槇原敬之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
槇原 敬之
基本情報
出生名 槇原 範之[1]
別名 マッキー(Mackey)
出生 1969年5月18日(45歳)[2]
出身地 日本の旗 日本 大阪府高槻市[2]
血液型 O型
学歴 青山学院大学第二文学部英米文学科中退[要出典]
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター作詞家作曲家編曲家音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノキーボード
活動期間 1984年1990年 - 1999年2000年 -
レーベル Buppuレーベル(2010年 - )[3]
(過去のレーベルについてはレーベルの変遷を参照)
事務所 ワーズアンドミュージック
公式サイト MAKIHARANORIYUKI.COM
イエロー・マジック・オーケストラ大江千里
美輪明宏

槇原 敬之(まきはら のりゆき、1969年5月18日[2] - )は、日本シンガーソングライター作詞家作曲家編曲家。現在の所属レコード会社(レコードレーベル)はBuppuレーベル[3]。公式ファンクラブは「Smile Dog」である。身長176.2cm。未婚・独身。

オリジナル曲に関しては、ほぼ全曲の作詞作曲編曲を自身がこなす。楽曲制作については、「詞先(しせん)」と呼ばれる、詞を先に作る方法を多用する[4]

作詞の題材は、主に日常の生活に起こる出来事や恋愛模様であり、現実感のある言葉を用いた表現が選ばれることが多い。反対に観念的表現が直接的に用いられることは少ない[4]。楽曲の作風について、特に初期の作品では、恋愛における男性の幼さ、弱さをアイロニックに表現するような歌詞に独自の特色が見られた[要出典]。近年では、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」や「僕が一番欲しかったもの」など、生きることや人のアイデンティティについて深く掘り下げた作品(本人が言うところの「ライフソング」)を発表している。

人物[編集]

大阪府立春日丘高等学校卒業後、青山学院大学文学部第二部英米文学科中退[要出典]。大の愛犬家で、2014年1月現在はフレンチ・ブルドッグを5匹、パグを1匹飼っている[5] 大阪出身ながら広島カープファン[6]

来歴[編集]

1984年
  • 高校在学中の16歳時、坂本龍一が当時担当していたNHK-FM放送の番組『サウンドストリート』のデモテープコーナーに、アーティスト名「C・M・C」(コンプレッサーズ・ミュージック・クラブ)として「HALF」という楽曲を応募する。楽曲を聴いた坂本から「良いバランスで仕上がっている。言う事なし」と絶賛を得て、番組では異例のフルコーラスが放送された。同曲は、その後、同企画での優秀作品をまとめたコンピレーション・アルバム『Demo Tape-1』(MIDI)に収録された[4]
    • 同曲を制作したアーティスト「C・M・C」は実質槇原の1人ユニットであり、『Demo Tape-1』のライナーノーツにも、「作詞・作曲・歌・演奏-槇原敬之」とクレジットされている。
    • 同曲のレコーディングミキシングエンジニアを担当していた沢田知久は、中学校当時から槇原の親友であり、槇原のメジャーデビュー後にも彼の楽曲制作にエンジニアとして参加したり、音楽雑誌のインタビュー記事に2人一緒に掲載されたこともある[要出典]
1990年
1991年
1992年
1993年
  • 9月1日 - 8thシングル『No.1』をリリース。KDD「ゼロゼロイチバン」のCMソングとなり、オリコン1位達成。60万枚を売り上げる。
  • 10月31日 - 4thアルバム、『SELF PORTRAIT』をリリース。初登場1位を記録。ミリオン達成。
1994年
  • 8月25日 - 12thシングルTBS系ドラマ「男嫌い」主題歌『SPY』をリリース。オリコン1位を記録し、80万枚を売り上げる。
  • 10月25日 - 5thアルバム、『PHARMACY』をリリース。ミリオンには届かなかったものの、初登場1位を記録。
  • 11月25日 - 翌年4月まで続く自身最大規模のコンサートツアー「WELCOME TO MY PHARMACY」開催。全国30カ所56公演で、約15万人を動員。
1995年
  • 上記のコンサートツアー終了後、喉にポリープが発覚し、入院。
1996年
1997年
1997年
  • 3月 - 『SMILING” ~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA~』が、98年ゴールドディスク大賞ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。
  • 4月15日 - 初のアリーナツアー「GEORGIA PRESENTS 槇原敬之 CONCERT TOUR '98“It's a LOVELY PLACE !”~春だ!桜だ!マキハラ君祭り!!~」開催。 4月30日まで全国5カ所、7公演を行う。
1999年
  • 7月7日 - 9thアルバム『Cicada』をリリース。
  • 8月26日 - 覚せい剤所持が発覚。情報を得て内偵中だった警視庁本富士警察署の捜索を受けた際、自宅から発見され、覚せい剤取締法違反(所持)現行犯で逮捕される[8]。本人は300万円の保釈金によって保釈[9]、その後に執行猶予付きの有罪判決を受けた(懲役1年6月、執行猶予3年)。逮捕のため9月から予定されていたコンサートツアーの中止やCDが発売元のレコード会社によって店頭から回収される動きがあり[10]、このときファンが買いに走ったために、過去の作品の売上が伸びるという現象が起こった[11]
  • 9月3日 - MDMA所持が発覚。
2000年
  • 以前所属していたワーナーミュージック・ジャパンに復帰移籍する。
  • 11月 - 10thアルバム『太陽』で活動再開。
2001年
2002年
2003年
2004年
2006年
  • 3月 - 同年2月22日に発売した14thアルバム『LIFE IN DOWNTOWN』の売り上げで、アルバム総売上枚数が井上陽水を抜き、男性ソロ歴代1位となる。
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

