匕首

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

匕首(ひしゅ、あいくち/ビーショゥ)または合口(あいくち)は、の無い短刀のこと。本来の日本語では「合口」であったが、中国の「匕首」(ひしゅ/ビーショゥ)と混同され、現在はどちらの表記でも「あいくち」で意味が通る。また、本来の「匕首」は、その形状・定義も合口とは厳密には異なる。

日本での用例[編集]

合口(あいくち)の由来は、鍔が無いために、柄と鞘がぴったり納まる様子から来ている。江戸時代、原則として武士層以外の帯刀は禁じられたため、懐に隠せる合口はヤクザ者に重宝された。この場合、ドスの俗称がよく用いられる。

中国での用例[編集]

中国での匕首は、古代から使用されている暗器(身につけられる小さな武器)であり、横から見たときに匙のような形の刃先を持つ短刀のことである。主要な用途は暗殺であり、特殊な刃先の形状は致死効果を高める。

関連項目[編集]