第26回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第26回日本レコード大賞(だい26かいにほんレコードたいしょう)は、1984年昭和59年)12月31日帝国劇場で行われた、26回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第26回の大賞は、五木ひろしの「長良川艶歌」に決定した。五木ひろしは11年ぶり2度目の受賞。演歌歌手の受賞は第24回(1982年)から3年連続。なお、大賞の発表は、前年までの司会だった高橋圭三(この年から審査員の一員に加わる)が行った。これが高橋にとって最後のレコード大賞発表となった。

惜しくも次点は中森明菜の「北ウイング」だった。3連覇を狙った前年第25回の大賞受賞者の細川たかしは最優秀歌唱賞となった。

この年を最後に引退した都はるみに特別大衆賞を授与した(6年後に歌手復帰する)。

帝国劇場で開催されるのは最後となった。

視聴率は2.3P下落の30.4%。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

  • 五木ひろし「長良川艶歌」

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

アルバム大賞[編集]

特別大衆賞[編集]

  • 都はるみ

最優秀スター賞[編集]

金賞(大賞ノミネート作品)[編集]

松田聖子とチェッカーズは金賞に授賞式を欠席。

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

菊池桃子はサイパンにて仕事の為授賞式を欠席。

優秀アルバム賞[編集]

作曲賞[編集]

  • 玉置浩二「ワインレッドの心」(歌・安全地帯)

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

  • 東京音楽出版(株)「東京かくれんぼ」「東京たずね人」「東京めぐり愛」三部作
  • 日本コロムビア(株)/(株)ディスコ「東京かくれんぼ」「東京たずね人」「東京めぐり愛」三部作
  • (株)フォーライフレコード「もしも明日が」「めだかの兄弟」
  • 日本コロムビア(株)「流氷よ哭け母の歳月」

功労賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:斎藤正人
  • 演出:五十嵐衛
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 音楽:長洲忠彦
  • 指揮:長洲忠彦
  • 演奏:岡本章生とゲイスターズ、高橋達也と東京ユニオン、ベストアンサンブル
  • 製作著作:TBS
  • 主催:日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]