中原美紗緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中原 美紗緒(なかはら みさお、1931年(昭和6年)7月18日 - 1997年(平成9年)7月8日)は、昭和期のシャンソン歌手、女優。本名は室 美紗緒(旧姓は中原)。叔父に画家の中原淳一、義理の叔母に女優で元タカラジェンヌ葦原邦子がいる。長男は映画監督・映像プロデューサーの室希太郎

経歴[編集]

東京都出身。東京芸術大学声楽科卒業。

  • 1955年(昭和30年)5月、キングレコードから「パリのお嬢さん」でデビュー。
  • 1956年(昭和31年)から7年連続でNHK紅白歌合戦に出場している(詳細は下記参照)。
  • 1958年(昭和33年)12月1日から1960年(昭和35年)10月28日まで、KRT(現TBS)で放送された連続ドラマ「あんみつ姫」で、ヒロインあんみつ姫役を演じる。
  • 1963年(昭和38年)結婚。
  • 1966年(昭和41年)、育児に専念するため芸能界から引退。
  • 1978年(昭和53年)、12年間のブランクを経て芸能界に復帰。
  • 1979年(昭和54年)10月1日から1980年(昭和55年)9月26日まで、日本テレビの子供向け番組「なんじゃ・もんじゃ・ドン!」にて「みーおばちゃん」の愛称で、司会兼歌のおねえさんとして活躍。
  • 1991年(平成3年)、歌手生活30周年記念コンサート開催。自叙伝「唄(シャンソン)に恋して」を出版。
  • 1993年(平成5年)、食道癌が発見され、手術せずに抗癌剤等で治療を行う。
  • 1994年(平成6年)春、食道癌の切開手術。大手術だったが経過は良好で1ヶ月で退院し秋には復帰。
  • 1996年(平成8年)、リンパ腺癌が発見され、再び切開手術。歌手生活40年記念コンサート開催。その直後再びリンパ腺癌が発見。
  • 1997年(平成9年)7月8日死去。享年65。同年春まで闘病の傍らステージに立ち続けた。

代表曲は、「パリのお嬢さん」、「フルフル」、「私の心はバイオリン」、「河は呼んでいる」、「バス通り裏」、「夜は恋人」などがある。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

出演映画[編集]

  • 大映「忘れじの午後8時13分」(1957年) 
  • 富士映画「妖蛇荘の魔王」(1957年) … 月田京子
  • 大映「お嬢さん」(1961年) … シャンソン歌手

テレビ番組[編集]

関連項目[編集]

関連ページ[編集]