第41回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第41回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1990年平成2年)12月31日NHK紅白歌合戦第41回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第41回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1990年(平成2年)12月31日
放送局 NHKラジオ第1
制作 日本放送協会(NHK)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第41回NHK紅白歌合戦』は、1990年平成2年)12月31日NHKホールで行われた、通算41回目のNHK紅白歌合戦。19時20分 - 20時55分および21時から23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 前回から2部構成(昭和編・平成編)になっていたが、この時は採点の対象は第2部だけだった。今回から第1部も採点の対象となった。その影響で、この年から放送時間の前半が『第32回日本レコード大賞』とバッティングするようになり、歌手の奪い合いや掛け持ちによる大移動などの問題が生じた。『日本レコード大賞』を中継するTBSはこの年も紅白が『レコード大賞』の裏番組となることに大慌てとなったという。TBS制作部長は「過去何十年かこういう形でやってきて、大衆の皆さんが納得してきたわけですからね。昨年は平成スタートと、紅白40回の記念イヤーでしたから目を瞑りましたが、まさか今年もとは思っていませんでしたよ。民放同士ならともかく、公共の電波であるNHKが視聴率稼ぎの方向に走ってはね」とNHKに苦言を呈している。長時間紅白の定着により毎回視聴率30%を誇っていた『レコード大賞』は視聴率を低下させていくこととなり、後の2006年での大晦日撤退(12月30日開催へ移行)に繋がる(『レコード大賞』は紅白対策でこの年より「歌謡曲・演歌部門」「ポップス・ロック部門」の2部門、即ち2組のグランプリを輩出させる形に変更するなど、工夫を凝らすようになる)[1]
  • 両軍司会は、紅組司会は前回に引き続いての登板となる三田佳子(「好きな俳優・タレント」で2年連続1位を獲得したことが続投の決め手となる)、白組司会はこの年の大河ドラマ翔ぶが如く』の主演・西田敏行(出場歌手兼任。前回は審査員)がそれぞれ起用された[2]
  • 中継で歌う演出が初めて行われ、長渕剛ベルリンから中継で3曲歌う。この時の歌唱時間15分以上[3](17分とも)は紅白史上最長であった。またこの時、長渕は現地入りしたスタッフに対する非難を口にした[3]。しかし、中継先で歌う演出はNHKホールの観客や、他の出場歌手にも不評を買い、翌1991年第42回以降は全出場歌手がNHKホールで歌う形に戻っている。その後、中継先で歌う演出は12年後の2002年(平成14年)・第53回まで行わなかった。
  • 宮沢りえに至っても当日、会場入りしながらも「制約の有るNHKホールのステージでは歌いたくない」との理由で、本人歌唱の際は屋上に作られた特設セット(バスタブの中に入っていた)から、ストーリー仕立ての中継となった(2004年第55回に初出場した氣志團がこの演出をオマージュ)。そのためNHKホールの会場や、視聴者の中にも「紅白らしいライブ感が無い」と不満の声はかなり多かった。なお宮沢の紅白出場は今回のみとなっている。
  • 上述のように話題のアーティストに対して多くの演奏時間が用意された反面、番組進行は、本格的に放送時間を拡大した初めての年であるにも関わらず、司会の曲紹介や応援ゲストの出演時間の割愛・短縮、また本編の歌手の歌の時間も本来2コーラス披露する予定となっていたものを、1コーラス半に短縮せざるをえなくなるなど、相当に慌しいものとなってしまった。特に植木等の「スーダラ伝説」はフルコーラスの10分41秒から4分50秒にまで短縮させられた[3]。このことから、常連の紅白出場歌手や関係者の多くからも「衛星中継の多用」や「演奏時間の不均衡」につき少なからず不満・批判が主張され、特に上記の長渕に関しては、多くの常連出場歌手との間で「遺恨」を残す結果となってしまった(長渕はその後、2003年第54回にて13年ぶりに出場。この時は今回の反省から会場出演で1曲のみ、しかも森進一の応援演奏・コーラスを率先して行うなど一転して「紳士的」とも言える対応を見せ、この時の遺恨はある程度解消される格好となった)。
