レキシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レキシ は、日本のミュージシャン「池田貴史」によるソロユニットである。

経歴[編集]

  • 専門学校在学中に「インド池田と紙袋たち」を結成。
  • 1997年、SUPER BUTTER DOGメジャーデビュー。この頃「レキシ」結成(当時のメンバーは池田、シャカッチ、DJ書道(沢田周一))。
  • 2003年、池田がレギュラー出演していたスペースシャワーTV製作、熱血!スペシャ中学(番組終了)企画のイベントライヴ『熱血!スペシャ中学 学園祭2003〜LOVELOVEしようよ〜』にて久々の復活。MC.池田貴史、DJ.オカモト"MOBY"タクヤ。打ち込みスタイルで、MOBYは歴史雑学を詠う。
  • 2004年、同じくイベント2004に登場(池田、HUNTER(ex麻波25)、DJ.シャカッチ)。池田は甲賀、シャカッチは忍者、HUNTERは普段の衣装を身にまとう。『忍者』『狩りから稲作へ』『LOVE レキシ』を披露する。
  • 2005年、同イベント2005に登場(池田、MC.足軽先生、DJ.シャカッチ)。ここからレキシとしての音楽制作開始。
  • 2006年度の天才ビットくん(現・ビットワールド)ビットモン・デュエル新春スペシャルにゲスト出演し、全勝優勝を飾った。以降は準レギュラー。
  • 2007年6月デビューアルバム『レキシ』リリース。SUPER BUTTER DOG主催の野外イベント「ファンキー大百科」のオープニングアクトとして出演。
  • SUPER BUTTER DOG解散。
  • 2011年3月2ndアルバム『レキツ』リリース。
  • 2012年2月江崎グリコ「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」山崎まさよし吉高由里子など他アーティストとCM出演。
  • 12月3rdアルバム『レキミ』リリース。全国ツアー「レキシツアー 〜今回は遺跡にいけるのですか?〜」開催。
  • 2013年9月、CM マルちゃん『麺づくり』出演。
  • 2014年6月4thアルバム『レシキ』リリース。
  • 8月20日、ハニワの日として初の日本武道館ワンマン公演開催。

メンバー[編集]

池田貴史(いけだ たかふみ、1974年2月15日 - )
ボーカル、ピアノ、キーボード、作詞、作曲、編曲、セリフ etc.

他に、参加したミュージシャンには仲間の証として「レキシネーム」が付けられている。

ディスコグラフィ[編集]

レキシ[編集]

曲目
  1. 歴史ブランニューデイ
  2. Let's忍者
  3. Good bye ちょんまげ
  4. 真田記念日
  5. ええじゃないか
  6. 万葉集
  7. 参勤交代
  8. HiMiK
  9. 踊り念仏
  10. LOVEレキシ
  11. 和睦
  12. 兄じゃ I need you (ボーナストラック)
参加ミュージシャン


  • 全作詞・作曲・編曲:池田貴史
  • 作詞:いとうせいこう、池田貴史 作曲:池田貴史 (#1)
  • 作詞:池田貴史 作曲:池田貴史、シャカッチ (#2、#10)
  • 作詞:万葉集 山上憶良「貧窮問答歌」より一部抜粋 作曲:池田貴史 (#6)
  • 作詞・作曲:池田貴史、シャカッチ (#12)
初回限定1万枚
  • 本人+参加ミュージシャンによる完全なる手書きジャケット。
  • DVD - 歴史ブランニューデイ(Music Video)

レキツ[編集]

曲目
  1. そうだレキシーランド行こう
  2. きらきら武士
  3. ペリーダンシング
  4. どげんか遷都物語
  5. ほととぎす
  6. かくれキリシタンゴ 〜Believe〜
  7. レキシ ト ア・ソ・ボ
  8. 妹子なぅ
  9. 狩りから稲作へ
  10. 歴史と遊ぼう
参加ミュージシャン


  • 全作詞・作曲・編曲:池田貴史
  • 作詞:池田貴史、ANI、BOSE (#1)
  • 作詞:池田貴史、安藤裕子 (#5)
  • 作詞:池田貴史、Mummy-D (#6)
  • 作詞:池田貴史 作曲・ジョン・タヴナー ("The Lamb")[1] 編曲:池田貴史 (#7)
  • 作詞:池田貴史、堂島孝平 (#8)
  • 作詞:池田貴史、いとうせいこう (#9)
初回限定1万枚
  • 本人+参加ミュージシャンによる完全なる手書きジャケット。
  • DVD - #1.アルバム制作ドキュメンタリー、#2.どげんか遷都物語 (MUSIC VIDEO)

レキミ[編集]

曲目
  1. 大奥〜ラビリンス〜 feat. シャカッチ
  2. 姫君Shake! feat. 齋藤摩羅衛門
  3. 武士ワンダーランド feat. カブキちゃん
  4. ハニワニハ
  5. 恋に落ち武者 feat. 足軽先生
  6. 古墳へGO!
  7. 甘えん坊将軍
  8. 君がいない幕府 feat. お台所さま
  9. LOVE弁慶
  10. 墾田永年私財法 feat. 田ンボマスター
参加ミュージシャン


