柏木由紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柏木 由紀
基本情報
出生 1991年7月15日(23歳)
出身地 日本の旗 日本鹿児島県鹿児島市
血液型 B型
ジャンル J-POP
職業 歌手
アイドル
女優
担当楽器
活動期間 2007年 -
レーベル YukiRing
事務所 ワタナベエンターテインメント
共同作業者 AKB48
フレンチ・キス
チームドラゴン from AKB48
NMB48
公式サイト 柏木由紀公式プロフィール

柏木 由紀(かしわぎ ゆき、1991年7月15日 - )は、日本アイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBおよびNMB48チームNのメンバーである。AKB48から派生したアイドルユニットフレンチ・キスのメンバーとしても活動している。

鹿児島県鹿児島市出身[1]。身長は163cm、スリーサイズはB75cm・W54cm・H81cm[2]ワタナベエンターテインメント所属。

来歴

2005年

2006年

  • 7月、『モーニング娘。Happy8期オーディション』に応募する。三次選考進出者25名(参加総数6883名)まで残ったが落選する。
  • 12月3日、『第三期AKB48追加メンバーオーディション』に合格する。
  • 12月9日、『AKB48 1st ANNIVERSARY LIVE 〜勢ぞろいだぜ!「A」「K」「B」!〜』において、旧チームBの一員として初の顔見世を行い、「何かメッセージを伝えられるような歌って踊れる歌手になりたい」と挨拶をした。

2007年

2009年

  • 3月25日、チームB夜公演においてビスケットエンターティメント(ワタナベエンターテインメント傘下)への移籍を発表[4]
  • 4月、TBS系列情報番組ひるおび!』内の気象情報コーナー「ひるおび!天気」水・木曜担当レギュラーに抜擢される(同年9月末からは月・火曜担当)。当時、各局でオンエアされている朝・昼間帯の情報番組における女性気象情報コーナー担当者(いわゆる「お天気お姉さん」)の中では最年少である。
  • 6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では9位で、メディア選抜入りを果たした。
  • 8月23日、『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の夜公演終了後に発表された新体制において、新生チームBのキャプテンに就任することが発表され、翌2010年5月21日に就任した。
  • 9月、初のソロ写真集『以上、柏木由紀でしたっ』を発売。12月26日、TBS系列で放送された『ランク王国 歳末総力祭』の年間アイドル写真集ランキングにおいて、1位を獲得。

2010年

2011年

2012年

  • 3月 - 4月に開催予定の『りぼんフェスタ2012』において上映される秋元康原作のアニメ『まりもの花〜最強武闘派小学生伝説〜』に声優として主演・まりも役で出演。
  • 5月、倉持・高城・大家志津香佐藤夏希(2013年8月卒業)とともにワタナベエンターテインメントへ移籍。
  • 5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜』では前年に引き続き3位となり、選抜入りを果たした[8]
  • 7月13日、中野サンプラザで行われた自身の『1stソロライブ 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜』で、総合プロデューサーの秋元康のGoogle+の記事によりソロデビューすることが発表された[9]
  • 7月17日、鹿児島県のPRを行う『薩摩大使』に就任[10]
  • 8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、戸賀崎智信より自らが率いるチームBキャプテンの座を、梅田彩佳にバトンタッチすることが発表される[11][12]
  • 9月18日に開催された『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』ではベスト16入りし、選抜入りを果たす[13]
  • 10月6日、TOKYO FM系列で自身初冠レギュラーラジオ番組「柏木由紀のYUKIRIN TIME」がスタート。
  • 11月1日、新体制に移行し、柏木はキャプテンを退任してチームBに残留する。渡辺麻友がチームAに異動した事により、チームB発足以来、異動せずチームBに所属し続けている唯一のメンバーとなった。
  • 11月11日、AKB48メンバー史上初の個人レーベル「YukiRing」を立ち上げたことを発表[14]