所属レーベル[編集]

  1. WEA MUSIC(1990年 - 1992年)
  2. ワーナーミュージック・ジャパン(1993年 - 1995年)(社内レーベル移籍)
    • River Way(1996年)(ワーナー内プライベートレーベル)
  3. ソニー・ミュージックレコーズ(1997年 - 1998年)
    • SME Records(1998年 - 1999年)(社内レーベル移籍)
  4. ワーナーミュージック・ジャパン(2000年 - 2003年)
  5. 東芝EMI(現:EMIミュージックジャパン)(2004年 - 2006年)
  6. J-moreエイベックス)(2007年 - 2010年)
  7. Buppuレーベル(2010年 - )(個人レーベル)[3]

松本零士との裁判[編集]

2006年10月、CHEMISTRYに提供した『約束の場所』の歌詞の一部に対し、漫画家の松本零士が「『銀河鉄道999』内のセリフを盗用された」と主張。 2007年3月22日に、槇原敬之が東京地方裁判所に、著作権侵害不存在確認等請求を起こし、盗作である証拠が示せなかった場合は損害賠償を請求した。その後、12月26日に東京地裁は、松本零士の槇原敬之への名誉毀損を認め損害賠償を命ずる判決を下した[12]が、双方とも控訴。最終的に、松本零士が「槇原さんの社会的な評価に相当な影響を与えた」と陳謝することで和解した[13][14][15]

ディスコグラフィ[編集]

現在、シングルは『Fall』(2014年11月19日発売)が最新で45枚目。アルバムはオリジナルアルバム『Dawn Over the Clover Field』(2012年12月19日発売)が最新で19枚目。その他にもベスト・アルバムが12枚、カバーアルバムが3枚、ライブアルバムが4枚などがある。

出演番組[編集]

