歌:雛形あきこ)
12.0億円
5 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡 1997年4月19日 「年中夢中"I WANT YOU"」
(歌:Puppy)
「ひまわりの家」
(歌:財津和夫)
原恵一 11.0億円
6 クレヨンしんちゃん 電撃!ブタのヒヅメ大作戦 1998年4月18日 とべとべおねいさん
(歌:野原しんのすけ&アクション仮面)
PURENESS
(歌:SHAZNA)
7 クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦 1999年4月17日 いい湯だな
(歌:野原一家&温泉わくわく'99)
9.0億円
8 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル 2000年4月22日 さよならありがとう
(歌:小林幸子)
11.0億円
9 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲 2001年4月21日 ダメダメのうた
(歌:LADY Q&野原しんのすけ&野原みさえ)
元気でいてね
(歌:小林幸子)
15.0億円
10 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦 2002年4月20日 「二中のファンタジー〜体育を休む女の子編〜」
(歌:ダンス☆マン)
13.0億円
11 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード 2003年4月19日 PLEASURE
(歌:華原朋美)
「こんな時こそ焼肉がある」
(歌:のはら家オールスターズ)
水島努 水島努
原恵一
14.0億円
12 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ 2004年4月17日 「オラはにんきもの」
(歌:野原しんのすけ)
○(マル)あげよう
(歌:NO PLAN)
水島努 12.8億円
13 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃 2005年4月16日 ユルユルでDE-O!
(歌:野原しんのすけ)
Crayon Beats
(歌:AI)
ムトウユージ ムトウユージ
きむらひでふみ
13.0億円
14 クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ! 2006年4月15日 GO WAY!!
(歌:倖田來未)
もとひら了 13.8億円
15 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾! 2007年4月21日 「ユルユルでDE-O! 2007クレヨンフレンズVERSION」
(歌:野原しんのすけ&クレヨンフレンズ from AKB48)
Cry Baby
(歌:SEAMO)
やすみ哲夫 15.5億円
16 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者 2008年4月19日 「ユルユルでDE-O!」
(歌:野原しんのすけ)
人気者で行こう!
(歌:DJ OZMA)
本郷みつる 12.3億円
17 クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国 2009年4月18日 やんちゃ道
(歌:ジェロ)
しぎのあきら 静谷伊佐夫 10.0億円
18 クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁 2010年4月17日 ハピハピ
(歌:ベッキー♪♯)
オメデトウ
(歌:mihimaru GT)
横手美智子 12.5億円
19 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦 2011年4月16日 T.W.L
(歌:関ジャニ∞)
イエローパンジーストリート
(歌:関ジャニ∞)
増井壮一 こぐれ京 12.0億円
20 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス 2012年4月14日 希望山脈
(歌:渡り廊下走り隊7)
少年よ 嘘をつけ!
(歌:渡り廊下走り隊7)
9.8億円
21 クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!! 2013年4月20日 キミに100パーセント
(歌:きゃりーぱみゅぱみゅ
RPG
(歌:SEKAI NO OWARI
橋本昌和 浦沢義雄
うえのきみこ
13.0億円
22 クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん 2014年4月19日 ファミリーパーティー
(歌:きゃりーぱみゅぱみゅ)
高橋渉 中島かずき 18.2億円
22 クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃 2015年4月18日

日本国外での展開[編集]