  • 西田が歌手として出演する際の代理の曲紹介は三田が行い、三田に寄り添いながら西田が「もしもピアノが弾けたなら」を歌唱した。
  • 本紅白に出場した和田アキ子(紅組司会経験者でもある)は裏番組『第32回日本レコード大賞』の司会も務めた。史上初の紅白出場歌手と裏番組司会の兼任となった。なお『日本レコード大賞』終了後(そちらは22:30で放送終了)にNHKホールに駆け付けた。NHK内部で裏番組の司会に就任した和田を落選させるべきとの声も上がったという[4]
  • 前回のステージで歌手活動再開を果たした都はるみが「千年の古都」で紅組トリを務めた。
  • 白組トリおよび大トリは森進一の「おふくろさん」。森は今回を最後に白組トリは担当していない。
  • 優勝は白組。
  • 様々な試みが功を奏して、第2部の視聴率関東地区では51.5%を記録した。以後1990年代は50%台を維持するようになる。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 小山春也・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
第1部
DREAMS COME TRUE(初) 笑顔の行方 光GENJI(3) COCORO
中山美穂(3) 愛してるっていわない! 吉田栄作(初) 心の旅
荻野目洋子(4) ギャラリー 少年隊(5) FUNKY FLUSHIN'
工藤静香(3) くちびるから媚薬 チェッカーズ(7) 夜明けのブレス
内藤やす子(2) KOKU-HAKU Vol.I ガリー・バレンシアーノ英語版(初) I Know What You Want
瀬川瑛子(3) 人生晴れたり曇ったり 新沼謙治(13) 渋谷ものがたり
佐藤しのぶ(4) (「ウエストサイド物語」から)トゥナイト 久保田利伸アリスン・ウイリアムズ英語版(初) FOREVER YOURS(アメリカニューヨーク・ワシントンスクエアより中継)
オユンナ(初) 天の子守歌 尾崎紀世彦(3) また逢う日まで
シンディー・ローパー(初) I Drove All Night英語版 長渕剛(初) 親知らずいつかの少年乾杯ドイツベルリン・フランス聖堂より中継)
第2部
宮沢りえ(初) Game東京都港区芝浦より中継) 忍者(初) お祭り忍者
ピンク・レディー(3) ピンク・レディー・メドレー[5] たま(初) さよなら人類
B.B.クイーンズ(初) おどるポンポコリン 植木等(7) スーダラ伝説[6]
EVE(初) イマジン 郷ひろみ(14) Wブッキング
青江三奈(18) 恍惚のブルース 西田敏行(3) もしもピアノが弾けたなら
福士りつ(初) 津軽あいや節 アレキサンドル・グラツキーロシア語版英語版(初) ソング
大津美子(7) ここに幸あり 堀内孝雄(3) 恋唄綴り
マルシア(初) ふりむけばヨコハマ(ブラジルサンパウロ・オリンピア劇場より中継) 橋幸夫(18) いつでも夢を (左に同じ)
加藤登紀子(3) 知床旅情 チョー・ヨンピル(4) 釜山港へ帰れ韓国ソウルロッテワールドより中継)
小林幸子(12) 天命燃ゆ さだまさし(3) 風に立つライオン
鮫島有美子(初) ぼだい樹(ドイツ・ベルリンからの映像) ポール・サイモン(初) 明日に架ける橋(アメリカ・ニューヨークからの映像)
川中美幸(8) ぐい呑み酒 吉幾三(5) 酔歌
松原のぶえ(5) 細川たかし(16) うかれ節
伍代夏子(初) 忍ぶ雨 G-クレフ(初) WE ARE G-CLEF
八代亜紀(17) 花 (ブーケ) 束 布施明(16) シクラメンのかほり
坂本冬美(3) 能登はいらんかいね 鳥羽一郎(4) 演歌船
ケー・ウンスク(3) 真夜中のシャワー 五木ひろし(20)
和田アキ子(14) 抱かれ上手 北島三郎(27)
石川さゆり(13) うたかた 谷村新司(4) いい日旅立ち
都はるみ(22) 千年の古都 森進一(23) おふくろさん

