土木工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土木工学(どぼくこうがく、英語:civil engineering)とは、良質な生活空間の構築を目的として、自然災害からの防御や社会的・経済的基盤の整備のための技術(土木技術)について研究する工学である[1]

研究対象と分野[編集]

土木工学で扱う主な対象は、河川ダムトンネル道路橋梁港湾空港鉄道廃棄物処理、上中下水道電気通信環境保全、造成交通国土計画など、多岐にわたる。これらを取り巻く人工物を総称して「土木構築物」と呼ぶ。

大別した研究分野は以下に示すように、多様な課題に対して更に細分化されている。 このため、1人の技術者がこれら全てに精通することは難しく、その分野を専門とする技術者に分かれて実務を担い、各分野内でもさらに、計画や調査、設計、施工、維持管理、見積積算、災害防止などの各分別ごとに従事する者に分かれる。

構造・材料系[編集]

水工系[編集]

地盤系[編集]

測量系[編集]

計画系[編集]

交通系[編集]

道路や鉄道、空港など人や物が移動に関する構造物の設計や計画方法についての学問である。

衛生系[編集]

他分野との関わり[編集]

抱合した他分野[編集]

土木工学から見て抱合した学術分野には以下のようなものがある。しかし その学際性を尊重しつつであるが、諸学諸説の完全説明学となっていない のも事実である。

  • 防災工学
防災に関する幅広い工学分野を有するが、学術的に土木工学が抱合される。
この分野も幅広い工学分野を有するが、土木工学も一部抱合される。

派生した他分野[編集]

土木工学とともに派生した学術分野には以下のようなものがある。

  • 機械工学
工部大学校の当初から、同一の学科としてコース制で教育している。

近接した他分野[編集]

隣接した分野[編集]

類似した他分野[編集]

土木工学の教育[編集]

中等教育[編集]

土木工学は中等教育では工業高校土木科が担っている。

高等教育[編集]

高専では、環境都市工学科という名称の学科が担っている。短期大学専修学校(専門学校)では土木工学科建設学科社会環境工学科という名称の学科が担っているが、大学では工学部理工学部で、大半は旧来の土木工学科から名称変更し、カタカナ用語や二字熟語を組み合わせた名称の学科が高等教育を担っている。

90年代から土木工学科の場合は単独学科の名称変更が多く見られたのは、他の工学系学科に比べ受験生等のほか受験界や関係者間でも土木分野の業務内容と土木という単語があまり良いイメージ(土木作業員・土方、汚職)を持たない進学しにくいイメージも抱くという解釈のため、他分野と比べた際の理系の工学分野としてみた場合の優劣傾向等、農業土木学科と同様、学科名から土木という言葉を廃する大学が増えていることとなっている。

また、建築学科機械工学科等の他の工学系学科も合併等の学科再編などで前記土木系学科の名称そのものがなくなり、課程やコースを設置する傾向がある。

また大学院では工学研究科や理工学研究科などに土木工学専攻(学科と同じように名称が異なる場合が多い)を設置している。

資格[編集]

分野が多岐にわたるため、関連資格も多い。そのため、技術士試験においても土木技術分野にあたる技術士 (建設部門)」で選択科目が多い。また、技術士 (衛生工学部門)技術士 (上下水道部門)といった建設部門から独立した部門も設置されている。

土木の語源[編集]

日本語[編集]

名前の由来は中国の前漢時代の古典「淮南子(えなんじ)」にでてくる築土構木という言葉から来ているといわれているが、実際のところははっきりしない。

英語[編集]

土木工学は英語では"Civil Engineering"と表記する。当初は主として民業施設に関した工学を意味したとされる。これは1771年にイギリスの機械技術者ジョン・スミートンが、軍事以外の部門を意味する"Civil"を"Military"の反意語として用いた"Civil Engineering"に由来するとされている。現代では、"mechanical engineering"(機械工学)や "electrical engineering"(電気工学)と区別する目的でからであり、基本的には "Civil"(民間)分野だけを指してはいない。

日本で取り扱っている建築の技術部門や環境に関する部門も外国では土木として扱われることがあり、日本の土木工学/建築学とは対象分野の境界が少し異なっている。

脚注[編集]

  1. ^ 土木学会. “土木学会とは”. 土木学会概要. 2008年3月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]