本作は日本国外では単行本販売やアニメ版の放送、劇場版が公開されている。なお、主題歌は一部の国を除いてオープニングは「オラはにんきもの」、エンディングは「パリジョナ大作戦」の吹き替え版が使用されている[26][27]スペインでは、LUK INTERNACIONALが2001年にライセンスを取得し、カタルーニャ語の吹き替え版を皮切りに、スペイン語バスク語ガリシア語バレンシア語の吹き替え版が放送されているが、2004年以降は概要の項で述べたようにスペイン社会労働党に「恥知らずで教育によくない」として放送中止を要求され、一部地方は放送時間の変更を、バレンシア地方では放送中止を余儀なくされたが、この年に原作単行本のプロモーションのためにバルセロナを訪問した原作者の臼井儀人は、スペインでの人気ぶりに感激し、「バルセロナでのエピソードを執筆したい」との意向を示し[28]、原作・アニメ版ともにそのストーリーが掲載・放送され、のちにスペインでも放送された(2004年5月29日放送の「オーラッ!スペイン旅行だゾ」[29]より)。また、2003年にはスペインのキャラクタービジネス雑誌「Licencias Actualidad」が、関係者のアンケートから選定する「最優秀エンターテインメントキャラクター賞2003」に選ばれている[30][31]。2003年には、バルセロナで開かれた『暗黒タマタマ大追跡』の試写会で、当時監督を務めていた原恵一が舞台挨拶に訪問してインタビューを受けた。2005年にはゲームボーイアドバンス用のゲームソフト[32]、2007年と2008年にニンテンドーDSWii用ソフトのスペイン語版も発売されている。また、アニメ版で日本語で書かれているところはナレーションで説明している。なお、しんのすけや野原一家などのキャラクターの名前や読みは日本と同じで「シロ」[33]以外は特に変更はない。

韓国では『짱구는 못말려』(チャングヌンモッマルリョ、和訳:チャングは止められない)というタイトルで親しまれているが、儒教主義勢力からの反発により、過去には原作単行本は19歳未満視聴不可となっており(なお、不適切なシーンを修正した12歳以上観覧可も同時並行で発売されていた。現在では、別の出版社により『크레용 신짱』(クレヨンシンチャン)のタイトルで年齢制限なしで出版されている。)、韓国語吹き替え版のアニメ版もしんのすけが親に横柄な態度をとっている場面や下品なシーンは削除されている。日本語で書かれているところ(野原家の表札など)や「げんこつ」の表示画面などはすべてハングルに書き換えられている(または日本語の部分が消去されている)。しんのすけの名前は신짱구(シン・チャング、「しんちゃん」のハングル読み)で、짱구(チャング)は韓国語で「突き出た額」という意味。そのためか、すべての登場人物が韓国人で、舞台が日本の埼玉県春日部市ではなく韓国の「ソウル」に変更されている[34]。なお、2006年版の東京書籍発行の英語の教科書「NEW HORIZON 2年」には、韓国版のこの作品が掲載されている。ただし、これらのことはクレヨンしんちゃんに限った話ではなく、韓国で放送、出版される日本アニメ、漫画に対しては一般的に行われていたことである。1998年から2012年6月までパク・ヨンナムが、2012年7月からはジョン・ソンヒェが野原しんのすけ役の声優をしている。

アメリカでは単行本の発売やアニメ版の放送もされており、単行本はDCコミックス社から発売。英語吹き替え版はFUNimationが2006年の初めにライセンスを取得、カートゥーン ネットワークの深夜枠「アダルトスイム」でテストランとして2006年8月に1か月限定で放送された。また、本放送(シーズン1とシーズン2)も2007年4月18日から2009年8月まで放送された。レイティングは「TV14」(14歳未満の視聴を制限)。また、DVDもFUNimationより2007年5月より、順次発売されている。テレビでの放送に加え「アダルトスイム」のホームページでも、一部の回がストリーミング配信されている(他国では、イタリア、スペイン、ブラジルのカートゥーン ネットワークでも放送されている)。

なお、本来日本語のテロップが書かれているところが英語に書き換えられていたり(「げんこつ」を「POW!」に)、しんのすけが「ゾウさん」をしている部分をモザイクがつく、一部のセリフで放送禁止用語に使う「ピー音」が付け加えられるなどの修正がなされている。しんのすけの声優はローラ・ベイリーが務めている。なお、ハワイでは1992年から2001年まで英語字幕付きのアニメ版が放送されていた。

イギリスアイルランドではLacey Entertainment社がライセンスを取得し、同社制作の英語吹き替え版のアニメが放送されていたが、テレビ朝日とのライセンス契約が2005年末に切れたため、放送も終了している。

