MONKEY MAJIK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MONKEY MAJIK
アメリカ・ニューヨークのウェブスター・ホールでのライブ。左からメイナード、DICK(見切れている)、ブレイズ、tax。2012年11月。}
アメリカニューヨークウェブスター・ホールでのライブ。左からメイナード、DICK(見切れている)、ブレイズ、tax。2012年11月。
基本情報
別名 モマジ、もまじ、モンキー
出身地 日本の旗 日本 青森県
ジャンル ポップ・ロック
オルタナティヴ・ロック
ミクスチャー・ロック
活動期間 2000年 -
レーベル UNDER HORSE RECORDS
2002年2005年
binyl records2006年~)
事務所 エドワード・エンターテインメント・グループ
公式サイト monkeymajik.com
メンバー
メイナード・プラント
ブレイズ・プラント
tax
DICK
旧メンバー
漆坂ミサオ
イギリス人(匿名)
カナダ人(匿名)
Jan

MONKEY MAJIK日本語発音:モンキーマジック。英語発音: [ˈmʌŋki ˈmæʤɪk] ンキジク)は、日本ポップロックバンド。略称は「モマジ」「もまじ」「モンマジ」「モンキー」。

プロフィール[編集]

カナダ人兄弟がツイン・ボーカルおよびツイン・ギターを担当し、日本人2人がリズムセクションを担う4人組バンド。青森県南部地方で結成された当初は現メンバーより多国籍在留外国人のバンドであったが、宮城県仙台都市圏への移住を経て日本・カナダ混成バンドに収束したため、両国の「ハイブリッド・バンド」と称されることもある。メジャー・デビューした現在も全員が宮城県仙台市在住。

カナダ人兄弟が日本語と母国語の英語をミックスして歌う、J-POP洋楽の要素を併せ持った楽曲が特徴で、その比重は日本語詞が大半を占めるものから全編英語詞のものまで様々である。ただし、曲中のラップはほぼ英語である。

バンドを結成した初期から歌詞に日本語を使用しており、メイナードは「日本語で歌わなかったら日本でやる意味がない」「日本人のメンバーも含めみんなの声を入れたい」と述べている[1]。現在も日本語詞は日本人メンバーが作詞している。

2006年(平成18年)、フジテレビ月9ドラマ西遊記』の主題歌「Around The World」のヒットにより有名バンドの仲間入りをし、2007年(平成19年)にはヨコハマタイヤイメージソング「空はまるで」がUSENの総合チャートとリクエストチャートで1位となり、発売前の楽曲が同チャート1位となるのは史上初だったため話題となった。このほかにもテレビCM映画などでのタイアップが目立つ。また、SMAPの42枚目のシングル「そのまま」を手がけた。

日本国外務省およびカナダ外務省より「日加国交樹立80周年記念親善大使」、国土交通省東北運輸局および東北観光推進機構より「東北観光親善大使」、ベガルタ仙台より「ベガルタ仙台日加親善大使」、日本国外務省より「復興発信使(KIZUNA大使)」を委嘱されている。2009年(平成21年)にはカナダ公式訪問中の天皇皇后両陛下の前で天覧ライヴを行った。

マネージメントはエドワード・エンターテインメント・グループに所属。レーベルについては、スタジオ収録音源はインディーズ時代がUNDER HORSE RECORDSメジャー・デビュー後がbinyl recordsavex内レーベル)、ライブ収録音源はインディーズ・メジャー通じてUNDER HORSE RECORDS。

メンバー[編集]