  • 全作詞・作曲・編曲:池田貴史
  • 作詞・池田貴史、いとうせいこう 作曲・編曲:池田貴史 (#5)
初回限定1万枚
  • 本人+参加ミュージシャンによる完全なる手書きジャケット。
  • 初回DVD
    • 「姫君Shake! feat. 齋藤摩羅衛門」ミュージックビデオ
    • レキシ池ちゃんとシャカッチ、百休さんによる遺跡ドキュメンタリー
    • 「赤き縄文から青き弥生へ」 (撮影・いかるがくん)

レシキ[編集]

曲目
  1. キャッチミー岡っ引きさん feat. もち政宗
  2. 年貢 for you feat. 旗本ひろし、足軽先生
  3. お犬様 feat. 尼ンダ
  4. RUN 飛脚 RUN
  5. solt & stone
  6. 僕の印籠知りませんか?
  7. 憲法セブンティーン feat. シャカッチ
  8. Takeda’ feat. ニセレキシ
  9. ドゥ・ザ・キャッスル feat. 北のパイセン問屋
  10. アケチノキモチ feat. 阿部sorry大臣ちゃん
参加ミュージシャン
  • 城持狂兄 (#9)
  • たくみのかみ原子 (#9)
  • 夢のまた夢清水 (#9)
  • ハゲノウズメ (#9)


  • 全作詞・作曲・編曲:池田貴史
初回限定1万枚
  • 本人+参加ミュージシャンによる完全なる手書きジャケット。
  • 初回DVD
    • バラエティ番組風ドキュメンタリー
      「レキシ池ちゃんと東インド貿易会社マン、百休さんによる「ハニワどうでせう?」」
      レコーディングドキュメンタリー

参加作品[編集]

怒髪天
  • 恋のレキシカン・ロック feat.レキシ (作詞、キーボード、ラップ)
  • 夕焼けのメロディー(キーボード)
  • め組の人/怒髪天 x Scoobie Do(キーボード、コーラス)
サンボマスター
  • I'm in love 光る海(ピアノ)
  • あなたのことしか考えられない(ピアノ)
星野源
  • フィルム (キーボード)
小松未可子
  • ソラウミ (キーボード)
野宮真貴
  • マキのレキシ (プロデューサー)
  • マキのヤボウ (プロデューサー)
スネオヘアー
  • 家庭に入ろう (キーボード)
  • シャボン (キーボード)
  • さらり (キーボード)
  • slow dance (キーボード)
  • トキメキシュナイダー (キーボード)
  • スコール (キーボード)
  • スターマイン (キーボード)
  • 横顔/きたのきい to スネオヘアー (キーボード)
  • ワルツ (キーボード)
  • 悲しみのロックフェスティバル (キーボード)
  • 空も忙しい (キーボード)
  • アルバム「スカート」 (プロデューサー、キーボード)
安藤裕子
毛皮のマリーズ
  • Mary Lou (キーボード)
岡野宏典
  • メロドラマ (キーボード)
椎名林檎
  • 労働者 (アレンジ、キーボード、コーラス)
アルファ
  • Going Going Going (ピアノ、ピアノアレンジ)
町田昌弘
  • てくてく (ピアノ、ピアノアレンジ)
  • ブルンベルグ (ピアノ、ピアノアレンジ)
  • クラシック (ピアノ、ピアノアレンジ)
Jackson vibe
  • カミサマ オネガイ (キーボード)
  • Walk down a bridge (キーボード)
忌野清志郎 Feat. RHYMESTER

「池田貴史」としての提供作品[編集]

出演[編集]

CM[編集]

TV[編集]

NHK Eテレ
おはようそんぐ「重箱の隅つつくの助」(歌:担当)
作詞:佐藤雅彦うちのますみ / 作曲:近藤研二
TOKYO MX
BSスカパー
  • IDOL REVUE MUSiC×iD[3](2013年6月5日 - )※MC
100%ヒッツ!スペースシャワーTVプラス
  • MUSiC×iD Plus+[3](2013年6月14日 - )※MC

その他[編集]

  • 2ndアルバム「レキツ」に合わせて「きらきら武士」のPVを制作するも、発売前に東日本大震災が発生する。PVでは池田が扮する武士が炎の中を演舞する(実際は赤い照明を大きく揺らしながら照らし炎上を演出)シーンがあったが配慮のため、公開されたPVでは、そのシーンはモノクロトーンに修正されている。
制作当初、共演した仲川希良のブログにて炎のシーンが撮影されたことを紹介している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ File:John Tavener The Lamb.ogg
  2. ^ マルちゃん「麺づくり」HP
  3. ^ a b BSスカパー版とスペースシャワーTV版は別編成・別楽曲で放送
  4. ^ 仲川希良ブログ

外部リンク[編集]