第11回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第11回NHK紅白歌合戦
Nichigeki-1952.jpg
会場の日本劇場(1952年撮影)
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1960年12月31日(NHK紅白歌合戦第11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第11回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1960年12月31日
放送時間 1960年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第11回NHK紅白歌合戦』は、1960年12月31日日本劇場で行われた、通算11回目のNHK紅白歌合戦。21時から23時40分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • テレビとラジオで同時中継されたが、映像は現存せず、ラジオ中継の音声と写真が現存する。また、テレビ中継とラジオ中継の両方が書かれた台本も現存する。これは放送局用の2インチVTRが当時世に出たばかりで機器・テープ共々非常に高価で大型であり、資料として録画・保存できるどころではなかったためである。
  • 2004年NHKラジオ第1で放送された特集番組内で、現存するラジオ中継の音声のうち、4人の出場歌手達(白組のみ)の歌の音声が紹介された。紹介された歌手達は以下の通り(歌唱順)。
  • 2005年にもNHKラジオ第1で放送された特集番組内で、美空ひばりの歌のラジオ中継の音声が紹介されている。
  • 和田弘とマヒナスターズはソロ出場の松尾和子の出場の際にも歌唱しており、厳密に言えば紅白史上初めて同一の回に2度出場した歌手となった。
  • 今回前後まで同じレコード会社の歌手同士を対戦させるの極力控えていたという(大相撲において、同じ部屋同士の力士は優勝決定戦でもしない限り、対戦しないのと同じ意味)。
  • 島倉千代子前回まで3年連続大トリを務めた美空ひばりに代わって初めて紅組トリを担当。当時の週刊誌では「島倉がひばりを抜いた」との記事もあったという(合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』より)。
  • 今回使用したマイクロホンは、司会者・歌手用ともにAIWA VM-17。
  • 荒井恵子が3年連続5回目のトップバッターを務めた。通算5回のトップバッターは、浜崎あゆみと並んで最多記録となっている。連続回数も1980年郷ひろみに破られる(4年連続)までは最多記録であった。紅組における連続回数でも2011年に浜崎に破られる(4年連続)までは最多記録であった。

司会者[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
荒井恵子(6) 青い月夜の散歩道 若山彰(4) さいはて岬
宝とも子(4) カチート 笈田敏夫(8) スター・ダスト
花村菊江(初) 潮来花嫁さん 橋幸夫(初) 潮来笠
中原美紗緒(5) ロマンティカ 高英男(6) ロマンス
藤本二三代(3) 東京の空の下で 青木光一(3) オーロラ鴎
朝丘雪路(3) ドンパン節 旗照夫(5) カリーナ
織井茂子(5) 母の春雷 三船浩(3) サワーグラスの哀愁
松尾和子(初) 誰よりも君を愛す 平尾昌章(初) ミヨちゃん
松島詩子(10) 喫茶店の片隅で 伊藤久男(9) 山のけむり
水谷良重(3) イッツ・ナウ・オァ・ネバー 水原弘(2) 恋のカクテル
ザ・ピーナッツ(2) 悲しき16才 和田弘とマヒナ・スターズ(2) お百度こいさん
越路吹雪(6) うちへ帰るのがこわい フランク永井(4) 東京カチート
森山加代子(初) 月影のキューバ ミッキー・カーチス(初) 恋の片道切符
美空ひばり(5) 哀愁波止場 春日八郎(6) 山の吊橋
江利チエミ(8) ソーラン節 森繁久彌(2) フラメンコ・ソーラン節
松山恵子(4) アンコ悲しや 守屋浩(初) 僕は泣いちっち
藤沢嵐子(4) ジーラ・ジーラ アイ・ジョージ(初) ラ・マラゲーニア
大津美子(5) 東京ドライブ 神戸一郎(3) 赤い夕陽が沈む頃
淡谷のり子(7) 忘れられないブルース 林伊佐緒(10) 山男の歌
有明ゆり(2)・小割まさ江(初)・沢たまき(2)・高美アリサ(初) 或る恋の物語 ダーク・ダックス(3) すずらん
石井好子(3) 黒いオルフェ 芦野宏(6) 幸福を売る男
初代コロムビア・ローズ(5) 新調深川節 三浦洸一(5) 流転
奈良光枝(9) ばら色の雲にのせて 若原一郎(5) ながれ雲
宮城まり子(6) 陽気な水兵さん 藤島桓夫(5) 月の法善寺横丁
ペギー葉山(7) マンマ フランキー堺(3) 悲しきインディアン
楠トシエ(4) 駄目デス 三波春夫(3) 忠治流転笠
島倉千代子(4) 他国の雨 三橋美智也(5) 達者でナ

主なゲスト[編集]

関連項目[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

外部リンク[編集]