Maynard Plant(メイナード・プラント、1975年8月6日 - )
  • ソロ活動時は「blanc.」(ブラン。フランス語で「」の意味)と名乗る。
ヴォーカルギター担当。
カナダオンタリオ州オタワ首都)出身。クイーンズ大学卒。英語フランス語日本語、および、南部弁を話すことが出来る。カナダに居たときは趣味で作曲し、自室で演奏するにとどまっていた。JETプログラムの外国語指導助手 (ALT)として来日。バンド名の元になった「Monkey Magic」を歌うゴダイゴを「」と称して尊敬している。また、UA小田和正スピッツをリスペクトしている[2]。ちなみに、父親もプロのミュージシャンで、ポール・アンカの前座を務めたこともある。なお、プラント兄弟は6人兄弟である(メイナードとブレイズはそれぞれ二男と四男、上から2番目と5番目)。
Blaise Plant(ブレイズ・プラント、1980年3月18日 - )
ヴォーカルギター担当。
カナダ・オンタリオ州オタワ出身。フルネームはブレイズ・ジョゼフ・アンソニー・プラント (Blaise Joseph Anthony Plant)。メイナードの弟。英語・フランス語・日本語を話すことが出来る。日本でのデビュー初期の頃は大抵英語で喋っており、よくメイナードが通訳をしていたが、現在は日本語で会話できる。普段の日本語は、周囲の仙台弁や兄の南部弁に影響されて訛ってきている。仙台ではアイスホッケーチームにも所属している。12歳頃から作曲を始めており、音楽歴はメイナードより長い。カナダでは高校生のときからシンガー・ソングライターとしてクラブなどで演奏し、その後、幼稚園の先生をしながら音楽のプロ活動をし、一方で役者を目指していた。2007年平成19年)秋に公式ブログを開設。2008年(平成20年)3月18日(自身の誕生日)より、ソロプロジェクトThe Alphabet Project」を始動し、同時にオフィシャルウェブサイトを開設。ソロプロジェクトの曲は、当面ダウンロード販売のみ。
tax(1975年8月31日 - )
ドラムス担当。
宮城県仙台市出身。本名は菊池 拓哉。ほとんどの楽曲制作に携わり、曲中の日本語詞を作詞している。地元仙台でのライブでは「菊池」コールが涌く。歯科技工士として5年間働いた経験がある。その後、友達の紹介でメイナードと知り合い、2002年頃より参加。
DICK(1978年3月10日 - )
ベース担当。
北海道札幌市出身。本名は森 秀樹北海道札幌藻岩高等学校卒業、仙台大学卒業。保健体育教員免許を持っており実はスポーツが得意。なかでもスキーの腕前はプロ級(高校時代はスキー部に所属)。SOUL ADDICTIONというソウルファンクバンドのベースプレイヤーとしても活動中。PRIVATE KITCHENというジャズバンドにも在籍していた。仙台では著名なベーシストだったDICKをメイナード・ブレイズ・taxが国分町の飲み屋に呼び出し、周りを囲んでMONKEY MAJIK加入に合意するまで飲ませ、インディーズ2ndフルアルバム『eastview』リリース頃より漆坂脱退と入れ違いで加入。

元メンバー[編集]

漆坂ミサオ
ベース担当。
青森県上北郡十和田湖町(現・十和田市)出身。インディーズ2ndフルアルバム『eastview』リリースの頃に脱退。脱退後も、漆坂が作詞した楽曲が発表されている。現在は、仙台市内の一般企業で電気工事士として働いている。
Jan(ヤーン)
ドラムス担当。
2001年(平成13年)に一時期メンバーだったドイツ人の留学生。日本滞在時には、MEMSの世界的権威である江刺正喜のもとで学んでいた。
トム
ドラムス担当。
結成当初のメンバーだったイギリス人。バンド名の名付け親である(後述)。
カナダ人(匿名)

サポートメンバー[編集]

ミスター(1978年4月1日 - )
キーボード担当。
宮城県柴田郡大河原町出身。本名は渡邊 一郎宮城県白石工業高等学校卒。高校時代より作曲活動を始め、地元仙台にてフュージョングループ等にて活動後上京し、辺見マリ等のバックバンドで活動。「Around The World」からサポートとして参加。
ジェリー(10月18日 - )
パーカッション担当。
宮城県出身。本名は齋藤 寛。20代の頃にブラジル音楽に影響を受け、打楽器を始める。2001年にブラジル音楽「Areia Branca」を主催し仙台、東北を中心に活動。その後、個人のパーカッショニストとして活動を始める。サンドウィッチマン富澤たけしとは小・中学校の同級生[3]2009年のツアー「Fantasia」からサポートとして参加。

バンド名[編集]

バンド名は、青森県でアマチュアバンドを結成した際、当時のドラマーイギリス人)が2000年(平成12年)に名付けた。彼は幼少期に、イギリス国内で放送されていた「西遊記シリーズ」(日本テレビ。イギリス国内では「Monkey!」というタイトル)を見て大ファンとなっていたため、同ドラマの主題歌であるゴダイゴの「Monkey Magic」に因んで、バンド名を「MONKEY MAJIK」にした("majik""magic" の変綴り)。

この縁故なのか、2006年(平成18年)放送の「西遊記」の主題歌に、2ndシングル「Around The World」が使用された。この曲の全国的なヒットによって一躍有名になった。また、MONKEY MAJIKのメンバーはのちに仙台に移住し、仙台を拠点として活動するが、ゴダイゴのメンバーのスティーブ・フォックスが仙台出身であり、タケカワユキヒデ1998年(平成10年)から仙台の芸術系専門学校で講師をしているなど、不思議な繋がりがある。

ちなみに、バンド名の名付け親であるイギリス人は今でも時々日本に遊びに来ており、その際はメイナードと会っている。メイナードに、「僕が付けたバンド名をまだ使っていてくれて嬉しい。僕の大好きな「西遊記」の主題歌を歌って、すごいし、うらやましい」と言っていたとのこと。

