第47回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第47回NHK紅白歌合戦
NHK-Hall.jpg
会場のNHKホール
ジャンル 大型音楽番組
放送期間 1996年12月31日(NHK紅白歌合戦第47回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
外部リンク NHK紅白歌合戦公式サイト
テンプレートを表示
第47回NHK紅白歌合戦
ジャンル 大型音楽番組
放送方式 生放送
放送期間 1996年12月31日
放送時間 1996年12月31日
放送局 NHKラジオ第1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

第47回NHK紅白歌合戦』(だいよんじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1996年平成8年)12月31日NHKホールで行われた、通算47回目のNHK紅白歌合戦。20時から21時25分および21時30分 - 23時45分にNHK生放送された。

概要[編集]

  • 両軍司会は松たか子古舘伊知郎(3年連続)が担当。当時19歳の松は紅白司会者の最年少記録(未成年者が司会が務めるのは史上初)を打ち立てた。
  • 当初番組側は3年連続での上沼恵美子・古舘の両軍司会起用を構想していた。しかし上沼が古舘との確執を理由に続投の要請を拒否したことで、この年の大河ドラマ秀吉』に出演していた松が起用される運びとなった。だが松は本番中、森口博子の歌唱前でスタンバイ中に誤って曲紹介を終えようとし、たまたまその時応援として司会席に居た過去に紅組司会の経験がある和田アキ子に助けられる一幕(この時、和田は「どうして私が居る時にこんなふうになっちゃったんでしょうか?」と松に対し述べた。なお、これに松は和田に「頼りにしてます」と返している)もあれば、本人がファンだという松田聖子の歌唱前では台本が飛んでしまうなどミスも相次いだ(これには視聴者から苦情が相次いだ)。
  • 紅組司会については、上沼の辞退表明後、松嶋菜々子(この年上期の連続テレビ小説ひまわり』のヒロイン)、沢口靖子1985年上期の連続テレビ小説『澪つくし』のヒロイン出身で、『秀吉』に出演)、森口博子も候補に挙がっていたとされる。しかし蓋を空けるとそれまで下馬評では一切名前が挙がらなかった松が選出された[1]
  • オープニングにて古舘は上沼の実名こそ出さなかったものの紅組司会が交代したことを強調する意味で、「あの大体紅白の司会と畳は新しい方が良いと言われてましてですね」「今もうかなりの割合の人が『あっ松さん、新鮮だ・可愛い・守ってあげたい』そういう気持ちになってますんでね」「昨年までは若干私の方が可哀相だというような意見があった」と話す場面があった[2]
  • 同じくオープニングにて久々に「乾杯の歌」が使用された。
  • 上沼・古舘の両軍司会となった過去2年間は審査員紹介もこの両軍司会コンビが行ったが、今回のこれは総合司会の宮本隆治草野満代が担当した(以後、1999年第50回まで再び審査員紹介は総合司会の担当となった)。
  • ウルフルズは同ボーカルのトータス松本が演中に倒れて演奏がストップ。白組歌手からの「トータス!トータス!…」と呼びかける掛け声で立ち上りまた歌いだすという演出を行った。
  • 近藤真彦の演奏が始まる前に、まだCDデビュー前(翌1997年にCDデビュー)のKinKi Kidsが登場し「ミッドナイト・シャッフル」のサビ部分を歌った。また演奏にたのきんトリオ野村義男がギター奏者として参加。
