浜崎あゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
浜崎 あゆみ
基本情報
出生名 濱﨑 歩
別名 浜崎くるみ(旧芸名)
浜﨑あゆみ(旧芸名)
ayumi hamasaki
ayu(あゆ)
CREA
出生 1978年10月2日(35歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
学歴 堀越学園高校 中退
ジャンル J-POP
ポップ
ダンス
エレクトロニック
ポップ・ロック
職業 歌手
作詞家
作曲家
女優
声優
モデル
活動期間 1993年-1997年(モデル・女優として)
1998年 - (歌手として)
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・マネジメント
共同作業者 松浦勝人(プロデュース)
公式サイト ayumi hamasaki official site

{{{Influences}}}

浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は、日本女性歌手、元女優モデル。本名は濱﨑 歩(読み同じ)[要出典]。愛称はあゆayu。公式の英語表記はayumi hamasaki。ロゴマークのAは本人のイニシャルを組み合わせたもの。福岡県福岡市出身。エイベックス・マネジメント所属。レコードレーベルavex trax

人物

1991年3月、福岡市立原中学校卒業、堀越高等学校中退[要出典]。名字の「浜崎」(濱﨑)の正しい読み方は「はまき」ではなくて「はまき」である。歌手デビュー後のオリジナル楽曲は全て自身で作詞している。浜崎自身も「CREA」として、作曲を手がけている。

マスコミなどでは「女子高生のカリスマ」と呼ばれ、彼女のファッションや奇抜な行動は女子中高生を中心に多大なる影響を及ぼし、ファッションリーダーとしてネイルアート、大きなサングラス豹柄などの流行を生み出し社会現象となった(後にベストジーニストネイルクイーンでは殿堂入りも果たしている)。2001年秋にはアルバムの発売が延期されたとの情報で所属レコード会社エイベックスの株価が下落するなど、エイベックスの看板歌手としての側面も注目されるようになった。また、同社の経営体質の弱点として「あゆ依存」という言葉も生まれた。

楽曲のみならず衣装ミュージック・ビデオ、雑誌グラビア、CDジャケットのレイアウトやライブ演出といったビジュアル・アートに至るまで、本人による徹底した非常に厳しいチェックが行っている[1]

2007年から初の日本国外での公演(台北香港上海)を含むライブツアーを本格的に行い、東アジア地域への進出も果たしている。歌手デビュー前にボイストレーニングのために渡米しているが、デビュー当時は英語は不得意だとコメントしており[どこ?]、ほとんどの歌詞は日本語であった。しかし、2002年以降は英語詞を含めた楽曲も多く発表している。2006年12月にCNNの日本特集『Japan now』期間中に放送された対談番組『Talk Asia』では、短時間ではあったが英語を披露している。

(小型犬)好きでチワワダックスフントなどを飼っている。仕事場に連れてきており、ライブツアーのMC中にステージに登場したり、ミュージックビデオに出演することもあった。

来歴

-1997年 キッズモデル アイドル時代

父親は浜崎が幼少期の頃に蒸発し、母子家庭で育つ[2]。小学生の頃にSOSモデルエージェンシー福岡にスカウトされ、「浜崎くるみ」の芸名で福岡中央銀行のポスターや地元商業広告に登場。 その後、東京サンミュージック(現:サンミュージックプロダクション)を紹介され、所属。[注 1]

1993年4月、テレビドラマ『ツインズ教師』で女優としてデビュー。1994年、芸名を「浜﨑あゆみ」(『』の異体字である『』)に改名し、同年4月に堀越高等学校芸能活動コースに入学。 「未成年」や「闇のパープル・アイ」等テレビドラマ・映画、Vシネマで女優として出演。 またグラビアアイドル1995年"AYUMI"名義でアルバム「NOTHING FROM NOTHING」をリリース。

その後、エイベックス松浦勝人と知り合い、1996年末にサンミュージックとの契約が切れた後、ボイストレーニングのためニューヨークへと渡り、エイベックスからの歌手デビューへの準備が始まった。