中国でも原作単行本が発売され、『蠟筆小新』(ラービーシァォシン)というタイトルの広東語吹き替え版も放送されている。しかし1997年に、地元の企業数社がこの作品の絵柄や中国語名で商標登録を行ったため、2004年に双葉社が中国でキャラクター商品を売り出した際、商標登録の影響で海賊版として撤去されてしまうという、「本物が偽物になって、偽物が本物になる」問題が発生している(クレヨンしんちゃん#中国を参照)。

マレーシアでは、原作単行本は『Dik Cerdas』(和訳:才気溢れる少年)に改題されて発売されている。マレー語吹き替え版のアニメでは、しんのすけが「ぞうさん」をしているシーンがすべて削除されている。

フィリピンでは、フィリピン語吹き替え版が無検閲で放送されている。しんのすけの声優は、地元のラッパーであるAndrew E.が務めている。

インドネシアでは、しんのすけそっくりとも評される風貌をしたインドネシア人の俳優・オニー・シャリアルがしんのすけの声優を務めている。アニメ版は映画のレイティングシステムのPG(親の同伴指定)に相当するBOが指定され(初期のみ)、原作単行本は15歳未満の購入を禁止している。なお、テーマ曲は『動物園は大変だ』のインドネシア語バージョンである。

インドでは、ヒンディー語吹き替え版が放送されている。ボーちゃんの名前は「スズキ」に変えられており、下品なシーンはカットされている時がある。主題歌はボリウッド映画のポピュラー曲に変えられているが現在は「オラはにんきもの」のヒンディー語バージョンになっている。2008年12月にインドの情報放送省が「子供に悪影響を与える」と考え、今後インド国内での放送を禁止する方針であると伝えている[35]ラテンアメリカブラジルでは、吹き替え版がアニマックスで平日に1日3、4回放送されている。

ヨーロッパイタリアでは、主題歌が現地でポピュラーな曲に変わっていることが多く、劇中に流れるBGMも独自で作られている。また、「ゾウさん」をするシーンは削除されたり、モザイクがかけられている。

特記事項[編集]

ラジオ番組への出演[編集]

1993年、TOKYO FMの当時の人気番組『赤坂泰彦のミリオンナイツ』にしんのすけが出演している。また、2007年4月13日にも同じTOKYO FM・赤坂泰彦が司会の別番組『ディア・フレンズ』に出演した。2006年にも、シンエイ動画の所在地である西東京市コミュニティFMエフエム西東京の番組にもアニメ15周年の宣伝でしんのすけが出演した。

また、2001年4月18日放送のTBSラジオ『コサキンDEワァオ!』に、野原一家(シロを除く)がゲストとして登場した。これは、パーソナリティの関根勤が大ファンであること、関根が野原ひろしのモノマネを持ちネタとして度々披露していたこと、原作者の臼井儀人がコサキンの筋金入り超ヘビーリスナーであること、それらが縁でその年の劇場版コサキンの2人(関根勤と小堺一機)がゲスト出演したことから実現したものである。なお、番組内ではゲストトークのコーナーだけでなく、「コサキンコント劇場」(2人によるコントコーナー)において、「野原家に家庭教師が来た」という設定でスペシャルコントが行われた。ちなみに原作には、割と頻繁にコサキン番組内でよく使われる用語がひっそりと引用されていることがある。

他作品・番組・著名人とのコラボレーション[編集]

本作はこれまでに多くのコラボレーションを実現しており、テレビアニメでは『美少女戦士セーラームーン』(こちらも参照)や、『ドラえもん』、『あたしンち』、『釣りバカ日誌』、『ボボボーボ・ボーボボ』とのコラボレーションを果たしている。また、テレビ朝日系のバラエティー番組などでしんのすけが(着ぐるみで)特別出演するときがある(『新タイムショック』など)。

