第48回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第48回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送時間 20:00 - 23:45(215分)
放送期間 1997年12月31日(NHK紅白歌合戦第48回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 和田アキ子(紅組司会)
中居正広(白組司会)
宮本隆治(総合司会)他
音声 ステレオ放送
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第48回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1997年12月31日
放送時間 1997年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第48回NHK紅白歌合戦』(だいよんじゅうはっかいエヌエイチケーこうはくうたがっせん)は、1997年平成9年)12月31日NHKホールで行われた、通算48回目のNHK紅白歌合戦。20時から21時25分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。2部制は採用されていない。

概要[編集]

  • 両軍司会は和田アキ子中居正広SMAP)が担当。和田は1988年第39回以来9年ぶりの紅組司会起用。当時25歳の中居は白組司会の最年少記録を打ち立てた。今回の司会発表は11月18日に行われた。
  • 秋口より各新聞雑誌が白組司会人選について、「古舘伊知郎の4年連続起用で内定」と揃って報じていた。しかし実際は中居の起用が決定していた。中居は司会発表直前の時期(11月)に写真週刊誌に「ノーパンしゃぶしゃぶ嬢」との交際を報じられる事態が発生したが、NHKはこの報道について「仮に事実であっても法に触れるわけではないし問題なし」との判断を下し、内定していた白組司会にも影響はなかった。司会発表会見で和田は「お話を頂いた時は悩んだけど、組み合わせを聞いて決めました。中居君は皆さんが感じている程、軽い人間じゃない」と中居をフォローする一幕があった。
  • 紅組司会の人選について、当初は安室奈美恵の起用を噂する声もあったが、妊娠中という体調を考慮し噂止まりとなる。その後、前回紅組司会を務めた松たか子がこの年歌手デビューを果たしたこともあり、彼女の歌手兼司会起用案も持ち上がり、松・中居で20代同士のコンビとする構想もあった(松は出場歌手専任で出演)が、最終的には「中居が頼れる慣れたベテラン司会者がいいのでは?」「紅白の雰囲気は独特だから・・・」と過去2回紅組司会を経験しここ数年紅組のまとめ役を務めていた和田の再登板が決定した[1]。今回の和田を最後に女性芸能人の司会起用は2005年第56回まで途絶えることとなった[2]。女性の歌手兼司会は今回の和田を最後に実例がない。
  • 司会発表会見で和田は「でもまだ歌手としての出場が決まっていない。司会だけだったら辞退しますよ」と語り、記者団を笑わせる一幕があった。
  • 総合司会は3年連続で宮本隆治が務めたが、今回は自身初の単独での担当となった(過去2年間は草野満代と共同での担当)。
  • 前回に引き続きオープニングで「乾杯の歌」が使用された。以後、オープニングでの同曲の使用は2013年第64回まで待つこととなる。
  • 番組冒頭で中居は「ド緊張」と書かれた扇子を披露。
  • フラれて元気」を披露したTOKIOは、一部歌詞を白組を応援するものに変えて歌った。
  • 広末涼子の「大スキ!」は歌詞の一部が割愛されている。
  • 反町隆史は自身主演のフジテレビ系ドラマ『ビーチボーイズ』の主題歌「Forever」を歌唱。歌唱終了後、反町と同ドラマで共演した竹野内豊が登場し、「紅白出場おめでとう」と祝辞を述べた(これに対し、反町は「何で(竹野内が)来てるの?」と驚きながら語った)。
  • 第1部には長野オリンピックを先駆けたコーナーが設けられた。コーナーのラストには同オリンピックの公式テーマソングであるAGHARTAの「ILE AIYE〜WAになっておどろう〜」が三倉茉奈・佳奈前田愛前田亜季鈴木杏と出場歌手らで大合唱された。
  • 松たか子の曲紹介時、和田は松が前回紅組司会を務めたことに触れた後、松が和田に「去年はありがとうございました」、和田が松に「いえいえ、どう致しまして」とのやりとりがそれぞれ交わされた。
  • 伍代夏子の曲前に和田が審査員の吉永小百合に「紅組・白組どちらが優勢でしょうか?」と振ったところ、「去年は松さんが司会で松さんが初々しくて、皆で守ってあげようという雰囲気を感じましたが、今年は和田キャプテンが怖いからということで、紅組に勢いがありますね」と吉永が返した。その後、和田は吉永とともに旅行をした時のエピソードを出して、「(旅行中に互いに写真を写してた時に)吉永さんが(自分が)私と似てると言って、このことを他の人に言っても誰も信じてくれないんですよ」と発言(吉永はその発言が事実だと認めた)。
  • 森高千里の曲紹介を美川憲一が行った。
  • SMAPは前回に引き続き第2部の先行トップバッターを務め、「ダイナマイト」、「セロリ」のメドレーを披露。なお、SMAPの出番の曲紹介は中居が自ら行った。
  • 華原朋美には、当時彼女の音楽プロデューサーで交際者だった小室哲哉が駆けつけ、ギター演奏+コーラスを担当した。小室は事情によりglobeとしての出場は辞退した上での登場である。
  • Le Coupleは「ひだまりの詩」演奏時、同ボーカルの藤田恵美が歌い出しに失敗した。
  • X JAPANはこの日東京ドームで解散ライブを行い、その後NHKホールに移動して「Forever Love」を歌い解散した。
  • この年還暦を迎えた加山雄三は、白組メンバーのさだまさし(ギター)、西城秀樹(ドラム)、城島茂(ギター)、はたけ(ギター)、まこと(ドラム)とスペシャルバンドを結成し、「夜空の星」、「蒼い星くず」などのメドレーを披露した。
  • 由紀さおり安田祥子は「トルコ行進曲」(「ダバダバ」とハミング歌唱)を歌唱。直後、中居は「さて問題です。何回ダバダバと言ったでしょう」と述べ、会場を笑わせた。
  • 森進一はこの年、北海道えりも町に自身の歌う銅像が建った記念に「襟裳岬」を歌唱した。
  • 和田アキ子の歌唱前、前回の紅組司会で今回歌手として初出場を果たした松が和田の曲紹介を行った。
  • 安室奈美恵が「CAN YOU CELEBRATE?」で紅組トリを飾り、注目を集めた。安室はこの後に産休に入り、1年後の第49回で復帰した。歌唱曲は同じく「CAN YОU CELEBRATE?」であった。なお、前回まで連続出場していた、安室と結婚したSAM(2人は後に離婚)が在籍するTRFは落選したので、夫婦同時出場は実現しなかった。
  • 白組トリおよび大トリは、翌1998年2月の直前に迫った長野オリンピックへの賛歌として、五木ひろしが、当地・長野県を舞台にして1975年に発表した「千曲川」が選曲された。同曲を発売した1975年・第26回でも五木は同曲を自身初の白組トリを務めた際にも歌唱しており、紅白で2回目の披露となった。また五木が前年以前に発売になった作品を紅白で披露したのはこれが初めて。
  • 白組が優勝し、紅白両軍では23年ぶり、白組単独では35年ぶりに3連勝を達成した。宮本から自身が好きな野球に例えて優勝の感想を求められた中居は「物凄い速い直球をホームランですよ」と述べた。直後、和田は中居に「おめでとう!」と祝福した。
  • 本紅白の裏番組第39回日本レコード大賞』(TBS系列)の司会を過去2年間の紅白で総合司会だった元NHKアナウンサーの草野満代(この年2月にNHKを退職)が務めた。
  • 今回で1962年第13回(同年よりビデオリサーチ社の調査が開始)以来守ってきた年間視聴率1位の連続記録が一旦途絶えた。
  • 出場歌手同士の両軍司会は今回を最後に実例がない。

