鬼武者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬼武者
ジャンル アクションゲーム
開発元 カプコン
発売元 カプコン
主な製作者 稲船敬二
佐村河内守
金城武
福本隆司
倉澤幹隆
佐藤嗣麻子
金田龍
杉村升
曽田博久
雨宮慶太
岩代太郎
高久進
山崎貴
ドニー・イェン
小野義徳
1作目 鬼武者
2001年1月25日
最新作 新 鬼武者 DAWN OF DREAMS
2006年1月26日
テンプレートを表示

鬼武者』(おにむしゃ)は、カプコンが発売したPlayStation 2 (PS2) 用の戦国サバイバルアクションゲーム。およびそのシリーズの総称。

概要[編集]

バイオハザード』のエンジンを使用したアクションゲームとして、当初PlayStation用ソフトとして開発が開始されたが、PS2の発表を受けてハードを移行。その後はPS2のデビューコンテンツのひとつとして開発され、PS2用ソフトとしては初のミリオンセラーを達成した。

実在の人物(金城武)をCGキャラクターとしてゲーム主人公にした(顔のモデルだけでなく声優モーションアクターも担当)。

『鬼武者』のオープニングムービー(佐藤嗣麻子監督)では「シーグラフ2000」(アメリカで開催されるコンピュータグラフィックスの大会)Electronic Theaterで最優秀賞を受賞。また『鬼武者3』のオープニングムービー(山崎貴監督)では香港のアクション俳優であるドニー・イェンがアクション監督を担当し「シーグラフ2004」Electronic Theaterで入選を果たした。

キャラクターが苦笑するなどの微妙な表情まで再現されたそのクオリティはシリーズを重ねるごとに高まり、『鬼武者2』では松田優作、『鬼武者3』では金城武に加え、フランスの俳優ジャン・レノがモデルとなった。

当初は三部作完結の予定だったが、『新 鬼武者 DAWN OF DREAMS』が続編として製作された。

映画の製作が決定している。監督は『ジェヴォーダンの獣』『サイレントヒル』のクリストフ・ガンズ、主演はゲームと同様に金城武。2008年2月に中国で撮影開始予定で、2011年に公開予定だったが、続報は無い。

2014年現在、全世界シリーズ累計販売本数は800万本[1]

鬼武者シリーズ[編集]

メイン作品[編集]

  • 鬼武者2001年1月25日、PS2、PC
    • 鬼武者 MEGA HITS! (2001年12月20日、PS2、第1作を低価格化)
    • 鬼武者 PlayStation 2 the BEST2005年3月10日、PS2、第1作を再低価格化)
    • 幻魔 鬼武者2002年2月22日Xbox、第1作のバージョンアップ版)
  • 鬼武者2 (2002年3月7日、PS2)
    • 鬼武者2 MEGA HITS! (2002年12月12日、PS2、第2作を低価格化)
  • 鬼武者32004年2月26日、PS2、PC)
  • 新 鬼武者 DAWN OF DREAMS2006年1月26日、PS2)
    • 新 鬼武者 DAWN OF DREAMS PlayStation 2 the Best(2006年10月19日、PS2、第4作を低価格化)
    • 新 鬼武者 DAWN OF DREAMS PlayStation 2 the Best2007年11月15日、PS2、第4作を再低価格化)

関連作品[編集]

外伝的作品
その他関連作品

他社作品[編集]

備考 : 以降の文章中『鬼武者』に関する記述は『幻魔 鬼武者』と共通のものとする。


シリーズ内容[編集]

鬼武者[編集]

戦国の世に突如現れた怪物・幻魔と幻魔に滅ぼされたの一族より鬼の篭手を与えられ鬼武者となった明智左馬介の戦いを描いた作品。途中鬼の力の宿った「龍玉」と呼ばれるアイテムを入手し、新たな武器を得ることができる。龍玉は封印された扉を開くのにも用いる。「戦国バイオ」と称されるほど操作感などは『バイオハザード』に近い。キャッチコピーは「空前絶後のバッサリ感」。また、翌年には新たなる敵、新要素、新エリアを追加し、アイテムの配置を見直したXbox版『幻魔 鬼武者』が発売。こちらのキャッチコピーは「バッサリ感×バッサリ感」。

龍玉にはそれぞれ別な必殺技があり、また龍玉・刀剣共に幻魔を倒した際に入手できる魂を使い強化できる。

また、タイミングよく攻撃することによって必殺技である一閃をくりだせる。通常、下等幻魔、中等幻魔なら一撃で倒せる。タイミングよくガードしてから攻撃することによって、弾き一閃をくりだすこともできる。

ゲーム中、主となる武器は刀だが、火縄銃弓矢といった遠距離武器も使用が可能。また、途中二度ほど左馬介の相棒でくノ一であるかえでと操作を交代する。

クリア特典として、次回作品(『鬼武者2』)の予告が収録されていたが、予告編に登場する「柳生十兵衛」は実際の『鬼武者2』とは違い、通説どおりの隻眼である。

発売当初、メディアでは侍が鬼を斬るゲームとして紹介されることが多かった。現在でもゲーム関連史を除くメディアで本作を紹介する際、幻魔は「異形の魔物」と紹介される。

プロデューサーの稲船敬二が後に語ったところによれば、本作の制作のきっかけは、元々稲船が『バイオハザード2』のプロモーションなどにプロデューサーとして関わっていた際に「自分なら『バイオハザード』はこう作る」との思いが強くなったため、ちょうど『バイオ2』の開発過程で没になった通称『バイオハザード1.5』のゲームエンジンが遊んでいたことも重なり、『バイオ1.5』のエンジンの再利用を兼ねて自分なりの『バイオ』を作り始めたことだという。そのため「戦国バイオ」も単なる通称ではなく、実は開発当初のカプコン社内での仮名称であった[2]

国内累計出荷本数は110万本[3]、全世界累計販売本数はシリーズ最高の202万本[4]

鬼武者2[編集]

明智左馬介と幻魔の戦いから13年後が舞台。主人公は柳生十兵衛(後の柳生三厳)となっている。鬼の力は鬼の一族から授けられたのではなく、鬼の一族(=柳生一族)の末裔として初めから鬼の力を持つという設定。新たな力を得る際には龍を模した祠より入手する。必殺攻撃に「鬼戦術」という呼び名が付いた。

前作ではプレイヤーキャラクターは2人だったが、今回は4人の仲間と交代しながら進むことができ、合計5人を操作できる仕様となっている。キャッチコピーは「愛と哀しみのバッサリ感」。テーマソングは布袋寅泰の「RUSSIAN ROULETTE」。初回プレス版にはこの曲のPVが映像特典として収録されていた。

交代するか否かはそのキャラクターの好感度によって変化し、一定の場面で普段起きない何かしらのイベントが起き、十兵衛が動けなくなった場面で交代する。そのため遊びの幅がかなり広がった反面、アイテムの入手や買い物とそれに伴う資金集めが必要になった。しかし、しっかり交流をしキャラクターとの好感度が高い場合、ボス戦時などに援護に現れ強力な戦力となる。

今回もクリア特典として次回予告(『鬼武者3』)が入っていた。また他のクリア特典として黒のスーツにシャッポ姿の松田優作を操るミニゲーム「黒いスーツの男」が登場する。

国内累計出荷本数は110万本[3]、全世界累計販売本数は199万本[4]

鬼武者3[編集]

時代設定は本能寺の変が起こる天正10年(1582年)と2004年フランスパリ。物語は、明智左馬介が明智光秀と共に本能寺織田信長を討とうとする所から始まる。左馬介は本能寺で信長と対峙するが、突如時のねじれが起き、左馬介は2004年のパリへと飛ばされてしまう。2004年のパリでは突如として幻魔が出現し、市民に襲いかかる。フランス軍の特殊部隊に所属するジャック・ブランは幻魔に立ち向かうが、突如時のねじれが起き、左馬介と入れ代わるように本能寺の変前の日本・比叡山へ飛ばされてしまう。左馬介とジャック、双方共に違う時代に飛ばされ、その原因となった織田信長を討つために立ち向かう。

幻魔に改造され復活した蘭丸が未来の左馬介の前に、左馬介に敗れる以前の蘭丸が戦国時代のジャックの前に現れるなど、「時の交錯」を意識したストーリーとなっている。そのお互いに違う時間を、烏天狗の少女・阿児が行き来することによりストーリーが進行していく。一部フランス語の会話シーンがあるが、阿児の能力で言葉の壁が無くなり、日本語が共通言語となっている。

シリーズ恒例の交代パートでは、ジャックの婚約者でフランス陸軍所属のミシェルを操作する。また、物語中盤には徳川家康の家臣である本多平八郎忠勝が登場。本編をクリアした後は、「鬼特典」という項目で本多平八郎忠勝を操作するミニゲームをプレイできる。

また、必殺技として「戦術殻」の呼び名が再び登場。ジャックの場合は「戦術輪」となっている。呼び名が異なるのは、鬼の篭手に装着する鬼の力を封じ込めたものが、左馬介は「珠」、ジャックでは「輪」とそれぞれ異なることに由来する。

『鬼武者』の時代より23年後の時代設定となっており、左馬介は40代後半でありながら1作目の時とほぼ変わらない容貌をしているが、それは鬼の力によって若々しさを保たれているからだとされている。

全世界累計販売本数は152万本[4]