1998年 - 2000年 歌手デビュー 女子高生のカリスマへ

1998年4月8日発売の1stシングル「poker face」で「浜崎あゆみ」としてデビューする。多くの化粧品会社、製菓メーカーなどとタイアップし、テレビ・雑誌などのメディアによる「浜崎あゆみ」への注目度が上がった。

1999年1月1日発売の1stアルバム『A Song for ××』でオリコンチャート1位を初獲得、約150万枚を売り上げた。同年4月14日発売の7thシングル「LOVE 〜Destiny〜 / LOVE 〜since1999〜」でシングル初のオリコンチャート1位を獲得する。同年8月11日発売の10thシングル「A」が初のミリオンセラーとなった。同年12月31日、『第50回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。この頃から女子高生を中心とした若者のカリスマ的存在になる。

2000年4月より初めてのコンサートツアーに挑むも、左耳の疾患(内耳性突発難聴)により一部の公演を延期した。16thシングル「SEASONS」で136万枚を超える大ヒットとなり、アルバムも3枚のミリオンセラーを記録した。同年11月、全日本有線放送大賞でグランプリを受賞した。以降、2001年と2002年のALL JAPANリクエストアワード、2003年のベストヒット歌謡祭でもグランプリを受賞し、4連覇を達成している。2000年12月13日発売の19thシングル「M」では、CREAとして初めて作曲を手掛け、ミリオンセラーを達成した。同年12月31日に、初のカウントダウンライブを開催。

2001年 - 2003年 A BEST発売 レコード大賞3連覇

2001年3月28日、自身初のベストアルバム『A BEST』を発売。宇多田ヒカルのアルバムとの同日発売で注目を集めた。 夏には東京大阪名古屋福岡の4大ドームツアーを行った。9月27日発売の24thシングル「Dearest」で日本レコード大賞受賞(以降2002年、2003年で史上初の3連覇を果たす)。前年に続いて史上初二年連続CD総売り上げ200億円を突破した。また9月にはTOKIO長瀬智也との交際が明らかになった。12月12日には『songnation』に参加し、小室哲哉の作曲、自身の作詞のもとアメリカ同時多発テロ事件チャリティシングル「a song is born」をglobeKEIKOとの共作でリリースした。

2002年には『タイム』誌アジア版3月25日号の表紙を飾り、第一回MTV ASIA AWARDSで特別名誉賞を受賞。2002年4月24日発売の26thシングル「Free & Easy」は雑誌『Free & Easy』とのコラボレーション企画であり、同時に雑誌の別刊『浜崎共和国』を発売する。

7月24日発売の27thシングル「H」が、日本のシングルCDの売り上げが全体的に低迷しはじめた2002年において唯一、オリコン日本レコード協会でのシングルミリオンセラーを記録した。9月26日発売の28thシングル「Voyage」に合わせて6年ぶりに女優として演じた短編映画『月に沈む』が公開。10月12日、初のレギュラー及び総合司会を務める番組『ayu ready?』がスタートした。

2003年3月12日発売のバラードベスト『A BALLADS』ではファン投票により選曲された。また、5thアルバム『RAINBOW』の初回盤購入者がインターネット上のみで聴くことができたインスト楽曲に、10万人以上のメッセージを読んだ、浜崎あゆみ自身が詞をつけて完成させた「RAINBOW」が収録された。10月、シングル30枚発売記念スペシャルライブ『A museum 〜30th single collection live〜』が行われた。12月17日、初のミニアルバム『Memorial address』を発売し、Bonus Track以外の収録曲全てに対しプロモーション・ビデオが作られるなど、この頃からプロモーション・ビデオの製作に力を入れるようになった。