公式表記はすべて大文字の「MONKEY MAJIK」だが、他アーティストとのコラボレーションのときは頭文字のみ大文字の「Monkey Majik」を用いる[4]

バイオグラフィー[編集]

青森・アマチュア時代[編集]

1997年(平成9年)、メイナードが、青森県上北郡七戸町教育委員会外国語指導助手として来日。七戸町に2年、同郡百石町(現・おいらせ町)に1年居た。その間、青森県三八上北地方八戸都市圏南部地方)の約15の小・中学校で英語を教えて回る。なお、三八上北地方には在日米軍三沢基地等があるため、草の根国際交流が盛んで外国人には親和性のある地域である。

2000年(平成12年)、少林寺拳法を通じて知り合った漆坂ミサオと2人でバンドを組む。後に、国際交流のイベントで演奏してほしいとの依頼を受け、ALT仲間のカナダ人とイギリス人が1名ずつ加わり4人になって、MONKEY MAJIK結成。この頃は、メイナード曰く「"オカサーファーのススメ" みたいな曲」をやっていた[5]。このメンバーで半年ほど活動していたが、カナダ人とイギリス人両名が、ALTの任期終了に伴い帰国。活動の記念につくったCDをあるメンバーがレコード会社に密かに送付。それを聴いた現在の所属事務所の社長が気に入り、仙台へ呼び寄せられることになる。

仙台・インディーズ時代[編集]

2001年(平成13年)、メイナードと漆坂の2人で宮城県仙台市に移住。友達の紹介で、taxこと菊池拓哉と出会う。弟であるブレイズがカナダでどのような音楽ジャンルで活動しているか知らなかったメイナードであったが、ブレイズから送付されたデモテープを聴いて、ブレイズをカナダから呼び寄せる。

市内のライブハウスで活動を続けながら、メイナードは東北外国語専門学校で講師をしていた。この頃は、仙石線下馬駅多賀城市)近くに住んでいた(→参照)。

2002年(平成14年)、タワーレコード仙台店にてインディーズよりミニアルバム『TIRED』を1000枚限定発売。メイナードが授業中に生徒に宣伝するなどしたため、口コミで広まり、仙台店のセールス6週連続1位を記録し、完売。現在最も入手困難な作品である。

2003年(平成15年)、タワーレコード仙台店限定で1stフルアルバム『SPADE』を先行発売。13週連続1位・年間セールス1位という快挙。2004年(平成16年)、『SPADE』を全国リリース。これを機に、フジテレビ系「めざましテレビ」の番組内で特集を組んで紹介される。「めざましテレビ」は、インディーズ時代のMONKEY MAJIKを計3回も取り上げている。

2005年(平成17年)、2ndフルアルバム『eastview』をリリース。この作品の頃に漆坂が脱退し、新たにDICKを迎えて活動を始めた。

仙台・メジャー時代[編集]

2005年(平成17年)秋、エイベックス・グループのレーベル・binyl recordsと契約。

2006年(平成18年)、「fly」にてメジャー・デビュー。全国33のFM局においてヘヴィー・ローテーションを獲得、4週間にわたってFMオンエアチャート1位を記録。ノンタイアップながらラジオや有線から話題となり、オリコンチャート初登場19位をマークした。2月に2ndシングル「Around The World」をリリース。月9ドラマ『西遊記』の主題歌に起用され、オリコンチャート初登場4位を記録、一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。

2007年(平成19年)、第21回日本ゴールドディスク大賞において「ザ・ベスト10・ニューアーティスト」を受賞[6]。「空はまるで」が、USEN総合、および、リクエストチャートの双方で1位を獲得。CD発売前の楽曲が同時1位を獲得するのは史上初[7]。8月、『ミュージックフェア21』で、バンド名の由来である「Monkey Magic」を持ち歌とするゴダイゴと初対面・初共演した。

2008年(平成20年)、日本とカナダの国交樹立80周年を記念する「日加修好80周年親善大使」に任命され、外務省高村外相から委嘱状を手渡された[8]1928年昭和3年)に日本がカナダ・オタワに公使館を設けたことから、日本側から任命された。10月29日(現地時間)、日加親善大使としてカナダを公式訪問[9]。10月30日(現地時間)、日加修好80周年記念行事の1つとして、プラント兄弟の出身地でもある首都オタワのライブハウス「ZAPHOD BEEBLEBROX」でライブ。これが初のカナダ凱旋公演。11月3日(現地時間)、日加修好80周年記念行事の1つとして、バンクーバーのライブハウス「Richard’s on Richards」にてライブ[10]

