神戸国際会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社神戸国際会館
The Kobe International House Inc.
Kobe international house03s3072.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通八丁目1番6号
設立 1954年2月23日
業種 不動産業
事業内容 不動産賃貸業務
代表者 水越 浩士(代表取締役社長)
資本金 30億円
発行済株式総数 600万株
売上高 連結:53億3,550万1千円
単独:35億2,554万9千円
(2008年3月期)
営業利益 連結:8億2,918万3千円
単独:7億1,135万2千円
(2008年3月期)
純利益 連結:3億3,052万7千円
単独:3億1,486万7千円
(2008年3月期)
純資産 連結:41億5,493万4千円
単独:34億8,012万0千円
(2008年3月31日現在)
総資産 連結:198億5,185万9千円
単独:180億7,433万1千円
(2008年3月31日現在)
従業員数 連結:111人 単独:21人
(2008年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 兵庫県 25.01%
神戸市 25.01%
(株)竹中工務店 5.83%
(2008年3月31日現在)
外部リンク http://www.kih.co.jp/
テンプレートを表示

神戸国際会館(こうべこくさいかいかん、英語名称:Kobe International House)は、兵庫県神戸市中央区三宮にある大型複合施設の名称である。第三セクター株式会社神戸国際会館が運営を行っている。

概要[編集]

1956年進駐軍イーストキャンプ跡の遊休地に、当時最新鋭の設備をそなえたコンサートホールとして開館。神戸国際会館大ホール、映画館(国際松竹・国際にっかつ)のほか、神戸国際ホテルという名で宿泊事業も行っていた[1]。。宿泊事業は後年に廃止されている。

1995年に発生した阪神・淡路大震災で、全壊したために建て替えられ、1999年に現在の建物でオープンした。商業ゾーン(B2F - 12F)と高さ116mのオフィス棟(13F - 22F)で構成される。建物の頂点には塔屋があり、震災犠牲者の鎮魂を祈る灯りのモニュメントとなっている。

商業ゾーンには、収容人数2112名のコンサートホール「こくさいホール」とシネマコンプレックス神戸国際松竹」、ショッピングセンターSOL」などが入居している。また、オフィス棟には兵庫県のパスポートセンター「兵庫県旅券事務所」の本所がある。屋上は庭園「KOKOMIC garden」になっており、SOLの地階は三宮地下街のさんちかと百貨店のそごう神戸店および神戸市営地下鉄三宮・花時計前駅に直結している。

こくさいホールは、音響家が選ぶ優良ホール100選に選ばれている。

南西側
南東側

建設概要[編集]

  • 設計- 日建設計神戸市都市整備公社
  • 施工- 竹中工務店
  • 高さ- 最高部116.12m
  • 階数- 地上22階、塔屋3階、地下3階
  • 敷地面積- 5,796m²
  • 延床面積- 58,985m²
  • 竣工- 1999年5月
  • 所在地- 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1番6号

交通[編集]

神戸国際松竹[編集]

神戸国際松竹
Kobe Kokusai Shochiku
情報
通称 国際松竹
正式名称 神戸国際松竹
旧名称 国際松竹、国際にっかつ
完成 1999年
開館 1999年4月29日
収容人員 (4スクリーン)516人
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DTSSDDS
用途 映画上映
運営 株式会社松竹マルチプレックスシアターズ
所在地 651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館11階
アクセス JR・阪急・阪神三宮駅から徒歩10分
公式サイト 神戸国際松竹

神戸国際松竹(こうべこくさいしょうちく)は、国際会館の11階にて松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)が経営・運営している映画館。2011年2月28日までは松竹の直営だったが、同年3月1日よりSMTへと経営移管された。

前述の通りかつては「国際松竹」と「国際にっかつ」の2館体制であった。特に「にっかつ」は館名の通り日活系の映画館だったが、日活がロマンポルノ路線に移行したのを機に松竹邦画系のロードショー館へとシフトしていった[1]

1995年の震災により休館し、1999年4月29日に現在の4スクリーンの映画館として再オープン。改築期間中は三宮シネフェニックス(1995年12月23日オープン、2011年5月8日閉館)とビッグ映劇(1999年4月18日閉館)が神戸市内における松竹・東急系作品上映の代替機能を請け負っていた。

データ[編集]

  • スクリーン1:120席(以前は148席)
  • スクリーン2:152席(以前は204席)
  • スクリーン3:99席(以前は130席)
  • スクリーン4:145席(以前は203席)

参考[編集]

1995年12月から、現在の神戸国際会館が竣工するまでの暫定施設として神戸ハーバーランドのキャナルガーデン(現在のumie)隣に「神戸国際会館ハーバーランドプラザホール」という施設が存在した。1999年5月に閉館し、跡地はアニヴェルセル神戸になっている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 神戸国際松竹”. 港町キネマ通り (2013年8月). 2014年4月27日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度41分32秒 東経135度11分45秒 / 北緯34.69222度 東経135.19583度 / 34.69222; 135.19583