大太刀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野太刀から転送)
移動: 案内検索
大太刀の拵え

大太刀(おおたち、おおだち)は、日本刀の一種で、長大な打刀、および太刀のことである。

野太刀(のだち、のたち)」、「背負い太刀」とも呼ばれる。また、近年では創作物の影響で中国の武器である「斬馬刀(ざんばとう(後述)」と混同される事が多い。

概要[編集]

大太刀とは初めに述べたように「長大な刀」のことであり、現代の分類では刀身の長さが三尺(約90cm)以上のものを指すのが一般的で、昔の日本人の平均的な身長(150cmから165cm)と比べると非常に大きい物である事がわかる。

日本刀において、刀身長による分類の方法には文献や研究者によって違いがあり、刀身が3尺(約90cm)以上のものを「野太刀」、刀身が5尺(約150cm)程度のものを大太刀とすることがある。日本の刀剣類の区分は、文献や研究者によっては5〜9種類以上の分類をする事さえある。従って、「大太刀」という言葉が指す刀剣の定義は常に一定というわけではない。

このように、大太刀と野太刀の語の使い分けには確定した説がないが、単純に長大な太刀を「大太刀」、戦場で使う事を前提とした拵えに収められているものを「野太刀」と呼んでいた、というのが現在の主説で、一般的には大型の刀をまとめて「大太刀」と呼ぶことが主流である。

基本的には歩兵の武器ではなく、騎馬武者の用いるもので、馬上から馬の走る勢いで斬る武器である。そのため、実用にあたってはあまり振り回す必要はない。しかし腕力を誇る武士が馬に乗らない白兵戦で使用する場合もあった。

現代においては大太刀は敵将をごと斬ることができる代物とし、フィクションにおける表現では馬の胴体または首部と騎乗の武士を一緒に斬る豪快なイメージを描くが、実際にはそのような使い方はなく、長いリーチを生かして馬と騎乗の武士からの攻撃を避けつつ、騎者を落馬させるか、足を狙って馬をつぶすことが主であった。

歴史[編集]

鎌倉時代になり武家が権力を握ると、武人として剛気で腕力があることが名誉とされるようになり、それを誇るための武具として、長大な刀身をもった太刀が戦場で見られるようになった。後に日本刀が刀身の長さにより分類されると、こうした長大な太刀は「大太刀」と区分される事になった。

しかし、大太刀は長大な分、非常に重い(2.5〜8kg)ため、太刀と同じ形状の柄では扱いにくい(刀身に対して柄が短くなり過ぎて構えたり振ったりが難しい)という欠点があった。これを克服するため、柄が次第に長くなり、やがて振り回し易いように刀身の根元の部分に太糸や革紐を巻きつけた「中巻野太刀(なかまき のだち)」へと発展し、さらに完全な長柄武器である「長巻」へと発展していくことになる[1]

その後、三尺を超えるような大太刀はもっぱら神社等への奉納用に製作されるようになり、長大に作るためにいくつかの長さに分けて鍛錬し、後に接合して一本の刀身とした、実際に「刀」としては使用出来ない(強度的に「振る」ことが不可能)ものも製作された。

室町時代には大太刀を磨り上げ(刀身を短く縮めて仕立て直すこと)て打刀とすることが流行したため、室町時代以前のもので製作当時の刀身のまま現存するものは僅かである。

徳川幕府が成立し徳川政権が確立されると、刀身長三尺以上の刀を帯刀することは刀装に角鍔を用いること他と共に禁じられ、寺社の奉納品や大名家の秘蔵品として少数が後世に残るのみとなった。江戸時代に奉納品として作刀されたものも少なからず存在するが、いずれも本格的な焼入れや砥ぎが行われていないものが多く、これは禁制を避けるための措置であったと推測されている。

幕末になると勤王の志士には長寸の打刀を差すことが流行し、「勤王拵」等と称される刀の様式も生まれたが、それらの大半は三尺前後のもので、「大太刀」というほどには長くはない。

記録と実在[編集]