2009年(平成21年)、「日加修好80周年記念大使」に任命された。1929年(昭和4年)にカナダが日本・東京府に公使館を設けたことから、今回はカナダ側から任命された。7月に日加修好80周年を記念してカナダ公式訪問中の天皇皇后両陛下が、首都オタワのレスター・ピアソン・ビルディング(カナダ外務国際貿易省が入居)で祝賀行事に臨席し、日加親善大使のMONKEY MAJIKが天覧ライブを行った。10月、「ベガルタ仙台日加親善大使」に就任[11]

2010年(平成22年)、「BEST ~10Years&Forever~」を発売。同アルバムのプロモーションとして過去のプロモーション・ビデオを再編集した30分のCM[12]を製作、「最も長いテレビコマーシャル」としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。

2011年(平成23年)2月2日国土交通省東北運輸局および東北観光推進機構から「東北観光親善大使」を委嘱される[13]3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)で被災したが、メンバーはそれぞれ無事であったとTwitterにて報告している。後にスタッフも含め全員無事と公式ウェブサイトに記載された。多くの著名人が募金や支援物資を送る活動、あるいは、被災地でのイベントを行う一方(参照)、メンバーは一般ボランティアに混じって泥かきや瓦礫撤去などの肉体労働のボランティア活動を発災後すぐから継続的に行っている[14][15]7月3日には大阪城野外音楽堂で同じ被災地・仙台在住のアーティストのRakeGAGLE、SOUL ADDICTIONをゲストに迎えてのチャリティーライブ「SEND愛」を開催[16]。ライブの売り上げ金は義援金として寄付された[16]10月16日には仙台のセキスイハイムスーパーアリーナにて同じくゲストを迎えてのチャリティーライブを開催。

2012年(平成24年)、外務省から「震災復興発信使」(KIZUNA大使)に任命された。2月19日にはトロント日系文化会館小林ホールにて、また2月21日にはオタワのライブハウス(Zaphod Beeblebrox)にて、それぞれ在トロント日本国総領事館主催、在カナダ日本国大使館主催の無料スペシャルアコースティックライヴが開催された[17][18]3月26日に、MTVアンプラグドに初出演[19]。11月、アジア(香港台湾)、北米(ニューヨーク・トロント・オタワ)[20]でのライブを開催。12月21日に東京のNHKホールでチャリティーライブ「SEND愛」の第3弾を開催、5日にコラボレーションシングルをリリースした小田和正をサプライズゲストに迎えた[21]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 最高順位 収録アルバム
1st 2006年1月18日 fly 19位 thank you.
2nd 2006年2月22日 Around The World 4位
3rd 2006年10月4日 フタリ 15位 空はまるで
4th 2007年2月7日 Picture Perfect 23位
5th 2007年3月14日 卒業、そして未来へ。 24位
6th 2007年4月25日 Change 52位
7th 2007年6月27日 MONKEY MAJIK×MONKEY MAGIC 20位 アルバム未収録[22]
8th 2008年4月23日 Together/あかり/Fall Back 11位 TIME
9th 2008年6月25日 あいたくて/MORNING-EVENING/goin' places 21位
10th 2008年8月27日 ただ、ありがとう 28位
11th 2009年6月10日 アイシテル 12位 MONKEY MAJIK BEST 〜10 Years & Forever〜
12th 2009年10月28日 虹色の魚/Open Happiness/MONSTER 22位
13th 2010年3月17日 SAKURA 19位
レンタル 2010年6月 Fast Forward〜from MONKEY MAJIK BEST〜
14th 2010年11月24日 ぬらりひょんの孫オープニングテーマEP 53位 westview / MONKEY MAJIK BEST 〜10 Years & Forever〜[23]
配信 2011年6月22日 木を植えた男 Somewhere Out There
15th 2011年10月26日 Headlight 30位
16th 2012年1月25日 HERO 54位
17th 2012年12月5日 A Christmas Song 22位 DNA
18th 2013年2月27日 If 64位
19th 2013年6月12日 Story
20th 2014年7月16日 夏の情事
21th 2014年9月10日 You Are Not Alone

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 最高順位
1st タワーレコード仙台店先行発売盤
2003年9月24日
全国発売盤
2004年4月14日
再発盤
2004年9月22日
SPADE 192位
2nd 2005年9月21日 eastview 122位
3rd 2006年5月24日 thank you. 5位
4th 2007年7月25日 空はまるで 3位
5th 2008年9月3日 TIME 2位
6th 2011年2月2日 westview 9位
7th 2012年3月7日 Somewhere Out There 7位
8th 2013年10月16日 DNA 11位
9th 2015年2月4日 Colour by Number

