第49回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第49回日本レコード大賞
受賞対象 音楽
主催 社団法人 日本作曲家協会
日本レコード大賞制定委員会
日本レコード大賞実行委員会
司会 堺正章
蛯原友里
押切もえ
開催日 2007年12月30日 (2007-12-30)
日本の旗 日本
授賞式会場 新国立劇場中劇場
最新受賞者 コブクロ
テレビ放送
放送局 TBSテレビ
放送時間 日曜日18:30 - 21:54
視聴率 16.8%
 < 第48回 日本レコード大賞 第50回
テンプレートを表示

第49回日本レコード大賞(だい49かいにほんレコードたいしょう)は、2007年平成19年)12月30日新国立劇場中劇場で行われた、49回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第49回の大賞は、コブクロの「(つぼみ)」に決定した。コブクロは初の受賞。男性デュオとしては史上初。

最優秀歌唱賞にEXILEが選ばれた。グループへの最優秀歌唱賞は史上初。

最優秀新人賞には℃-uteが選ばれたものの、受賞のステージには出演できなかった[1]。そのため、代理として作詞・作曲・プロデュースを務めたつんく♂が賞を受け取り、楽屋に待機していたメンバーを訪問して喜びの声を聞く演出が取られた。なお、つんく♂はシャ乱Qとしても「ズルい女」を披露していた。

この年のオリコン年間シングルチャート1位だった秋川雅史の「千の風になって」(2006年5月発売)は、大賞候補となる金賞ではなく、特別賞を受賞した。第24回(1982年)の岩崎宏美「聖母たちのララバイ」などと同様に原詩が日本語でなかったことや、発売が前年5月で今回の金賞審査対象から外れていたこと[2]などが理由として挙げられる。

前回(2006年)、1日早めて行われた『第48回日本レコード大賞』が高視聴率をマーク。このため、2007年の第49回も12月30日に授賞式が行われることになった。視聴率は16.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)で、前年の48回より0.2P下がったものの、ほぼ前年並みとなった。ちなみにこの時間帯の首位は18.0%で、日本テレビの「おとなの学力検定スペシャル小学校教科書クイズ!」であった。

関西地区のMBSは20.0%(19:00~21:54の部)。

司会[編集]

12月14日の会見で発表。全員前回からの続投。

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

金賞(大賞、最優秀歌唱賞ノミネート作品)[編集]

新人賞(最優秀新人賞ノミネート)[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

特別賞[編集]

企画賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

日本作曲家協会奨励賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • ナレーション:ケイ・グラント
  • 構成:樋口弘樹、あべ
  • 取材:三好千春、川上共子、板垣寿美
  • 監修:小西良太郎
  • TM:箸透(新国立劇場)
  • TP:小林敏之(新国立劇場)
  • TD:長谷川晃司・荒木健一(新国立劇場)、福田俊夫(新国立劇場・外)、伊東修(OAサブ)
  • カメラ:藤田栄治(新国立劇場)、鈴木康雄(新国立劇場・外)
  • VE:伊藤賢一(新国立劇場)、岩佐博(新国立劇場・外)、高橋康弘(OAサブ)
  • 照明:松本修一・高橋章(新国立劇場)、佐藤友泰(新国立劇場・外)
  • 音声:菅原正巳・寿田道陽(新国立劇場)、武田聡之(新国立劇場・外)、川島雅裕(OAサブ)
  • PA:池戸和幸・小暮倫見(新国立劇場)
  • 音効:岡本智宏(新国立劇場)、半藤徹・山下祐司(OAサブ)
  • プロンプター:テイクシステムズ
  • 美術プロデューサー:飯田稔
  • 美術デザイナー:中西忠司
  • 美術制作:長谷川隆之
  • 装置:成本活明
  • メカシステム:庄子泰広
  • 電飾:真鍋明
  • LEDグラフィックス:市川元信
  • 装飾:野呂利勝
  • 植木装飾:小林正和
  • 花装飾:安藤紀子
  • アクリル装飾:渡邊卓也
  • 特殊効果:矢島克祐、高橋一男
  • 楽器:高井啓光
  • 衣裳:軽石真央
  • 持道具:貞中照美
  • 化粧:惣門亜希子
  • テクニカルCG:森享大、藤井晶之、MTPlanning
  • 回線:穴澤毅
  • MA:藤本大
  • 編集:藤森唯史、大江剛史、水澤望
  • TK:長谷川道子、葛貫明子、野村佳乃子
  • 公開:廣中信行
  • VTR担当:斉藤慶一郎、清宮嘉浩、渡部亮
  • AP:鹿渡弘子、神田祐子
  • 演出スタッフ:熊倉哲央、近藤尚、岩佐実季、小関美保子、堅木絢/永岡浩紹
  • 演出:吉田裕二西川永哲
  • 舞台監督:岡本慎吾/田辺和弘
  • チーフプロデューサー:利根川展
  • プロデューサー:片山剛服部英司
  • 総合演出:平賀渉
  • 映像協力:フジテレビ721(現・フジテレビTWO)、瀬戸内海放送
  • 楽器協力:ローランド
  • 技術協力:東通ティ・エル・シーエヌ・エス・ティーTAMCO、ティ・アール・シー、赤坂ビデオセンター、ダブルビジョン、ウィッシュ、PRG、SJP、MTPlanning、テクト
  • 協力:新国立劇場運営財団
  • 制作協力:BMC
  • 制作:TBSテレビ
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ メンバーの平均年齢が出演時に13.5歳。児童福祉法や労働基準法の規定やテレビ局での18歳未満の21時以降の出演自主規制による
  2. ^ 「CD売り上げ1位秋川雅史なぜレコ大を受賞できない?」 週刊朝日 2007年12月7日号。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]