治承・寿永の乱について書かれた軍記物語である『源平盛衰記』には、畠山重忠が用いた太刀として「身巾四寸(約12cm)長さ三尺九寸(約182cm)」の太刀である“秩父がかう平”や武蔵国綴党の大将である太郎、五郎の兄弟が帯刀していたという「四尺六寸(約140cm)の太刀に熊の皮の尻鞘[2]入」が記述されており、当時既に三尺を超えるものがあったことが伺われる。

時代が下って『太平記』には、五尺以上の太刀が多く記述され、最大で九尺三寸(約282cm)のものが描写されている。五尺(約150cm)の大太刀二振を佩き、更に手には刃長八寸の大斫斧(まさかり)を持って参陣したという長山遠江守(ながやま とおとうみのかみ[3])や、五尺六寸(約170cm)の大太刀を携えて勇戦したという大高重成(おおたか しげなり)、七尺三寸(約221cm)の大太刀を振るって奮戦したという山名の郎党、福間三郎(ふくまさぶろう)の描写からは、長寸の大太刀が実際の戦闘で使われていた状況が推察できる。

「一休和尚」として知られる室町時代の僧、一休宗純は自身の背丈よりも長い朱塗鞘の大太刀を腰に差し、こじり(鞘の先端)を引き摺りながら街を歩いた、という逸話が『一休和尚年譜』他の伝記にある。この大太刀は刀身は木製(竹光)で、「鞘に納めていれば豪壮に見えるが、抜いてみれば木刀でしかない」と、外面を飾ることにしか興味のない当時の世相を批判したものであったとされる。大太刀を携えた一休宗純の姿は「一休和尚像 自賛 伝曾我墨渓筆」に描かれて現代に伝えられている。

戦国時代には、朝倉氏長尾上杉氏が「力士隊(りきしたい)」と呼ばれる巨躯巨漢の者を集めた部隊を編成し、大太刀を持たせて戦わせたことが記録されている。朝倉氏の家臣である真柄直隆真柄直澄の兄弟は、共に戦場で五尺三寸(約175cm)の大太刀を用いて奮戦し、両名ともに姉川の戦いで討ち取られたものの、その大太刀は「太郎太刀」「次郎太刀」の名で現在に伝えられている。

現在でも、神社への奉納品や、徳川家などで所蔵されていた個人所蔵品が徳川美術館柳生の大太刀)、渡辺美術館刀剣博物館などの博物館に納められたもの等が少数ではあるが現存している。重要文化財新潟県弥彦神社が所蔵する七尺四寸二分(約225cm)の大太刀がある。

新古刀通じて最長の大太刀は、山口県下松市花岡八幡宮所蔵の「破邪の御太刀」(刃長345.5cm、全長465.5cm、75kg)である。これは幕末の尊皇攘夷思想を背景として、氏子が南朝方の刀匠であった延寿派の末裔である延寿国村二十七代国綱(後、国俊と改銘)に特注した奉納刀である。砂鉄300貫を用い、川を堰きとめ焼き入れを行う等、大太刀製作に纏わる逸話が残されている点でも貴重である。

実用[編集]

使い方[編集]

姉川合戦図屏風
この図では騎馬武者が馬上で柄の長い大太刀を両手で振るっている

大太刀は長大なものではあっても「太刀」であり、太刀は馬上での戦いを想定して発展したものであるために、本来は騎馬武者が馬上で用いるものであった。そのため、三尺を超えるものであっても、まずは乗馬時に片手で扱うことが基本の武具として発展した。馬上で両手で太刀を構えては手綱を握ることができず、馬を操ることができないからである。

通常の太刀は柄の中程を握り、柄頭(柄の一番端の部分)に付けられた手貫緒(てぬきお)と呼ばれる紐を手首に通して脱落防止としたが、大太刀の場合は鍔元に近い部分を握り、手貫緒を肘の部分に通して締め、拳と肘の二箇所で柄を保持し、刀の重さを支える。刀を振る際は肘から先の前腕を一体として振り、通常の太刀や打刀のように手首を動かすことはしない(そのようにすると刀の重さを支えられないばかりか、手首を痛めてしまうことになる)。
このように構えた大太刀は、「刀」というよりは薙刀や槍などの長柄武器に近いものであり、武士同士の馬上決戦での突きや切り払い、または馬上から足軽に向けての突きや切り払いを行った。落馬した、もしくは下馬した際にも地面から馬上の敵を狙い突きや切り払いをするものとして扱った。

