サテライト (アニメ制作会社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社サテライト
SATELIGHT Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
166-0004
東京都杉並区阿佐谷南一丁目34番6号
新東京会館
設立 1995年12月
業種 情報・通信業
事業内容 アニメーションの企画・制作およびデジタルコンテンツ製作
代表者 代表取締役 佐藤 道明
資本金 275,074,850円
従業員数 110名(2013年4月)
主要株主 株式会社三共
関係する人物 河森正治(専務取締役)
外部リンク http://www.satelight.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社サテライト: SATELIGHT Inc.)は、アニメーションの企画・制作およびデジタルコンテンツ製作を主な事業内容とする日本企業SANKYOの非連結子会社。 日本動画協会正会員。

沿革[編集]

社名のSATELIGHTとはSapporo(札幌)、Animate、Technology、Entertainmentのそれぞれの頭文字を組み合わせたもの。設立当初からデジタルアニメーション制作に特化した制作会社である。

前身はソフトウェア開発を行うビー・ユー・ジー北海道札幌市)の関連会社、バイスのサテライト事業部である。1993年、ビー・ユー・ジーはグループ・タックと共同で世界初の全編CGアニメーションによる連続テレビシリーズ『ビット・ザ・キューピッド』を制作開始。制作にあたりアニメーション監督の前田庸生を迎え、サテライト事業部はデジタルパートを担当した。1995年、『ビット・ザ・キューピッド』の成功によりサテライト事業部はバイスより独立。「株式会社サテライト」として発足した。代表取締役の佐藤道明はビー・ユー・ジーの経理出身で、イラストレーターの佐藤道明とは同姓同名の別人である。

1996年、グループ・タックの依頼で『イーハトーブ幻想〜KENjIの春』のCG制作を担当。アニメーション制作への本格参入にあたり、1998年東京都杉並区に制作スタジオを設立した。

2001年、ビー・ユー・ジー傘下より独立。リンクキューブ社が資本参加し、同社CEOの内田善之がサテライト会長に就任した。同年に初の元請制作作品として、『イーハトーブ幻想〜KENjIの春』で監督を務めた河森正治による『地球少女アルジュナ』を制作した。河森は2003年に同社の取締役に就任した。

2006年に本社を北海道札幌市から東京都杉並区へ移転すると共に、SANKYOと資本提携して系列下に入った。以後、『CRフィーバー創聖のアクエリオン』など、パチンコ機種の演出映像制作も行っている。

2007年、旧札幌本社のスタッフがDebris札幌を設立。2008年に大阪スタジオ及び第二スタジオ(東京)の一部スタッフが分社独立しGoHandsを、第一スタジオ(東京)の一部スタッフが分社独立しエイトビットをそれぞれ設立した。

賞詞[編集]

作品履歴[編集]

元請制作[編集]

テレビアニメ[編集]

2000年代

2010年代

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

主な参加作品[編集]

コンピュータゲーム[編集]

参考文献[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]