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 最高順位
1st 2006年3月8日 BEST 2000-2005 ・最高順位18位
・オリコンインディーズ最高位1位
2nd 2010年7月14日 MONKEY MAJIK BEST 〜10 Years & Forever〜 ・最高順位4位
3rd 2011年3月2日 RARE TRACKS
4th 2012年12月5日 ENGLISH BEST

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 最高順位
1st 2005年2月9日 Lily 221位
2nd 2005年4月13日 Get Started 135位

その他の作品[編集]

発売日 タイトル 備考・最高順位
ミニアルバム 2002年5月13日 TIRED タワーレコード仙台店1000枚限定発売(完売)
CD+DVD 2005年7月 PREMIUM BOX ・完全受注生産、公式サイト予約通販限定(完売)
・初の映像作品。ライブ映像やオフショット映像収録
Live CD 2007年6月 Magical Mystery Tour ・ライブ会場での限定販売
・2005年12月16日、仙台HOOKでのワンマンライブより6曲を収録、初のライブ音源
2007年11月 JAPAN TOUR'07 ・ライブ会場での限定販売
・2007年6月30日、Zepp Sendaiでのライブより6曲を収録
TOUR'07 ・ライブ会場での限定販売
・2007年11月25日、SHIBUYA-AXでのライブより6曲を収録
DVD 2010年12月8日 MONKEY MAJIK MUSIC VIDEO BEST ・初のミュージックビデオ集
・最高順位71位
CD(非売品) 2014年9月 Frozen ・9thアルバム「Colour by Number」のMONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2014ライブ会場予約購入者限定特典

参加作品[編集]

発売日 曲名 収録された作品
2006年9月20日 フタリ~English ver.~ Various Artists「『夜のピクニック』 INSPIRED BEST ALBUM」
2007年3月28日 Picture Perfect Love/m-flo♥MONKEY MAJIK m-floCOSMICOLOR
2008年10月29日 GINGER 土屋アンナNUDY SHOW!
2009年3月25日 RAINY DAYS AND MONDAYS Various Artists「イエスタデイ・ワンス・モア〜TRIBUTE TO THE CARPENTERS〜
2009年4月29日 1 more night feat. MONKEY MAJIK ravextrax
2009年8月26日 Lupin The Third Various Artists「Lupin The Third DANCE & DRIVE official covers & remixes」
2009年9月9日 Trees Various Artists「"COVERS" FreeTEMPO COVERED ALBUM」
2009年12月23日 Without You feat. MONKEY MAJIK FPMFPM
2010年1月27日 With you ~NO MUSIC, NO LIFE~ Various Artists「NO MUSIC, NO LIFE. SONGS
2010年7月7日 ソレイライ feat. MONKEY MAJIK GAGLE「SOREIZEN ~mixed by DJ Mu-R~」
2011年12月14日 my home town Various Artists「言葉にできない〜小田和正ベストカバーズ〜

楽曲提供[編集]

発売日 曲名 収録された作品
2006年7月26日 Everybody SMAPPop Up! SMAP
2007年12月5日 輝く夜[24] CHEMISTRY SUPPORTED BY MONKEY MAJIK「輝く夜
2008年3月5日 そのまま[25] SMAP「そのまま/White Message
2009年7月8日 every-body 谷村奈南every-body
2009年9月30日 Beautiful summer 藤井フミヤ「F's シネマ」
2011年8月10日 MY WAY 谷村奈南「NANA BEST」
2012年7月4日 LOVE CHASE 山下智久LOVE CHASE
2012年7月25日 Turn Off The Lights 山下智久「エロ
2012年8月8日 イナクテサビシイ SMAP「GIFT of SMAP
2013年9月11日 MAGIC 山下智久「A NUDE