なお、当時の騎馬武者を描いた絵図には、抜身の大太刀を握った手を肩の高さまで上げて刀身を肩に乗せている姿勢で描かれているものがあるが、これは一旦抜いて構えた大太刀を保持し続けることは重量的な面で体勢的に苦しいため、肩に乗せることで重量を軽減し、疲労と腕を痛めることを防ぐためのものであったと考えられている。

本来は馬上での戦いを想定して発展したものであるが、合戦での主な戦闘方法が騎馬武者主体の少人数戦闘から足軽主体の徒戦(かちいくさ[4])に移っていくに従い、大太刀も、体力がある者や体格の良い者といった限られた者が扱うものではあるが、馬上ではなく地上で使われるものになり、柄は両手で持って扱うことが容易なように長くなっていった。こうして大太刀(野太刀)は「中巻野太刀」、やがて「長巻」へと発展してゆく。

大太刀は長い武器であるために、細かな動きをし辛く、用いる際には周囲の味方を巻き込まないように戦う必要性が出てくる(後に集団戦闘向きの打刀が発展した理由でもある)。このように限定された者が限定された条件で扱う稀な武器ではあるが、古武術には大太刀を使った徒戦の戦闘技術が残っており、合戦などで技術研鑽されてきた徒戦の戦場の武器だとも言える。

携行方法[編集]

野太刀の背負い方を示した図
(江戸時代に描かれたもの)

普通は背中に背負うか従者に持たせて携行したが、の様に長い身の丈六尺(約180cm)などといわれた長身の者は、通常ののように左腰に佩いたり差したりもしたようである。[要出典]鎌倉時代末期から戦国時代末にかけて描かれた数々の絵図では、腰に下げる(佩く)もの、腰に差すもの、背中に背負うもの、従者に持たせるもの、諸々の大太刀の携行方を見ることができる。

自らの手で持つ場合
自らの手で持って運ぶ。この場合はかなり長い大太刀を引き抜くことが可能である。また戦いの始まる前には鞘を捨てることもある。
従者に持たせる場合
従者が手に持ち運ぶ。大太刀を引き抜く際には従者に鞘を持たせて、馬に乗った武者が引き抜くか、または徒歩の武者が引き抜く。この場合かなり長い大太刀を引き抜くことが可能である。大太刀は身分が高い武士が扱う武器であるため従者に持たせるのが本来の所持方法である。
腰に携行する場合
左腰に大太刀を携行する流派もある。しかし腰に携行する場合は大太刀の長さのため引き抜くのには容易ではない。そのためにはかなりの熟練した技が必要である。
通常は左腰に携行する場合は太刀は刃を下にして携行するが、流派により刃を上に向けて左腰に携行する場合もある。
背負う場合
大太刀を背負う場合は架空の物語や漫画などのイラストでは右利きの大太刀使いは右肩から左腰に大太刀を背負っている。しかしこの背負い方では大太刀は抜けない。太刀や刀はまず鯉口を切らなければ抜けず、また右肩に鯉口があり右手で大太刀を抜くにはあまりにも大太刀が長いために引き抜く手の長さが足りない。よって通常は左肩から右腰に背負う場合が多い。
さらに右利きの場合、大太刀を抜く際は左手で左肩から出ている鍔元を掴む。そして刃を上に向け、鯉口を相手の正面側に向ける。さらに右手で柄を持って鯉口を切り、右手を前に伸ばしながら大太刀を抜く。大太刀の使い手によっては大太刀を抜きながら右手だけで左袈裟斬りをする。
忍刀の携行方法は大太刀を背負う場合の携行方法に似ており、鯉口を左肩側に背負う。

日本刀の拵(外装)の場合、太刀には佩くために腰に結わえるための紐(佩緒(はきお)と呼ぶ)を結ぶための帯と金具(足革及び足金物)があり、打刀には腰に差した際に帯に結わえるための紐(下緒(さげお)とそれを結ぶための部品(栗形)があるが、大太刀の場合は従者もしくは自分が手に持って持ち運ぶことが多く、それらには足金物、栗形ともにないものが通例である。