選考を巡って[編集]

この年は、「今年の歌」「21世紀に伝える歌」「大晦日に相応しい熱唱」という観点が出場者・曲目決定に当たって重要な基準とされた[7](このうち「21世紀に伝える歌」に関しては前年の第1部における「昭和の紅白」をイメージした番組構成が高い評価を得たことによるものである)。それに伴い、往年の紅白をにぎわせた歌手が数多くカムバックした。

  • 青江三奈はこの年12月2日に亡くなった「恍惚のブルース」の作曲家浜口庫之助を偲ぶ形式で1983年昭和58年)の第34回以来7年ぶりに復帰。しかしその後は青江自身2000年(平成12年)7月2日に亡くなる(享年59)まで紅白出場は果たせず、この回が青江の生涯最後の紅白出演となった。
  • 尾崎紀世彦1972年(昭和47年)の第23回以来18年ぶりに復帰。代表曲「また逢う日まで」を歌唱したが、これが尾崎の生涯最後の紅白出演となり、2012年(平成24年)5月30日(享年69)に死去。
  • 植木等が歌手としては1967年(昭和42年)・第18回以来、23年ぶりに歌手として紅白に登場(2007年3月27日死去、享年80。最後の出場でもある)。この年の末に発表した「スーダラ伝説」(植木のソロ名義で発売されたものを含む、クレージーキャッツの代表的なヒット曲をつなぎ合わせたヒットメドレー的な楽曲)を白組出場メンバー総出の応援の下で熱唱。この時のパワフルなパフォーマンスがきっかけとなり、翌年にかけて若年層を中心に植木等の歌手・タレントとしての功績の再評価がなされることとなった。
  • 大津美子クモ膜下出血の難病を見事に克服し、1962年(昭和37年)の第13回以来28年ぶりにカムバック出場。自身最大の代表作でありながら、これまで紅白では一度も披露されていなかった「ここに幸あり」を歌唱した。
  • 1994年(平成6年)・第45回を除き2007年(平成19年)まで連続出場したさだまさしがカムバックしたのも今回から。演奏時間7分以上の大作「風に立つライオン」を披露した。
  • このほか、郷ひろみ橋幸夫布施明ら往年の紅白の常連組も久々に紅白に登場。白組司会の西田敏行も歌手兼業で出場。
  • 「歌合戦」という冠ででありながら、インストゥルメンタルバンドG-クレフも出場した。(インストバンドとしては初)

この年の主な初出場者は上記の宮沢りえ、長渕剛のほか、この年のオリコン年間シングルチャート1位である「おどるポンポコリン」を引っさげて登場のB.B.クイーンズ久保田利伸吉田栄作など、海外からはシンディ・ローパーポール・サイモンなどの大物も含めて計19組。これは紅白歌合戦で第42回に次いで2番目に多い初出場歌手数である。

この年の出場者数、紅白各29組は2003年(平成15年)に各31組の出場者が選考されるまで、紅白最多出場者数記録となっていた。しかし、当初の企画段階では、これよりも更に2、3組の上積みを予定しており、その枠には、海外の大物アーティストを起用する方針であったという。事実、12月6日に出場者の発表が行われた際にも、紅組29組、白組27組の出場歌手を先ず発表した上で、「今年は31組ずつの歌手を選ぶ方針で人選を進めているため、残りの数組についてはまた交渉がまとまり次第おって発表をする」という異例の声明が出されている。しかし、当初出場を念頭に交渉に当たっていたビリー・ジョエルジュリー・アンドリュースらからは「スケジュールが取れない」という理由でことごとくオファーを固辞されてしまい[8]、結局は予定よりも2組少ない紅白各29組ずつとなり、残りの白組の2枠については、唯一、大物アーティストの中で出演OKの返事がきたポール・サイモンと、アメリカの黒人ソウルシンガー、アリスン・ウィリアムスとのセットで国内の歌手から久保田利伸を選出、そして両者をNHKホールではなく、アメリカからの衛星中継で出演させる形で決着が図られた。最終的に出場者が全決定したのは12月19日のことだった[9]

紅白いずれにも属さない「特別ゲスト」としてフランク・シナトラとの出演交渉を行ったが、結局シナトラとの交渉は暗礁に乗り上げ、出演はならなかった[8][10]

ゲスト出演者[編集]

  • 今いくよ・くるよ(漫才師。少年隊と工藤静香の曲間およびB.B.クイーンズの曲中)
  • 宮川大助・花子(漫才師。同上)
  • オール阪神・巨人(漫才師。同上)
  • 栗田貫一(タレント。瀬川瑛子の曲紹介)
  • 森口博子(タレント。東京都渋谷区より中継およびB.B.クイーンズの曲後)
  • ティム・コール(イリュージョニスト)
  • 大竹まこと(タレント。B.B.クイーンズの曲中)
  • 高田純次(タレント。同上)
  • チャーリー浜(コメディアン。EVEの曲前)
  • ジョージ・カール(パフォーマー。西田敏行の曲前)
  • 杉浦圭子アナウンサー(ブラジル・サンパウロ・オリンピア劇場より中継)
  • チョウ・ヨンウン(BSキャスター。韓国・ソウル・ロッテワールドより中継)

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、292頁。
  2. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、293頁。
  3. ^ a b c 長渕剛 13年ぶり紅白出場へスポニチアネックス、2003年11月26日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)
  4. ^ 合田『紅白歌合戦の真実』、293頁。
  5. ^ S・O・S」「渚のシンドバッド」「ウォンテッド (指名手配)」「2年目のジンクス」のメドレー
  6. ^ スーダラ節」「無責任一代男」「ドント節」「だまって俺について来い」「ハイそれまでョ」のメドレー
  7. ^ 『読売新聞』1990年12月7日付東京夕刊、13頁。
  8. ^ a b 読売新聞』1990年12月20日付東京夕刊、11頁。
  9. ^ 『朝日新聞』1990年12月20日付朝刊、30頁。
  10. ^ 『毎日新聞』1990年12月20日付東京朝刊、26頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]