2013年

2014年

人物

  • マイペースな性格で、「自由」「自由人」と言われている[23][24]
    • 自分のマイペースさについて本人は、「その場で10人中9人が『今からご飯に行こう』って言っても、帰りたい時は帰れるタイプ」「流されない」「ひとりの時間が必要なタイプ」と語っている[25]
  • 子供の頃は体が弱い方で、冬にはいつも風邪をひいて熱を出しているような状態で、中学生になってもすぐ体調を崩して学校を休んだりして、多い時は一か月の半分以上休んだこともあったため、本人曰く「悲しかった」。そんな時にテレビなどで見た女性アイドルに元気をもらった感じがしたことから「私もみんなを元気に出来るようなアイドルになりたい」という思いが強くなっていったという[26]
  • 本人曰く、「私はいつもポジティブ思考。AKB48でもトップ3に入る自信があります」。悩み事の少なさと落ち込むことの少なさはAKB48の中で3本指に入る自信があるのだという[27]
  • 高橋みなみ仲谷明香米沢瑠美などからは、「芯が強い」「熱い心ってゆうか 絶対にブレない芯が 自分のポリシーみたいなのが心の奥にある」と言われている[28][29][30]
  • 指原莉乃曰く、「他人に興味がないタイプ」「尋常じゃないくらい人付き合いが悪い」とのこと[31]
  • 選抜総選挙の開票イベントの司会を務めた徳光和夫からは、「性格的に一番強いのは彼女」と言われている[32]
  • メンバーから「ブラック」「腹黒い」と言われているが、「みんなが思うほど清楚そうじゃない」とも言われている。しかしこれはあくまでキャラだということもある[33]
  • 潔癖症であり、自分のスリッパを愛用[34]。一方で風呂が苦手で面倒くさいと言う。ただ「明日は大事な日」と思ったら必ず風呂に入り、シャワーは毎日浴びていると言う[35]
  • 自他共に認める雨女である。フレンチ・キスのCD発売日やイベントの日など、大事な日に雨が降ることが多々ある[36][37][38]
  • よくメンバーに私服やジャージがダサいことを指摘される。2011年5月29日に行われた全国握手会のイベントでは、「私服がダサそうなメンバー」に参加メンバーから満場一致で選ばれた[39]
  • レッスン用の靴を2011年12月の時点で5年間、履いていた[40]。それを見た大島優子が柏木の19歳の誕生日にレッスン用の靴をプレゼントした[41]。また、携帯電話も同じ端末を約4年間使用していた[42]
  • 憧れのアイドルは松田聖子[43]松浦亜弥[44]。また元モーニング娘。メンバーの石川梨華の大ファンで、「今でも神だと思う。生まれ変われるなら石川さんになりたいです。声も顔も見た目も全部」と発言するほど[45]。石川とは対談が実現し、その模様は自身のソロデビューシングル「ショートケーキ」の劇場盤のボーナストラックに収録された[46]
  • 2006年の『モーニング娘。Happy8期オーディション』に応募した時、柏木が歌う映像を観たプロデューサーつんく♂は、「この透明感・・・。全くディレクションとかレッスン受けずにこんだけ歌えるというのはすごいけど・・・」と、柏木の素質を評価するコメントをしていたが、結果は落選だった。のちに柏木は、テレビ番組で「モーニング娘。は敷居が高かったですね」と発言している。[要出典]
  • 夢は「一生アイドルでい続ける事」[47]。また「アイドル専門学校をつくりたい」と述べている[45]
  • 趣味は、音楽鑑賞、カラオケのほか、塗り絵、けん玉、デザイン文字の模写。本人曰く「手先を使う単純作業が好き」「1人遊びが好き」[48]。また、卓球も好きである。
  • カラオケは友達やメンバーと行くのが苦手[49]で、基本的に母親としか行かない[50]
  • 幼少時には『美少女戦士セーラームーン』のファンであった。2014年に発売されたセーラームーンデザインの下着も購入したという[51]