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
One moment スノーボード・ドミュメンタリー・ムービー「bd(ビーディー)」BGM
カモメ NHK仙台放送局・東北6県ブロックネット番組「なっとく!古今東北」テーマソング
Decay ムラサキスポーツCMソング
STAY マンダム「LUCIDO-L」CMソング
Around The World フジテレビ系ドラマ「西遊記」主題歌
フジテレビ系「FNS27時間テレビ みんな“なまか”だっ!ウッキー!ハッピー!西遊記!」CM前曲
another day TBS系「日立 世界・ふしぎ発見!」エンディングテーマ
on and on 東北電子専門学校CMソング
雪合戦 インターネットアニメ「Nice & neat」エンディングテーマ
フタリ ムービーアイ・エンタテインメント=松竹配給映画「夜のピクニック」主題歌
卒業、そして未来へ。 安比高原2007年夏CMソング
Change Honda Carsハッピーフェア「夏Honda」CMソング(東北地区限定)
北海道放送総力報道!THE NEWS HBC」番組宣伝CMソング(北海道地区限定)
Around The World + GO! 空 東宝配給映画「西遊記」主題歌
Pretty People -Japanese ver- ありがとう! お台場10周年 ザ 冒険王2007」テーマソング
ムラサキスポーツCMソング
ガンダーラ -movie ver.- 東宝配給映画「西遊記」挿入歌
空はまるで ヨコハマタイヤ「DNA」イメージソング
読売テレビ鳥人間コンテスト2007」イメージソング
毎日放送痛快!明石家電視台」オープニングテーマ
日本コカ・コーラ「Happy Music サマーキャンペーン」2009年度タイアップソング(東北地区限定)
ミヤギテレビミヤテレスタジアム」オープニングトークBGM
No Snow In December 東北楽天ゴールデンイーグルス「彼らのすべて篇」主催試合告知用CMソング
光朝 東北楽天ゴールデンイーグルス「ボールパークに連れてって!!篇」主催試合告知用CMソング
日本航空「夏休み家族のスマイルキャンペーン」CMソング
朝日放送おはようコールABC」後半パートオープニングテーマ
台湾マツダMazda 3」CMソング(台湾限定)
安比高原スキー場2007〜2008シーズンCMソング
Lily フジテレビ On Demand ミュードラ「Lily」主題歌
あいたくて アサヒビール「スタイルフリー」CMソング
あかり 日本メナード化粧品「ジュピエル」CMソング
エクシング「ポケメロJOYSOUND」CMソング
Together SUBARU 50th Anniversary「Fantastic moments」CMソング
レコード会社直営♪2008年3月度CMソング
テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」2008年4月度オープニングテーマ
ミヤギテレビ「ミヤテレスタジアム」エンディングトークBGM
七十七銀行 CMソング
Fall Back パナソニック モバイルコミュニケーションズSoftBank 920P」CMソング
MORNING - EVENING NHK教育テレビリトル・チャロ カラダにしみこむ英会話」テーマソング
NHKラジオ第2放送チャロの英語実力講座」テーマソング
朝日放送「おはようコールABC」前半パートオープニングテーマ
goin' places 日本テレビ系ブカツの天使」応援ソング(北海道北東北宮城県地区限定)
WEEKDAY 仙台市「仙台アーティスティック・デザインマイバッグ・キャンペーン」CMソング
ただ、ありがとう TBS系ドラマ「あんどーなつ」主題歌
アイシテル 日本テレビ系ドラマ「アイシテル〜海容〜」主題歌
虹色の魚 SUBARU「IMPREZA」CMソング
Open Happiness 日本コカ・コーラ「Happiness Factory 3」CMソング
MONSTER 江崎グリコポッキーチョコレートスペースシャワーTVバージョンCMソング
SAKURA 日本メナード化粧品CMソング
MUSICO「ハル・ウタ Download!」CMソング
ウイニングイレブン「高校サッカー応援」CMソング
With you メガスポーツ「スポーツオーソリティ」CMソング
Fast Forward 読売テレビ、TOKYO MXBS11アニメ「ぬらりひょんの孫」オープニングテーマ
Sunshine 読売テレビ、TOKYO MX、BS11アニメ「ぬらりひょんの孫」オープニングテーマ
夢の世界 BeeTVドラマ「パーティーは終わった」主題歌
Everything is going to be alright 東京新聞「東京新聞一週間お試しキャンペーン」CMソング(関東地区限定)
If I Knew 関西テレビアシタノカタチ」テーマソング
木を植えた男 東京都現代美術館フレデリック・バック展」イメージソング
Headlight テレビ朝日系列「東北笑顔プロジェクト」インフォマーシャルCMソング
TBS系列「これが東北魂だ カキだ! サンマだ! 希望の海だ!!」エンディングテーマ
JR東日本「沿線スマイルプロジェクト」BGM
TBCテレビウォッチン!プラス絆みやぎSP 東日本大震災から1年」エンディングテーマ
HERO 日本赤十字社「はたちの献血」CMソング
足跡 フジテレビ系「グラジオラスの轍 Road to London」テーマソング
U.F.O 靴のチヨダ「Duo Motions」CMソング(関東地区限定)
FOREVER NHK総合テレビうまいッ!」テーマ曲
トビラ 株式会社ワンダーラボラトリー製作ドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」主題歌
A Christmas Song 2012SENDAI光のページェントテーマソング
The Apprentice NHKJ-MELO」テーマソング
If Jリーグ20周年記念特別ショートフィルム「旅するボール」主題歌
Story LIXIL住宅研究所アイフルホームTVCM「積み木」篇CMソング
auPERFECT SYNC.キャンペーンデジタルタイアップソング
Free to Fly 日テレプラス日テレプラス プロ野球中継 楽天イーグルス HEAT! LIVE」イメージソング
ワールド・ハイビジョン・チャンネルBS12 プロ野球中継」東北楽天主催試合エンディングテーマ
FOREVER YOUNG NEC「LaVie L / LaVie Tab」CMソング
You Are Not Alone NHK・民放連共同ラジオキャンペーン「ダカラジ」キャンペーンソング(岩手県宮城県福島県