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS[編集]

2014年現在、シリーズ最後の作品。『3』において信長が左馬介に討たれた後、豊臣秀吉の治世となった慶長3年(1598年)が舞台。主人公は結城秀康。さらに、『2』の主人公である十兵衛の孫の柳生十兵衛 茜が登場するなど、シリーズ全体の繋がりをより意識したものになっている。オープニングテーマは「Startin'」、エンディングテーマは「rainy day」で、いずれも浜崎あゆみが担当。キャッチコピーは「ズババババッサリ感」。

今作品は前三作からの多くの点が変更された。その一つがキャラクターが使用する武器である。前三作品のキャラクターが使用する武器は平均して五つほどであり、多くとも隠し武器などを含めて『鬼武者3』の主人公、明智左馬介の10個であった。しかし今作品では一人あたりの取得武器が30個超と大幅に増加された(武器一覧の項も参照のこと)。更に武器レベルも過去最大が3だったのに対し今回は最大レベルが10。防具に至っては最大レベルが100と、やり込み度が上がっている。その他にも「鬼武侠」と呼ばれる本編中随所に挿入されるミニゲームの追加、一閃システムの変更、コマンドの入力によって技を発動する、従者との協力プレイによって攻略する「従者システム」、「戻り移動」によって以前プレイしたステージに戻り、入手できなかったアイテムを入手できるなどやり込み要素も多い。

主な制作スタッフ[編集]

鬼武者(制作スタッフ)[編集]

鬼武者2(制作スタッフ)[編集]

  • プロデューサー:稲船敬二(株式会社カプコン)
  • CGムービープロデューサー:倉澤幹隆(株式会社ロボット
  • CGムービーディレクター:金田龍(映画監督)
  • CGディレクター:岩本晶
  • CGスーパーバイザー:野口光一
  • キャラクターデザイン:雨宮慶太(有限会社CROWD)
  • プレイヤーモーションデザイナー:竹内潤
  • パブリシティーデザイン:池野大悟
  • モーションキャプチャー演出:三ツ村鐵治
  • 絵巻制作:野口竜
  • 音楽:岩代太郎奥河英樹堀山俊彦(作曲家)
  • 音楽総指揮:岩代太郎
  • サウンドコーディネート:小野義徳
  • サウンドエフェクト:柴崎憲治
  • シナリオ:杉村升、曽田博久、吉田伸(株式会社フラグシップ)宮城季詩子
  • キャスティング協力:辻理(株式会社フラグシップ)
  • 監督:江城元秀

鬼武者無頼伝(制作スタッフ)[編集]

鬼武者3(制作スタッフ)[編集]

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(制作スタッフ)[編集]

  • プロデューサー:小野義徳
  • ディレクター:木村幸一
  • シナリオ:山下宏
  • メインプログラマー:池田修
  • モーションデザイナー:林毅
  • 背景モデルデザイナー:岩崎弘典
  • イベントデザイナー:中村良一
  • サウンドディレクター、メインサウンドデザイン:遠藤正
  • ミュージックコンポーザー:深澤秀行
  • エフェクトデザイナー:竹中亮

主な登場人物[編集]

幻魔・敵勢力[編集]

  • 『新 鬼武者』に登場する幻魔は定義が曖昧であるものがある。

幻魔王・高等幻魔の設定は鬼武者の登場人物#幻魔の勢力を参照のこと。

幻魔王[編集]

織田信長
フォーティンブラス

高等幻魔[編集]

十万分の一の割合しか存在しない幻魔。人の及びもしない知能と戦闘力を有する。主にボス戦で登場する。

名前はウィリアム・シェークスピアの戯曲に登場(フォーティンブラス、ギルデンスタン等)する人物から採られており、その繋がりから『鬼武者 解体新書』では「シェークスピアは幻魔と契約していたのではないか」という説が書かれている。

ギルデンスタン
オズリック
ヘキュバ
ギンガムファッツ
ジュジュドーマ
ベガドンナ
ゴーガンダンテス
ガルガント

高等三幻魔[編集]

クローディアス
ローゼンクランツ
オフィーリア

中等幻魔[編集]

下等幻魔に比べ戦闘能力、知性共に大幅に向上した幻魔。言語の概念を持ち、武器による戦闘を好む。

オオワッシャ(登場作品:『1』『2』)
バラバズーの上位種にあたる、猛牛のごとき巨大な角を生やしたミノタウルスのような外見の幻魔。
甲冑を必要としないほどの頑強な肉体を誇り、人間の胴回りくらいある豪腕で、巨大な斧を軽々と振り回す。
しばしばバズーを統べる形で現れる。
バラワッシャ(登場作品:『1』『2』)
オオワッシャの突然変異種。体格や腕力などあらゆる面でオオワッシャの遥か上を行く。
オオワッシャを率いる形で登場する事が多い為、戦闘員としての地位は中等幻魔随一といえる。
ボルチマンド(登場作品:『1』)
均整の取れた、藍色の肉体を持つ中等幻魔。
特殊な鱗に体表が覆われており、光を屈曲させることで身体を周囲の風景と同化し、相手の不意をついて攻撃を行う。
手に持つ蛇腹剣は、長く伸ばせるほか、リング状にして投げるといった使い方もある。
ゴザレス(登場作品:『2』)
仁王のごとき容姿の幻魔。棒術に長けており、身の丈ほどの巨大な長尺の棍棒を巧みに操る怪力の持ち主。
岐阜城の番人のゴザレスはセリフ付きで登場。
バイゴザレス(登場作品:『2』)
ゴザレスの上位種。腕力、耐久力等でゴザレスの上を行く。
ライゴザレス(登場作品:『2』)
同系統の最上位種。頭部の形状が独特で、腕力や耐久力など、あらゆる面で下位種を陵駕する。
ウィージー(登場作品:『3』『新』)
高い法力を駆使する幻魔。比叡山延暦寺高僧が豊国蟲(幻魔蟲)で幻魔化したものという説もあるが定かではない。瞬間移動の能力を持ち、空中に浮遊しつつ、効果の異なる五角形の魔法陣を展開して攻撃する。
『新』では、「灼」「凍」「蝕」の3種類が登場した。
ダイアマンド(登場作品:『新』)
屈強な肉体とすばやい身のこなしを備えた人型の幻魔。ボクサーのようにスウェイやダッキングで攻撃をかわし、隙をついてジャブストレートを繰り出す。ある程度攻撃を加えるとグロッキー状態になる。
ゼノダイアマンド(登場作品:『新』)
ダイアマンドの上級種。耐久力が上がっており、グロッキーにするまでより多くの攻撃を与えなければならない。
メンチース(登場作品:『新』)
他の幻魔たちとは比較にならないほどの巨体を誇る幻魔。その大きさゆえに移動は行わず、衝撃波を引き起こして攻撃する。
ギガメンチース(登場作品:『新』)
メンチースの上位種。周囲に円を描くように衝撃波を放つ。 

下等幻魔[編集]