  • この年森且行が脱退し、5人編成となったSMAPが今回、初めて第2部で歌唱(以後、毎回第2部で登場)。第2部オープニングで松・古舘が揃って登場、SMAPと共演経験のある松に「何も言うことはありません」と言わしめた(曲タイトル読み上げも2人で行われた)。また、SMAPは鳥羽一郎の歌唱時にもバックダンサーとして登場した。
  • 玉置浩二のバックバンドにはTOKIOを迎えて演奏した。
  • 米米CLUBは、「浪漫飛行」の終了直前に同ボーカルのカールスモーキー石井がステージから客席に転落した。
  • 憲三郎&ジョージ山本は、北島三郎の掛け声と共に登場。しかし憲三郎が北島に似せたメイク、そしてものまねで歌ったことで会場が笑いに包まれた。この時の映像は、ユニットを生んだ日本テレビ系列『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』内でも放送された。
  • ときめきをさがしに」(ドラマ新銀河素敵に女ざかり』主題歌。島倉自身が作詞を手掛けた)を歌唱した島倉千代子は歌詞が書かれたカンペを左手に隠し持っていたが、それにも関わらず歌詞が飛ぶという失態を犯した。その後、島倉が紅白に出場したのは2004年第55回の1回限りだった(島倉は2013年に死去)。
  • 今回の衣装対決は、美川憲一が総額2億円のセットを使用し、派手な電飾と布地とドッキングした衣装が宙を舞うというもので、小林幸子は背後に雪をイメージした電飾が咲くというものだった。また、両者の間に挟まれた形で出場したシャ乱Qも衣装対決に参戦しており、たいせーが宙乗りをし、つんくの衣装の塗装が全て剥げるという仕掛けを行った。
  • また、この年亡くなった藤子・F・不二雄渥美清を偲び第1部では、「ドラえもんのうた」(テレビ朝日系アニメ『ドラえもん』における当時の主題歌)を出場歌手(松田聖子がしずか役、SMAPの中居正広スネ夫役、RATS&STAR桑野信義ジャイアン役をそれぞれ演じた)と松で、第2部では、「男はつらいよ」を出場歌手で大合唱された。前者では、ドラえもんのび太・しずか・スネ夫・ジャイアン・のび助玉子の着ぐるみも登場した。さらにドラえもん・のび太・しずか・スネ夫・ジャイアンについては、当時のアニメ版『ドラえもん』の声優陣(大山のぶ代小原乃梨子野村道子肝付兼太たてかべ和也)の参加によって声も発していた。この演出について、大山は後に著書『ぼく、ドラえもんでした。』内で「前の時間帯で(テレビ朝日で)『ドラえもん』のスペシャルをやっている中、こういう局の垣根を越えた演出をしてくれて感謝しています」と述べている。
  • 白組トリおよび大トリは、この年デビュー35周年を迎え、且つ今回のテーマ「歌のある国・にっぽん」にちなんだ北島三郎の「風雪ながれ旅」。
  • 優勝は白組。
  • 前回に続き2年連続で総合司会を務めた草野はこの2ヶ月後にNHKを退職してフリーアナウンサーとなり、翌年の12月31日は第48回裏番組第39回日本レコード大賞』(TBS系列。なお草野はフリー転身から長らく、TBSと専属契約をしていた)の司会を務めた[3]。また、第48回では宮本が初めて単独で総合司会を務める形になった。
  • 今回紅組司会を務めた松は翌年に歌手デビューを果たし、第48回は出場歌手としての出演を果たした(前年の司会が歌手として初出場するのは初めて。なお、紅組司会続投並びに歌手兼司会の可能性もあった)。また第48回にて同回の紅組司会を務めた和田アキ子が松の曲紹介時、松が前回(今回)紅組司会を務めたことに触れた後、松が和田に「去年はありがとうございました」、和田が松に「いえいえ、どう致しまして」とのやりとりを交わす場面があった。さらに同回での和田の歌手出番の曲紹介を松が担当した。
  • 古舘は第48回においても司会発表前、各マスコミに白組司会の有力候補(「4年連続起用で内定」と報じたメディアもあった)と報じられたが、結局中居正広にその座を譲ることとなった。そして、今回を最後に紅白の司会を担当していない。

