ウルフルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウルフルズ
基本情報
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ロック
ファンク
ロックンロール
オルタナティヴ・ロック
ポップ・ロック[1]
J-POP[1]
職業 バンド
活動期間 1988年 - 2009年2014年 -
レーベル 東芝EMI
1992年 - 2007年
ワーナーミュージック・ジャパン
(2007年 - 2009年
事務所 タイスケ
共同作業者 伊藤銀次
公式サイト ウルフルズ オフィシャルサイト : ULFULS.com
メンバー
トータス松本ボーカル
ウルフルケイスケギター
ジョン・B・チョッパーベース
サンコンJr.ドラムス

ウルフルズ (ulfuls)は、日本ロックバンド1988年に結成。1992年東芝EMIからシングルやぶれかぶれ』でデビュー。公式ファンクラブ名は「ウルフルクラブ」である。わいもくん、うちもちゃん、ホンキーマン、メタハン坊やというようなマスコットキャラクターが存在する。ボーカルの「トータス松本」は音楽活動以外にも、映画俳優、バラエティタレントとしてテレビ出演することも多い。

概要[編集]

1988年英語の歌詞を用いたネオ・サイケデリアバンド、D'fで活動していたウルフルケイスケが、大阪中津インド喫茶「カンテ・グランデ」(通称:カンテG)のバイト仲間であるトータス松本を何度かセッションに誘ったのち、D'fを脱退。松本らとともにウルフルズを結成。その後、ドラマーが脱退したため、客としてライブに来ていたサンコンJr.を勧誘。バンドに迎え入れた。

バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来。意味はない。またオオカミとは無関係。

1990年6月に東京での初ライヴ。1992年5月13日東芝EMIからシングルやぶれかぶれ』でデビュー。6月17日ファーストアルバム爆発オンパレード』をリリース。

1996年、6枚目のシングル『ガッツだぜ!!』、続く7枚目のシングル『バンザイ 〜好きでよかった〜』、サード・アルバム『バンザイ (アルバム)』をリリース。アルバム『バンザイ』は100万枚を超える累計売上を記録した。同年、NHK紅白歌合戦に初出場。その際「『ガッツだぜ!!』の歌詞の一部が卑猥だ」として歌詞を変えるか否かが問題となり、最終的に一部分のみを変更した。

1999年ベーシストジョン・B・チョッパーが脱退し作家に転身。3人編成となる。

2001年、『明日があるさ』をリリース。同年、吉本興業オールスターズとも言えるRe:Japanとのコラボレーションで再び紅白歌合戦に出場した。

2002年ウルフルズ10周年5時間ライブ!! 〜50曲ぐらい歌います〜』にジョン・B・チョッパーが出演。2003年6月1日日比谷野外音楽堂にて行われたフリーライブにて正式に復帰、再び4人編成となった(ジョン・B・チョッパー脱退時、ライブやレコーディングを支えていたベーシストは、順にCHIROLYN上野イチロー高橋"Jr."知治の3人である。2000年以降2009年現在まで、ライブはキーボード伊東ミキオを加え、5人で行っている。一部イベントやライブを除く。大々的に一般募集もし、かなりの応募があったが適役がいなかったとのこと。)

2003年に発売された『ええねん』は関西では「この年の日本シリーズで日本一を逃した阪神タイガースのファンの気持ちを代弁する曲」としても受け入れられたという見方がある[2]。もっとも、この曲が完成したのは阪神タイガースがリーグ優勝を決める2か月近く前のことである。『ええねん』は地元大阪のラジオ局FM802OSAKAN HOT 100ではJ-POPとしては最長の9週連続1位を記録した。

2007年1月1日ワーナーミュージック・ジャパンに移籍。同時に、2007年に発売するシングル『情熱 A GO-GO』の歌詞を発表した。

2009年7月9日、公式サイトにて同年8月29・30日開催の野外コンサート「ヤッサ!」をもって活動休止とすることを発表。翌日、六本木ヒルズアリーナにて、フリーライブがおこなわれた。

2014年2月25日、公式サイトにて活動再開のアナウンスが発表され、配信限定シングル「どうでもよすぎ」を配信開始、さらに、6年半ぶりの全国ツアーと5年ぶりの野外コンサート「ヤッサ!」の開催が決定された。

メンバー[編集]

メンバーの詳細は当該項目を参照のこと

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1st 1992年5月13日 やぶれかぶれ -
2nd 1993年5月19日 マカマカBUNBUN -
3rd 1993年10月27日 世の中ワンダフル -
4th 1994年8月31日 借金大王 -
5th 1994年11月16日 すっとばす -
6th 1995年3月15日 トコトンで行こう! -
7th 1995年5月21日 大阪ストラット・パートII -
8th 1995年7月19日 SUN SUN SUN'95 96位
9th 1995年12月6日 ガッツだぜ!! 6位
10th 1996年2月7日 バンザイ 〜好きでよかった〜 13位
11th 1996年7月3日 ブギウギ'96 2位
12th 1996年7月3日 そら 9位
13th 1996年12月11日 コマソンNo.1 5位
14th 1997年2月26日 それが答えだ! 15位
15th 1997年10月8日 かわいいひと 5位
16th 1997年12月10日 しあわせですか 18位
17th 1998年5月13日 まかせなさい 20位
18th 1998年10月28日 あそぼう 21位
19th 1999年10月14日 ヤング ソウル ダイナマイト 29位
20th 1999年11月26日 60位
21st 2001年2月16日 明日があるさ 4位
22nd 2001年4月28日 ナニワゲノム 〜ウルフルズ・メガミックス・メドレー〜 41位
23rd 2001年10月17日 がむしゃら 〜熱くなれ〜/事件だッ!! 15位
24th 2002年2月20日 笑えれば 10位
25th 2003年11月6日 ええねん 20位
26th 2004年11月3日 バカサバイバー 13位
27th 2005年1月13日 暴れだす/大丈夫 10位
28th 2006年1月25日 サムライソウル 18位
29th 2007年4月18日 情熱 A GO-GO 22位
30th 2007年7月25日 両方 For You/泣けてくる 15位
31th 2007年10月31日 たしかなこと 28位

