第35回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第35回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1984年12月31日(NHK紅白歌合戦第35回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第35回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1984年12月31日
放送時間 1984年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第35回NHK紅白歌合戦』(だいさんじゅうごかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、1984年昭和59年)12月31日NHKホールで行われた、通算35回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • この年5月12日よりNHKが放送衛星ゆり2号a」によるアナログ試験放送を開始、BSのアンテナとチューナーさえあれば山間部や島部の難視聴地帯でも生放送で視聴出来るようになった[1]
  • 両軍司会は森光子鈴木健二(2年連続)が担当。光子は1978年第29回以来6年ぶり3回目の紅組司会担当。当時64歳の光子は紅白司会者の最年長記録を打ち立てた。
  • 前回の実績から鈴木の白組司会続投は早々に決定。対する紅組司会についても、鈴木とのバランス(トーク技術)から当初はここ4年間の担当者だった黒柳徹子の続投でほぼ決まりかけていた。しかし、この年9月に黒柳が「もう今年が引き時では」と辞退を申し入れる。結局、紅組司会はこの年紫綬褒章を受賞し、黒柳とも親交がある光子に交代となった[2]
  • 黒柳の辞退表明後、「鈴木とコンビを組める人物は司会経験者のベテランでなければならない」として黒柳が連続司会を始める前年の紅組司会で、本紅白を以って引退する都はるみと同期の水前寺清子の再起用を番組側は検討したという。そんな中、光子の紫綬褒章受賞のニュースが入り、話題性・実績・歌手からの信頼感・過去2回の紅組司会経験から彼女の起用を決めた。前回の黒柳が鈴木より年下であるのに対し、光子は鈴木より9歳上であり、年上女性を気配る優しい姿の鈴木が見られるのではとの思いもあったという[3]。その他、都が紅組司会を務めるとの報道もあった[4]
  • 司会発表会見で光子・鈴木は当時流行中だった国鉄のキャンペーン「フルムーン」をもじった「ゴールデンムーンコンビ」と紹介される。鈴木が「森さんが紫綬褒章なら、私は重要無形(無毛)文化財」と述べ頭に手をやるというパフォーマンスをした[5]
  • 前回から続いてきた金杯・銀杯について、今回から金杯の受賞者は優勝チームから、銀杯の受賞者は敗退したチームから選ばれることとなった。この回の金杯・銀杯の授与は、それぞれトリを務めた都に金杯、森進一に銀杯と決定した。
  • 今回の歌手リーダーについて、紅組は水前寺、白組は北島三郎(4年連続)がそれぞれ務めた。1981年第32回1982年第33回で紅組リーダーを務めた水前寺は前回この座を都に譲ったが、今回2年ぶりにこの座に復帰した。
  • 年内での引退を表明していた都の最後の舞台ということで、非常な注目を集めた。都は紅組トリおよび大トリを務め、結果的に今回の平均視聴率78.1%、都登場時の瞬間最高視聴率は84.4%[6](いずれもビデオリサーチ社調べ、関東地区)であった。平均視聴率が70%を超えたのは今回が最後である。ちなみに、翌1985年第36回以降、平均視聴率は70%を越えておらず、低下傾向にある。
  • ショーコーナーで京都府出身同士の光子と都が「祇園小唄」をデュエットする場面があった。
  • この年開催のロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得した女子バレーボール日本代表チームの江上由美(現:丸山由美)が審査員に起用された。オリンピックのメダル獲得者の審査員選出はこれが初めてだった[7]。以後、オリンピック開催年にメダル獲得者が審査員に起用されることが恒例となる。
  • 優勝は紅組。

都はるみのラストステージ[編集]