2004年 - 2006年 エイベックスお家騒動 歌手業専念期

2004年3月20日、総合司会を務めていた番組『ayu ready?』の放送が終了。 この頃からCM等のキャラクターの多くを降板し、歌手業に専念している。7月末、エイベックスお家騒動が起こる(→諸騒動エイベックス参照)。2006年6月21日発売の40thシングル「BLUE BIRD」ではソロ歌手および女性ボーカルでは史上初のシングル総売上2,000万枚を達成する(総売上2,000万枚を達成しているのは他にB'zサザンオールスターズMr.ChildrenSMAPの4組のみ)。 この年のNHK紅白歌合戦では、11月29日に発売された8thアルバム『Secret』より「JEWEL」を選曲し、初めてアルバム曲を披露することになった。

2005年3月24日には、愛・地球博開会式第三部にて『a song is born』を披露した。

2007年 - 2009年 A BEST 2発売 歌手デビュー10周年

2007年2月28日、『A BEST 2 -BLACK-』『A BEST 2 WHITE-』が発売された。 オリコン・チャート1位および2位を初登場で独占。また、自身初のアジアツアー(香港、台湾、上海)が行われた。7月18日発売の41stシングル「glitter/fated」のDVDには香港の俳優・余文樂(ショーン・ユー)と共演したショートフィルムが収録。また、発売日直前の7月13日、長らく交際していた長瀬智也と破局した事を自身のファンクラブのブログで発表した。 12月5日には、初のデジタル・ダウンロード規格のみシングル「Together When...」を発表。

2008年4月8日にデビュー10周年記念を迎え、それを記念してシングル・コレクション・アルバム『A COMPLETE 〜ALL SINGLES〜』発売等、10周年記念の活動を行った。2009年3月25日発売の10thアルバム『NEXT LEVEL』では、日本人アーティストとしては初となるUSBメモリ形態を発売した。

2010年 - 2012年 50thシングル、結婚と離婚

2010年、シングル50枚目の発売に向けて、作曲者を槇原敬之や、デビュー曲「poker face」などの作曲を手がけた星野靖彦や、活動再開をしたばかりの小室哲哉を作曲として迎え、3作連続シングルリリースし、『ayumi hamasaki Rock'n'Roll Circus Tour FINAL 〜7days Special〜』と題して、代々木体育館で7日間ツアーファイナルを開催した。

8月28日より、日本のアーティストとしては初のデジタル3Dでのライブコンサート映画『A3D ayumi hamasaki ARENA TOUR 2009 A 〜NEXT LEVEL〜』が公開。12月22日には、浦田直也との共作Dream Onをリリース。浜崎が自分以外のアーティストの作品を手掛けるのはこれが初となった。

2011年1月1日、カウントダウンライブ終了直後、Twitterおよび自身のファンクラブのブログにて、オーストリア出身のモデル・俳優のマニュエル・シュワルツ[注 2]と結婚することを発表し[4][5]、同日、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスにて結婚式を挙げた[6][7][注 3]

しかし、2012年1月16日、ファンクラブのブログにてマニュエルとの離婚の意向を発表し、翌日、離婚申請し受理された[9][10]。同年8月8日、ベストアルバム『A SUMMER BEST』をリリース。このベストアルバムのリリースによりシングル、アルバムの総売上枚数が5000万枚を突破し、B'zMr.Childrenに続き、史上3組目、5年5か月ぶりの記録を達成した。また、総売上枚数が5000万枚を越えたのはソロアーティスト並びに女性アーティストとしては史上初の快挙である[11]

2013年 - 現在 歌手デビュー15周年、再婚

2013年4月8日にデビュー15周年を迎え、それを記念して、2012年11月8日から2013年3月8日までの毎月8日に5ヶ月連続でリリースを行った。また、同年にはデビュー15周年を記念して『ayumi hamasaki 15th Anniversary TOUR 〜A BEST LIVE〜』を開催した。同年12月12日、自身のファンクラブのブログにてロサンゼルス在住の男性と婚約を発表[12]。2014年3月3日、代理人として本人の母親が都内の区役所に婚姻届と米国の結婚証明書を提出した[13]