出演[編集]

ラジオ
  • Monkey House Music(2005年 - 2012年9月、Date fm
  • MONKEY MAJIK SPECIAL PROGRAM~Headlight~(2011年、Date fm)
  • いかすぜ!東北 ぼくたちのイイトコ自慢(2013年 - 、東北放送IBC岩手放送ラジオ福島) - 特別ゲスト・メインテーマ担当
ドラマ
  • あんどーなつ(2008年、TBS) - 第8話ゲスト
  • お米のなみだ(2008年、NHK
    • ブレイズが、ニューヨーク・世界海洋気象情報センターの研究員・クリス役で出演。
テレビ番組
CM

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
SATOSHI AKIYAMA 「One moment」
Yellow Brain アイシテル
ウスイヒロシ A Christmas Song
鎌谷聡次郎 Alive
志賀匠 Open Happiness
島田大介 ただ、ありがとう
須永秀明 Headlight」「MONSTER」「You Are Not Alone」「魔法の言葉」「夢の世界
スミス 夏の情事」「If」「Story
田所貴司 あいたくて」「あかり」
谷聰志 Headlight(album Ver.
丹下紘希 Picture Perfect」「FOREVER」「SAKURA」「虹色の魚
丹下紘希 & DAVID春山 Around The World」「another day」「fly」「フタリ
DAVID春山 Change」「卒業、そして未来へ。」
野田智雄 空はまるで
増田敏彦 「Lupin The Third<ルパン三世のテーマ>」
宮田人司 「Around The World + Go!空」
山口保幸 HERO
Ralph Parker 「Get started」「Pretty People -Japanese ver.-
不明 Free to Fly(〜楽天イーグルス ver.〜)」「Lily」「Livin' in the sun」「Together」「すぐちかく」「ガリレオ」「夢の世界〜「パーティーは終わった」Special Ver.」「木を植えた男」

LIVE[編集]

インディーズ時代は、ライブハウスでの対バンのほか、定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台などに出演していたが、海外は2005年10月28日・29日のタイ王国、国内は12月16日のHooK SENDAI(収容人員:250人。以下、収容人員はスタンディングの数値)を最後にライブは行わなくなっていた[26]

メジャーデビュー後はライブ本数0であったが、2007年になり初の全国ツアーを行った。なお、終了済みのワンマンライブは、全てソールドアウトである。

国内のワンマンライブ、主催ライブと学園祭のみの記載

2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

MONKEY HOUSE MUSIC[編集]

Date fmで2005年10月から放送されていた彼らのレギュラー番組。7年間放送されていたが、2012年9月28日放送分をもって終了となった。 初期はMaynardがMCを務めていたが、2007年からはtax・DICKが担当していた。

番組終了から1年半が経過した2014年4月より、NHK-FM放送(東北6県)の新たなるレギュラー番組「MONKEY MAJIKのオンバク」がスタートした。詳細は同番組の項を参照。

メイプルシロップチャレンジ

2005年頃に行われていた企画。カナダの特産品であるメイプルシロップを使って、いろいろな料理をつくる。映像がないので、実際どんな風に出来上がっているのかよく分からないが、音声だけでも出来上がったもののユニークな味が伝わり、毎回笑いがあふれる。

メイプルシロップを用いたオリジナルカクテル対決が行われ、ホワイトラムベースの「モンキーリーフ」が優勝。国分町にあるCLUB SHAFTでメニューに加えられた。

きくさんぽ

MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2012の最中に、番外編として行われていた企画。ツアーの公演で訪れた全国各地にて、主にDICKがカメラを回し、taxやサポートメンバーのJeryyが現地のスポットを散歩する模様を撮影・編集し、その映像がYouTubeにアップされている。

タイトルは、「ちい散歩」のパロディとしてtaxの本名をかぶせていると思われる。そのときの気分で「ブラタクス」(ブラタモリから)という名称を用いることもある。

「ニホンゴワカリマセン」 グッズ[編集]

前胸部に「ニホンゴワカリマセン」とプリントされているTシャツパーカーなど、関連グッズがあり、 MONKEY MAJIK BEST ALBUM TOUR2010 ~10years & Forever~で大判トートバッグとして復活し通信販売も行っている。