都のステージは異様な程の興奮に包まれ、語り継がれている。

人気絶頂だったこの年3月、都は「普通のおばさんになりたい」の流行語と同時に突然の引退を宣言。ラストステージとなる本紅白では引退の花道として大トリを務めることになり、本紅白は例年以上に注目を浴びていた。都の歌唱前、鈴木が光子に「司会者としての言葉は要りません。人生の先輩として言葉を送ってあげてください」と述べ、光子が両目に涙を浮かべながら「デビューして、20年。満開のまま散りたいという、都はるみさん…都はるみさんは、デビュー20年そして紅白出場も20回です。そして今夜のこの紅白を、最後の花道として、歌手生活に別れを告げます。あと、十何分間で北村春美(=都の本名)さんです。20年間ありがとう、さようなら…全国の皆さん、「夫婦坂」です」との曲紹介に送られ、都は大歓声のステージへと降りていった。

都は大トリ曲だった「夫婦坂」を涙を堪えて歌いきるも、歌唱終了直後に一礼したまま感極まって顔を上げられなくなり、会場からは割れんばかりの拍手が30秒以上に渡って続いた。そのうち会場からは「アンコール、アンコール…」の声が鳴り響いた。この時、鈴木は泣き崩れ立ち尽くしたままの都に同意を求め、「紅白史上初のアンコール」が行われ、オーケストラは都の代表曲「好きになった人」を演奏。都は1コーラス目では大粒の涙を流したまま声が詰まって全く歌えず、他の歌手たちが都を囲んで大合唱(紅組歌手の中には水前寺など、泣きながら都に寄り添い歌唱していた)。2コーラス目には鈴木や他歌手達の催促もあり、都は最後の力を振り絞る様に声を震わせながら歌唱した。

このアンコールが起こった際に鈴木が発した「私に1分間時間を下さい」の句を含むスピーチは、放送史上に残るもので、次の通りであった。

(都の「夫婦坂」の歌唱が終わり、会場からの拍手と歓声「アンコール、アンコール…」の声が鳴り響く)
皆さん、皆さん、ご静粛に願います。皆さん、ご静粛に願います、私の話を聞いてください! はるみさんのために拍手と涙をありがとうございました。全国の家庭でもおそらくこういう光景があろうかと思います。その拍手と涙は、はるみさんのアンコールを期待してる声だと私は理解いたします。(会場からの拍手)しかしです皆さん、皆さん。私どもは一度そのことをはるみさんにお願いしました。しかし、はるみさんは今の「夫婦坂」で燃え尽きたいとそう仰って、全てを拒否なさいました。練習もしてません。キーも合わせてありません。ということはプロ歌手としては歌わないということです。しかしです、私に1分間時間をください! 今、交渉してみます。(再び会場から拍手)交渉してみます、ちょっと待ってください! (鈴木が都に駆け寄る)はるみさん、はるみさん、あなたが燃え尽きたのはよく分かる。ね。だけどもこういう状態です。1曲歌う気力がありますか? 1曲歌う気力がありますか?? (都の了承が得られないまま、「好きになった人」の演奏が始まる)お願いします、お願いします。いい、如何ですか? (都が泣きながら「はい」と返事をする)歌います。お待たせしました! これが都はるみさんの最後の曲です。皆さんどうぞ一緒に歌ってあげてください。練習も何もしてない、その点どうぞご容赦願います。お許しください、どうぞ! さあ、はるみちゃんいこう!
(「好きになった人」の1番が始まる)

鈴木の行為は当時司会の逸脱が過ぎるとの批判も受けたが、この「私に1分間時間をください」は当時の流行語となり、後に放送史に残る名文句の一つとなった。

実際は一連の段取りについて、鈴木本人やスタッフは周到に計画していた(ただし、鈴木のこの台詞は台本になく、本人自身の言葉であった)。当初は、番組の中盤に都が「夫婦坂」を歌い、大トリの歌唱が終わった直後にアンコールに応えてもらうという計画があった。しかし役員待遇の鈴木は、紅白の選曲はあくまでも一人一曲であり、将来の選曲方法に影響することを危惧して、この計画に反対。ただし、大トリで都が「夫婦坂」を歌い、そのままアンコールに応えてもらうのは問題がなく、自然な流れであると提案した。この鈴木の提案が採用され、スタッフは都にアンコールに応えてもらえるよう交渉を行ったが、都は「夫婦坂」一曲に集中したいとの願いから、この申し出を頑なに拒否。しかし、スタッフは諦めることなく、台本は「夫婦坂」を歌い終わった後の部分を、3分間の空白のページにした(実際、大トリの都が歌い出したのは23:30という紅白の大トリとしては異例の早い時刻だった)。スタッフは「もし都さんが歌えなくても、集まっている出場歌手で合唱とすれば良い演出になるだろう」と踏んでいた。当初鈴木の交渉は、本番直前に行われた「通しリハーサル」で決定されたが、この時点では両軍歌手リーダー(水前寺・北島)とバンド指揮のダン池田に交渉することになっていた。ところが本番になり、鈴木は突如直接都本人に交渉する。なお、「私に1分間時間をください」の「1分間」とは、都に交渉し始めてから「好きになった人」の演奏が始まるまでの時間で、事前に鈴木が計算していた。

