第3回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3回NHK紅白歌合戦
Tokyo hoso kaikan.jpeg
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1953年昭和28年)1月2日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
第3回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1953年(昭和28年)1月2日(NHK紅白歌合戦第3回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト

特記事項:
NHKのテレビ放送は実験放送のため、この番組もその一環であり、本放送は翌月から。
テンプレートを表示

第3回NHK紅白歌合戦』は、1953年(昭和28年)1月2日NHK東京放送会館第1スタジオで行われた、第3回目のNHK紅白歌合戦。19時30分 - 21時にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 音声と映像は現存せず、写真が現存する。
  • 正月開催だったため、ステージ上方には「謹賀新年」のプレートが飾られている。正月番組としての開催は今回が最後になった。この年の12月31日第4回が開催され、以後大晦日での放送が定着した。
  • 過去2年間は1月3日、第4回以降は12月31日の開催であり、1月2日での開催は今回が史上唯一である。
  • 本放送を翌月に控えたNHKテレビジョンで実験放送が行われた。また、ラジオ単独での放送は今回までとなった。
  • 両軍司会は本田寿賀(朗読の実力を買われての抜擢である[1])・宮田輝が担当。紅白の司会を史上最多となる15回担当した宮田は今回が初司会だった。
  • 総合司会については、過去2年間に加え前身『紅白音楽試合』時代からこの座を担当してきた田辺正晴に代わって彼の同僚である志村正順が起用された。
  • 初めて紅組司会にNHKアナウンサーが起用された(過去2年間このポストは芸能人女優[2]が担当)ほか、司会陣がNHKアナウンサーで固められるのも史上初。
  • 当初番組側は白組司会は過去2年間に引き続き藤倉修一を起用する予定だったが、これと前後して藤倉の元に上層部からの「海外の放送事情を視察してこい」との命令が下り、藤倉3連投は立ち消えとなる。そこで藤倉の代役として白羽の矢が立ったのが、当時入局10年目の中堅だった宮田であり、そのソフトな語り口で自身が担当していた『のど自慢素人演芸会』(現:『NHKのど自慢』)や『三つの歌』などを軒並みNHKの看板番組へと押し上げた実績が買われての抜擢だった。その宮田に対し、これまで2回連続で女優を起用してきた紅組司会にも今回はアナウンサーを抜擢する方針が出され、朗読の名手として名を馳せていた本田が起用される運びとなる。両軍司会を局アナで固めた理由は聴取者が安心して番組を楽しめる、或いは出演歌手が安心して歌を歌ってもらえる環境を築き上げる必要があったためである[3]
  • 今回から実況アナウンサーが登場するようになる。初期ではこのポジションは「スポーツ」がコンセプトの一つであることから、一線級のスポーツアナウンサーが務めていた[4]
  • 上述のテレビジョンでの実験放送が実施されたことも影響してか、前回出場した宝塚歌劇団出身のスター女優である轟夕起子池真理子(三日月美夜子)、越路吹雪に続いて、今回も元タカラジェンヌでスター女優の乙羽信子月丘夢路久慈あさみが歌手として揃って出場し、出場歌手の顔ぶれも一段と華やかになった。
  • 優勝は白組。
  • 今回使用したマイクは、司会者用にRCA-77D、歌手用にマツダA型ベロシティーマイクロホン。
  • 宮田は次の第4回では、白組司会を同期の高橋圭三に譲ることとなったが、その後司会に復帰し同時に司会の常連となっていくこととなる。

司会者[編集]

審査員[編集]

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
菊池章子(2) 母の瞳 林伊佐緒(3) ダイナ・ブルース
乙羽信子(初) 初恋椿 鶴田六郎(3) 長崎の精霊祭り
平野愛子(2) 恋ひとたび 岡本敦郎(2) 青春のファンタジア
池真理子(2) 祇園ブギ 竹山逸郎(2) 心の旅路
松島詩子(2) マロニエの木蔭 高英男(初) ロマンス
奈良光枝(初) 白樺の宿 津村謙(2) 東京の椿姫
暁テル子(3) 東京シューシャイン・ボーイ 伊藤久男(2) オロチョンの火祭り
久慈あさみ(初) ボタンとリボン ディック・ミネ(初) キッス・オブ・ファイヤー
荒井恵子(初) ポカ・パカピカ 近江俊郎(2) 湯の町月夜
二葉あき子(3) 水色のワルツ 霧島昇(2) 月が出た出た
月丘夢路(初) 新雪 藤山一郎(3) 東京ラプソディ
笠置シヅ子(2) ホームラン・ブギ 灰田勝彦(2) 野球小僧の歌

脚注[編集]

  1. ^ 池井優『藤山一郎とその時代』、187頁。
  2. ^ 加藤道子丹下キヨ子
  3. ^ Ryu's Diary=TV・MUSIC・LANDSCAPE
  4. ^ 太田省一『紅白歌合戦と日本人』、25頁。

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

外部リンク[編集]