諸疾患

内耳性突発難聴

2000年、初のコンサートツアーの第二幕直前に多忙なスケジュールの積み重ね等の理由によって、左耳の疾患(内耳性突発難聴)を患い、一部公演を延期した。医者からは「すぐ治療にとりかかるべきだ」と告げられていたが、ツアーを強行した。後に左耳の聴覚が弱くなる後遺症を負ったことを公表した。その後も定期健診は受けるが、治療のための休養をとらなかった。そのため、2008年1月4日、自身のファンクラブのブログにおいて、以前から抱えていた左耳の疾患(内耳性突発難聴)が悪化し、2007年末頃には医者から「治療の術はない」と、左耳の聴覚が完全に失われ治らなくなったことを告白した。

その他

2008年12月24日、過労による貧血で高所から落下。右手に全治3週間の重傷を負い、出演予定だった音楽番組の出演を急遽辞退。その後の自身のカウントダウンライブや初のトップバッターで登場するNHK紅白歌合戦の出演も危ぶまれたが、緊急手術後、医者の条件付出演を行った[14]

2011年9月16日、滞在先の米国で急性咽頭炎を発症し、体調不良で帰国する航空機に搭乗できなかったため、生放送の音楽番組の出演を急遽取りやめた[15]。出演については意欲的であり、手配の際の心情を自身のTwitter及びファンクラブ公式ブログに書き込みをしている。「出演に間に合うまで各地の航空会社搭乗券を探している」という内容の発言等、謝罪をしている。

諸騒動

暴言騒動

2002年1月末、インターネット掲示板を発端として、ライブ会場で「浜崎あゆみが身障者の少女を罵倒した」という動画付きの噂が流れた。新聞報道にまで拡大し[16][17][18]、公式サイトやファンHPが荒らしに遭った。avexの会長兼社長(当時)の依田巽も声明文を発表。一方、本人の声明文でなかったことなどから大炎上に繋がる。雑誌『Free & Easy』とのコラボレーション雑誌『浜崎共和国』において「自分がデマを撒かれたことよりも、そのデマにファンが迷ったり辛い思いをしたのなら、その方がよっぽど辛い」とのコメントを発表している。なお、この事件の影響でこの年の『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2002 A』ではスポンサーがつかない事態となり(浜崎のライブでスポンサーがつかなかったのはこの時のみである)、2003年1月に発売された問題の『ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2001-2002 A』のDVDはアンコールの大部分が(ラストの「Endless Sorrow "gone with the wind ver."」以外)カットされている。なお、カウントダウンライブを行った国立代々木競技場での身体障害者用車椅子スペースは、緊急時すぐ避難できるよう、アリーナの左右入り口と指定されているため、暴言騒動となった「前列の障害者を罵倒」の信憑性はないと言える。また、DVDに収録されている終了際の浜崎あゆみのMCでは、浜崎自身の友達が本公演を見に来ていることを告げており、問題の動画は本公演での浜崎自身のMCを部分的に編集したものであることがわかる。

エイベックスお家騒動

2004年7月30日、当時エイベックス専務の松浦勝人は、会長であった依田巽と経営方針が決裂し別会社を設立することを表明した[19]。その直後、浜崎自身もマスコミに対し「彼の存続と共に浜崎あゆみの行方も決めさせて頂きたいと思っております。」と歌手デビューの際に世話になり自身のプロデューサーである松浦に追従し移籍する考えを明らかにした。当時、エイベックスの売り上げの40%を稼いでいた浜崎の表明が決定的な打撃となり、株は暴落、株主からの抗議が殺到し、また、エイベックス社内は混乱に陥った。8月3日、浜崎の表明を大きく受け、経営陣は方向転換を余儀なくされ、松浦は執行役員として復帰(後に社長就任)し、移籍の懸念等は解消された[20]。松浦と対立した依田は代表辞任に追い込まれた。このお家騒動を理由にこの年の日本レコード大賞など一連の賞レースを辞退し、以降賞レースからは距離を置くようになる。これについてはエイベックスグループの内紛劇(クーデター騒動)も参照されたい。