知能が低く、昆虫のような習性を持つ幻魔。自分より上の幻魔の言葉に本能的に従う。

バズー(登場作品:『1』『2』『無頼伝』『3』)
主に残党処理を担当する、幻魔界に一番多く見られる下等幻魔。
分厚いによる斬撃と、鋭い大顎による噛み付きのほか、身体を丸めての体当たりを得意とする。
バラバズー(登場作品:『1』)
オオワッシャの下位種。バズーを引き連れ、重い一撃を持つ両刃の斧を武器に、連携での攻撃を得意とする。
また、斧を投げ放った後は、背中の段平を抜きすばやい斬撃を使い始める。
ドラバズー(登場作:『3』)
バズーが新薬を投与された強化体。背中のトゲが肥大している。
攻撃性が増し、性格もより凶暴化している。
ギャラーン(登場作品:『1』『2』『無頼伝』『3』『新』)
浮遊体とも呼ばれる、半霊体の幻魔。鬼の力を持つ者に倒された幻魔の残留思念が具現化したもの。
周辺の倒された幻魔達の魂を吸い取って幻魔界へと去り、鬼の力を持つ者の強化を拒む。
吸い取った魂は、一握りの高等幻魔のもとへ運ばれるらしい。
魂吸収動作で吸い寄せることができ、魂を吸収したギャラーンを倒すと、元の倍以上の魂が手に入る。
5作品全てに登場する唯一の幻魔。
ギャラーンクイン(登場作品:『2』『新』)
ギャラーンの集合体。『2』ではギャラーンの大きさを遥かに凌ぎ、幻魔塔への道を守る番人として登場。『新』ではギャラーンと同サイズ。
鬼の力を持つ者を見つけると、体内にいるギャラーンを解き放ち、自身も体当たりを繰り出す。
シャルカ(登場作品:『1』)
鋼のように硬い外骨格を有する、昆虫型の幻魔で水中移動も可能。ヘキュバの幼体にあたり、そのごく一部は、幾度もの変態を経てヘキュバとなると言われている。
獲物を見つけると水中から姿を現して近寄り、鋭い顎で引き裂く。
ヒュカーン(登場作品:『2』)
昆虫型の幻魔。普段は地中に潜んでおり、生物を感知すると地表に飛び出して襲い掛かる。
超硬質の外骨格は、核を守っているだけでなく、鋭利な先端部が殺傷能力の高い刃としての機能も果たす。
ドラヒュカーン(登場作品:『2』)
ヒュカーンの上位種。外骨格のほか、核に集めた魔力を幻魔弾として放つ能力を持つ。
デラヒュカーン(登場作品:『2』)
同系統の最上位種。外殻の強度等全てにおいて下位種の上を行く。
バットボーン(登場作品:『2』『3』)
魚の特徴を有する、両生類型の幻魔。バットチャイカの親にあたり、子供と共同で狩をするという独自の習性を持つ。
水中では無類の機動力を誇り、両腕の爪と体内で圧縮して吹き出す水の威力もあなどれない。
『3』では、とある高等幻魔の実験によって急速に進化し、身体を覆う鱗が金色になって硬質化したほか、海中や陸上でも活発に動けるようになった。
バットチャイカ(登場作品:『2』『3』)
バットボーンの子にあたる。より素早い動きで相手を翻弄する。
ケチャチャ(登場作品:『2』)
幻魔界辺境に住む下等幻魔。
大人しく攻撃しないが、周囲に振りまかれる鱗粉は人間に幻覚をみせる作用がある。
ケチャラ(登場作品:『2』)
ジュジュドーマによって連れて来られ、ギルデンスタンの凶暴化手術を受けている途中で逃げたケチャチャの変異種。 鱗粉の幻覚作用が失われたかわりに、人間の物を奪う性質を持った。幻魔洞でマゴイチの解かれ粉竹筒を奪ったのもこの幻魔である。
バーサー(登場作品:『新』)
翼竜に似た外観の幻魔。毒液を吐きかけて攻撃する。「魔界鳥」の異名を持つ。死ぬまで成長を続け、出世魚と同様に時期によって異なった名称で呼ばれる。
ギアバーサー(登場作品:『3』『新』)
年月を経て赤色に染まったバーサー。
ヘルムート(登場作品:『3』)
年月を経た巨大バーサー。オープニングシーンでパリの上空に多数出現し、ゾルムの搬送に利用されていた。オープニングシーンのみの登場。
ヒューンベイド(登場作品:『3』)
1万の齢を重ねた巨大バーサー。安土城運搬に利用されたが、生息数はごく僅かである。イベントシーンのみの登場。
ゾルワーム(登場作品:『3』)
沼地等湿気の多い所を好む幻魔。体を自在に変化させ、僅かな隙間でも通り抜ける。
生命力が強く、生命に関るダメージを受けると身体を複数のゲラとして分裂させ、死を拒む。
ゲラ(登場作品:『3』)
ゾルワームの分裂体。養分を採り続ければいずれはゾルワームへと成長する。
ガッチャ(登場作品:『3』『新』)
強大な腕力と絶大な硬度の肉体を持つ下等幻魔。『3』では鉄球、『新』では金棒を振り回し攻撃する。目が無く知能も低いため、つかみ以外の攻撃時にはガッチャやドンガッチャ以外の周りの幻魔を巻き添えにする。
ドンガッチャ(登場作品:『3』『新』)
百歳を超えたガッチャの老兵。老練のその強さはガッチャの比ではない。額の角が特徴。

造魔[編集]