テレビアニメとのコラボレーションは、テレビ朝日系のシンエイ動画制作作品や東映アニメーション制作(両会社ともテレビ朝日が株主となっているため)の作品とに限られている。また、東映アニメーション制作でもABC制作の日曜8時30分枠の作品とは、1993年のスペシャル版で『スーパービックリマン』のフェニックスと共演しただけでそれ以降はなかったが、2006年12月15日のスペシャル版では『ふたりはプリキュア Splash Star』のキャラクターとの共演を(着ぐるみ同士ではあったが)果たした。プリキュアが他のアニメ作品とコラボレートするのは、これが初めてである[36]

近年はタレントなどがゲスト出演することがあり、「藤岡弘、探検シリーズ」のパロディ「野原ひろし探検隊」では藤岡弘、が本人役で出演した。劇場版でも雛形あきこ小林幸子NO PLAN丹波哲郎などの芸能人がゲスト出演している。またスポーツ選手とのコラボレーションも多く、2006年トリノ五輪のシーズン中は、上村愛子今井メロ皆川賢太郎佐々木明ら五輪選手と、2007年メルボルン世界水泳直前では、デュエットの鈴木絵美子松村亜矢子組らシンクロナイズドスイミング日本代表と[37]2010年の南アフリカワールドカップ開幕当日の放送では、サッカー日本代表中澤佑二とコラボレーションを果たした。また、2011年10月21日放送「オラはプロ野球選手だゾ」でしんのすけが埼玉西武ライオンズのマスコットに起用されていることから、おかわり君こと中村剛也とコラボしている。

さらに、2005年12月16日放送の「男たちの大和だゾ」では、男たちの大和/YAMATOのロケシーンが扱われ、反町隆史中村獅童が登場した。

2006年7月14日の放送では『ラブ★コン』(映画)とコラボレーションし、藤澤恵麻小池徹平が劇中の役柄でそのままで出演した。2006年8月11日の放送では「よゐこをプロデュースするゾ」によゐこが本人役で出演し、アイキャッチではしんのすけとよゐこの掛け合いがあった(漫画としても45巻に掲載)。

2007年8月3日の放送では、翌日公開の『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』の宣伝で『仮面ライダー電王』の出演者佐藤健白鳥百合子秋山莉奈石丸謙二郎、着ぐるみキャラのモモタロス(声:関俊彦)とのコラボレーションが行われた。逆に、実写で電王と着ぐるみのしんのすけの共演もあった(仮面ライダー電王+しん王も参照のこと)。

2008年4月25日の「スシ王子!だゾ」の放送では、『銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜』に出演する堂本光一中丸雄一が本人役で登場した。

2008年9月26日に放送された54分特番「応援フレフレお尻もフレフレスペシャル!!」では映画『フレフレ少女』宣伝のため主演の新垣結衣とのコラボレーションが行われ、本編の「フレフレ少女だゾ」では劇中の役柄で声の出演、また、その前後には実写で「オラ応援団になったゾ!!」のタイトルで着ぐるみのしんのすけと帝京中学・高校女子柔道部へ応援に行く、という企画が放送された(共演の染谷将太斎藤嘉樹柄本時生永山絢斗が同行)。

2010年7-8月には前枠・ドラえもんとのコラボレーションによる「夏休みアニメ祭り」として放送され、番組中で視聴者プレゼントを行った。

  1. 番組中の「夏休みアイテム」を探し出す(キーワードと同等)。それを見つけて番組終了後の電話応募で両番組の関連グッズを抽選でプレゼントする
  2. またこの夏休みアイテムを全10個見つけるとその応募者の通っている学校・幼稚園・保育園にドラえもんかしんのすけが訪れるという企画があった。

2011年も7‐8月にドラえもんとのコラボレーションで「夏休みアニメ祭り」が放送された。今回はドラえもんではなぞなぞでクレヨンしんちゃんではしんのすけが間違えた言葉を当てる問題になっておりその他は2010年と同様である。

間接的ではあるが、1994年10月14日に放送された『忍者戦隊カクレンジャー』の35話『おしおき三姉妹(シスターズ)』(有言実行三姉妹シュシュトリアンのセルフパロディ)で、雪代役の田中規子の諺(シュシュトリアンで、『○○曰く〜』から始まる)としてしんのすけの決めゼリフの『じゃ、そういうことで』が使われたほか、2007年12月30日に『電王+しん王』が再放送された際は、佐藤とモモタロスと再共演を行ったほか、電王の後番である『仮面ライダーキバ』の出演者である瀬戸康史やクライマックスが近づいていた『獣拳戦隊ゲキレンジャー』のメンバーとその後番である『炎神戦隊ゴーオンジャー』のメンバーとも共演している。