本放送終了後には、都を送るべく出場歌手一同によって「アンコ椿は恋の花」(都は紅白で歌唱歴がなかった)の大合唱も行われた。1994年に『思い出の紅白歌合戦』(BS2)で本紅白が再放送された際、その模様も特典映像として放送された。

なお都は5年後の1989年第40回に出場(「アンコ椿は恋の花」を歌唱)し、これを機に歌手活動を再開させている。本紅白から10年後の1994年・第45回では今回以来の大トリを務めた(復帰翌年の1990年第41回でも紅組トリの経験あり)。

今回の出場歌手数を20組に減らしたのは、都の「さよならコーナー」を制作するためとの推測も流れていた。「アンコ椿は恋の花」、1965年第16回での初出場時に歌唱した「涙の連絡船」、1976年第27回での初紅組トリおよび大トリ担当時に歌唱した「北の宿から」。本紅白直前の12月21日に発表した五木ひろし(都と同期)とのデュエット曲「ふたりのラブ・ソング」などをメドレーで歌唱するのでは噂されたが、実際は「夫婦坂」1曲であった[8]

都に対抗する白組トリについては、『日本歌謡大賞』と『日本レコード大賞』を受賞した「長良川艶歌」を持つ五木と、『日本作詞大賞』を受賞した「北の螢」を持つ進一による事実上の一騎打ちとなった。最終的に都と五木は同期で親しい間柄だが、ここ数年における都の対抗者が進一(五木の対抗者は八代亜紀だった)ということが決め手となって、進一の起用が決定した[9]

ミソラ事件[編集]

大トリの異様な雰囲気が続いた状況の中、総合司会の生方惠一は「もっともっと、沢山の拍手を、ミソラ…(首を振りながら絶句、一瞬固まる)、ミヤコさんに、お送りしたいところですが…時間の関係で結果の方に移らさせて頂きます」と、都の名前を美空ひばりと言い間違えてしまうという失態を演じた。

その場で生方に指摘した歌手は誰もおらず、放送自体も何事も無く終了となった。しかし都のラストステージにして瞬間視聴率80%超となる程の大変な大舞台で犯したミスであったことから、この生方の言い間違いは大きな話題となってしまった。翌1985年の年明けからこの事件に関して、当時は単なる言い間違いでは済まされないものとされ、週刊誌民放各局のワイドショーバラエティ番組などでも大きく取り上げられるようになった(後の紅白ではこう言った演出やハプニングはある程度認められている)。生方本人も当時放送総局長だった川口幹夫の提案で、1月9日に一言謝罪の言葉を述べていたものの、直後に生方自身がNHKに対して「進退伺い」を出したことも報道され、春には大阪局に異動を命じられ、直後にNHKを退職することになった。これが多くの憶測を呼ぶことになってしまい、一連の出来事は後に「ミソラ事件」と呼ばれる一件となってしまったのである。