司会者[編集]

演奏[編集]

  • 三原綱木とザ・ニューブリード・東京放送管弦楽団(指揮:三原綱木)

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 河野尚行・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順 歌手
第1部
2 SPEED(初) White Love 1 T.M.Revolution(初) WHITE BREATH
4 広末涼子(初) 大スキ! 3 TOKIO(4) フラれて元気
6 岩本公水(初) 涙唱 5 反町隆史(初) Forever
8 中村美律子(5) 人生桜 7 鳥羽一郎(10) カサブランカ・グッバイ
10 Every Little Thing(初) Shapes Of Love 9 山川豊(5) 酒場のろくでなし
12 香西かおり(6) 人形(おもちゃ) 11 堀内孝雄(10) 愛しき日々
13 松たか子(初) 明日、春が来たら 14 シャ乱Q(3) パワーソング
15 伍代夏子(8) 憂愁平野 16 藤井フミヤ(5) Go the Distance
17 森高千里(6) SWEET CANDY 18 前川清(7) 薔薇のオルゴール
19 長山洋子(4) たてがみ 20 南こうせつ(5) うちのお父さん
第2部
22 華原朋美(2) Hate tell a lie 21 SMAP(7) ダイナマイトセロリ![3]
24 MAX(初) Give me a Shake 23 GLAY(初) HOWEVER
26 Le Couple(初) ひだまりの詩 25 郷ひろみ(18) お嫁サンバ'97[4]
27 DREAMS COME TRUE(8) PEACE! 28 西城秀樹(14) moment
29 天童よしみ(2) 珍島物語 30 美川憲一(14) 慕情
31 オーロラ・輝子(河合美智子)(初) 夫婦みち 32 河村隆一(初) Love is...
33 小林幸子(19) 幸せ 34 X JAPAN(5) Forever Love
35 由紀さおり安田祥子(6) トルコ行進曲 36 さだまさし(9) 秋桜
37 藤あや子(6) うたかたの恋 38 吉幾三(12) 津軽平野
39 森山良子(7) さとうきび畑 40 加山雄三(13) 若大将 '97スペシャル[5]
41 坂本冬美(10) 大志(こころざし) 42 谷村新司(11) 櫻守
43 都はるみ(29) 海峡の宿 44 細川たかし(23) 冬の宿
45 石川さゆり(20) 天城越え 46 森進一(30) 襟裳岬
47 和田アキ子(21) 48 北島三郎(34)
49 安室奈美恵(3) CAN YOU CELEBRATE? 50 五木ひろし(27) 千曲川

