第10回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第10回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1959年12月31日(NHK紅白歌合戦第10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第10回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1959年12月31日
放送時間 1959年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第10回NHK紅白歌合戦』は、1959年昭和34年)12月31日東京宝塚劇場で行われた、通算10回目のNHK紅白歌合戦。21時05分 - 23時35分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • テレビとラジオで同時中継されたが、映像は現存せず、ラジオ中継の音声と写真が現存する。これは放送局用の2インチVTRが当時世に出たばかりで機器・テープ共々非常に高価で大型であり、資料として録画・保存するどころではなかったためである。
  • 2009年4月29日放送のNHK-FM今日は一日“戦後歌謡”三昧』の中で全編が再放送された(音声はモノラル。ゲストのヨネヤマ・ママコのパントマイムの部分は何をやっているか判明しないためカットされた)。
  • 親子同時出場に遅れること3年、史上初めて兄弟・姉妹同時出場が今回に実現した(ザ・ピーナッツ伊藤エミ伊藤ユミ)。
  • 三橋美智也の「古城」は普通は女性コーラスが流れるが、紅白の舞台ということでボーイソプラノの少年コーラスがついた。三浦洸一の「踊子」も同様に、女性コーラスの代わりに三橋に続いて少年コーラスがついた。
  • 「黒い花びら」で初出場の水原弘は、作曲者である中村八大のピアノ伴奏で歌唱した。
  • 黒澤明監督の映画『七人の侍』(利吉の女房 役)や成瀬巳喜男監督の映画『めし』(村田里子 役)などで知られる島崎雪子が、歌手として初出場している。歌の音声と共に歌唱中の写真も現存する。
  • 7対4で紅組の優勝(当時は審査員のみ。審査員は下記参照)。
  • エンディングでの「蛍の光」は2番も歌われている。
  • 今回使用したマイクロホンは、司会者・歌手用共にRCA-77DX(つや消し塗装のTV Grayタイプ)。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
曲順 歌手 曲順 歌手
1 荒井恵子(5) 白菊の歌 2 曾根史郎(4) 僕の東京地図
3 雪村いづみ(4) スワニー 4 旗照夫(4) マック・ザ・ナイフ
5 藤本二三代(2) 好きな人 6 若山彰(3) 惜春鳥
7 朝丘雪路(2) シング・シング・シング 8 武井義明(初) 国境の南
9 織井茂子(4) モヨロ哀歌 10 若原一郎(4) アイヨ何だい三郎君
11 松島詩子(9) スペインの恋唄 12 伊藤久男(8) サロマ湖の歌
13 ザ・ピーナッツ(初) 情熱の花 14 和田弘とマヒナ・スターズ(初) 夜霧のエアー・ターミナル
15 松山恵子(3) 思い出なんて消えっちゃえ 16 青木光一(2) 出港前夜
17 島崎雪子(初) バンビーノ 18 山田真二(初) 娘が口笛吹く時は
19 二葉あき子(10) 夜汽車の女 20 林伊佐緒(9) 恋の幌馬車
21 水谷良重(2) キサス・キサス・キサス 22 水原弘(初) 黒い花びら
23 ペギー葉山(6) 南国土佐を後にして 24 フランク永井(3) 俺は淋しいんだ
25 島倉千代子(3) おもいで日記 26 三橋美智也(4) 古城
28 江利チエミ(7) 八木節 27 フランキー堺(2) もぐら祭り
30 中原美紗緒(4) ある恋の物語 29 芦野宏(5) チャオチャオ・バンビーナ
32 大津美子(4) 空へ帰る人 31 神戸一郎(2) 青春遊覧飛行
34 藤沢嵐子(3) ベサメ・ムーチョ 33 笈田敏夫(7) プリテンド
36 奈良光枝(8) 山鳩の啼く駅 35 三浦洸一(4) 踊子
38 淡谷のり子(6) 雨のブルース 37 灰田勝彦(6) 僕は野球の選手
40 宝とも子(3)・有明ゆり(初)・藤崎世津子(初) シエリト・リンド 39 ダーク・ダックス(2) 雪山讃歌
42 初代コロムビア・ローズ(4) ロマンス・ガイド 41 藤島桓夫(4) 村の駐在所
44 石井好子(2) 小さな花 43 高英男(5) ギターとタンブリン
46 越路吹雪(5) パリ・カナイユ 45 森繁久彌(初) カチューシャ
48 楠トシエ(3) 石松金毘羅道中 47 三波春夫(2) 沓掛時次郎
50 美空ひばり(4) 御存知弁天小僧 49 春日八郎(5) 東京の蟻

主なゲスト[編集]

脚注[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

外部リンク[編集]