渋谷ゲリライベント

2009年4月7日午後3時ごろ「渋谷109」前のイベントスペースで自身の書籍宣伝を行った[21]。しかし、ゲリラであったにもかかわらず、数千人の見物客が集まり、その一部が車道にはみ出すなどして交通を混乱させた。その後、道路使用許可を取っていないことが発覚し、道路交通法違反の疑いで関係先が家宅捜索を受けた[22]。その後、所属事務所と広告代理店は、略式命令を出された[23]

作品

受賞記録

音楽賞
日本レコード大賞
日本ゴールドディスク大賞
  • アーティスト・オブ・ザイヤー(2001年、2002年、2004年)
日本有線大賞
  • 大賞(2001年、2002年)
全日本有線放送大賞ALL JAPANリクエストアワードベストヒット歌謡祭
  • グランプリ(2000年、2001年、2002年〈ポップス部門〉、2003年〈ポップス部門〉)
ワールド・ミュージック・アワード
  • Best-selling Artist/Japan(2001年、2005年)、Best-selling Artist/Asia(2002年)
  • Best Pops Singer/Japan(2003年)
その他の受賞
ベストドレッサー賞(2000年)
ベストジーニスト一般選出部門(2000年、2001年、2003年 - 2005年)
ネイルクィーン(2001年 - 2003年)殿堂入り
バービーアワード(2001年)第1回受賞

ライブ(イベント含む)

バックバンドメンバー
音楽監修:小林信吾
ドラム:浜崎大地
ベースエンリケ
ギター野村義男
キーボード:友成好宏、宮崎裕介
コーラス:山崎洋子、川村ゆみティム・ウェラード、miccie(元: 濱田美和子)

出演

テレビ

以下、浜崎くるみ名義

以下、浜崎 歩名義

以下、浜﨑あゆみ名義

NHK紅白歌合戦出場歴

出演順は「(紅組出演順)/(紅組出場者数)」で表す。

年/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1999年(平成11年)/第50回 Boys & Girls 14/27 野猿
2000年(平成12年)/第51回 2 SEASONS 15/28 L'Arc〜en〜Ciel
2001年(平成13年)/第52回 3 Dearest 14/27 ゴスペラーズ
2002年(平成14年)/第53回 4 Voyage 15/27 ポルノグラフィティ
2003年(平成15年)/第54回 5 No way to say 16/30 森山直太朗
2004年(平成16年)/第55回 6 Moments 18/28 ゴスペラーズ
2005年(平成17年)/第56回 7 fairyland 17/29 氷川きよし
2006年(平成18年)/第57回 8 JEWEL 16/27 スキマスイッチ
2007年(平成19年)/第58回 9 Together When... 18/27 槇原敬之
2008年(平成20年)/第59回 10 Mirrorcle World 1/26 布施明
2009年(平成21年)/第60回 11 Rule 1/25 EXILE
2010年(平成22年)/第61回 12 Virgin Road 1/22 EXILE
2011年(平成23年)/第62回 13 progress 1/25 NYC
2012年(平成24年)/第63回 14 2012 A SPECIAL メドレーAはロゴ表記)
「Dearest」「evolution」「SURREAL
1/25 NYC
2013年(平成25年)/第64回 15 INSPIRE 1/25 Sexy Zone

ラジオ

映画

以下、浜﨑あゆみ名義

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 都営地下鉄浅草線浅草駅のホームに掲示されているタレント養成所の広告には、加藤晴彦とともにこの頃の写真が掲載されていた。
  2. ^ 50thシングル「L」収録のウェディングソング「Virgin Road」を含む3部作のミュージックビデオで、共演。新聞記事などでは俳優と書かれているが、映画・テレビドラマへの出演実績は皆無である[3]
  3. ^ ただし、日本国内での婚姻手続きをしていなかったため、戸籍上は未婚のままであった[8]