  • 長い移動時間が好きである[52]
  • 好きな男性のタイプはピンクの似合う人[53]、精神年齢が大人の人[54]
  • 好きな食べ物にスイカやサーモンなど[55]を、嫌いな食べ物にニンジンや牛乳、セロリなどを挙げている[53]
  • 好きな言葉は「なんとかなる」[56]
  • 好きな数字は「14」。理由は、大ファンである元モーニング娘。のメンバー・石川梨華の「い(1)し(4)」のゴロ合わせ[57]
  • 肘の皮フェチである[58]
  • 自宅が大好きで、仕事の合間の10分でも帰宅したいほど[59]
  • 料理が苦手で、高校生の頃まで卵を割ることが出来なかった。また、生卵の殻を菜箸で剥こうとしたこともあった[60][61]
  • 携帯電話を見たり弄ったりすることをあまりせず、またメールのやり取りを苦手としている。「AKB」と言うフォルダを作っても、約2週間誰からもメールが来なかったということもあった[62]。一方、メンバーの誕生日にはいち早くお祝いメールを送ることがある[63][64][65]
  • 鳩が苦手である[66]
  • 他人から言われて一番嫌だった言葉は「胴長」。水着で撮影の時に渡辺麻友に「ゆきりんってダックスフントみたい」と言われた[57]
  • 特技は、リコーダートロンボーン演奏[67]音ゲータイピング、とうもろこしをきれいに食べること[53]
  • 小学校4年生から中学校1年生の途中まで吹奏楽部に所属し、小学校6年生の時には部長を務めた。当初フルートをやりたかったが、身長が高い(腕が長い)という理由でトロンボーンを担当した[68]。『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演』の「アイドルの夜明け」の担当楽器もトロンボーンだった。
  • GIVE ME FIVE!」にて初めてドラムの演奏を経験した[69]
    • 柏木によれば、秋元康が“ドラムは真面目な人”“イメージ的にドラムは柏木”ということで柏木をドラム担当に選んだ。柏木はキーボード、トロンボーンが出来ることを事前に伝えていたため困惑したが、周囲が“柏木がドラムで大丈夫?”と言っていたらしいことを聞いて、“やってやろうじゃないか”と思ったという[69]
    • 練習の結果、「腕、肩、脚、腰や歯(左の歯をくいしばる癖がある)の痛みに悩まされ、体の重心が左に傾き、普段立っている時でも首が左に曲がるくらいの“ドラム仕様の体”になっていた[70]。一方で、以前は出来なかった腹筋運動が出来るようになった[70]
  • 肩関節が柔らかい[53]
  • 走幅跳の鹿児島県代表に選ばれたことがある[71]
  • 父親を鹿児島に残し母親とともに上京、柏木自身は、映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』の撮影で鹿児島を訪れるまで、4年間帰郷しなかった[72]。「(芸能界に入るのは)絶対にダメ!」と言っていた「(父)親の反対を押し切って東京に出てきたので、すぐには帰れないというのもあった」うえ、「地元の友達にも東京に出てくるギリギリのタイミングで打ち明けた部分もあったので、自分が満足できるようになるまではなかなか帰れないな」と思っていたとのこと。
  • アイドルを目標としていたため、「演技をやるなんてこれっぽっちも思ったことがなかった」ということもあり、「ドラマや映画はほとんど見ないで20年間生きてきた。だから(ドラマに出演するようになり)演技の引き出しのなさに困ってます」とのこと[45]
  • 家族や友人とは鹿児島弁で会話することもあり[73]、「標準語に感情を乗せるのが難しい」という[45]
  • 浮腫みやすい体質で、本人曰く「一度浮腫むと、三日は浮腫む」[74]
  • プロ野球は読売ジャイアンツのファンである[75]