生方の証言によれば、生方自身は台本に自筆で「まだまだ、沢山の拍手を、はるみさんに送りたいところですが」と書き込んでいた。ところが、直前に「ここは、はるみさんではなく、フルネームでなければいけない」と考えた。これが「とちり」の伏線だったという[10]。同じく『週刊現代』2005年1月1日号での述懐で「『はるみちゃん』と呼ぼうとするのをNHKらしくするために『都はるみさん』ととっさに変えたことに間違いがあったと反省しており、それは徳光和夫に指摘されたとのことである。さらに、その後7月にあった大阪局への異動は、紅白前から既に内示のあったものだったとしており、退職の理由は異動後の役職がアナウンスから離れていたもの(栄転)であったから、さらに『週刊現代』2005年1月1日号では、夫人の乳癌手術による単身赴任を嫌ったものとして、「ミソラ事件」の影響という説をあえて否定している。鈴木は「私に1分間時間をください!」(アドリブでアンコールを入れた)発言からによる進行の混乱を招いたことが原因と捉え、フォローできなかった点と合わせ、「申し訳なかったと思っている」と述懐している。

美空ひばりは長く紅白の紅組トリを取って来た中心的歌手だったが、ここ数年は弟の不祥事のため選ばれなくなり、またひばりの方も依頼が来ても受けなくなるなど確執があった。ひばりはこの時、親友の浅丘ルリ子らと自宅のテレビで紅白を観ていたが、「あっ!ウブさん、今変なこと言ったよ」と浅丘と思わず顔を見合わせた後、ひばりは「ウブさんったら、私のことホント好きなんだから」と苦笑いしたという。この場面をテレビで見ていたひばりの関係者は、「お嬢、大変なことが起きた!」と叫んだとされる。その後ひばりは「あのアナウンサーの人(生方)があれでNHKをクビになるんだったら、私が一生食べさせてあげなきゃ」とも話していた。都は後日「あんなこと(NHK退職)になっちゃって、あなたも大変だったわね」と気遣い、また数年後の復帰公演の楽屋で都は「少しは気が楽になったでしょう」「肩の荷が下りたでしょう」などと直接生方に声を掛けており、生方からは「はるみちゃん、戻ってきたんだね」と返事したという。当事者の2人は生方に対して同情的であり、事件後も親交は続いていた。

その他[編集]

都の一件以外にも、今回はハプニングや舞台裏の様子が何かと注目された。

  • ミス・ブランニュー・デイ」で出場を確約されていたとされるサザンオールスターズが直前になって落選。以後、この年から自身で年越しライブを行うようになり、ミュージシャン自身によるオリジナルのカウントダウンコンサートの走りとなった。
  • 都同様、高田みづえ大相撲で当時大関若嶋津六夫(現:松ヶ根親方)の結婚を機に歌手活動引退をするのではと噂された時期であった。都同様、高田も紅白出場は今回を最後と密かに決意しており、「秋冬」の歌唱中に感極まり、思わず涙ぐむシーンが見られた。翌1985年に高田と若嶋津は結婚式を挙げ、高田は芸能界を引退した。
  • 当時芸能誌面を賑わせていた松田聖子郷ひろみ中森明菜近藤真彦の2大カップルを、曲間のステージで意味ありげに競演させるなど、この年はNHKらしくないミーハーな演出が行われ話題になった。
  • 細川たかしは、「浪花節だよ人生は」(第26回日本レコード大賞最優秀歌唱賞)の冒頭で「肩を抱かれて……」と歌い出して間違いに気づき、歌唱中に「あれっ、すいません、歌詞間違ってごめんなさい」と笑顔で謝ったところ、かえって喝采を受けた。生方のケースとは対照的であった。細川は間奏・後奏でも「どうもすいませんでした」と繰り返し謝った。細川の回想によれば、「『どうもすいません、間違えました』と言ったら会場がどっと明るくなって、それからふつうの人間は倒れるんだけど、立ち直って全部歌ってしまった」とのことである[11]
  • 初出場の小泉今日子は、被っていたユニークなデザインの帽子が歌唱中にフワフワと動き出してしまったため、暫くは手で押さえるなどしていたが、曲の中盤で帽子をとると髪型を適当になおして何事も無かった様に歌い切り度胸の強さを伺わせた。
  • 前回は妊娠・産休により出場辞退(ただし、応援ゲストで登場)した石川さゆりが、1982年第33回以来2年ぶりに復帰を果たす。大相撲の現役力士で当時大関・琴風豪規(現:尾車親方)とのデュエット曲「東京めぐり愛」だったが、琴風は同紅白に出演しなかったため、都、水前寺、八代亜紀小林幸子が白いタキシードソフト帽の出で立ちで琴風のパートの一部を歌唱した。