現存する大太刀[編集]

志駄の大太刀(しだのおおたち)
“志田の大太刀”と書く場合もある。
弥彦神社新潟県西蒲原郡弥彦村)が所蔵。当神社には三家正吉作のものと合わせ、2本の大太刀が所蔵されている。
大太刀 附 革鐔 一口 大字弥彦 弥彦神社
刃長220.4cm(七尺二寸八分五厘)、茎長101.8cm(三尺三寸五分)、全長322.2cm。
大太刀 拵共 三家正吉作 一口 大字弥彦 弥彦神社
刃長 七尺四寸(224cm)、茎長 三尺一寸(93cm)
大太刀 銘信国
全長209.1cm。
八幡宮(新潟県三条市)が所蔵。
八幡宮の神宝。熱田・八剣の文字と作者の名とみられる「信国」の銘がある。室町時代初期(約600年前)の作とみられる。
飯香岡八幡宮の大太刀
全長163cm、刃長130cm、反り3.5cm。
飯香岡八幡宮(千葉県市原市)が所蔵。
三嶋大社の大太刀
全長161.5cm、刃長114.3cm、茎長47.5cm、反り5.0cm。
三嶋大社静岡県三島市大宮町)が所蔵。
山金造波文蛭巻大太刀(やまがねづくりはもんひるまきのおおだち) 号 祢々切丸(ねねきりまる)
刃長2.2m(七尺一寸二分)、全長3.4m(一丈一尺三寸二分)、重さ22.5kg。
日光二荒山神社栃木県日光市)が所蔵。 
二荒山神社の御神刀の一つである。諸金具は山金造、蛭巻とその間の余地の上には全体に色漆を厚く塗り、刷毛目に波状文を描く。
別名の由来は日光山中のねゝが沢に棲んでいた化け物の「祢々(ねね)」である。号の由来はこの太刀が自然に鞘から抜け、祢々を斬り退治したということからである。
大山祇神社の大太刀
刃長180.0cm、茎長58.5cm、反5.4cm。
大山祇神社愛媛県今治市大三島町宮浦)が所蔵。
大太刀は無銘である。(伝豊後友行)革包大太刀拵付。
破邪の御太刀(はじゃのおんたち)
刃長345.5cm、茎長120cm、反28cm、身幅13cm、重ね3cm、重量75kg。
花岡八幡宮山口県下松市)が所蔵。
新古刀通じて日本最長の大太刀である。安政6年(1859年)東肥菊地延寿国村27代末孫三光軒北辰子国綱が、門弟5名、手伝い2名を従えて、砂鉄300貫を鍛え、川を堰きとめ、焼きを入れて作り奉納したものと伝えられている。
太郎太刀
白山比咩神社石川県白山市三宮町)が所蔵。  
上述の真柄直隆使用の刀。下記次郎太刀と入れ替わって伝わっている説がある。
次郎太刀
熱田神宮愛知県名古屋市熱田区)が所蔵。 
上述の真柄直澄使用の刀。上記太郎太刀と入れ替わって伝わっている説がある。
陰陽丸
刀身長280cm、茎長88.5cm。全長368.5cm
熱田神社東京都台東区)が所蔵。
弘化4年(1847年)、刀工川井久幸が制作し、熱田神社に奉納したもの。
安政5年(1858年)コレラ流行の時、疫病を祓うため浅草鳥越町を巡行した。

斬馬刀との混同[編集]

大太刀を指して「斬馬刀(ざんばとう)」と呼称される事がある。しかし、本来「斬馬刀(剣)」と呼ばれていた、中国大陸で用いられていた武器(後述)と日本の大太刀とは全くの別物である。

このような混同の原因は、近年の漫画等の創作物が発端だといわれ、確認可能な最古の混同の例は、中世の文献ではなく、1970年代の漫画である。1973年から1974年にかけて連載されていた永井豪作の漫画『バイオレンスジャック』において、魔王・スラムキングという人物の持つ大太刀が「斬馬刀」と呼称されており、これが最古(最初)の混同の例である。[5]

