大和町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たいわちょう
大和町
Taiwa montage.JPG
1段目七ツ森
2段目大松沢丘陵
3段目高倉山
4段目左宮床ダム
4段面右南川ダム
Flag of Taiwa, Miyagi.svg
大和町旗
Taiwa Miyagi chapter.svg
大和町章
町旗・町章共に昭和50年(1975年)8月1日制定 [1]
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 宮城県
黒川郡
団体コード 04421-1
面積 225.59 km²
総人口 27,236
推計人口、2014年6月1日)
人口密度 121人/km²
隣接自治体 仙台市
黒川郡富谷町大衡村大郷町
宮城郡利府町加美郡色麻町
町の木 もみじ
町の花 ツツジ
大和町役場
所在地 981-3680
宮城県黒川郡大和町吉岡字西桧木1番地の1
北緯38度26分14.4秒東経140度53分10.9秒
TaiwaTownOffice.JPG
外部リンク 大和町

大和町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大和町(たいわちょう)は、宮城県中部、黒川郡に属するである。

地理[編集]

宮城県中部、仙台市の北に位置する町である。

ほぼ真北が大衡村に、北西方が色麻町に、東方が大郷町に、南東方が利府町にそれぞれ接していて、町内中央部の東寄りの一角に富谷町が南方から突き出すような形で分立する、不規則な地形をしている。町役場はこれら大衡村と富谷町に南北から突き出された、回廊地帯のような一角(吉岡地区)に位置している。

土地利用面では、町面積の大半は穏やかな森林地帯に属し、先述の町役場を含めた一帯の東西を、吉田川が流れている。

歴史[編集]

町名の由来[編集]

「大きな和の町」を願ってつけられた名前である。

行政[編集]

  • 町長:浅野元
  • 黒川地域行政事務組合(黒川郡内4町村、大和町、大郷町、富谷町、大衡村で構成する複合一部事務組合)によって、病院、消防、火葬場、し尿処理、ごみ処理の管理運営を行っている。

産業・経済[編集]

産業人口構成比[編集]

(平成12年国勢調査報告)

仙台北部中核工業団地[編集]

大松沢丘陵上に、地域振興整備公団と宮城県土地開発公社の共同事業により造成された。近くには同様に仙台北部中核テクノポリス構想に基づいて大規模内陸工業団地として開発された第二仙台北部中核工業団地(大衡村)や、これらの団地の機能を補完する流通業務を目的として造成された大衡工業団地(大衡村)、また、宮城県長期総合計画に基づいて県内物流機能を目的として造成された大和流通団地(町内)がある[注釈 1] [注釈 2] [注釈 3]

仙台北部中核工業団地内にある主な企業[編集]

郵便[編集]

  • 吉岡郵便局(集配局)
  • 鶴巣郵便局(集配局)
  • 宮床郵便局
  • 陸前吉田郵便局
  • 大平簡易郵便局
  • 鶴巣太田簡易郵便局

なお、学苑(地名)の集配業務等の管轄は泉西郵便局となっている(当地には、宮城大学などが所在)。

金融機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

まほろば連邦


地域[編集]

人口[編集]

Demography04421.svg
大和町と全国の年齢別人口分布(2005年) 大和町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 大和町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
大和町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 18,028人
1975年 18,584人
1980年 18,662人
1985年 18,768人
1990年 18,814人
1995年 22,856人
2000年 24,410人
2005年 24,509人
2010年 24,897人
総務省統計局 国勢調査より

健康[編集]

  • 公立黒川病院

教育[編集]

大学[編集]

高校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

  • 大和町立吉田小学校
  • 大和町立鶴巣小学校
  • 大和町立落合小学校


隣接している自治体・行政区[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]
一般国道[編集]
県道[編集]


名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

施設[編集]


観光[編集]

祭り[編集]

  • 輪くぐり(吉岡八幡神社・7月31日
  • やぶさめ(吉岡八幡神社・9月中旬)
  • 島田飴まつり(吉岡八幡神社・12月14日


イベント[編集]

  • 民謡「お立ち酒」全国大会(8月上旬)
  • まほろば夏まつり(8月上旬)
  • 陶器まつり(11月3日

出身有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本社を相模原市から移転し2011年1月6日より操業を開始したセントラル自動車新宮城工場(2012年7月より、横須賀市より移転したトヨタ自動車東日本(従来の関東自動車工業)の本社を併設した宮城大衡工場となった)は、大衡村域の第二仙台北部中核工業団地に立地。
  2. ^ 2011年10月11日竣工・11月初旬より操業を開始した東京エレクトロン宮城新工場は当町内の仙台市泉区境となる小野地区「大和リサーチパーク」に立地。地下鉄泉中央駅東北自動車道泉ICが最寄りとなる。(注:泉区大沢地内にある建物は東京エレクトロン技術研究所)
  3. ^ 車載用電池を生産するパナソニックEVエナジーも大和流通・工業団地内に進出。

出典[編集]

  1. ^ 『図典 日本の市町村章』p37、[http://www.town.taiwa.miyagi.jp/reiki/reiki_honbun/as30000101.html 大和町章及び大和町旗並びに町木及び町花に関する条例 ]


関連項目[編集]