司会者[編集]

演奏[編集]

審査員[編集]

大会委員長[編集]

  • 斎藤曉・NHK放送総局長

出場歌手[編集]

紅組 白組
歌手 歌手
第1部
JUDY AND MARY(初) そばかす ウルフルズ(初) ガッツだぜ!!
相川七瀬(初) 夢見る少女じゃいられない 小沢健二(2) 大人になれば
門倉有希(初) 女の漁歌 TOKIO(3) ありがとう…勇気
長山洋子(3) ヨコハマ・シルエット 鳥羽一郎(9) カサブランカ・グッバイ
TRF(3) LEGEND OF WIND 近藤真彦(9) ミッドナイト・シャッフル
中村美律子(4) 人生そこそこ七十点 吉幾三(11) エレジー〜哀酒歌〜
DREAMS COME TRUE(7) そうだよ RATS&STAR(初) 夢で逢えたら
森高千里(5) ララ サンシャイン 郷ひろみ(17) 2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-
大月みやこ(10) 夢日記 前川清(6) 抱きしめて
都はるみ(28) 好きになった人'96 森進一(29) 夜の無言
第2部
安室奈美恵(2) Don't wanna cry SMAP(6) SHAKE
華原朋美(初) I'm proud 藤井フミヤ(4) Another Orion
松田聖子(12) あなたに逢いたくて〜Missing You〜 玉置浩二(初) 田園
globe(初) Can't Stop Fallin' in Love 米米CLUB(4) 浪漫飛行
杏里(3) オリビアを聴きながら 南こうせつ(4) 夢一夜
瀬川瑛子(4) 笑いじわ 憲三郎&ジョージ山本(初) 浪漫-ROMAN-
森口博子(6) 視線 美川憲一(13) 北国夜曲
小林幸子(18) 越後情話 シャ乱Q(2) いいわけ
由紀さおり安田祥子(5) この道 小林旭(7) 北帰行
和田アキ子(20) Mother さだまさし(8) 案山子
島倉千代子(34) ときめきをさがしに 堀内孝雄(9) 遠くで汽笛を聞きながら
藤あや子(5) 谷村新司(10) 愛に帰りたい
石川さゆり(19) 昭和夢つばめ 細川たかし(22) 女のしぐれ
伍代夏子(7) 鳴門海峡 五木ひろし(26) 女の酒場
坂本冬美(9) 夜桜お七 北島三郎(33) 風雪ながれ旅

「ドラえもんショー」曲目・歌手

「男はつらいよショー」曲目・歌手

  • 男はつらいよ」:五木ひろし、伍代夏子、さだまさし、カールスモーキー石井、石川さゆり、北島三郎、出場歌手全員

選考を巡って[編集]

米米CLUBは、解散前の最後の紅白出場となった。なお、米米はそれから10年後である2006年に再結成を遂げ、翌2007年第58回に1回限りながら紅白復帰を果たした。

過去にとんねるずとして出場した木梨憲武が、今回「憲三郎&ジョージ山本」として出場した(後に野猿としても出場)。

近藤真彦1988年第39回以来8年ぶりの出場となった。

玉置浩二(この年の大河ドラマ秀吉』の足利義昭役)はソロ歌手としては初出場だが、以前安全地帯のバンドボーカルとして第36回に出場しており、それ以来11年ぶりの出場となる。

PUFFYは9月の段階でテレビ神奈川の年越しライブへの出演依頼を受けてしまい、紅白出場を辞退することになった[4][5]

この年開催されたアトランタオリンピックNHK中継テーマソング熱くなれ」を担当した大黒摩季の出場も実現しなかった。

前回出場した酒井法子西城秀樹は落選した。NHKによると、この年の音楽活動の不足が原因という[6]。また1991年第42回から5年連続出場していた香西かおりも落選(香西・西城は翌1997年第48回で2年ぶりに復帰出場)。

ゲスト出演者[編集]

演奏ゲスト[編集]

参考文献・出典[編集]

  • NHK『テレビ50年 あの日あの時、そして未来へ』(NHKサービスセンター 2003年2月)

脚注[編集]

  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の真実』、『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ 合田『紅白歌合戦の舞台裏』
  3. ^ 日本レコード大賞』の司会(メイン格)はこの年から2011年まで紅白の司会経験者(古舘の前任白組司会)である堺正章が務めることとなり、紅白司会経験者の2人が翌年の『第39回日本レコード大賞』で揃って司会を担当する格好となった。
  4. ^ 【1996年6月】アジアの純真/こんなに売れるとは…Puffy まさかの紅白辞退、スポニチアネックス、2011年6月23日。
  5. ^ その後1996年12月4日にPUFFYの吉村由美が自転車事故で重傷を負った事で結局いずれの出演も辞退した(テレビ神奈川の方は同じPUFFYの大貫亜美のみがお詫びのコメントを述べる形で出演)。
  6. ^ 紅白にソッポ組の言い分、ZAKZAK、1996年11月29日。(インターネット・アーカイブのキャッシュ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]