立木義浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

立木 義浩(たつき よしひろ、1937年10月25日 - )は日本の写真家徳島県徳島市出身。東京写真短期大学卒業。女優写真の第一人者。

来歴・人物[編集]

NHKの朝の連続テレビ小説なっちゃんの写真館』のモデルとなった立木写真館3代目・立木香都子の次男として、徳島市に生まれる。同じく写真家の立木三朗は弟である。

1958年東京写真短期大学(現・東京工芸大学)を卒業。写真館の営業の後継者としての仕事を措いて、「アドセンター」設立と同時に、フォトグラファーとして参加。

1965年4月、結婚[1]

1969年にフリーフォトグラファーとなり、以後、広告雑誌出版映像など幅広い分野で活動する。

1980年山口百恵自叙伝『蒼い時』の写真を担当する。

2013年日本共産党委員長志位和夫のポスター写真を撮影[2]

写真集[編集]

  • 『イヴたち』(サンケイ新聞社出版局/1970)
  • 『私生活 加賀まりこ』(毎日新聞社/1971.6)
  • 『GIRL』(中央公論社/1971)
  • 『筑摩フォト・ギャラリー6』(筑摩書房/1971)
  • 『女と男 今様春画』(アド・アンゲン/1972)※立木義浩+加納典明一村哲也の共作
  • 『Erotica Larotica』(話の特集/1972)※石版画=デイナ・ラロ
  • 『太陽の詩』(潮出版社/1974)
  • 『大いなる太陽』(潮出版/1975)
  • 『太陽との出会い』(潮出版/1976)
  • 『マイ・アメリカ』(集英社/1980.10)
  • 『マイ・アメリカ』(集英社/1982.4)
  • 『細雪の女たち』(新潮社/1983.4)
  • 『最高の気分で』(ワニブックス/1983.5)
  • 『変身』(竹書房/1983.12)
  • 小柳ルミ子写真集』(集英社/1983.12)
  • 『花気色』(集英社/1985.10)
  • 『Night on fire! 浅野ゆう子写真集』(集英社/1987.1)※原作=大沢在昌
  • 『未来架橋 瀬戸大橋写真集』(四国新聞社/1988.3)※詩=大岡信
  • 『驚異の小宇宙・人体. 別巻 2』NHK取材班(日本放送出版協会/1990.2)
  • 『家族の肖像』(文芸春秋/1990.9)
  • 『平成の福助』(マガジンハウス/1992.3)
  • 『大病人の大現場』(集英社/1993.5)
  • 『原久美子写真集』(スコラ/1994.2)
  • 『ナチュラル・ウーマン』(ベストセラーズ/1994.10)
  • 『Nudeum』(ブックマン社/1994.11)
  • 『親と子の情景』(毎日新聞社/1996.7)
  • 菊池麻衣子写真集』(集英社/1997.6)
  • 『シェイプス』(英知出版/1997.7)
  • 『Gallant』(ぶんか社/1997.12)
  • 『立木義浩の世界』(JCIIフォトサロン/1998.3)
  • 『東寺』(集英社/1998.9)
  • 『親と子の情景. 2』(毎日新聞社/1998.9)
  • 『東寺』(ソシム/1999.1)
  • 『コミュニケーション』(集英社インターナショナル/2003.6)
  • 『Asian gigolo』(ミリオン出版/2003.7)
  • 『六條華写真集』(朝日出版社/2003.10)
  • 『人間列島』(JCIIフォトサロン/2006.1)
  • 『風の写心気』(日本写真企画/2006.4)
  • 『世界遺産東寺』(インデックス/2007.8)※文=柳澤桂子
  • 『ありふれた景色』(ピエ・ブックス/2007.11)
  • 『風の写心気 立木義浩写真展』(JCIIフォトサロン/2010.1)※編集=本橋正義安中瑠奈
  • 『REBORN』(講談社/2010.11)

テレビ出演[編集]

CM出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『アンアン』3号(1970年4月20日号、平凡出版)、p25
  2. ^ 高木桂一 (2013年5月5日). “山口百恵さんと共産・志位委員長の意外な“接点”とは”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130505/stt13050507000002-n1.htm 2013年5月9日閲覧。