AKB48関連

  • 現在のキャッチフレーズは「寝ても覚めてもゆきりんワールド! 夢中にさせちゃうぞ!」。
  • 愛称は主に「ゆきりん」。
    • 指原莉乃などから「かしわぎちゃん」と呼ばれている。また、前田敦子(2012年8月卒業)からは「ゆきりそ」、宮澤佐江からは「りんちゃん」、篠田麻里子小嶋陽菜からは「かしわげちゃん」、板野友美からスーパーマリオブラザーズのキャラクターノコノコに似てると言うことから「ノコりん」[76]横山由依からは「ヨッシー」と呼ばれていた時が一時期あった[77]
    • 他に、AKB48の2008年5月4日の公演で、柏木の着用していた服が黒かったことから菊地あやかに「ブラック柏木」と呼ばれ始めた。その後、「メールに返信しない」「約束をドタキャンする」「ボソッと毒を吐く(本人曰く、『正直に何でも言っちゃうだけ』[25])」などのエピソードが語られる事から、「見た目はお嬢様っぽい清純派なのに実は腹黒い」イメージがメンバーの中で定着してしまい[78]、他のメンバーからも「ブラック」と呼ばれるようになった。
  • AKB48での仕事について、「AKBのメンバーのなかでも一番楽しんでいる自信がある」「アイドルになるのが夢だったから、今やっていることは本当にすべてが楽しいし、精いっぱい全力でやれる」「AKB48で活動しているのが、一番楽しい」「(AKB48からの)卒業って考えられない。AKB48を解散する時までやりたい」と語っている[79][80]
    • 「(AKB48での)仕事でいちばん好きなのは、今も昔もファンの人の前で歌って踊ること」[25]
  • 「(髪の毛は)黒髪で、盛ったりしない」「私服でも、ダボダボのつなぎとかは着ない」「ピアスの穴を開けていない」「眉毛をいじらない」などと、理想のアイドル像へのこだわりが強い[25][81]
    • 前述のイタいキャッチフレーズも、「痛いってわかってるけど、やる。好きな世界を楽しんでいる感じ」と語っている[25]
    • 「アイドルは常に笑っていないといけない」が口癖で人前では絶対に涙を見せず、倉持明日香から「寝顔も澄まし顔」と評される“アイドル魂”の持ち主である[82]。「嬉しい(という感情)が笑顔になるタイプ」「私の中にうれしいの涙はないんです。悔しい、悲しいときしか涙腺は響かない」とのこと[45]
    • チームBキャプテンを務めていた際には、アイドルとキャプテンという対極的な存在に対する「葛藤があり(中略)、表向きにはあまりキャプテンっぽくしないように…みたいなのはあります」とのこと[81]
  • 握手会に参加することを大事にしている。握手会の日にテレビ番組出演が決まったことがあったが、「握手会に出たいから」と申し出て、出演を辞退したことがあるほど[25]。一人一人ときちんと目を合わせ、しっかり手を握ることから「握手会の女王」と評され、これが2011年選抜総選挙での大躍進に繋がったとされる[5]
    • 受験を控えたあるファンが、緊張しすぎてずっと下を向いて握手していた。何秒間か柏木は何も言わなかったため、顔をあげたところ、「やっと目が合ったね。受験頑張ってね」と言った。このエピソードは雑誌『VoCE』(講談社)の2011年10月号の特集「『ぶりっ子』上等!大人女子こそ」内で紹介された[83]
  • 週刊AKB』にて結成された「AKB激辛部」の部長を務めるが、実は辛いものはあまり好きではない[84]
  • 渡辺麻友とは互いの関係性を「親子」と表現している[85]。高橋みなみ曰く、「普段はツッコミどころの多いアイドル・ゆきりんですが、まゆゆと一緒のときだけは、彼女のお母さんに変身します」[86]
  • 片山陽加、仲谷明香と「チーム控えめ」、片山、仲谷、田名部生来と「キューテェーちーむ」を結成している[87]
  • AKB48関連以外の芸能人の中では真野恵里菜と親しく、共に食事に出かけたりしている[88][89]
  • 2007年、当時まだチームBとして劇場デビューをしていないにもかかわらず、『AKB48 春のちょっとだけ全国ツアー 〜まだまだだぜAKB48!〜』(3月10日 - 4月1日)に大島優子の代役として、秋元才加の代役を務めた井上奈瑠(2008年9月卒業)とともに出演した。この大抜擢の理由についてAKB48劇場支配人・戸賀崎智信は、「(チーム)Bのなかで目立っていたし、ダンスができたからです」と語っている。またこの件について戸賀崎は、「それがアンダーの起源ですね」とも語っている[90]
  • チームB 5th Stage「シアターの女神」』公演ではソロユニット「夜風の仕業」を担当。旧チームBメンバーでは初の、AKB48全体でも大島優子、秋元才加に続く3人目のソロユニット担当となった。
  • チームBメンバーが選ぶ、チームBの「ダンス王」に選ばれた[91]
  • SKE48の「アイドル研究会」に所属している。会員番号は5番。
  • 『AKBINGO!』の「ラッキーガールランキング2012」の企画で、AKB48・SKE48・NMB48・HKT48の正規メンバー総勢140人のうち、「2012年最も運勢の悪いメンバー」に選ばれた[92]
  • 前項の記述とも関係するが、HKT48では同郷ということで宮脇咲良を推しメンにしている[93]。グループ全体でも鹿児島県出身者は柏木と宮脇の2人だけ。
  • 永遠プレッシャー」のミュージックビデオでは横山由依演じる女学生に片思いするレズビアンの女学生役を演じた[94]

AKB48・NMB48での参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

アルバム選抜楽曲

AKB48名義

  • 神曲たち」収録
    • Baby! Baby! Baby! Baby!
    • 初日 - 「チームB」名義
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと」収録
    • 少女たちよ
    • 恋愛サーカス - 「チームB」名義
    • 風の行方
    • チームB推し - 「チームB」名義
    • ここにいたこと
  • 1830m」収録曲
    • ファースト・ラビット
    • ノーカン - 「チームB」名義
    • 僕たちは 今 話し合うべきなんだ
    • 大事な時間
    • やさしさの地図
    • 行ってらっしゃい
    • 青空よ 寂しくないか?
  • 次の足跡」収録曲
    • After rain
    • シャワーの後だから
    • 僕は頑張る
    • 悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義

NMB48名義

その他の参加楽曲

  • シングルCD「心の羽根」(「チームドラゴン from AKB48」名義)
    • 心の羽根
    • 世界中の雨
  • 「So long!」に収録

劇場公演ユニット曲

AKB48名義

チームB 1st Stage「青春ガールズ」公演

  • 禁じられた2人
  • ふしだらな夏

チームB 2nd Stage「会いたかった」公演

  • 涙の湘南
  • 恋のPLAN
  • 背中から抱きしめて
  • リオの革命
    ※ 全員参加曲ではあるが、「スカート、ひらり」ではフロントメンバー(スカひらセブン)で登場する。

チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演

  • てもでもの涙

チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 口移しのチョコレート

THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

チームB 5th Stage「シアターの女神」公演

  • 夜風の仕業(ソロユニット曲)
  • キャンディー ※
    佐藤亜美菜のユニットアンダー、または河西智美休演時に亜美菜ポジションで出演(河西ポジションに亜美菜がスライド)。

梅田チームB ウェイティング公演

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • 純情主義

NMB48名義

チームN 4th Stage「ここにだって天使はいる」公演

  • ジッパー
  • 初めての星
  • 100年先でも

出演

テレビ番組

現在出演中の番組

  • AKB1じ59ふん!AKB0じ59ふん!AKBINGO!(不定期出演、日本テレビ
  • ひるおび!(2009年4月1日 - 、TBS) - 「ひるおび!天気」担当、2009年9月24日まで水・木曜レギュラー→同年9月28日から月・火曜レギュラー→2012年4月以降は出演日不定
  • AKB48ネ申テレビファミリー劇場
    • Season2(2009年7月31日・8月7日)
    • Season3(2009年10月9日・10月16日)
    • スペシャル2009(2009年12月28日<ビデオメッセージのみ>)
    • スペシャル〜チーム対抗! 春のボウリング大会〜(2010年4月30日)
    • Season5(2010年10月10日・10月17日・11月7日・11月14日)
    • スペシャル〜プロジェクトAKB in マカオ〜(2010年12月26日<ビデオメッセージのみ>)
    • Season6(2011年5月29日・6月5日・7月3日)
    • スペシャル〜新しい自分にアニョハセヨ韓国海兵隊〜(2011年7月17日<ビデオメッセージのみ>)
    • スペシャル〜ニュージーランドで見た幻の宇宙〜(2012年6月10日<ビデオメッセージのみ>)
    • Season14(2014年2月2日 - 2月23日・3月16日)
    • Season15(2014年7月6日)
    • Season16(2014年7月27日)
  • 有吉AKB共和国(不定期出演、TBS)
  • AKB48 SHOW!(不定期出演、NHK BSプレミアム

過去に出演した番組

ドラマ

テレビアニメ

ゲーム

CM

ラジオ

現在出演中の番組

過去に出演した番組

舞台

  • AKB歌劇団「∞・Infinity」(2009年10月30日 - 11月8日、THEATRE G-ROSSO) - 高島麻里亜 役、高橋みなみとダブルキャスト

PV

ライブ

  • 柏木由紀 1stソロライブ 〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜(2012年7月13日、中野サンプラザ
  • 1stシングルリリースイベント 柏木由紀 2ndソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜夢中にさせちゃうぞっ♡〜(2013年2月17日、東京国際フォーラム ホールA)
  • 柏木由紀 3rdソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜もっと夢中にさせちゃうぞっ♡〜(2013年11月7日、横浜アリーナ

ディスコグラフィー

シングル

リリース日 タイトル 最高位 販売形態 商品コード 形態 備考
YukiRingレーベル
1 2013年2月6日 ショートケーキ 2位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD
AVCA-62288/B
AVCA-62289/B
AVCA-62290/B
AVCA-62291/B
AVCA-62292/B
AVCA-92293/B
AVC1-62294
初回盤タイプA
初回盤タイプB
初回盤タイプC
通常盤タイプA
通常盤タイプB
通常盤タイプC
劇場盤
[95]
2 2013年10月16日 Birthday wedding 2位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
AVCA-74024/B
AVCA-74025/B
AVCA-74026/B
AVCA-74027/B
AVCA-74028/B
AVCA-74029/B
初回盤タイプA
初回盤タイプB
初回盤タイプC
通常盤タイプA
通常盤タイプB
通常盤タイプC

ソロ楽曲

  1. 夜風の仕業(作詞:秋元康、作曲:島崎貴光、編曲:増田武史
  2. 沈黙(作詞:秋元康、作曲:重永亮介、編曲:五十嵐“IGAO”淳一)
  3. ぽっかり(作詞:秋元康、作曲:渡辺翔、編曲:五十嵐“IGAO”淳一)
  4. 真夜中の歯磨き(作詞:秋元康、作曲:SHIKI、編曲:酒井陽一
  5. 火山灰(作詞:秋元康、作曲:川浦正大、編曲:五十嵐"IGAO"淳一)
  6. 広い世界の中で出逢えたこと(作詞:柏木由紀、作曲:重永亮介、編曲:若田部誠)

DVD

発売日 タイトル 販売元(レーベル)
2010年2月24日 柏木由紀1stDVD「以上、グアムから柏木由紀でしたっ」 リバプール
2010年7月28日 柏木由紀2ndDVD「Love Letter」
2013年1月2日 1stソロライブ〜寝ても覚めてもゆきりんワールド〜 エイベックス・マーケティング
2013年6月19日 2ndソロライブ 寝ても覚めてもゆきりんワールド 〜夢中にさせちゃうぞっ♡〜

