第32回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第32回日本レコード大賞(だい32かいにほんレコードたいしょう)は、1990年平成2年)12月31日日本武道館で行われた、32回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第32回から各賞がポップス・ロック部門と歌謡曲・演歌部門に分かれることになった。これは裏番組第41回NHK紅白歌合戦』への対抗策である(当該番組の項を参照)。

第32回ポップス・ロック部門の大賞は、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」エンディングテーマ曲として国民的大ヒットしたB.B.クイーンズの「おどるポンポコリン」に決定した。B.B.クイーンズは初の受賞、ビーイングにとっても初の受賞となった。オリコン年間シングルチャート1位の楽曲の受賞は第30回(1988年)以来2年ぶり。

歌謡曲・演歌部門の大賞は、堀内孝雄の「恋唄綴り」に決定した。堀内孝雄は初の受賞。

視聴率は更に1.5P下落の12.5%に落ち込む。

TBSの旧ロゴマークが使用された最後のレコード大賞となった。また、この年開局のチューリップテレビがネット局に加入している。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧(ポップス・ロック部門)[編集]

日本レコード大賞[編集]

  • B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」

最優秀ポップス・ボーカル賞[編集]

最優秀ロック・ボーカル賞[編集]

最優秀ポップス・新人賞[編集]

最優秀ロック・新人賞[編集]

アルバム大賞[編集]

ポップス・ゴールド・ディスク賞[編集]

  • B.B.クイーンズ「おどるポンポコリン」

ロック・ゴールド・ディスク賞[編集]

  • サザンオールスターズ「真夏の果実」

優秀アルバム賞[編集]

最優秀アルバム・ニュー・アーティスト賞[編集]

特別賞[編集]

作曲賞[編集]

  • 桑田佳祐「真夏の果実」(歌・サザンオールスターズ)

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

企画賞[編集]

  • 作曲・編曲・指揮・演奏/服部克久による音楽畑(1~7のシリーズ)
  • 演奏/G-クレフによる五右衛門
  • 谷村新司の歌唱によるヨーロッパ三部作(PRICE OF LOVEを含む)

外国アーティスト賞[編集]

受賞作品・受賞者一覧(歌謡曲・演歌部門)[編集]

日本レコード大賞[編集]

  • 堀内孝雄「恋唄綴り」

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀歌謡曲新人賞[編集]

最優秀演歌新人賞[編集]

アルバム大賞[編集]

歌謡曲ゴールド・ディスク賞[編集]

  • 堀内孝雄「恋唄綴り」

演歌ゴールド・ディスク賞[編集]

優秀アルバム賞[編集]

  • 堀内孝雄「FIRST」 
  • 桂銀淑「真夜中のシャワー」
  • 青江三奈「レディ・ブルース」

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

  • 若草恵「愛されてセレナーデ」(歌・ヤン・スギョン)

作詩賞[編集]

企画賞[編集]

功労賞[編集]

特別功労賞[編集]

特別賞[編集]

美空ひばり賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:
  • 演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 音楽:小野寺忠和
  • 指揮:小野寺忠和
  • 演奏:岡本章生とゲイスターズ、ベストアンサンブル
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ 和田は紅白の紅組司会経験者でもある。
  2. ^ NHK内で紅白がある中、裏番組である『レコード大賞』の司会に就任した和田を落選させるべきとの声も上がったという(合田道人『紅白歌合戦の真実』、293頁)。なお本番組終了後(こちらは22:30で放映終了)にNHKホールに駆け付けた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]