司会者[編集]

演奏[編集]

  • ステージ:ダン池田とニューブリード・東京放送管弦楽団(指揮 ダン池田
  • オーケストラボックス:豊岡豊とスィング・フェイス・東京放送管弦楽団(指揮 豊岡豊)

審査員[編集]

大会委員長[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
早見優(2) 誘惑光線☆クラッ! シブがき隊(3) アッパレ!フジヤマ
堀ちえみ(初) 東京Sugar Town 舘ひろし(初) 泣かないで
高田みづえ(7) 秋冬 千昌夫(12) 津軽平野
河合奈保子(4) 唇のプライバシー 西城秀樹(11) 抱きしめてジルバ
研ナオコ(8) 名画座 山本譲二(4) 奥州路
川中美幸(4) ふたりの春 新沼謙治(9) 旅先の雨に
中森明菜(2) 十戒 (1984) 近藤真彦(4) ケジメなさい
松田聖子(5) Rock'n Rouge 郷ひろみ(12) 2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-
水前寺清子(20) 浪花節だよ人生は 細川たかし(10) 浪花節だよ人生は
小泉今日子(初) 渚のはいから人魚 チェッカーズ(初) 涙のリクエスト
牧村三枝子(4) 冬仕度 村田英雄(23) 冬の海
高橋真梨子(初) 桃色吐息 沢田研二(12) AMAPOLA
小柳ルミ子(14) 今さらジロー 田原俊彦(5) チャールストンにはまだ早い
石川さゆり(7) 東京めぐり愛 芦屋雁之助(初) 娘よ
岩崎宏美(10) 20の恋 菅原洋一(18) 忘れな草をあなたに
森昌子(12) 涙雪 大川栄策(2) 盛り場おんな酒
島倉千代子(28) からたち日記 三波春夫(27) 大利根無情
八代亜紀(12) 恋瀬川 北島三郎(22) まつり
小林幸子(6) もしかして 五木ひろし(14) 長良川艶歌
都はるみ(20) 夫婦坂/好きになった人 森進一(17) 北の螢

出場歌手希望世論調査の結果[編集]

順位 女性 男性
歌手 出場 歌手 出場
1位 森昌子 五木ひろし
2位 中森明菜 細川たかし
3位 松田聖子 森進一
4位 小林幸子 北島三郎
5位 都はるみ チェッカーズ
6位 小泉今日子 近藤真彦
7位 川中美幸 千昌夫
8位 八代亜紀 田原俊彦
9位 美空ひばり × シブがき隊
10位 石川さゆり 郷ひろみ
11位 島倉千代子 新沼謙治
12位 水前寺清子 吉川晃司 ×
13位 小柳ルミ子 大川栄策
14位 岩崎宏美 三波春夫
15位 河合奈保子 沢田研二

出典は『読売新聞[12]

脚注[編集]

  1. ^ BSの整理統合およびそれに伴う番組編成の見直しにより2010年第61回を以って終了(地デジ難視対策衛星放送除く)。
  2. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、『紅白歌合戦の舞台裏』
  3. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  4. ^ 週刊女性』1984年11月13日号、38頁。
  5. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』
  6. ^ 有田芳生『歌屋 都はるみ』文藝春秋、1997年、224頁。ISBN 4-16-743802-X
  7. ^ これまでオリンピックのメダル獲得者は競技と無関係の場への登場を良しとしない日本体育協会の意向から審査員に選出されることは皆無だったが、このロサンゼルス大会よりオリンピックの商業化が進行したことから、審査員起用が解禁された。
  8. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、168~169頁。
  9. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、168頁。
  10. ^ 朝日新聞』1991年6月13日
  11. ^ NHK「紅白名場面!感動熱唱編」1995年12月12日放送。
  12. ^ 『読売新聞』1984年12月22日付夕刊、6頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]