書籍

雑誌連載

写真集

カレンダー

  • 柏木由紀 2012年 カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
  • 柏木由紀 2012 TOKYOデートカレンダー(2011年11月29日、ハゴロモ)
  • 壁掛 AKB48-05 柏木由紀 カレンダー 2013年(2012年11月30日、ハゴロモ)
  • 卓上 AKB48-133 柏木由紀 カレンダー 2013年(2012年12月7日、ハゴロモ)
  • 壁掛 柏木由紀 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)
  • 卓上 柏木由紀 カレンダー 2014年(2013年12月6日、ハゴロモ)

タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品 備考
ショートケーキ[101] テレビ東京系ドラマ『ミエリーノ柏木』主題歌 1stシングル「ショートケーキ」 [95]
それでも泣かない テレビ東京系ドラマ『ミエリーノ柏木』挿入歌 [102]
Birthday wedding リクルート「ゼクシィ」CMソング 2ndシングル「Birthday wedding」

脚注・参考

[ヘルプ]
  1. ^ AKB48の柏木由紀さんを起用したイメージアップポスターを作成しました - 鹿児島県(2013年1月15日)2014年4月29日閲覧。
  2. ^ WE!マイページ:柏木由紀 - ワタナベエンターテインメント(2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ)
  3. ^ 『duet』(集英社)2009年6月号「4年前のチームAのオーディションにも応募したんです」
  4. ^ ワタナベエンターテインメントへの移籍と発表されたが、実際は傘下のビスケットエンターティメントに所属していた。
  5. ^ a b “柏木由紀「恐れ多い」“神7”崩し3位”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2011年6月10日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/06/10/0004156343.shtml 2011年6月10日閲覧。 
  6. ^ AKB48柏木由紀、鹿児島県の“顔”に! 故郷の観光PRにCM出演で一役 ORICON STYLE 2011年10月28日閲覧
  7. ^ AKB柏木由紀が鹿児島の顔! 観光PRのCM起用 - スポーツニッポン 2011年10月28日閲覧
  8. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  9. ^ AKB48柏木由紀のソロデビュー決定! 秋元康がGoogle+で電撃発表! - シネマトゥデイ 2012年7月13日
  10. ^ ゆきりん「薩摩大使」さしこら「全国の全大使に負けたくない」 - スポーツニッポン 2012年7月18日
    「AKB柏木さん薩摩大使就任へ」『読売新聞』2012年7月14日西部朝刊33頁
    「AKB柏木さん薩摩大使 ポスター撮影、古里PRに意欲」『読売新聞』2012年7月18日西部朝刊鹿児版29頁
    「柏木由紀さんの県ポスター完成 大島紬姿など2種類=鹿児島」『読売新聞』2012年9月3日西部朝刊鹿児版27頁
  11. ^ 東京ドーム公演初日サプライズ! AKB、新チーム体制発表 スポーツニッポン 2012年8月24日閲覧
  12. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  13. ^ 【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに - ORICON STYLE 2012年9月18日
  14. ^ 柏木由紀 2・6ソロデビュー!ドラマ初主演も発表 - スポーツニッポン 2012年11月11日
  15. ^ 「YukiRing」オフィシャルサイト”. 2012年11月11日閲覧。
  16. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  17. ^ 柏木由紀、史上初の抜擢「女の子の憧れです」 - モデルプレス 2013年9月12日
  18. ^ a b 柏木由紀、横アリで最大規模ソロライブ「今日が一番幸せ」 - ナタリー 2013年11月8日
  19. ^ 【AKB組閣】“チームB一筋”柏木由紀、NMB48初兼任「私、最年長…」 - オリコン(2014年2月24日)
  20. ^ 柏木由紀「オバちゃんて呼ばないで」 NMB48として初ステージ - オリコン(2014年4月5日)
  21. ^ 柏木由紀、大阪・NMB48劇場に初降臨 山本彩らとパフォーマンス -モデルプレス(2014年5月1日)
  22. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  23. ^ 「質問回答!そのにじゅう」 仲谷明香公式ブログ(2010年1月19日)
  24. ^ 「質問ちゃん40」 片山陽加公式ブログ(2012年8月16日)
