第6回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第6回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1955年12月31日NHK紅白歌合戦第6回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第6回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1955年12月31日
放送時間 1955年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第6回NHK紅白歌合戦』は、1955年昭和30年)12月31日産経ホールで行われた、通算6回目のNHK紅白歌合戦。21時15分 - 23時00分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • テレビとラジオで同時中継されたが、VTRが無かった当時故映像は現存せず、ラジオ中継の音声と写真のみ現存する。
  • 現存するラジオ中継の音声は全105分中の約95分間であり、オープニングと紅組トップバッターで全体でも1番最初に歌った荒井恵子の音声は現存せず、白組トップバッターで全体の2番目(荒井の次)の鶴田六郎の歌の途中から現存する。鶴田以降の出場歌手達の歌の音声は全て現存している。
  • サンディー・シムスが滞在先の香港から帰国出来なくなり、芦野宏が代わりに出場した。
  • この年ラジオ東京が紅白に対抗して音楽番組(『オールスター丹頂歌合戦→オールスター大行進』、ちなみに、『日本レコード大賞』も元々は『オールスター大行進』の流れを踏襲するような形で大晦日の放送が開始された)を放送した。民放側の出演者は独占契約が結ばれているため、NHK側は出演者交渉に苦しむこととなった。その打開策として、紅組司会に宮田輝を起用(宮田は1953年12月第4回で白組司会を務めて以来の組司会担当。紅組司会は初めて)。
  • 白組司会は3年連続で高橋圭三(宮田と同期)が担当。これにより史上初の両軍男性司会となった。
  • 応援ゲストで、トニー谷とラジオドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」の里見京子横山道代黒柳徹子が登場。
  • 5対4で紅組の優勝(当時は審査員のみ。審査員は下記参照)。
  • 今回使用したマイクロホンは、司会者・歌手用共にRCA-77D。

司会者[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順 歌手
1 荒井恵子(2) 希望をのせて馬車は行く 2 鶴田六郎(5) 天下の為さん
3 宝とも子(初) インディアン・ラブコール 4 浜口庫之助(3) インディアン・ラブコール
5 織井茂子(2) 黒百合の歌 6 三浦洸一(初) 落葉しぐれ
7 赤坂小梅(3) おてもやん 8 鈴木正夫(4) 相馬盆唄
9 川田孝子(2) 狩勝の美少年 10 河野ヨシユキ(2) 街のヨーデル唄い
11 大谷冽子(初) チリビリビン 12 柴田睦陸(初) ラ・クンパルシータ
13 ペギー葉山(2) マンボ・イタリアーノ 14 笈田敏夫(3) 恋とは素晴らしいもの
15 菊池章子(5) 岸壁の母 16 林伊佐緒(5) 高原の宿
18 宮城まり子(2) ガード下の靴みがき 17 岡本敦郎(5) リラの花咲く頃
20 池真理子(4) あなたがくれたオルゴール 19 真木不二夫(3) 空が晴れたら
22 小唄勝太郎(2) お染 21 東海林太郎(2) 義経の唄
24 長門美保(2) ハバネラ 23 藤原義江(2) 女心の歌
26 江利チエミ(3) 裏町のお転婆娘 25 芦野宏(初) タブー
28 奈良光枝(4) 由起子はいつも 27 津村謙(5) あなたと共に
30 松島詩子(5) 夕月の丘 29 ディック・ミネ(4) ダイナ
32 二葉あき子(6) ばらのルムバ 31 藤山一郎(6) ニコライの鐘

主なゲスト[編集]

脚注[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

外部リンク[編集]