2010年10月にはあたしンちとのコラボレーションによる『映画あたしンち3D』の宣伝を行った。 2012年3月には渡り廊下走り隊7とのコラボレーションが行われた。

2012年には『仮面ライダーフォーゼ』とお互いの番組に出演し合うというコラボレーションが行われた。

2012年12月7日には放送終了直前の枠で2012年フィギュアスケートグランプリファイナル大会キャスターの松岡修造と着ぐるみのしんのすけが同大会の告知をスタジオセットの中で行った。

2012年12月31日には、『お願い!ランキング』年またぎスペシャル(21:00 - 1月1日1:30)にしんのすけとみさえがCGアニメキャラで登場し、番組キャラの「お願い戦士」「ナイスラビット」や、ハイジ(『アルプスの少女ハイジ』)・ドロンボー一味(『ヤッターマン』)・アムロ・レイ(『機動戦士ガンダム』)などの懐かしアニメキャラ、更にはCGアニメキャラ化された黒柳徹子(『徹子の部屋』)、加山雄三(『若大将のゆうゆう散歩』)・濱口優(『いきなり!黄金伝説』)などのテレビ朝日系番組出演者と共演した。

2014年2月28日には、テレビ朝日のマスコットキャラクター『ゴーちゃん。』がゲスト出演。これは、キャラクター開発元であるサンリオが2013年に実施した「サンリオキャラクター大賞」における企画の一環であり、第9位にランクインしたゴーちゃん。が掲げていた公約が「トップ10入りしたら『クレヨンしんちゃん』に出演する」だった事から実現となったものである[38]。また、彼が登場した「ゴーちゃん。が来たゾ」では、テレビ朝日アナウンサー久冨慶子も本人役で出演した[39]

その他[編集]