  25. ^ a b c d e f 『オリ★スタ』(2011年9月5日発行、オリコン・エンタテインメント
  26. ^ AKB48グループ公式インタビュー集『あなたがいてくれたから』(朝日新聞出版)44-49ページより。
  27. ^ (AKB的人生論)柏木由紀 「楽しもう」の気持ちで - 朝日新聞デジタル 2013年12月6日
  28. ^ 「梅ちゃん生誕祭」 米沢瑠美公式ブログ(2011年1月12日)(現在は削除。参考:「梅ちゃん生誕祭」
  29. ^ 「質問回答」 仲谷明香公式ブログ(2011年1月2日)
  30. ^ PowerPush AKB48 高橋みなみ&柏木由紀が語る初ドキュメンタリー映画の裏側 最新音楽ニュース ナタリー 2011年2月2日付記事
  31. ^ 2012年8月13日放送『笑っていいとも!』”. TVでた蔵 (2012年8月13日). 2014年7月14日閲覧。
  32. ^ 2011年8月11日放送『なるほど!ハイスクール!』”. TVでた蔵 (2011年8月11日). 2014年7月14日閲覧。
  33. ^ 柏木由紀は意外と腹黒!? AKB48の“怪しい噂”とは!?”. ザテレビジョン (2011年11月15日). 2014年7月14日閲覧。
  34. ^ タガーリン”. 柏木由紀オフィシャルブログ (2013年5月7日). 2014年7月14日閲覧。
  35. ^ 柏木由紀は風呂嫌い!? 「明日大事な日だなって思ったら入ります」”. RBB TODAY (2014年6月26日). 2014年7月14日閲覧。
  36. ^ AKB48のフレンチ・キスが1日イベントを実施…なのに大雨は雨女・柏木由紀のせい!? シネマトゥデイ 2011年5月11日付記事
  37. ^ 22日間の公演初日ゆきりんのせいで雨です 日刊スポーツ 2012年5月3日付記事
  38. ^ 「(水・ω・)ノ」 倉持明日香公式ブログ(2012年5月22日)
  39. ^ “雨女”AKB柏木、ファン12,000人に謝罪?「私服ダサ」名指しされ、踏んだり蹴ったり シネマカフェ 2011年5月30日付記事
  40. ^ 高橋みなみのGoogle+(2011年12月10日)
  41. ^ 大島優子 (2010年8月9日). “スニスニ for you”. サイバーエージェント. 2014年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  42. ^ 自己暗示。”. 柏木由紀オフィシャルブログ (2012年7月27日). 2014年7月14日閲覧。
  43. ^ 柏木由紀、アイドルカバー満載の1stソロライブパッケージ化”. 音楽ナタリー (2012年10月23日). 2014年7月14日閲覧。
  44. ^ ゆきりん「めっちゃ不安」なソロライブ あややで「研究します」”. スポーツニッポン (2012年4月17日). 2014年7月14日閲覧。
  45. ^ a b c d e 柏木由紀 総選挙で3位躍進もドラマで演技の難しさ痛感 Sponichi Annex 2011年8月7日付記事
  46. ^ ゆきりん夢かなった!“憧れ”石川梨華と初対談 サンケイスポーツ2013年1月14日付記事
  47. ^ AKB48柏木由紀、学生4000人の前で“一生アイドル”宣言”. ORICON STYLE (2011年11月5日). 2014年7月14日閲覧。
  48. ^ 「地味じゃないのよ」 本人公式ブログ(2010年9月22日)
  49. ^ 「むふ」 本人公式ブログ(2010年12月24日)
  50. ^ 「にゅ」 本人公式ブログ(2011年1月24日)
  51. ^ 2014年4月1日(火)「有吉AKB共和国」”. gooテレビ (2014年4月1日). 2014年7月14日閲覧。
  52. ^ 「はぴば。」 本人公式ブログ(2010年12月26日)
  53. ^ a b c d 『週刊AKB』 DVD Vol.5 「100の激白」
  54. ^ FLASH』増刊「まるっとAKB48スペシャル」(2011年5月1日号、光文社
  55. ^ 「はじめまして★」 本人公式ブログ(2009年4月8日)
  56. ^ 「ブランチ。」 本人公式ブログ(2012年4月28日)
  57. ^ a b 2012年7月5日放送『AKBINGO!』”. TVでた蔵 (2012年7月5日). 2014年7月14日閲覧。
  58. ^ 2010年10月31日放送『新堂本兄弟』”. TVでた蔵 (2010年10月31日). 2014年7月14日閲覧。
  59. ^ 「わわ短 足←」 本人公式ブログ(2010年8月24日)
  60. ^ 「自立したい」。AKB柏木由紀が語る新成人の目標にメンバーが“無理”。”. エンタがビタミン♪ (2012年1月9日). 2014年7月14日閲覧。
  61. ^ 2011年12月11日放送『新堂本兄弟』”. TVでた蔵 (2011年12月11日). 2014年7月14日閲覧。
  62. ^ メールは苦手?ゆきりん“AKBフォルダ”に2週間着信なし”. スポーツニッポン (2011年11月22日). 2014年7月14日閲覧。
  63. ^ 「(穴・ω・)ノ」 倉持明日香公式ブログ(2011年9月11日)
  64. ^ 「幸せ」 高城亜樹公式ブログ(2011年10月3日)