また、1990年代に描かれた和月伸宏作の漫画、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のキャラクター相楽左之助が使用した武器も「斬馬刀」という呼称が用いられ、日本の室町時代に存在した武器という解説がなされた[6]。この「斬馬刀」は巨大な両刃剣のような武器として描かれているが、日本の歴史上、このような「斬馬刀」なる武器の存在を示す文献は確認されていない。後に描かれた、『るろうに剣心 完全版』第5巻における企画ページ[7]である「剣心再筆」では、斬馬刀は日本刀形状のものとして再設定されており、添文では

2m強の大太刀(斬馬刀)。柄尻に紅白の房、一対

と書かれている。この“大太刀(斬馬刀)”はイラストでは中巻野太刀のように鍔元から物打ちにかけての部分に糸巻きが施されたデザインになっており、

より多彩に取り回せるよう、鍔元に長ハバキを付け、その上に柄巻きを施すように細工済み

との一文が添えられている[8]

この他にも「斬馬刀」もしくは「斬馬剣」という名称の武器が登場する創作作品はいくつかあるが、いずれも大太刀や中国における「斬馬刀(剣)」とは異なる、創作上のデザインである。

中国における「斬馬刀」[編集]

古代中国における「大刀」の図

本来の「斬馬刀(剣)」は古代の中国で使用されていた武器の名称で、前漢時代には「斬馬剣」と呼ばれる長柄武器が文献に残されている。これは両刃の剣に長い柄を付けたもので、の時代には更に長い柄に身幅の広い片刃の刀身を取り付けたものに発展し、「大刀」(日本の打刀の「大刀」とは別のもの)と呼ばれるようになった。大刀は後に身巾が広く刀身が比較的短いものと、身巾はそれほどでもないが刀身の長いものとに分岐して発展し、後者は「眉尖刀」と呼ばれるようになった。

明で用いられていたとされる「斬馬刀」の図と写真

代には、長くほとんど反りのない片刃、もしくは両刃の刀身に両手で持つに十分な長さの柄があるものが「陌刀」の名で用いられ、代には倭寇が用いていた「長大な片刃の刀身に、刀身よりは短いが長めの柄のある倭式の刀」(これらは野太刀や長巻であったと推測される)が中国でも採り入れられて模倣され、「苗刀」と呼ばれて北方の騎馬民族(モンゴル)との戦いの際に対騎馬用の武器として用いられた。

これら「大刀」や「眉尖刀」、または「陌刀」や「苗刀」は騎馬兵と戦うためにも用いられたことから「斬馬刀」とも呼称された。「斬馬刀」とは、本来はこれらの長柄武器、もしくはその名で通称された大型の刀剣を指す言葉である

なお、「大刀」は日本に伝えられて薙刀の祖になったともされる。「眉尖刀」は日本にも似た形状の武器が存在し、同じく「眉尖刀」と呼ばれているが、日本のものは中国における「眉尖刀」と比べると刀身が大身で身巾が広く、柄も含めた全体の長さが短い。このために「日本式眉尖刀」と呼び分ける場合もある。この「(日本式)眉尖刀」は現存する流派では元戸隠流(忍術)の武神館が使用している。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 西洋の両手剣にも同様の改良が行われたものが見られ、ツヴァイヘンダーの「リカッソ」が代表的である
  2. ^ 太刀の鞘に被せて用いる毛皮製の覆いで、実用の他装飾用途でも用いられた
  3. ^ 土岐頼基(とき よりもと)、“頼元”とも。土岐頼遠の兄弟とされる人物。赤松氏範との一騎打ちの逸話で知られる
  4. ^ 徒歩で行う戦闘
  5. ^ 永井豪著 「完全版 バイオレンスジャック」 第02巻 207頁
  6. ^ 和月 伸宏著 「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚」 (巻之1)160頁
  7. ^ 「るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (05)」カバー下
  8. ^ 実際に大太刀をより振り回しやすいように鍔元に巻きを施した「中巻野太刀」は、長ハバキとしてその上に巻きを施しているわけではない(巻は刀身の刃のついていない部分に直接巻かれている)ので、このデザインは創作に基づくものである。

参考文献[編集]

関連項目[編集]