出典

  1. ^ スーパーテレビ情報最前線 2000年
  2. ^ 雑誌「ロッキン・オン・ジャパン」2001年4月号より
  3. ^ IMDbの当該項目
  4. ^ 浜崎あゆみ Twitterで結婚を発表”. Twitter (2011年1月1日). 2011年1月1日閲覧。
  5. ^ 浜崎あゆみが電撃結婚! オーストリア人俳優と交際4ヶ月”. eltha. オリコン (2011年1月1日). 2014年3月4日閲覧。
  6. ^ 浜崎あゆみさん、ラスベガスで結婚”. 読売新聞 (2011年1月2日). 2011年1月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月2日閲覧。
  7. ^ 元旦挙式の浜崎あゆみ 「彼がわたしのLast Angel」”. 産経新聞 (2011年1月2日). 2011年1月2日閲覧。
  8. ^ “浜崎あゆみ、婚約者“お披露目” 米男性と手をつないでラブラブ帰国”. スポーツニッポン. (2013年12月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/16/kiji/K20131216007214690.html 
  9. ^ 浜崎あゆみさんの離婚が成立” (2012年1月17日). 2012年1月17日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ “浜崎あゆみ:離婚成立…結婚生活たった2カ月”. 毎日jp. 毎日新聞. (2012年1月18日). オリジナル2012年1月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20120119220220/mainichi.jp/enta/geinou/news/20120118spn00m200003000c.html 2014年3月4日閲覧。 
  11. ^ 浜崎あゆみ、ソロ初の総売上5000万枚超え「ファンのみんなの記録」”. オリコンスタイル. オリコン (2012年8月15日). 2014年3月4日閲覧。
  12. ^ 浜崎あゆみ、10歳年下米国人と“婚約” ハイテンションで幸せ報告”. eltha. オリコン (2013年12月13日). 2014年3月4日閲覧。
  13. ^ “浜崎あゆみが「ひな祭り婚」母が代理で婚姻届提出”. 東京スポーツ. (2014年3月3日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/240695/ 
  14. ^ 右手手術の浜崎あゆみ、カウントダウンライブ及びNHK紅白出場へ”. オリコンスタイル. オリコン (2008年12月29日). 2014年3月4日閲覧。
  15. ^ あゆ無念…咽頭炎で帰国困難、米国で静養 - デイリースポーツ 2011年9月16日
  16. ^ OP編原田 (2002年2月5日). “浜崎あゆみ ネット上の噂を否定”. OOPSニュース. 2008年11月9日閲覧。
  17. ^ 「浜崎あゆみ 差別発言 騒動で糸井重里氏がHPで代弁」サンケイスポーツ、2002年2月14日。
  18. ^ 「あゆ暴言」東京スポーツ、2002年2月25日。
  19. ^ “当社人事に関する重要なお知らせ(速報)” (プレスリリース), エイベックス, (2004年8月1日), http://www.avex.co.jp/j_site/press/2005/press040801.html 2008年11月9日閲覧。 [リンク切れ]
  20. ^ “辞任取締役の復帰に関するお知らせ” (プレスリリース), エイベックス, (2004年8月3日), http://www.avex.co.jp/j_site/press/2005/press040803.html 2008年11月9日閲覧。 [リンク切れ]
  21. ^ BARKS 浜崎あゆみが渋谷の街にぶらり登場、109前は武道館公演規模の人だかり”. 2010年8月9日閲覧。
  22. ^ スポニチ (2009年8月28日). “あゆ渋谷イベントで担当者ら11人書類送検”. 2010年8月9日閲覧。
  23. ^ スポニチ (2010年1月15日). “東京簡裁 あゆ事務所などに罰金5万円の略式命令”. 2010年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月9日閲覧。
  24. ^ 6月21日・22日公演は延期された。
  25. ^ この年のカウントダウンライブはツアーに含まれた。
  26. ^ 8月30日、31日公演のみ出演。
  27. ^ 50thシングル発売記念による再追加公演。
  28. ^ a b タイトル・曲目・演出等を一部変更した公演。
  29. ^ 後に発売されたDVDでは権利などの問題からか、別の声優のものと差し替えられている。

外部リンク