レギュラー
テレビ
ラジオ
過去
テレビ
ラジオ
その他
  • 21ヶ月〜シンガーソングライター槇原敬之の時間が止まった時(TOKYO FM、2001年5月30日)- 1999年の逮捕後初めて、公の場でその前後のことを自ら語る。平成13年度日本民間放送連盟賞参加作品・優秀賞受賞。
  • FNS地球特捜隊ダイバスター63 - 67話(フジテレビ、2007年放送) - 新隊員「M.ノリユキ」役で声の出演
  • 世界癒しの旅シリーズ 槇原敬之 アイルランド音楽紀行(TBSチャンネル、2012年放送。プロデューサー : 矢島公紀 TBSオンデマンド等で配信されている。2014年2月19日にDVDで発売。)
  • 世界癒しの旅シリーズ 槇原敬之 アンダルシア音楽紀行(TBSチャンネル、2013年8月25日放送。プロデューサー : 矢島公紀 TBSオンデマンド等で配信されている。2014年2月28日にDVDで発売。)
  • 世界癒しの旅シリーズ 槇原敬之 イタリア音楽紀行(TBSチャンネル、2014年8月31日放送予定。プロデューサー : 矢島公紀)
  • 亀田音楽専門学校NHK、2013年11月14日、11月21日) - ゲスト講師

CM[編集]

他者への提供楽曲[編集]

提供作品 作詞 作曲 編曲 セルフカバー
(収録アルバム)
ほんとは、ね… 松下里美 木下鉄丸[16] 木下鉄丸 門倉聡 ×
Name Of Love 寺西一雄 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(Cicada)
待ってたぜBABY![17] Thunder Babies 槇原敬之&Thunder Babies 槇原敬之 槇原敬之 ×
15分 坂本美雨 坂本美雨 槇原敬之 槇原敬之 ×
世界に一つだけの花 SMAP 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之
門倉聡(Single ver. ストリングスアレンジ)
上杉洋史(organ ver.)
○(EXPLORER)
さよなら小さな街 野宮真貴 槇原敬之 槇原敬之 コモエスタ八重樫×パラダイス山元 ○(本日ハ晴天ナリ)
THE GIFT(ギフト) Blue   槇原敬之   ○(EXPLORERなど)
(邦題:「僕が一番欲しかったもの」)
Boy,I'm Gonna Try So Hard 鈴木雅之 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(EXPLORER)
Gazer 鈴木雅之 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(Single「ほんの少しだけ」C/W)
ハトマメ
〜Say Hello To The World.〜
The Students 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(EXPLORER)
チキンライス 浜田雅功と槇原敬之 松本人志 槇原敬之 槇原敬之 ○(LIFE IN DOWNTOWN)
HAHAHA〜エルモのテーマ〜 エルモ松本健太 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ×
トマト 渡辺美里 槇原敬之 槇原敬之 有賀啓雄 ×
約束の場所[18] CHEMISTRY 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之
村田陽一(吹奏楽アレンジ)
○(テレビ・コンサートのみ)
CHEMISTRYとフジテレビ番組で歌唱
2009年クリスマスコンサートで歌唱
フルサト 夏川りみ 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(不安の中に手を突っ込んで)
LAUGH! LAUGH! LAUGH! LIVE STAND 07公式テーマソング 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(YEAH♪♪ 〜YOSHIMOTO COVER&BEST〜)
悲しみの帳 小林幸子 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ×
僕の今いる夜は M &THE RADIODOGS 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(Personal Soundtracks)
Chocolats et Sweets クレモンティーヌ 槇原敬之(フランス語詩:クレモンティーヌ) 槇原敬之   ○(Personal Soundtracks)
着メロ 藤井フミヤ 槇原敬之 槇原敬之 佐橋佳幸 ○(コンサートのみ)2009年クリスマスコンサートで歌唱
かみさまでもえらべない。 Early Morning 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(コンサートのみ)2009年クリスマスコンサートで歌唱
Love & Peace Inside? SMAP 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ×
Sweet Season 浜崎あゆみ 浜崎あゆみ 槇原敬之 小林信吾 ×
Jewell In Our Hearts ニック・カーター 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 ○(Heart to Heart)
THE CODE〜暗号〜 鈴木雅之 槇原敬之 槇原敬之 ○(テレビ・コンサートのみ)
鈴木雅之とライブで歌唱

他者作品への編曲参加等[編集]