  65. ^ 「10月15日」 仲谷明香公式ブログ(2011年10月15日)
  66. ^ GW〜○○の巻〜”. 柏木由紀オフィシャルブログ (2009年5月5日). 2014年7月14日閲覧。
  67. ^ 本人公式ブログ
  68. ^ 『週刊ヤングジャンプ』No.52特大号「ゆきりんのTHEアイドルクエスト第4回」(2010年11月25日発売、集英社)
  69. ^ a b “話が違う! ドラマー柏木由紀 秋元氏が選んだワケ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/07/kiji/K20120207002586270.html 2014年7月14日閲覧。 
  70. ^ a b “柏木由紀 褒められて上達 おまけに「腹筋ができるようになった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/02/07/kiji/K20120207002587060.html?feature=related 2014年7月14日閲覧。 
  71. ^ 『週刊AKB』DVD Vol.8 体力測定メイキング映像
  72. ^ AKB48柏木由紀さん、ふるさと鹿児島を語る asahi.com 2011年3月8日付記事
  73. ^ DOCUMENTARY of AKB48(2/5)”. 音楽ナタリー. 2014年7月14日閲覧。
  74. ^ 「すぐに。」本人公式ブログ(2012年10月10日)
  75. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/27/kiji/K20140927009002120.html
  76. ^ 「板野友美 Google+」(2012年9月29日)
  77. ^ 「よこやまさん」 本人公式ブログ(2012年11月16日)
  78. ^ AKB48の最も腹黒い人は全員一致で… 日刊スポーツ 2011年3月5日付記事
  79. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』(2012年5月16日発売、講談社)
  80. ^ 南日本新聞「柏木由紀の心呼吸」(2012年5月16日掲載)
  81. ^ a b 前田敦子と大島優子は違う ゆきりん「AKBが良くなるならという意志強い」柏木由紀インタビュー(2) Sponichi Annex 2011年11月1日付記事
  82. ^ ゆきりん大躍進!堂々3位で新「神7」 日刊スポーツ2011年6月10日付記事
  83. ^ AKB48柏木由紀に学ぶ「策略的ぶりっ子」の特徴とは? - モデルプレス 2011年8月26日
  84. ^ 『週刊AKB』DVD Vol.4 激辛部メイキング映像
  85. ^ 「ときめき。」 本人公式ブログ(2012年3月27日)
  86. ^ FRIDAY』(2012年12月21日号、講談社)
  87. ^ 「ちーむ」 仲谷明香公式ブログ(2010年9月6日)
  88. ^ 「ごはん」 本人公式ブログ(2012年5月20日)
  89. ^ 「でーと」 真野恵里菜ブログ(2012年5月20日)
  90. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』(2011年8月11日発行、光文社)
  91. ^ 『AKB48 VISUAL BOOK 2010 featuring team B』(2010年7月22日発売、集英社)より。
  92. ^ 2012年1月12日放送『AKBINGO!』”. TVでた蔵 (2012年1月12日). 2014年7月14日閲覧。
  93. ^ ゲスト出演した日本テレビ『HaKaTa百貨店』第1回放送にて指名。
  94. ^ http://www.youtube.com/watch?v=E_NkDk49S9I
  95. ^ a b c “AKB柏木由紀に個人レーベル誕生”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2012年11月11日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/11/11/0005519279.shtml 2012年11月11日閲覧。 
  96. ^ “柏木由紀、初主演ドラマ「ミエリーノ柏木」1月スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2012年11月28日). http://natalie.mu/music/news/80652 2012年11月28日閲覧。 
  97. ^ 柏木の出身地である鹿児島県では南日本放送TBS系列)が放送した。
  98. ^ 『恋のうた2』公式サイトにインタビューあり。
  99. ^ 本物。の旅かごしま - 鹿児島県観光サイト
  100. ^ 鹿児島県/TVCMにAKB48柏木由紀さん起用 - 流通ニュース(ロジスティクス・パートナー) 2011年10月25日
  101. ^ AKB48 柏木由紀初主演ドラマ『ミエリーノ柏木』 2013年1月11日テレビ東京にて放送スタート!”. YukiRing公式サイト(エイベックス・マーケティング). 2012年12月1日閲覧。
  102. ^ ミエリーノ柏木:テレビ東京

外部リンク