ポリゴン・ピクチュアズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ポリゴン・ピクチュアズ
Polygon Pictures Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
106-0047
東京都港区南麻布三丁目20-1
麻布グリーンテラス1階
設立 1983年7月22日
業種 サービス業
事業内容 CGキャラクターの開発、ライセンス
デジタルコンテンツの企画・制作・販売
映画、博覧会映像、TV番組、TV-CMの企画・制作
CG制作システムの企画・開発・ライセンス
代表者 塩田周三(代表取締役社長)
資本金 2億7050万円
従業員数 約300人(2011年現在)
主要株主 株式会社アマナ
関係する人物 河原敏文
外部リンク www.ppi.co.jp
テンプレートを表示

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ(Polygon Pictures Inc.)は、アマナの連結子会社。3DCG制作会社。東京都港区南麻布本社を置く。

社団法人日本映画テレビ技術協会[1]会員。

略歴・概要[編集]

1983年7月22日河原敏文により設立。当時は東京都港区南青山を置き、1986年に中央区京橋に移転、1987年には品川区東品川に移転した。

河原敏文が社長を務めていた頃は「企画型プロダクション」と称し、日本のCG業界にあって独自の存在感を示していた。1984年から1987年にかけてはパイオニアLDCと共同でレーザーディスクの映像作品『映像の先駆者』シリーズを企画・制作。広告デザイン、テレビ番組のオープニングCG、3DCGの研究開発等を手がける。1993年、テレビCMに登場した恐竜キャラクター「マイケル」とCGキャラクター初のタレント契約を結ぶ。1995年、資生堂の整髪剤「HGスーパーハード」のテレビCMに登場するイワトビペンギンのキャラクター「ロッキー×ホッパー」を生み出している。

1997年3月12日、ソニー・コンピュータエンタテインメントナムコ(現:バンダイナムコゲームス)から出資を得て、3社合弁による3DCG制作会社、株式会社ドリーム・ピクチュアズ・スタジオ(DPS)を江東区有明お台場)に設立し、総制作費80億円のフルCG映画の企画に取り組んだが、1999年、映画は完成することなくDPSも解散。その後、DPSの跡地はポリゴン・ピクチュアズが本社として使用していたが長くは続かず、業務を縮小して2002年に本社を新宿区大久保に移転した。

2003年6月、塩田周三が代表取締役社長に就任。塩田が帰国子女で英語が堪能であるため、アメリカテレビシリーズなどの受託案件が多く、再び規模を拡大して、2006年に本社を再び港区の現在地に移転。スタッフの大半はプロジェクトごとの契約になっている。また、塩田は2004年・2005年度にSIGGRAPHの審査員を務めている。

2004年に公開された押井守監督作品『イノセンス』の3DCGパートにも関わっている。押井作品のCGパートは、以前はオムニバス・ジャパンが担当していたが、最近はポリゴン・ピクチュアズが担当することが多くなっている。経営方針からか、Production I.GのCG部門はあくまでも作画の補完作業を行い、本格的な3DCGシーンはポリゴン・ピクチュアズなどの外部スタッフの手によるものであることが多い。

塩田の就任以降、大規模な制作や巨大プロジェクトを意識しており[2]、2012年にはマレーシアのアニメスタジオであるシルバー・アントと合弁会社「シルバー・アントピーピーアイ」を設立。大規模な作業量に対応するための分業体制を拡充するなどしている[3]

2012年にポリゴン・ピクチュアズが映像制作を担当するハズブロ・スタジオ製作によるフルCGテレビシリーズ『Transformers Prime (邦題 超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム)が第39回デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞を受賞、同社担当プロデューサー陣も受賞者としてクレジットされる。

2013年、第40回アニー賞にてポリゴン・ピクチュアズ制作の「ディズニーXD」放送フルCGテレビシリーズ『Tron: Uprising(邦題トロン:ライジング)』が4部門で受賞&ノミネート、「カートゥーンネットワーク」放送フルCGテレビシリーズ『Star Wars: The Clone Wars(邦題スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ)』が4部門でノミネートを果たした。

2014年、設立30周年記念作品として、シドニアの騎士弐瓶勉)のアニメーション制作を担当。背景やロボットだけでなく人物もフルCGで制作されている。

歴代社長[編集]

参加作品[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]