  • 制作スタッフのテレビインタビューによると、本作ではギャグシーンの演出として(しんのすけの「ケツだけ星人」のシーンなど)、過剰なほどのフルアニメーション(1秒間24コマ)で動き回る。現在ではお馴染みの演出であるが、当初はギャグでフルアニメーションを使用することに反対意見も出た様である。結局スタッフが強引に通してしまい、意外に面白いということでいつの間にか定着してしまった。なお、アニメージュにおける本郷みつるのインタビューによると、シンエイ動画はセル画の枚数をいくらでも使わせてくれたという。
  • 初代監督である本郷みつるが同番組を降板した理由は、視聴率低迷のテコ入れ手段として「ひまわり」を登場させることに反発していたためであるという(ただし、本郷は、自身のブログにおいてそれを否定している)。「ひまわり」登場以降は、原恵一と交代した(ただし、みさえの妊娠中のエピソードの時はまだ本郷が担当していた)。交代後はミッチーとヨシリン(1997年9月19日放送「ミッチーとヨシりんだゾ」 )、上尾先生(1998年7月10日放送「新しい先生は変わってるゾ」)、酢乙女あい(1999年11月12日放送「嵐を呼ぶ園児・酢乙女あい登場だゾ」)、小山むさえ(2006年3月17日放送「おばちゃんが来たゾ」)など新キャラが次々に登場し、さらにはネネちゃんなどのサブキャラクターの性格も変化した。
  • ムトウユージの監督就任以降、女性キャラの一部の口調が柔らかくなっている傾向がある(ただし、老人や紅さそり隊、おケイなど本郷が監督だったころから登場しているキャラや、どの女性キャラでもツッコミをいれる時やしかるときなど、一部は除く)。その他にも、しんのすけが家に帰ってきたときにしんのすけは帰ってくる側なのに「おかえり〜」と言い、みさえが「ただいまでしょ」と突っ込むパターンとなっていたものが、原の監督末期あたりから、しんのすけはちゃんと「ただいま」ということが多くなっている。
  • ポケモンショック以来視聴上の注意を喚起するテロップが出ているが、読売テレビ制作の全日帯アニメ各作品で出されるテロップと似たようなフォーマットである(最後は「by しんのすけ」で締めくくる)。なお、再放送の場合は各局出しとなるため、この表記は行われない(局によっては表記しない場合もある)。
    • これに関連して、しんのすけ・ひろしが悪事を働き、みさえからこぶしで叩かれるシーンの「げんこつ」の1枚画も、当初は赤地と青地が交互に出る形式だったが、1998年以降、赤地・太い黒文字に変更された。初代時代のものを再放送する時には必ず現行へ差し替えられている。
  • テレビ朝日のバラエティ番組で本作に関する話題が出ると、初期のオープニングテーマの「オラはにんきもの」がBGMとして使用される。
  • 内容は異なるが、「シロが行方不明だゾ」というタイトルが二度使われている。二度目は「行方不明」が平仮名表記。
  • 2006年4月に放送された『3分ポッキリ大進撃』以来、劇場版をテレビ放送する際は、大幅にカットしたものが放送される。
  • 2011年3月11日東日本大震災・津波警報が発令されたための報道特番態勢を取ったため放送休止。本来は3月25日にサッカーのキリンチャレンジカップ日本モンテネグロ」戦放送のため休止となる予定だったが、震災の社会的な影響から開催取り止めとなったため、急遽同日に放送が行われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『アニメーション監督 原恵一』(晶文社)より
  2. ^ しんのすけの台詞は黄色、みさえの台詞は水色、それ以外のキャラクターの台詞は白で表示される。
  3. ^ a b 「クレヨンしんちゃん」を見て“あっちむいてホイ”! データ放送対応の新ゲームが登場!!”. Waker plus(東京ウォーカー) (2013年10月18日). 2013年11月2日閲覧。
  4. ^ 放送期間としては『ドラえもん』が該当するが2005年の4月15日からはキャラクターデザインと声優、および主要スタッフが一新された。
  5. ^ クレヨンしんちゃん:遺品のデジカメにがけ下撮影した写真 毎日.jp 2009年9月21日
  6. ^ 「クレヨンしんちゃん」番組は継続の方向 テレビ朝日 産経ニュース 2009年9月29日
  7. ^ 2年3ヶ月の放送休止期間を挟んでいるため、本番組と同時に累計20周年となった。
  8. ^ 一時期省略されていた時期がある。
  9. ^ しばらく廃止していた時期があったが、2008年8月8日放送分から復活したが、2009年より再び省略されることが多かった。しかし、現在も不定期で使用されている。
  10. ^ 広島県民会議が放送自粛要請”. 中国新聞社(Internet Archive) (2006年2月3日). 2013年11月2日閲覧。
  11. ^ 岩壁下の遺体「クレヨンしんちゃん」作者と判明 読売新聞 2009年9月20日
  12. ^ 子ども用リーフレット 「緊急地震速報って知ってる!?」 - 内閣府・気象庁
  13. ^ 気象庁の場合、前述のコーナーで着ぐるみのしんのすけが2007年6月に、この宣伝をかねて気象庁へ訪問した。また、その後気象庁が発行して全国の学校に配布した「緊急地震速報のお知らせ」には、しんのすけ・みさえ・ひまわりが登場し、しんのすけが緊急地震速報について伝えている。