幻魔以外の生物(主に人間)を素体として造られた幻魔を造魔と呼ぶ。

刀足軽(登場作品:『1』『無頼伝』『3』『新』)
ギルデンスタンが最初に造った兵士を素体とした造魔。先兵として随所に出現する。
呼吸音などを頼りに獲物を探す。思考能力は低いが、原始的な「狩り」の能力を高める為に脳内に手術が施されており、その名残として笠の下は頭蓋骨が剥き出しになっている。
『無頼伝』では初期からプレイヤーとして使える。
『新』では、幻魔蟲によって幻魔化した人間という設定。
刀足軽・改(登場作品:『新』)
刀足軽の強化バージョンでコンボも繰り出してくる。
弓足軽(登場作品:『1』『3』『新』)
刀足軽のバリエーションでかなりの精度で狙い撃ってくる。
弓を得物とするため出現地点からほとんど移動せず、視力と腕力が強化されている。『1』では普通の矢を放つが、『3』以降は火矢を放つ。
『1』では刀足軽と同系の素体を使用していたが、一説によると『1』の弓足軽は、ギルデンスタン以外の者が作り出したとのこと。
弓足軽・改(登場作品:『新』)
1度に3本の矢を放ってくるので矢をかわしにくい。
斧足軽(登場作品:『3』『新』)
刀足軽を強化した造魔。より重い得物である斧を扱えるようになり、凶暴性も増した。
『3』では刀足軽と大差無い姿だが、『新』では斧・体格共に巨大化した。
斧足軽・改(登場作品:『新』)
斧足軽の耐性をアップさせたもので2連続攻撃も行う。
槍足軽(登場作品:『新』)
槍術に長けた兵士を素体とした造魔。方向を決めると遠距離から猪猛突進に突進突きを繰り出してくる。
槍足軽・改(登場作品:『新』)
槍足軽の上級種。攻撃頻度が高く、敵を追いかけるように突進する。
幻魔弾(登場作品:『新』)
長距離から撃ち出される巨大な砲弾。砲弾には攻撃によるダメージを与えるものと、地表に着弾して砲弾内部から足軽や下等幻魔などが出現するものがある。
織田兵 / 雑兵、弓組、侍大将、親衛隊(登場作品:『2』『無頼伝』)
幻魔の血を与えられることで、造魔となった織田軍の兵士。
外見は人間とほとんど変わらないが、身体能力は人の域を越えており、戦場においては驚異的な働きを見せる。
人間だったときに高い技量を備えていた者ほど、より多くの幻魔の血を体内に宿し、上の身分を与えられる。
信長に仕えている最上位の親衛隊の戦闘能力は、中等幻魔にも引けを取らない。
『無頼伝』では、初期からプレイヤーとして使える人間の「雑兵」の技を流用している。
豊臣刀足軽 / 豊臣刀足軽・改(登場作品:『新』)
豊臣方の兵士を素体とした造魔。通常の刀足軽より高度な戦闘を行う。
三つ目(登場作品:『1』『無頼伝』『3』)
ギルデンスタンが三番目に造り上げた造魔。忍者を素体としており、暗殺や略奪を主な目的として活躍する。
名の通り、光る3つの目を持つ。稲葉山城の居館で雪姫をさらったのも彼ら。
戦闘においては、人間とは比べものにならぬ身のこなしで目標を幻惑する。
『無頼伝』では初期からプレイヤーとして使える。
なお、『1』『無頼伝』と『3』では、目の色と体色が違う。
闇鴉(登場作品:『3』)
三つ目を強化したもので運動能力、攻撃力が飛躍的に向上している。
三つ目・改(登場作品:『新』)
『1』『3』に出てきた三つ目を改良した新型造魔。
三つ目・極(登場作品:『新』)
三つ目改を更に改良した種類でコンボを繰り出すようになっている。
闇蜘蛛(やみくも)(登場作品:『1』『3』)
ギルデンスタンの開発した造魔の中でも、中期に創造された三つ目と同タイプの造魔。
三つ目と比較して、すばやい動きにさらなる磨きがかかったうえ、武装も追加され、攻撃を受けても分身の術で回避するなど、目立った欠点は見当たらない。
闇蜘蛛(やみぐも)(登場作品:『新』)
4本の腕を持ち、蜘蛛のような姿をした造魔。
闇蜘蛛・獄(登場作品:『新』)
闇蜘蛛の上位種。
手長(登場作品:『1』)
ギルデンスタンが二番目に造り上げた武者が素体の造魔。
複数の素体の筋繊維をねじり合わせて密度を増すことで、高い耐久力を実現した。
じりじりと相手を追い詰め、名の通りの異様な長さの腕から繰り出す斬撃で仕留めるのを得意とする。
闇甲冑(登場作品:『1』)
手長を改良したもの。左手に盾を装備し、防御性が高まっている。
闇蜘蛛(やみくも)とほぼ同時期に作り出された。
レナルード(登場作品:『1』)
ギルデンスタンがこれまで廃棄処分された4種類の試作品から得たノウハウを基に制造した軟体質の造魔。
再生能力と自己複製能力を持ち、身体を両断されても別々に肉体を再形成できる。
長く伸びる触手をムチのようにしならせ、相手を叩きのめす。
マーセラス(登場作品:『1』『無頼伝』)
ギルデンスタンが大厳洞で発見された遺体から造り上げた造魔。
盾の守りと多彩なる剣術による攻めで相手を圧倒するほか、素体がもとから身につけていた緑色の玉「白風」を利用して、風の戦術殻に似た旋風を巻き起こす。武器は斬人刀。
その鬼の如き風貌とその攻撃方法から鬼の一族と何らかの関わりを持っていた者とされ、高僧・総厳の霊によると鬼武者が鬼の力に呑まれて暴走したなれの果てとのこと。
『無頼伝』では初期からプレイヤーとして使える。
マーセラス改パワー(登場作品:『1』『無頼伝』)
一度倒され白風を奪われたマーセラスをギルデンスタンが改造したもの。白風無しで改造前と同じ技を全て用いる。
『無頼伝』では、ストーリーモードでマーセラスを強化し、レベル2にするとスタイル変更できる。使える武器は金棒しか共通しない。
マーセラス改スピード(登場作品:『1』『無頼伝』)
マーセラス改パワーの体力を0にすると新たに体力が設定され、こちらにスタイル変更。目にも留まらぬ速さで動き、二刀流で攻撃してくる。
『無頼伝』ではマーセラスをレベル3にするとスタイルに追加される。他のスタイルと武器が1つも共通しない。
マーセラス・極(登場作品:『3』『新』)
マーセラスの開発技術を元に造り出された鬼の一族の者を素体としない造魔。盾が破壊されると、剣の形状を変えてくる。量産までもを可能にした。
『新』では敵としては登場しないが、鬼屋敷のガルガント戦後のイベントにて登場する。
スチラード(偽左馬介)(登場作品:『1』)
左馬介を参考にギルデンスタンが完成させた造魔。
外見は本物と瓜二つで、長年左馬介と共に旅をしてきたかえでの目さえも欺いた。外見上の篭手以外の違いは明智拵の柄の色。
擬態能力によって左馬介の剣術をコピーし、戦術殻に似た技を繰り出す。
ジャイド / ヒュージャイド(登場作品:『2』『無頼伝』)
刀足軽と弓足軽にさらなる改良を加えて完成させたワニのような造魔。
凶暴さが増し、大顎を用いた噛み付き攻撃も仕掛けてくる。
知能も向上しており、複数集まると連携を行う。
『無頼伝』では、ストーリーモードで刀足軽を強化し、レベル2にすると自動でジャイドに変更される(戻せない)。
バジャイド / ヒューバジャイド(登場作品:『2』)
それぞれジャイドとヒュージャイドの強化版。
全身が赤みを帯びており、攻撃力、知性等でジャイドとヒュージャイドを上回る。
ムサイド(登場作品:『2』『無頼伝』)
三つ目をベースに、より高い機動力を目指して制作された造魔。
行動パターンは三つ目と同じ。
『無頼伝』では、ストーリーモードで三つ目を強化し、レベル2にすると自動でムサイドに変更される(戻せない)。
ギラムサイド(登場作品:『2』『無頼伝』)
ムサイドの強化版。より高い戦闘能力を備える。
『無頼伝』ではムサイドをレベル3にすると自動でギラムサイドに変更される(戻せない)。
ジョーダー(登場作品:『2』)
闇蜘蛛をベースにムサイドと同じように造られた造魔。
分身はしないが多彩な攻撃が可能になり、毒霧を吐きかける攻撃もしてくる。
ギラジョーダー(登場作品:『2』)
ジョーダーの強化版。得物の鈎爪を飛び道具としても使用してくる。
ギラムサイドともに、体色は暗く、老人面を着けている。
ガイドロス / バラガイドロス(登場作品:『2』)
手長と闇甲冑を創造したときのノウハウをもとに、ギルデンスタンが完成させた造魔。
骨が剥き出しで外見は脆そうだが甲冑が不要な程の強度があり、耐久性を損なうことなく機動力が向上した。
細身の刀による高速の斬撃を使う。
ゼダン / バラゼダン(登場作品:『2』)
ガイドロス系の亜種。
ガイドロス系とは逆に、幅広の剣による重い一撃比重を置かれている。だがその分、スピードがやや落ちた。
ドロガンド / ドロガンド改(登場作品:『2』)
ギルデンスタンの弟子が開発した半機械の造魔。通常は命令に沿った作業に従事しているが、攻撃を受けると防衛機能が働き、内蔵された武器を使って標的を排除しようとする。武器は幻魔をも巻き込む。
ドロガンド改はより剛性の高い部品を用いることで耐性がアップした。
ゲーロホーン / ゲーロゴーン(登場作品:『2』)
レナルードを創造時に得た知識でギルデンスタンが造り上げた造魔。
扉に張り付いている幻魔で動かないが体内で生産する毒球や無限に再生する伸縮自在の触手で離れた所にいても攻撃が行える。
上級種のゲーロゴーンは破壊力と耐久力がさらに増し、攻撃を受けてもひるまない。
ゾルム(登場作品:『3』)
遺伝子操作を応用して刀足軽を素体に制作した造魔。簡易的な言語を話すだけの知能を持ち、強靭な4本ので高度からの落下にも耐えられる為空挺部隊として利用されるようになった。『3』のオープニングでパリの街を襲撃した。
ギルゾルム(登場作品:『3』)
ゾルムに三つ目の遺伝子を配合した造魔。
ザガート(登場作品:『3』)
三つ目や闇蜘蛛を創造したときのノウハウを基に作られた造魔。4本の腕を持ち、壁に張り付く等立体的な戦闘を行う。
ザーヴェイト(登場作品:『3』)
ザガートに猛禽類の遺伝子を組みこんだ改良種で、凶暴性が増した。
富嶽(登場作品:『3』)
胸部に埋め込まれた魔石は頭脳と感覚器官の機能を持つため頭部は不要となり、兜の中は空洞になっている。攻撃は幻魔にも当たる。
真・富嶽(登場作品:『新』)
ドロガンドと同じく半機械と思しき造魔。魔石に変わって、胎児のような生き物が核となっている。『3』に登場した富嶽とちがい、暴走して味方を攻撃しないようになった。死に際に爆発する。
真・富嶽五七号(登場作品:『新』)
真・富嶽により強固な鎧を身につけさせたもの。死に際に爆発する。
ドルドー(登場作品:『3』『新』)
ギルデンスタンが海底神殿で得た技術を基に製作した造魔。怒嵐剣の回転は腕にかける負担の問題上緊急時に限定されている。『新』では怒嵐剣は幻魔氷剣に変更された。
ドルデキオ(登場作品:『3』『新』)
ドルドーの上位造魔。常時怒嵐剣を回転させることが可能。また、怒嵐剣から衝撃波を放つ能力も付加された。『新』では怒嵐剣は幻魔氷剣に変更された。
戦法の変化により『3』『新』では一味違う敵となった。
ズモー(登場作品:『3』)
ブローニュ動物園のゴリラに象の心臓を移植し、幻魔の血を配合させた変異体を素体とした造魔。
非常にタフで抜群の環境適応能力を持つ。性質は凶暴で、敵と認識した生物には容赦なく襲い掛かる。
500キロ以上ある巨体を活かしたボディプレスや、鋭い爪を備えた豪腕の一撃は並の造魔の比ではない。
グリズモー(登場作品:『3』)
時のねじれ装置によって戦国時代に転送されたズモーが、極寒地帯と化した琵琶湖に環境適応した造魔。熱に弱い。
フォボラ(登場作品:『3』)
闇傀儡を参考に西洋鎧を用いて作られた特殊な造魔。相手を察知するまでは動かない。
幻魔弾の発射パターンが複数ある。
ネロフォボラ(登場作品:『3』)
ギルデンスタンが自身の護衛用に作り上げたフォボラ。
フォボラより耐久力は劣るが、再度魔力を吹き込む事で何度でも再利用できる。
倒してもギルデンスタンの魔術で蘇るため、ギルデンスタンを倒さなければならない。
ブレインスタン(登場作品:『3』)
ギルデンスタンが作った純粋に機械を素体とした初めての造魔でガトリングガンやミサイル攻撃を行う。
素体となった機械はフランス軍が開発中の新型兵器であり、両腕部の装甲にマーキングされたフランス国旗がその名残である。左馬介が凱旋門で戦うが、ミシェルで凱旋門に戻った時とエッフェル塔で復活している。
レノックス(登場作品:『新』)
キノコを素体とした造魔で主に他の幻魔召喚を行うが防御として毒霧攻撃を行う。特大サイズの個体も存在する。
黄泉土竜(登場作品:『新』)
三つ目系同様、忍者を素体としている。土にもぐった後飛び出して攻撃してくる。潜った直後と出てくる前に追い討ちで一撃死させるチャンスがある。
黄泉土竜・獄(登場作品:『新』)
黄泉土竜の上級種で、プレイヤーの下に来たらすぐ飛び出すので追い討ちによる一撃死が狙いにくくなっている。
釜弾正(登場作品:『新』)
爆弾を設置した後すぐ消えるという神出鬼没な造魔。自身も全身にダイナマイトを巻きつけ、背中と腕に爆発する樽を抱えている危険な存在。またプレイヤーとの距離が離れると寝る性質がある。
ケイスネス(登場作品:『新』)
電気を帯びた独楽を投げてくる猿を素体とした造魔で、その姿は古来の妖怪を模している。投げる独楽は壁で一度反射する。
シーワード(登場作品:『新』)
ケイケネスの上位種。独楽以外に、体術も使用する。
フリーアンス(登場作品:『新』)
触手で攻撃する。普段は透明だが、魂吸収の動作を行う事で姿を目視できるようになる。
フリーアンセアス(登場作品:『新』)
フリーアンスの上位種。触手が長くなり、目視に必要な魂吸収の動作時間も長くかかる。
死魔大筒(登場作品:『新』)
巨大な大砲を素体とした造魔。一定の方向にのみ砲撃を繰り返す。こちらから攻撃をすることで、砲撃の方向を変える事が可能。
死魔大筒・新口径(登場作品:『新』)
死魔大筒の上位種。目標の位置に合わせて砲撃の向きを変える。
金剛 / 森羅 / 止水 / 絶影(登場作品:『新』)
豊臣軍の武将達が幻魔蟲によって幻魔化したもの。幻魔武将とも呼ばれる。
HPが少なくなると、個体ごとに鬼戦術に似た超必殺技を使用する。
三途烏(登場作品:『新』)
忍者を素体とした造魔。猛禽類の特性も併せ持つ。両眼に光学兵器を仕込んでいる。
三途烏・極(登場作品:『新』)
三途烏の強化版。
バンクヲー(登場作品:『新』)
ガトリング砲を内蔵した造魔。巨体に似合わず機動性が高い。
ベガバンクヲー(登場作品:『新』)
バンクヲーの上位種。チャージショットを装備している。
大玄武教経(登場作品:『新』)
全高数10mはあろう巨大な鎧兜の造魔。複数体存在する。胸の装甲には豊臣家の家紋が描かれている。
物語冒頭で堺の町を壊滅させる。
大菩仁(登場作品:『新』)
硬い甲羅と牙を持った蟹型の巨大造魔。ジャンプで攻撃する。
大菩仁(量産型)(登場作品:『新』)
大菩仁の量産型。牙が無い。
大哭蟷螂(登場作品:『新』)
蟷螂の雄を素体とした昆虫型の造魔。尻尾に巨大なノコギリを装備している。
大闇震手(登場作品:『新』)
の雌を素体とした昆虫型の造魔。腹部から幻魔卵を無尽蔵に生み出す。
幻魔卵(登場作品:『新』)
大闇震手が生み出す幻魔の卵。