MONKEY MAJIK MARKET[編集]

2013年12月よりスタートしたプロジェクト。略称は「MMM」。メンバーが東北地方の企業とコラボレーションし、プロデュースした商品が開発されている[27]

2014年3月現在販売中の商品は、AZOTH製「Tシャツ」、モビーディック製「スマホケース」、露香製「インセンス」の3種類で、MONKEY MAJIK JAPAN TOUR 2013-2014 ~DNA~の各会場で30点限定でオープニング特別価格で販売される。

その他[編集]

  • 2006年(平成18年)の読売ジャイアンツ在籍選手が、2ndシングル「Around The World」を自身の登場曲として使用した。開幕直後は左のリリーフエース林昌範。中盤戦からは広島東洋カープから移籍した木村拓也。また亀井義行も2006年(平成18年)7月から「thank you」を登場曲として使用した。
  • Lily, Get started, eastviewの発売時、仙台のタワーレコード、HMV仙台店で6日間延べ48時間にも及ぶサイン会を行ったことがある。
  • ライブの観客は日本人が多くを占めるので、日本語歌詞の部分は盛り上がるが、英語歌詞の部分になると英語が分からないためシュンとなる。メンバーはこれを気にしており、折りに触れ語っている。そんな中、仙台でのライブでアンコール前に舞台袖に戻ったとき、観客が「空はまるで」を英語の部分も含めてアカペラで大合唱してくれたため、感動したと語っている[28]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リッスンジャパンによるインタビュー(2005年4月)
  2. ^ HMV 音楽 情報ニュース(2006年5月19日)
  3. ^ サンドウィッチマン富澤たけしオフィシャルブログ
  4. ^ 2012年11月29日、スタッフのtwitterより
  5. ^ 「MONKEY MAJIK meets FLYING POSTMAN PRESS[1]
  6. ^ ザ・ベスト10・ニューアーティスト(第21回日本ゴールドディスク大賞
  7. ^ MONKEY MAJIK「空はまるで」-発売前1位獲得で話題に仙台経済新聞
  8. ^ MONKEY MAJIKへの日加修好80周年親善大使委嘱状交付式について(外務省 2008年6月19日)
  9. ^ 日加修好80周年 親善大使 Monkey Majik オタワ訪問(在カナダ日本国大使館
  10. ^ MONKEY MAJIKがバンクーバーでコンサート-日加親善大使として初のカナダ公演(バンクーバー経済新聞 2008年11月6日)
  11. ^ 「MONKEY MAJIK」各国親善大使就任のお知らせ(ベガルタ仙台 2009年10月16日)
  12. ^ MONKEY MAJIK「MONKEY MAJIK BEST」世界最長CM
  13. ^ 「東北観光親善大使」を任命します! ~MONKEY MAJIK~ (PDF) (国土交通省東北運輸局 2011年1月20日)
  14. ^ 仙台在住のMONKEY MAJIK、地元でボランティア活動中(BARKS 2011年3月18日)
  15. ^ MONKEY MAJIKプラント兄弟仙台で泥かき朝日新聞 2011年4月7日)
  16. ^ a b 仙台在住のMONKEY MAJIK、被災地アーティストらと支援ライブ開催、ORICON STYLE、2011年4月8日。
  17. ^ MONKEY MAJIK(モンキーマジック)〈KIZUNA大使〉の特別アコースティック・ライブ公演!(在トロント日本国総領事館、2012年1月16日)
  18. ^ MONKEY MAJI(KIZUNA大使)による特別アコースティック・ライブの実施(復興発信使事業)(在カナダ日本国大使館)
  19. ^ MONKEY MAJIK、憧れの「MTV Unplugged」でファンを魅了(MTVジャパン、2012年3月27日)
  20. ^ 吉田兄弟と共同での開催。
  21. ^ MONKEY MAJIKの東日本大震災復興支援プロジェクトチャリティーライブ<SEND愛>に小田和正サプライズ出演(バークス、2012年12月22日)
  22. ^ カップリング曲「Pretty People -Japanese ver.-」は「空はまるで」収録、「Around The World+Go! 空」は同アルバムの初回限定盤ボーナストラック
  23. ^ 「Sunshine」のみ「westview」収録、「Fast Forward」は「MONKEY MAJIK BEST 〜10 Years & Forever〜」からのシングルカット
  24. ^ 楽曲提供の他、コーラスにも参加
  25. ^ 楽曲提供の他、ブレイズがコーラスにも参加
  26. ^ Monkey Majik Special Interview(ORICON STYLE コメント映像より)
  27. ^ MONKEY MAJIK MARKET
  28. ^ NHK総合「トップランナー」での発言より

外部リンク[編集]