アーティスト 曲名 作詞/作曲 収録アルバム 参加形態 備考
川崎真理子 失恋はつかれる 川崎真理子 GIRL'S TALK 編曲 木下鉄丸 名義
カズン 冬のファンタジー カズン、小林和子 ラブ&スマイル コーラス クレジットなし
川崎真理子 がんばってたりしてて
Driving Lazy Lady
キスをしなくてよかった"I've been loving you"
すきになっただけ"Love is Simple"
もっと落ちついて
OK "ピースサインができればOK"
川崎真理子 OK (川崎真理子のアルバム) 編曲  
矢野顕子 クリームシチュー[19] 糸井重里/矢野顕子 Oui Oui 編曲  
大貫妙子 Wonderland
大貫妙子 note コーラス  
吉田美奈子 ENCOUNTER 吉田美奈子 Stable コーラス  
矢野顕子&坂本美雨 くまんばちがとんできた 糸井重里/矢野顕子 シングル 編曲 クレジットなし
矢野顕子 自転車でおいで 糸井重里/矢野顕子 はじめてのやのあきこ ゲスト・ボーカル  
鈴木雅之 ランナウェイ(Brand New Soul Version) 湯川れい子/井上大輔 Martini Blend 編曲  
HOME MADE 家族 You'll be alright with 槇原敬之 クロ,MICRO,U-ICHI/クロ,MICRO サルビアのつぼみ C/W コーラス  
古内東子 誰より好きなのに feat. 槇原敬之 古内東子 and then... ~20th anniversary BEST~ ゲスト・ボーカル  

主な他アーティストによるカバー作品[編集]

曲名 オリジナル収録アルバム アーティスト 編曲 備考
ANSWER 君が笑うとき君の胸が痛まないように コブクロ ALL COVERS BEST
We Love Mackey』に収録
どんなときも。 君は誰と幸せなあくびをしますか。 綾戸智絵 綾戸智絵 英語歌詞でのカバー
加藤いづみ    
スコット・マーフィー    
今井ゆうぞう 加藤実 カバーアルバム『君と歩いた時間』に収録
  カバーアルバム『LIGHTS
キマグレン GIRA MUNDO 『We Love Mackey』に収録
くもりガラスの夏 君は僕の宝物 レオン・ライ(黎明) Richard Yuen 『歡笑末世紀』のタイトル・広東語歌詞でのカバー
もう恋なんてしない 君は僕の宝物 SMOOTH ACE TEAM SMOOTH ACE  
AAA 華原大輔  
JUJU 武部聡志 『We Love Mackey』に収録
Kai Punnipha   『Sayonara』のタイトル・タイ語歌詞でのカバー
雷が鳴る前に 君は僕の宝物 矢野顕子 矢野顕子 Home Girl Journey』に収録
遠く遠く 君は僕の宝物 Soma Soma オムニバスアルバム
『Essence of life "love" 』に収録
SOTTE BOSSE   『innocent view』、
コンピレーション・アルバム
『DRIVIN' J-POP for love & joy』に収録
TRIPLANE 『リバーシブル』に収録
さかいゆう 『We Love Mackey』に収録
EXILE (Vocal:TAKAHIRO, NESMITH, SHOKICHI) 中野雄太 アルバム『願いの塔』(Cover Album「EXILE COVER」)に収録
冬がはじまるよ 君は僕の宝物 Every Little Thing Masafumi
“Massy”Hayashi(林真史)
& Every Little Thing
槇原がコーラスで参加
かりゆし58 『We Love Mackey』に収録
北風 〜君にとどきますように〜 ※オリジナルアルバム未収録 miwa 武部聡志 『We Love Mackey』に収録
彼女の恋人 SELF PORTRAIT
(ALBUM VERSION)
秦基博 『We Love Mackey』に収録
雪に願いを SELF PORTRAIT クレモンティーヌ   『雪に願いを〜トゥインクル・トゥインクル』の
タイトル・フランス語詞
SPY PHARMACY 寺西一雄 槇原敬之 シングル『Name Of Love』c/w
一青窈 feat. SOIL &“PIMP” SESSIONS SOIL &“PIMP” SESSIONS 『We Love Mackey』に収録
花水木 PHARMACY A・cappellers 小倉博和 槇原がコーラス、
シンセ・ベースで参加
今年の冬 PHARMACY 松本英子 武部聡志 槇原がコーラスで参加
岩崎宏美 青柳誠  
PENGUIN UNDERWEAR 中村中 中村中 『We Love Mackey』に収録
どうしようもない僕に天使が降りてきた UNDERWEAR 藤井フミヤ 有賀啓雄 『We Love Mackey』に収録
うん UNDERWEAR ゴスペラーズ 武部聡志 『We Love Mackey』に収録
LOVE LETTER UNDERWEAR 河口恭吾 佐橋佳幸  
素直 Such a Lovely Place
(Album Version)
福原美穂 武部聡志 『We Love Mackey』に収録
僕が一番欲しかったもの EXPLORER K 河野圭 『We Love Mackey』に収録
僕の今いる夜は Personal Soundtracks 秦基博 武部聡志 『僕の今いる夜は with 槇原敬之』の
タイトル曲。槇原がコーラスで参加
桜坂 君が笑うとき君の胸が痛まないように ジェロ COVERS 4』に収録
Anywhere 悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。 川畑要 half moon feat. 鈴木雅之』(通常盤)に収録