幻魔植物[編集]

ベラ(登場作品:『3』)
魔界の植物で鬼之鞭と鬼無双では倒せない性質がある。
ポチャック(登場作品:『3』)
ダメージを与える液体を放出してくる植物で絶対に倒せない。
ヌーラウビス(登場作品:『3』)
魔界の植物で近づくものには蔓で攻撃し、離れているものには種を飛ばして攻撃する。再生力が高く致命傷でない限り次の日には回復するという。
マクダッフ(登場作品:『新』)
植物を素体としたいわゆる造魔植物。ベイベイやゲーロホーンと同様扉に寄生しており、口からレーザー攻撃を行ってくる。
インマクダッフ(登場作品:『新』)
マクダッフの上級種でレーザーのほか触手攻撃も行う。

その他[編集]

魔界腱(登場作品:『1』)
高等幻魔が下級幻魔の余計な進入を防ぐ為に張り巡らす生きた柵である。
闇傀儡(登場作品:『幻魔』『3』『新』)
古代より存在する鬼の力に共鳴する霊体が鎧に宿った幻魔とは別の存在。鬼の力を持つ者を察知すると動き出す。
『幻魔』『3』では普通に倒せるが、『新』では浄化を行わない限り何度でも蘇るため、蒼鬼か天海でないとトドメをさせない。
また、『新』では蒼鬼を含めた5人の戦闘能力をコピーしており、決まった順番で使ってくる。
綾女(登場作品:『幻魔』)
日本人形の姿をしているが、それと裏腹に突然飛び出して大きな刀で襲ってくる脅威の殺戮人形。
ベイベイ(登場作品:『2』)
扉に張り付いている幻魔で吸収を行った後締め付けてくる。元は幻魔が人間を食べた後の残飯処理装置だった。
モズン(登場作品:『2』)
ギルデンスタンの弟子が、地底のヒカリゴケを素体として生み出したもので、扉をまもっている。
数種類あり、それぞれの武器の秘められた力で消滅できる。
モトモズン(登場作品:『2』)
一閃モードのみ出現し、岐阜城陣所前の扉をまもっているモズンの一種。
赤魂を合計7680注入しないと消滅しない。
黄金魔神像
鬼武者の登場人物#幻魔王を参照。
バビアン(登場作品:『3』)
人形を作る職人が全国を回る過程で幼子を殺し、その魂を封じられた西洋人形。造魔に近い性質を持っている。宝を持って逃げ回り一定時間以内に倒さないと逃げてしまって宝が取れなくなる。足に刃を隠しておりそれで攻撃してくる。
ガジマロ(登場作品:『3』)
バビアンと同じ過程で作られた日本人形。性質はバビアンと同じで手持ちの斧で攻撃してくる。
幻魔・森蘭丸(登場作品:『3』)
鬼武者の登場人物#織田軍を参照。
ガートルード(登場作品:『3』)
元は鬼の遺跡の番人だったがギルデンスタンに捕らえられ、脳を中心に改造された結果鬼の力を持つ者に歯向かうようになった。
二つの頭から雷と氷を利用した攻撃を繰り出してくる。
深い傷を負っても肉体を岩石化することで、時間をかけて修復することが可能。
迷い死屍(登場作品:『新』)
妖星の邪気で蘇った屍。普段は地中に身を隠しているが、生者の気配を察知すると地中から湧き出し、相手に噛み付くなどして攻撃する。日本人と西洋人の2種類が存在し、日本人は若干生命力が高い。
迷い死屍(大柄)(登場作品:『新』)
個体差という言葉が当てはまらないほど巨大な迷い死屍。
通常の迷い死屍を召喚する特殊能力を持ち、チョップやキックで攻撃してくる。
ロッス(登場作品:『新』)
決められた軌道を移動する浮遊鎧体。知能は無く、外敵を察知するセンサーの役割が大きく、赤と青の2種類のタイプが存在する。
幻魔樹(登場作品:『新』)
秀吉が醍醐の花見を行う為に日本各地から集めている「桜」。
「樹」という名こそ付いてはいるが、その正体は大勢の妊婦たちを捻り込んで作った塊である。
幻魔蟲を生み出すと同時に、妊婦たちの怨念を幻魔母樹に送り活性化させる能力を持つ。
幻魔蟲(登場作品:『新』)
幻魔樹から生み出される、桜の花びらに似た羽を持つ蟲。豊臣家臣達からは「豊国蟲」の別名で呼ばれる。
人間に取り憑き、その人間の感覚(恐怖心・空腹感など)を取り除いて超人的な力を持つ戦士に変える能力を持つが、最終的にその人間は幻魔になってしまう。
なお、お初の場合秀吉や宗矩に従っている間は理性を保つことが出来、逆に逆らってから程なくして幻魔化が始まっているので、彼女が幻魔化するか否かは外部からコントロールすることが可能な模様。
大甲冑秀吉
鬼武者の登場人物#豊臣家を参照。
幻魔母樹(登場作品:『新』)
創造神を誕生させるべく、幻魔樹を触媒に幻魔の妖力の源である人々の魂を溜め込んだ存在。
自由に動くことはできないが、レーザーや触手攻撃など強力な防御機能を備えている。

武器一覧[編集]

鬼武者(武器一覧)[編集]

  • 明智左馬介秀満
    • 打刀 明智拵 - 日本刀。左馬介の愛刀。また、技の一つである「居合斬り」はゲーム開始~雷斬刀入手の間か、リセットした後の「鬼魂」第1面のみで使えるレアな技である。なお、『3』のオープニング映像から雷斬刀、炎龍剣、疾風刀はこの武器が姿を変えたものであることが確認できる。
    • 雷斬刀 - 形状は、属性は雷、戦術殻・雷を使用可能。攻撃力、攻撃速度、リーチなどが標準的でバランスのとれた武器。
    • 炎龍剣 - 形状は大剣、属性は炎、戦術殻・炎を使用可能。攻撃速度と手数は低いが、攻撃力とリーチに優れている。
    • 疾風刀 - 形状は薙刀、属性は風、戦術殻・風を使用可能。攻撃力は低いが、攻撃速度と手数に優れている。
    • 毘沙門剣 - 形状は。リーチや手数は雷斬刀と同等だが、圧倒的攻撃力を誇る。幻魔によって封印されていた。
    • - 六尺の短弓。定角の矢或いは長根の火矢を射ることが可能。
    • 火縄銃 - 口径十匁の小銃。弾丸或いは爆裂弾を撃つことが可能。弾丸は普通の弾だが、爆裂弾はショットガンのように弾が散らばる。尚、弓も火縄銃も人間が作った武器である為、幻魔王たるフォーティンブラスには非常に効果が薄い。
  • かえで
    • 小太刀 - 短刀。かえでの愛刀。
    • 反鬼の小太刀 - 赤い刀身の短刀。魔力がこもっているので、魔界腱を切断することが可能。
    • くない - 短剣状手裏剣。敵に投げつけて攻撃する。

鬼武者2(武器一覧)[編集]