  14. ^ 「オーバーマン・キングゲイナー・イントロダクション―富野由悠季、新作を語る!!」インタビューより
  15. ^ オープニングで"作画監督"と表記された。
  16. ^ Groovy Boyfriendsの覆面ユニット
  17. ^ Bメロの部分を入れなければ「Hey baby!」も同様。
  18. ^ 2010年7月 - 8月は当番組を休止し、アニメ『怪談レストラン』(第1話 - 第9話)を放送。
  19. ^ 岩手朝日テレビ開局準備に伴う打ち切り。1996年10月11日に岩手朝日テレビで半年ぶりに岩手県で放送再開。
  20. ^ 秋田朝日放送開局前までは日曜11:00 - 11:30のテープネット。
  21. ^ 山形放送では同時ネットで放送されていた。山形テレビのフジテレビ系からのネットチェンジに伴う放映権移行。
  22. ^ 月曜19:00 - 19:30時代 (1996年3月18日まで) は同時ネット、テレビ朝日系列での枠移行後はそのまま月曜19:00 - 19:30で打ち切りまで遅れネット。
  23. ^ 番組初回からネットスポンサー付きで放送され、本放送時での提供スポンサーのテロップもそのままの状態で、全てのスポンサーのCMが流れていた。番組末期はスポンサーは一部のみとなり、提供スポンサーもブルーバックに差し替えていた。
  24. ^ ただし、第168話(1995年11月27日放送)のみ第3期シリーズでリリースされている。
  25. ^ 2005年のみ13作目の公開が、4月9日に公開された『名探偵コナン 水平線上の陰謀』の一週遅れとなっている。また、この年には映画ドラえもんの上映がなかった(番組リニューアルのため)。
  26. ^ ヨーロッパ版クレヨンしんちゃんのオープニングアニメーションとその音楽はヨーロッパ各地で共通しており、オープニングは日本版のオープニングアニメーションとエンディングアニメーションを使ったものであり、日本版と大きく変更がある。アジア版では、日本版のように主題歌を現地語に吹き替え、または日本語のままであることが多い。(韓国は一部除く)
  27. ^ ただし、スペインは放送時期によって異なっており、オープニングが「オラはにんきもの」のニューリミックスバージョンが使われていたり、エンディングでは「DO-して」、「とべとべおねいさん」(日本ではオープニング)などが使われたことがあった。
  28. ^ `Shin Chan´, el héroe televisivo infantil, viaja a España, Periodista Digital, 2006年4月28日
  29. ^ この「オーラッ」はスペイン語のHolaを指す
  30. ^ KidsParty│知っトク情報, KidsParty, 2004年3月1日
  31. ^ スペインで『クレヨンしんちゃん』が最優秀キャラクター賞に, エキサイトニュース, 2004年2月16日
  32. ^ Atari España
  33. ^ スペイン語とガリシア語でのシロの名前は「Nevado」、カタルーニャ語は「Nevat」、バスク語は「Elur」という名前に変わっているがいずれの言語も英語で「雪(Snow)」という意味になっている。
  34. ^ 概論(韓国編)
  35. ^ 「しんちゃん」インドでTV放映中止? 子供への影響懸念, アニメ!アニメ!(2008年12月05日)
  36. ^ なお、しんのすけ役の矢島晶子は『ふたりはプリキュア Splash Star』の前シリーズである『ふたりはプリキュア』(2004年)及び『ふたりはプリキュア Max Heart』(2005年)にて、妖精のミップルを演じている。また、ひまわり役のこおろぎさとみは『フレッシュプリキュア!』(2009年)にて、妖精のシフォンを演じている(ちなみに、シフォンも赤ちゃんである)。
  37. ^ 2007年3月9日放送「オラ流世界水泳だゾ」
  38. ^ 2013 サンリオキャラクター大賞|ゴーちゃん。サイト|テレビ朝日
  39. ^ テレ朝・久冨アナ、ゴーちゃん。と『クレヨンしんちゃん』にゲスト出演 ニュース-ORICON STYLE-

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ朝日系列 月曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
クレヨンしんちゃん
(1992年4月13日 - 1996年3月18日)
テレビ朝日系列 金曜19時台後半枠
クレヨンしんちゃん
(1996年4月12日 - 2002年3月29日)
あたしンち
※19:30 - 19:54
テレビ朝日系列 土曜19時台前半枠
クレヨンしんちゃん
(2002年4月20日 - 2004年10月16日)
ドスペ!
※19:00 - 20:54
テレビ朝日系列 金曜19時台後半枠
あたしンち
【土曜11:20 - 11:45枠に移動】
クレヨンしんちゃん
(2004年10月22日 - )
-