他に、『Noriyuki Makihara Songs from L.A.』『Noriyuki Makihara Songs from N.Y.』で「ANSWER」など多数の曲が英語でカバーされている。

主なサポートミュージシャン(レコーディングを含む)[編集]

その他参加作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ スポニチ. “スポニチタレント名艦”. 2008年9月28日閲覧。
  2. ^ a b c [1] TOWER RECORDS
  3. ^ a b c d ワーズアンドミュージック、槇原敬之. “独自レーベル「Buppu レーベル」設立のお知らせ”. 2010年11月30日閲覧。
  4. ^ a b c 別冊宝島1186号 『音楽誌が書かないJポップ批評38~槇原敬之 マジカル・ヒストリー探検!』(宝島社 2005年8月26日) ISBN 978-4796647861
  5. ^ 槇原敬之と7匹の犬、そしてひとつの星
  6. ^ “カープファンの槇原敬之がマツダスタジアムで始球式”. 東京スポーツ. (2014年5月11日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/265199/ 
  7. ^ 【1991年7月】どんなときも。/槇原敬之 人生の応援歌は自らを励ます歌だった 2011年7月2日 スポニチ
  8. ^ 逮捕当時に所属していたソニー・ミュージックエンタテインメントのHPに掲載されている謝罪文
  9. ^ 日刊スポーツ 1999年9月25日 『覚せい剤取締法違反容疑の罪で起訴されている槙原敬之被告 300万円で保釈』
  10. ^ CD全商品回収についてのコメント
  11. ^ 産経新聞』 1999年9月9日 東京朝刊 「『槙原ソング』駆け込み人気 覚せい剤で逮捕でCD生産中止に」
  12. ^ 東京地方裁判所. “平成19(ワ)4156 著作権侵害不存在確認等請求事件”. 2010年11月30日閲覧。
  13. ^ 裁判和解に関するお知らせ 2009年11月26日
  14. ^ 槇原敬之さんと松本零士さんが和解 2009年11月27日 J-CASTニュース
  15. ^ 銀河鉄道999訴訟 松本さんが槇原さんに陳謝で和解 2009年11月26日19時32分 朝日新聞
  16. ^ 木下鉄丸は槇原が初期に楽曲提供の際に使っていたペンネームである
  17. ^ アルバム『Cicada』初回限定盤付属の8cmシングルCDに収録。
  18. ^ #松本零士との裁判参照
  19. ^ JFN『槇原敬之のClose to you』にて一度だけ槇原の歌唱版が流れるが未発売[要出典]

外部リンク[編集]

過去に所属したレーベルサイト