  • 柳生十兵衛 - 鬼武者変身中は鬼神弾が使用可能。
    • 三池典太 - 日本刀。十兵衛の愛刀。
    • 舞雷刀 - 形状は刀、属性は雷、鬼戦術・雷を使用可能。第一作の雷斬刀同様、バランスのとれた性能を持つ。武器の振り方も雷斬刀に似ているが、若干違っている。
    • 氷刃槍 - 形状は、属性は氷、鬼戦術・氷を使用可能。突き技が主体で、攻撃力とリーチに優れる。
    • 旋風丸 - 形状は薙刀、属性は風、鬼戦術・風を使用可能。第一作の疾風刀と同等の性能。
    • 土荒鎚 - 形状は鉄槌、属性は土、鬼戦術・土を使用可能。手数、攻撃速度は低いが非常に攻撃力が高い。
    • 烈火剣 - 形状は剣、属性は炎、鬼戦術・炎を使用可能。第一作の炎龍剣と似た性質を持つが、鬼戦術は毘沙門剣回転斬りに似た攻撃であり、非常に高威力であるが、使用時に鬼力を消費する。隠し武器。
    • - 短弓。定角の矢或いは長根の火矢を射ることが可能。
    • 種子島改 - 火縄銃。弾丸を撃つことが可能。裂弾を撃つ事は出来ない。今作では物々交換の関係上、弾が豊富に手に入ることが多い。
    • 三連銃 - 三連発火縄銃。裂弾を撃つことが可能。弾丸を撃つ事は出来ない。特殊な条件を満たさないと弾は入手できず、また入手数も極端に少ない。
  • 小谷のお邑
  • 風魔小太郎
    • 苦無 - 短剣状手裏剣。二本一組。軽くて扱いやすい。
    • 峨嵋刺 - 鉄製暗器。両端が鋭い針状の武器。
    • 狼牙苦無 - 短剣状手裏剣。刀身が長く反っている苦無。
    • 手裏剣 - 暗器。敵に投げつけて攻撃する。
  • 雑賀孫市
    • 三連銃 - 三連発火縄銃。孫市の愛銃。
    • 五雷神機 - 鉄砲。針弾を五連射可能な銃。
    • 猛火油櫃 - 火炎放射器。油筒を使用して火炎を放射する。
    • 国崩し - 大砲。直径三寸。鉛製の砲弾を発射する。攻撃力は鬼の武器をも凌駕する。
    • 匕首 - 短剣。接近戦に於いて牽制に使用する。
    • 閃光弾 - 手榴弾。眩しい閃光を放ち敵の目をくらます。
  • 安国寺恵瓊
    • 月形十字槍 - 槍。恵瓊の愛槍。
    • 方天戟 - 。『三国志』の武将・呂布の愛槍として知られる中国の武器。
    • ハルベルト - 。先端には槍状の刃も付いたドイツ製の斧。
    • 念爆符 - お札。敵に投げつけて爆発させる。

鬼武者無頼伝(武器一覧)[編集]

  • 明智左馬介秀満
    • 雷斬刀
    • 炎龍剣
    • 毘沙門剣
    • 伊勢千子村正
    • エクスカリバー
    • 真・疾風刀
    • ライトサーベル青
    • 竹刀
  • かえで
  • 前田慶次郎
  • 雑兵
  • 柳生十兵衛
    • 舞雷刀
    • 烈火剣
    • 童子切安綱
    • 相州五郎入道正宗
    • 真・疾風丸
    • ライトサーベル赤
    • 竹刀
    • 毘沙門剣
  • 小谷のお邑
    • フィランギ
    • グラディウス
    • ライオンハート
    • 中華セット
    • 竹刀
  • 風魔小太郎
  • 安国寺恵瓊
    • 方天戟
    • ハルベルト
    • 蛇矛
  • 雑賀孫市
  • 刀足軽
    • 織田拵
    • 血塗りの銘刀
    • 竹刀
  • 三つ目
    • 陰陽の爪
    • 雌雄の爪
    • 死活の爪
  • ジュジュドーマ
  • ジュジュドーマ蘭
    • 幻魔刀 太夫
    • 竹刀
  • マーセラス
  • マーセラス改パワー
  • マーセラス改スピード
    • 鬼神の双剣 滅
  • ゴーガンダンテス
    • 幻魔刀 鬼喰い
    • ライトサーベル赤
    • 竹刀
  • 織田信長
    • 幻魔刀 敦盛
    • ライトサーベル赤
    • 竹刀
  • 宮本武蔵
    • 膝切・髭切
    • 干将・莫耶
    • ねぎ&おたま
    • 雷電
    • 爆炎
    • 涼風
    • 地獄極楽剣
    • Wライトサーベル
  • 佐々木小次郎
    • 子狐丸
    • デスブリンガー
    • 雷斬刀
    • 炎龍剣
    • 真・疾風刀
    • 毘沙門剣
    • ライトサーベル青
    • 竹刀
  • ロックマンエグゼ
  • ロックマンゼロ
    • ZウェポンLv2

鬼武者3(武器一覧)[編集]

  • 明智左馬介秀満 ― 鬼武者変身中は戦術殻・鬼が使用可能。
    • 打刀 明智拵 - 日本刀。左馬介の愛刀。第一作に登場した物と同様。
    • 天双刃 - 形状は双刀、属性は天、戦術殻・天が使用可能。攻撃力は低めだが、スピードと手数に優れる。
    • 空牙刀 - 形状は長刀、属性は空、戦術殻・空が使用可能。攻撃力、手数は標準的だが、炎龍剣以上にリーチが長い。
    • 地轟斧 - 形状は斧、属性は地、戦術殻・地が使用可能。手数、スピードは低いが、非常に攻撃力が高い。
    • 雷斬刀 - 形状は刀、属性は雷、戦術殻・雷が使用可能。第一作に登場した物と同様。パリに飛ばされた後は何らかの原因で封印されて使えなくなる。
    • 炎龍剣 ― 形状は剣、属性は炎、戦術殻・炎が使用可能。第一作に登場した物と同様。
    • 疾風刀 ― 形状は薙刀、属性は風、戦術殻・風が使用可能。第一作に登場した物と同様。
    • 毘沙門剣 - 形状は剣。封印されていた剣、第一作に登場した物と同様。
    • 鬼武者真剣 - 単刃の剣。左馬介が真の鬼武者になることで使用が可能。
    • 鬼斬り左文字 - 剣。信長が手放した愛刀に鬼の力を同化させた最強の武器。
    • 定角の矢 - 弓矢。通常の矢。
    • 炎の矢 - 弓矢、射られた相手は炎に包まれる。
    • 氷の矢 - 弓矢、射られた相手は氷づけになる。
    • 雷の矢 - 弓矢、射られた相手は感電し動きが止まる。
    • 集魂の矢 - 弓矢、射った相手を切りつけることで通常より多くの魂を引き出せる。
  • ジャック・ブラン - 鬼武者変身中の必殺攻撃は戦術輪・鬼
    • モデル90 - サブマシンガン。ジャックの愛銃。ただし鬼の力のない時にしか使えなかった(序盤)。
    • 鬼之鞭 - 。鬼の一族から与えられた神聖な鞭。
    • 炎蛇剣 - 形状は剣、属性は炎、戦術輪・炎が使用可能。刀身が伸縮し鞭状になびく。刃がいくつも連なっているため、多段ヒットする特性がある。
    • 雷閃槍 - 形状は槍、属性は雷、戦術輪・雷が使用可能。柄の部分が伸縮し鞭状になびき、非常にリーチが長く、攻撃速度にも優れる。
    • 氷砕球 - 形状は鎖分銅、属性は氷、戦術輪・氷が使用可能。持ち手から鎖が伸縮し鞭状になびく。攻撃速度は遅いが、攻撃力は高い。
    • 鬼無双 - 形状は鞭。封印されていた鞭。圧倒的攻撃力を誇る。
  • ミシェル・オベール
  • 本多平八郎忠勝
    • 幻魔蜻蛉切 - 槍。平八郎の愛槍「蜻蛉切」に幻魔の力を加えた物。

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(武器一覧)[編集]