「98ナガノ」の曲目・歌手

「ありがとう1997ショー」の曲目・歌手

選考を巡って[編集]

今回の出場歌手の選考に際しては、同年NHK放送文化研究所が実施した世論調査の結果が反映され、前回出場した小沢健二ウルフルズは紅白出場への支持の低さにより落選し、逆に支持の高かった広末涼子西城秀樹反町隆史の出場が決定した[6]

前年下期の連続テレビ小説ふたりっ子』で河合美智子が扮した歌手「オーロラ・輝子」が、実際に挿入歌を発売したところ大ヒットになり紅白に出場(ドラマの劇中でも紅白に出場していた。ただし劇中紅白では「まごころの橋」を歌唱)。『ふたりっ子』の共演者が応援に駆けつけ、曲紹介もその中の1人である段田安則によって行われた(劇中でオーロラ・輝子は死亡したため、段田は「オーロラ・輝子は紅白の舞台に甦りました」と述べた)。

前回の紅組司会で、この年CDデビューを果たした松たか子が同曲で歌手として初出場(前回の司会が歌手として初出場するのは初めて)。

都はるみは1989年の紅白で歌手復帰後、同年まで9回連続出場(通算29回目)中だったが、翌年に紅白を卒業するとして出場辞退をしたため、最後の出場となっている。藤井フミヤも1992年の紅白でチェッカーズ解散後に翌1993年ソロ歌手として初出場、以後今回まで5回連続出場中だったが、翌1998年は落選したため今回が最後の出場となる。また、1992年から6回連続出場中の森高千里も最後の出場となっている。

1990年から紅白8回連続出場中だったDREAMS COME TRUEも今回で一旦途切れた。再出場するのはそれから7年後の2004年第55回である。

前回初出場したJUDY AND MARYは同ボーカルYUKIが喉のポリープの摘出手術を受けるため辞退した。

SHAZNAはこの年デビューし「Melty Love」「すみれ September Love/C'est la vie」がヒットし多大な人気を得たものの紅白出場は果たせなかったが、メンバーのIZAMのヘアスタイルのかつらをシャ乱Qのたいせー(現・たいせい)が鳥羽一郎のバックコーラスの際に被った。

ゲスト出演者[編集]

  • 竹野内豊(俳優。反町隆史の曲中)
  • 三倉茉奈・佳奈(タレント。前年下期の連続テレビ小説『ふたりっ子』のヒロイン(少女期)・野田麗子・香子役。「'98ナガノ」)
  • 前田愛(女優。同上)
  • 前田亜季(女優。同上)
  • 鈴木杏(女優。同上)
  • スノーレッツ(長野オリンピックマスコットキャラクター)
  • 羽生善治(棋士。長山洋子の曲紹介)
  • 羽生理恵(羽生善治夫人。同上)
  • 宮川大助・花子(漫才師。Le Coupleの曲紹介およびオーロラ・輝子(河合美智子)の曲中)
  • 山田花子(タレント。Le Coupleの曲紹介)
  • 安達祐実(女優。「ありがとう1997ショー」)
  • 菅野美穂(女優。同上)
  • 佐藤藍子(タレント。同上)
  • 佐ノ山八十吉(大相撲・元大関小錦。同上および由紀さおり・安田祥子の曲紹介)
  • 田村亮子(柔道選手。「ありがとう1997ショー」)
  • 平木理化(プロテニスプレーヤー。同上)
  • 鈴木博美(陸上選手。同上)
  • 清水宏保(スピードスケート選手。同上)
  • 菊池麻衣子(女優。前年下期の連続テレビ小説『ふたりっ子』のヒロイン(青年期)・野田麗子役。オーロラ・輝子(河合美智子)の曲紹介)
  • 岩崎ひろみ(女優。同じく『ふたりっ子』のヒロイン(青年期)・野田香子役。同上)
  • 手塚理美(女優。同じく『ふたりっ子』のヒロインの母・野田千有希役。同上)
  • 段田安則(俳優。同じく『ふたりっ子』のヒロインの父・野田光一役。同上)

演奏ゲスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 1998年第49回 - 2004年第55回まで紅組司会はNHKアナウンサーが担当。2005年・第56回では仲間由紀恵が司会(同回は「グループ司会」制となり、司会の役割は決められなかったが、仲間が事実上の紅組司会を務めた。なお仲間は2006年第57回で正式紅組司会を担当しており、今回の和田以来となる女性芸能人としての正紅組司会を務めている)に起用された)。
  3. ^ 「セロリ」「ダイナマイト」のメドレー
  4. ^ 「お嫁サンバ」「マイレディー」「よろしく哀愁」のメドレー
  5. ^ 夜空の星」「ブラック・サンド・ビーチ」「蒼い星くず」のメドレー
  6. ^ 読売新聞』1997年12月4日付東京夕刊、13頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]