配信限定シングル[編集]

リリース日 タイトル
1st 2014年2月25日 どうでもよすぎ

オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1st 1992年6月17日(廃盤)
1994年12月14日(再発)
2012年1月25日(再発)
爆発オンパレード 74位(再発)
2nd 1994年8月31日 すっとばす 61位
3rd 1996年1月24日 バンザイ 1位
4th 1997年3月26日 Let's Go 5位
5th 1998年6月17日 サンキュー・フォー・ザ・ミュージック 4位
6th 1999年12月8日 トロフィー 12位
7th 2002年3月27日 ウルフルズ 18位
8th 2003年12月10日 ええねん 14位
9th 2005年2月23日 9 6位
10th 2006年3月8日 YOU 12位
11th 2007年12月12日 KEEP ON, MOVE ON 9位
12th 2014年5月21日 ONE MIND -位

ベストアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1st 1999年4月21日 Stupid&Honest 6位
2nd 2001年4月28日 ベストだぜ!! 3位
3rd 2007年2月21日 ベストやねん 6位

ライブアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1st 2003年3月9日 ウルフルズ10周年5時間ライブ!! 〜50曲ぐらい歌いました〜 82位

その他のアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1st 2006年1月25日 バンザイ 〜10th Anniversary Edition〜 15位

ビデオ/DVD[編集]

  1. ウルフルV(ウルフルDVD)(1995年1月26日)
  2. ウルフルV中(1995年12月16日)
  3. LIVE IN JAPAN(1996年3月13日)
  4. 愛ゆえに嗚呼 愛ゆえに爆発!!(1997年4月21日)
  5. ウルフルズがやってくるヤッサ!ヤッサ!ヤッサ!(1998年1月18日)
  6. 明日があるさ(ジョージアで行きましょう編)〜風吹けば初志貫徹〜(DVDシングル)(1999年1月20日)
  7. ウルフルズがやってくるヤッサ!ヤッサ!ヤッサッサ!2(1999年11月10日)
  8. ツーツーウラウラ(2002年3月18日)
  9. ええねん OSAKANグラフィティ(2004年7月14日)
  10. ウルフルズ at 武道館(2005年4月16日)
  11. ウルフルV3(2005年7月14日)
  12. ウルフルVVV(2007年1月25日)
  13. 希望、無謀 at BUDOKAN(2008年8月27日)
  14. ウルフルズがやって来る!ヤッサ09FINAL!!(2009年11月11日)

出演[編集]

NHK
日本テレビ系列
TBS系列
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
テレビ東京系列
スペースシャワーTV

など

出演に関して[編集]

スペシャルドラマ『ナニワ金融道』シリーズの1996年10月8日放送の第2作にはメンバー全員が道頓堀栄養ドリンクを路上販売する若者達の役で少し出演した。

トータス松本出演の江崎グリコ「ポスカム」CMに、トータス以外のメンバー3人も、選挙候補者・歯竹強(トータス)の演説に聞き入るストリートバンドや、選挙活動のスタッフなど様々な役で出演している。

映画『ゲロッパ!』において、キャストとして出演したのはトータス松本のみであったがスタッフロールにおける出演者紹介(ダンス)の際にはトータス松本に加えメンバー全員が映った。

エピソード[編集]

上述のバイト先である「カンテ・グランデ」には、偶然にも現在では放送作家として活躍する高須光聖が先輩として働いており、後輩にあたるメンバーとは非常に仲が良かったという。ともにバイトを辞めた後、それぞれ全く別の理由で上京することになるものの、両者の親交は変わらず続いていたようであり、ウルフルズとして東京に進出したもののヒットが出ず伸び悩んでいた頃には、既にダウンタウンらとともに業界に携わっていた高須に「どうすれば歌が売れるのか」などの相談をしていた。

なお、その際に試しに高須に聞かせた楽曲が後に大ヒットとなる『ガッツだぜ!!』であったのだが、その時の高須の感想は「あかん!こんなん絶対売れへん!」だったという(以上のエピソードはラジオ放送「松本人志の放送室」、「高須光聖の放送サッカーズ」などで聞くことが出来る)。

かつてNHKの「トップランナー」出演時に、ウルフルズは解散しないのか?という司会者の質問に対し、トータスは「紳助・竜介ダウンタウンの漫才を観たときに、コイツらには負けたと思って解散したと聞いた。だからウルフルズが解散するときは、コイツらには負けたというバンドが出てきたとき。出てこへんから言うてる。出てきてみぃ!」と発言している。

脚注[編集]

関連人物[編集]

  • 伊藤銀次 - プロデューサー
  • 宮内和之 - 大阪ストラットの歌詞中に登場する「お〜い、宮内クン」

外部リンク[編集]