  • 大太刀 - 両手で扱う大振りの刀剣。蒼鬼用。 
    • 山河慟哭 - 闇属性、4連撃。行方不明になった蒼鬼の母・於万の方が残していったもの。
    • 武斬刀 - 無属性、3連撃。
    • 黒斬刀 - 闇属性、3連撃。
    • 光斬刀 - 光属性、3連撃。
    • 空斬刀 - 風属性、3連撃。
    • 炎斬刀 - 炎属性、3連撃。鬼戦術の威力を高める。
    • 氷斬刀 - 氷属性、3連撃。
    • 地斬刀 - 地属性、3連撃。
    • 赤魂抜き - 無属性、4連撃。斬った相手から赤魂を抜き出す。形状が打刀 明智拵に非常に似ている。
    • 雷斬刀 - 闇属性、4連撃。伝説の赤き鬼武者・明智左馬介(南光坊天海)が、幻魔との戦いに使用したといわれる刀。今作ではゲームのシステム上、珠がなくても使用できるが、理由は不明。
    • 皇輝 - 光属性、4連撃。鬼力の消費を抑える。
    • 焔舞 - 炎属性、4連撃。
    • 凱風 - 風属性、4連撃。
    • 氷哭 - 氷属性、4連撃。
    • 屠龍 - 地属性、4連撃。獲得する経験値が2倍になる。
    • 鬼刃 - 無属性、5連撃。突き技に冴えを見せる。形状は『3』でマーセラスが使用したのと同じ。
    • 漆黒の魔剣 - 闇属性、5連撃。通常技に冴えを見せる。
    • 天羽々斬 - 光属性、5連撃。
    • 烈風の魔剣 - 風属性、5連撃。振ると衝撃波を放つ。
    • 炎龍剣 - 炎属性、5連撃。伝説の赤き鬼武者・明智左馬介が、幻魔との戦いに使用したといわれる剣。振ると衝撃波を放つ。
    • 水破 - 氷属性、5連撃。鬼戦術の威力を高める。
    • 星切 - 地属性、5連撃。
    • 武轟 - 無属性、3連撃。振ると衝撃波を放つ。
    • バルムンク - 闇属性、4連撃。突き技に冴えを見せる。
    • エクスカリバー - 光属性、5連撃。条件を満たすことで入手可能。
    • 降魔の剣 - 炎属性、3連撃。形状は毘沙門剣だが、若干長く、また威力を再現しているためか3連撃で攻撃速度が遅い。
    • 天十握剣 - 風属性、4連撃。鬼戦術の威力を高める。
    • 幻魔氷剣 - 氷属性、5連撃。幻魔は刀身を回転させて破壊力を高められるが、蒼鬼は回転させる事が出来ない。
    • 轟來地冥刀 - 地属性、3連撃。防御力と引き換えに高い攻撃力を得る事が出来る。
    • 鬼斬り極文字 - 無属性、4連撃。鬼一族に伝わる伝説の剣。
  • 居合刀 - あらゆる体勢から抜刀できる作りの刀剣。十兵衛用。
    • 三池典太 - 風属性、6連撃。三池典太光世の作による業物。
    • 尚武刀 - 無属性、4連撃。
    • 黒武刀 - 闇属性、4連撃。赤魂注入による成長が早い。
    • 光武刀 - 光属性、4連撃。
    • 炎武刀 - 炎属性、4連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • 空武刀 - 風属性、4連撃。
    • 氷紋刀 - 氷属性、4連撃。
    • 地武刀 - 地属性、4連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • 小烏丸 - 無属性、5連撃。
    • 大典太 - 闇属性、5連撃。
    • 蝉丸 - 光属性、5連撃。
    • 鬼丸 - 炎属性、5連撃。力を引き出すまでに時間がかかる。
    • 三日月 - 風属性、5連撃。
    • 童子切 - 氷属性、5連撃。
    • 数珠丸 - 地属性、5連撃。装備した者を早く成長させる。
    • 薄緑 - 無属性、6連撃。清和源氏の宝刀。
    • 村正 - 闇属性、6連撃。一閃に冴えを見せる。
    • 正宗 - 光属性、6連撃。一閃に冴えを見せる。
    • 鬼喰 - 炎属性、6連撃。斬った敵から黄魂を抜き出す。
    • 狂月 - 風属性、6連撃。追い討ちに冴えを見せる。
    • 氷影 - 氷属性、6連撃。
    • 岩斬 - 地属性、6連撃。
    • 狼牙 - 無属性、4連撃。通常技に冴えを見せる。
    • 鵺噛 - 闇属性、5連撃。鬼力の消費を抑える。
    • 獅子王 - 光属性、6連撃。鬼戦術の威力を高める
    • 孔雀刺 - 炎属性、4連撃。突き技に冴えを見せる。
    • 金剛宝剣 - 風属性、5連撃。振ると衝撃波を放つ。
    • 神度剣 - 氷属性、6連撃。赤魂注入による成長が早い。
    • アロンダイト - 地属性、4連撃。装備すると全体的に防御力が高まる。
    • 朧月 - 無属性、6連撃。心力を回復させる名刀。
  • 火器 - 長身の銃。連発式から大筒、光学兵器まで多岐にわたる。お初用。
    • 種子島・改 - 炎属性、普通弾連発式。雑賀孫市の協力で製作された。
    • 武神機 - 無属性、普通弾連発式。
    • 黒神機 - 闇属性、普通弾連発式。鬼戦術の威力が増す。
    • 光神機 - 光属性、普通弾連発式。
    • 炎神機 - 炎属性、普通弾連発式。鬼戦術の威力が増す。
    • 空神機 - 風属性、普通弾連発式。赤魂注入による成長が早い。
    • 氷神機 - 氷属性、普通弾連発式。
    • 地神機 - 地属性、普通弾連発式。
    • - 無属性、普通弾連発式。銃身の一部に金が使われている。
    • 鬼怒 - 闇属性、普通弾連発式。
    • 護法 - 光属性、普通弾連発式。力を引き出すまでに時間がかかる。
    • 不知火 - 炎属性、普通弾連発式。鬼力の消費を抑える。
    • 彗星 - 風属性、普通弾連発式。
    • 雪風 - 氷属性、普通弾連発式。鬼戦術の威力が増す。
    • 仁王 - 地属性、普通弾連発式。
    • 国崩し - 無属性、大筒。
    • 黒焔 - 闇属性、大筒。
    • 神威 - 光属性、大筒。
    • 火焔 - 炎属性、貫通式。
    • 神風 - 風属性、貫通式。
    • 氷砕 - 氷属性、貫通式。
    • - 地属性、貫通式。防御力を上昇させる。
    • 零式 - 無属性、光学式。
    • 月読 - 闇属性、光学式。
    • 日照 - 光属性、光学式。
    • 不動 - 炎属性、散弾式。
    • 飛龍 - 風属性、散弾式。斬り上げに冴えを見せる。
    • 氷牙 - 氷属性、散弾式。
    • 大蛇 - 地属性、散弾式。
    • 覇王嵐牙 - 無属性、光学式。イスパニア製の最新式光学兵器。
  • 手甲 - で攻撃できるように作られたグローブ。ロベルト用。
    • ナックルガード - 地属性、4連撃。拳の保護と殺傷力向上の為に金具が付けられたグローブ。
    • 閻魔の篭手 - 闇属性、3連撃。
    • 光撃甲 - 光属性、3連撃。装備者の体力を増強する。
    • 炎撃甲 - 炎属性、3連撃。
    • 空撃甲 - 風属性、3連撃。
    • 地撃甲 - 地属性、3連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • 戦慄の手甲 - 無属性、4連撃。突き技に冴えを見せる。
    • 冥府の手甲 - 闇属性、4連撃。防御力と引き換えに攻撃力を高める。
    • 零式の手甲 - 氷属性、4連撃。防御力と引き換えに攻撃力を高める。
    • 聖巌の手甲 - 地属性、4連撃。鬼力の消費を抑える。
    • オルトリンデ - 無属性、5連撃。攻撃した敵から赤魂を抜き出す。
    • ブリュンヒルデ - 光属性、5連撃。装備した者を早く成長させる。
    • シュヴェルトライテ - 炎属性、5連撃。通常技に冴えを見せる。
    • ヘルムヴィーゲ - 風属性、5連撃。攻撃時に衝撃波を放つ。
    • ジークルーネ - 氷属性、5連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • カシエルの篭手 - 無属性、3連撃。一閃に冴えを見せる。
    • ルシファーの篭手 - 闇属性、4連撃。防御力と引き換えに攻撃力を高める。
    • メタトロンの篭手 - 光属性、5連撃。突き技に冴えを見せる。
    • ミカエルの篭手 - 炎属性、3連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • ラファエルの篭手 - 風属性、4連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • ガブリエルの篭手 - 氷属性、5連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • ウリエルの篭手 - 地属性、3連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • 神護覇甲 - 無属性、4連撃。神の加護を受けた黄金の手甲。
  • 長柄 - 錫杖・槍・矛といったリーチの長い武器。天海用。
    • 鞍馬の錫杖 - 氷属性、4連撃。鞍馬杉で作られた使い勝手の良い錫杖。天海になってからの主力武器であり、様々な作品に登場する。作品によって微妙に形状が異なる。
    • 法輪の錫杖 - 無属性、3連撃。
    • 火尖槍 - 炎属性、3連撃。防御力を上昇させる。形状は『2』の氷刃槍に酷似している。
    • 蜻蛉切 - 闇属性、3連撃。通常技に冴えを見せる。形状は『3』のものと同じ。
    • 焔摩天杖 - 闇属性、4連撃。
    • 帝釈天戟 - 光属性、4連撃。突き技に冴えを見せる。
    • 毘沙門天戟 - 炎属性、4連撃。鬼力の消費を抑える。
    • 羅刹天戟 - 風属性、4連撃。防御力と引き換えに攻撃力を高める。
    • 水天戟 - 氷属性、4連撃。鬼力の消費を抑える。
    • 伊舎那天戟 - 地属性、4連撃。
    • 梵天棍 - 無属性、5連撃。赤魂注入による成長が早い。
    • 輝皇の職杖 - 光属性、5連撃。鬼戦術の威力が増す。
    • 招魂浄杖 - 風属性、5連撃。攻撃した敵から青魂を抜き出す。
    • 氷帝の錫杖 - 氷属性、5連撃。
    • 地帝の錫杖 - 地属性、5連撃。防御力を上昇させる。
    • 不動明王の矛 - 無属性、3連撃改。振ると衝撃波を放つ。
    • 烏枢沙摩明王の矛 - 闇属性、4連撃。
    • 降三世明王の矛 - 光属性、5連撃。鬼戦術の威力を高める。
    • 金剛夜叉明王の矛 - 炎属性、3連撃改。突き技に冴えを見せる。
    • 軍荼利明王の矛 - 風属性、4連撃。
    • 天沼矛 - 氷属性、5連撃。鬼力の消費を抑える。
    • ガエボルグ - 地属性、3連撃改。一閃に冴えを見せる。
    • 明鏡止水 - 無属性、4連撃。心身を研ぎ澄ませる錫杖。通常技に冴えを見せる。

用語[編集]

鬼の一族
かつて幻魔により滅ぼされた鬼の一族。高度な文明を持っていたが、拠点である鬼ヶ島の陥落やその攻勢には敵わず滅ぼされ、高い技術力や施設を幻魔に悪用されている。後に幻魔と戦う者のために数々の武器や能力を残した。僅かながら生き残りや血を受け継ぐ者が存在する。
鬼の篭手
鬼の力が封じられた篭手。作品中で装備するキャラクターは左馬介とジャック。『新』では主に天海(左馬介)が装備するが、幻魔王・フォーティンブラス戦のみ結城秀康も装備した。右腕に装備されている。倒した幻魔の魂はこの篭手によって封じられる。後述の戦術殻は篭手の手の甲に、戦術輪は手首にあたる部分に装着される。
劇中の表現から受け取った者の腕と有機的に結合されているようである(『1』の左馬介の台詞、ジャックが鬼の篭手を失った際にコートが破れていたシーンなど)。なお、柳生一族のように鬼一族の血を受け継ぐ者は篭手を持たずとも幻魔の魂を封じることができる。鬼の一族でもなく鬼の篭手があるわけでもないお初が幻魔の魂を封じ込められるのは幻魔の王であった信長の血が流れているためである(阿倫いわく魂を封じ込められるのは鬼の一族、修行を積んだ僧、強力な幻魔の力を持った者だけらしい)。
ゲーム中では篭手に幻魔の魂を注入することにより色が変化(手甲の部分から先端部にかけて変色)し、左馬介が織田信長を封印した際には赤と黒に変化した。また、ジャックの装備する鬼の篭手は掌全体まで装着されており、グローブに近い形状となっている。
左馬介が信長を封印した篭手は、『新』の時代では比叡山延暦寺に厳重な封印を施されて保管されている。篭手を狙う幻魔が現れるのを防ぐため、比叡山全体に幻魔が立ち入ることができないほどの強力な結界が張られている。『TWILIGHT OF DESIRE』で、篭手を狙った豊臣秀次は幻魔の力を手に入れていたため比叡山に立ち入ることができず、人間の軍を使うことで結界を破り侵入している。また、同作に登場した篭手は、『3』でジャックの武器・炎蛇剣が封じられた塔に封印されていた。阿倫によると、苦労して封印したらしい。なお、『新』に登場した篭手は形状や色が『3』の物と異なっており、自由に取り外すことが可能になっている。
戦術殻
鬼の力の宿った珠で左馬介が使用する。それぞれ異なった能力と必殺技を持ち、使用時は戦術殻に対応した形状の武器に変化する(武器の形状は刀から両刃の大剣、薙刀、斧など幅広い)。また、封じられた扉の開放にも用いられ、解放には戦術殻のレベルも関係してくる。
鬼の篭手によって封じられた幻魔の魂を注入することによって強化が可能であり、最大でレベル3まで強化でき、形状、必殺技の威力、エフェクトが変化する(『1』では珠と武器はそれぞれ別に強化だったが、『3』では改められた)。
戦術輪
鬼の力が宿った輪でジャックが使用する。用途は戦術殻と同様だが、形状が玉ではなく、名称のとおりリング状になっている。ジャックの基本武器が鬼之鞭であることから変化する武器は鞭のように撓るものが多い(伸縮式の剣、槍型の三節棍フレイルモーニングスターなど)。
鬼戦術
『2』で柳生十兵衛が使用する必殺技。新たな力を得る際には龍を模した祠より入手し、使用する鬼戦術を選択すると武器の形状が変化する(戦術殻と同様に刀や薙刀、大剣に加え、槍、金槌が追加された)。
戦術殻、戦術輪と同様に幻魔の魂を注入することによって強化が可能である(こちらも同様にレベル3まで強化可能で、形状、必殺技の威力、エフェクトが変化)。
『新』においてプレイヤーキャラクター達が使用する必殺技も鬼戦術で、『2』のものと異なるのは武器の入手方法のみである(『新』ではみの屋から購入、仲間との錬成、宝箱から入手するなど)。
魂を注入することにより強化は可能であるが、レベルアップによる形状の変化がないこと、また、力を貯めることによって威力を三段階に変化させることができるのも特徴である。更に従者がいる状態では「合体鬼戦術」という広範囲に高い威力を持った鬼戦術を行うことも可能となった。
鬼武者変身
鬼の力を持つ者はある条件の下で鬼へ変身することが可能である。これを「鬼武者変身」、もしくは「鬼武者覚醒」と言う。但し、負の力を以て幻魔を討伐していたりしたり、幻魔の殺害に快楽を見出したりした場合、鬼の持つ負の感情に飲み込まれ鬼武者になるのではなく、無差別に破壊し尽くす「殺戮兵器」と化してしまう。『1』では左馬介以前にも鬼の篭手を授かった人間がいるが、幻魔を倒す事に快楽を見出してしまい、殺戮兵器と化したため稲葉山城の地下に封印されていた。劇中ではマーセラスが該当する。鬼武者変身の際は肉体が大きく変化し(肌の変色、眼光の変色、髪の白髪化など)、通常使用できない技を使用できる。下記に鬼武者変身の経緯を記す。
  • 明智左馬介(『1』)→フォーティンブラス最終戦の後、雪姫達を逃がすためフォーティンブラスに捕らえられる。その際に吐き出された血が鬼の篭手に降りかかり、鬼武者へと変身した(最終戦の後のムービーのため、プレイヤーによる操作は不可能)。なお、この時「鬼武者真剣」を使用しており、鬼武者真剣の説明文を読む限りこの時点で左馬介は真の鬼武者になっているものと思われる。
  • 柳生十兵衛(『2』)→元より鬼の血を受け継いでいるためか、鬼武者への変身を制御することが出来る。この際は掌(幻魔の魂を吸収する部分)より無数の鬼神弾を放って攻撃することが出来る。黄金魔神像との最終決戦において「礼」・「仁」・「聖」・「和」・「勇」の玉を吸収し、真鬼武者へと変身。右腕が砲となり、鬼神弾による攻撃を行う。現時点でこのような攻撃手段をとる鬼武者は彼だけであり、唯一刀を使用しない鬼武者である。
  • 明智左馬介、ジャック・ブラン(『3』)→左馬介、ジャック両方で鬼武者変身が可能。一作目時では鬼武者への変身を制御できなかった左馬介だが、長い修行の末に、鬼武者への変身を制御することに成功した。また、未来より戻ってきた左馬介が本能寺にて織田信長により討たれたもう一人の自分を吸収することで真鬼武者へと変身した。武器は「鬼武者真剣」へと変化し、信長の手放した愛刀から魂を吸収することで更に強力な「鬼切り左文字」へと変化する。この状態では両腕に鬼の篭手があり、魂を吸収する際は胸から吸収する。
  • 結城秀康―灰燼の蒼鬼―(『新』)→黒き破壊神の生まれ変わりである蒼鬼が幻魔王・織田信長の封じられた鬼の篭手に仲間の想いと幻魔の魂を吸収することで鬼武者へと変身。「極限鬼武者」と呼ばれる。血染山河と山河慟哭(操作中は変更可能)を振るう。空を飛ぶことが可能で、復活した幻魔創造神・フォーティンブラスと空中戦を繰り広げた。天海曰く「神をも切り裂く鬼」。
『2』以降では紫魂を一定数以上吸収することで、鬼武者へ変身することが可能になっている。いずれも敵に対し有効であるが、一度使用した場合再び紫魂を吸収しなければならないため、タイミングが重要となる。ただし『3』および『新』ではこれが改められ、一定の数の紫魂を吸収→変身のボタンを押すという方式となったため、任意のタイミングで鬼武者への変身が可能となった。また、『新』では鬼武者変身の為のゲージを回復させるアイテムが登場。これにより、アイテムがあれば何度でも鬼武者変身することが可能になった。

書籍[編集]

※各種攻略本は除く

小説[編集]

鬼武者2 【奪還!封魔の三器】(南原順著、雨宮慶太挿画、2002年3月31日二見書房
時系列は『2』と『3』の中間となっている。
新 鬼武者 悲劇の暴君、豊臣秀次中里融司著、2006年6月30日カプコン
ゲーム本編より少し前の天海をメインに描く。

漫画[編集]

新 鬼武者 NIGHT OF GENESIS 壱(大崎充著、2005年12月22日、カプコン)
新 鬼武者 TWILIGT OF DESIRE(矢口岳著、2006年1月31日メディアファクトリー
新 鬼武者 NIGHT OF GENESIS 弐(大崎充著、2006年6月30日、カプコン

その他[編集]

新 鬼武者マガジン(2005年9月16日カプコン
新 鬼武者 DAWN OF DREAMS オフィシャルコンプリートワークス(2006年3月30日、カプコン)

受賞歴[編集]

  • シーグラフ2000 Electronic Theater部門 最優秀賞 - 『鬼武者』のオープニングムービー(監督:佐藤嗣麻子
  • 第8回 CESA GAME AWARDS 2003-2004 優秀賞受賞 - 『鬼武者3』(カプコン、プレイステーション2)
  • シーグラフ2004 Electronic Theater部門 入選 - 『鬼武者3』のオープニングムービー(監督:山崎貴

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社カプコン シリーズソフトの累計販売本数”. 株式会社カプコン (2011年6月30日). 2011年9月27日閲覧。
  2. ^ ゲームセンターCX』第1シーズン・第3回での稲船へのインタビューによる。
  3. ^ a b GEIMIN.NET/国内歴代ミリオン出荷タイトル一覧、GEIMIN.NET、2013年2月27日閲覧。
  4. ^ a b c ミリオンセールスタイトル一覧”. 株式会社カプコン (2011年6月30日). 2011年9月27日閲覧。