窯業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国雲南省の窯業。粘土瓦を生産する。乾燥させた後、窯で焼きあげた円筒状の焼き物を二分して瓦にする。
伝統的燃料を使用する窯 (愛知県常滑市

窯業(ようぎょう)は、粘土ケイ砂石灰岩などから陶磁器ガラスセメントなど、非金属原料を高熱処理して作るものを製造する工業(かま)を使用するため、窯業と呼ばれる。窯の燃料は、伝統的には石炭であったが、近年では石油を使用するボイラーや電気窯が普及している。

古代では草葺茅葺であった家屋の屋根がほとんどであったが、中世からは貴族、武士、僧侶の一部で、粘土瓦を使用した屋根が普及し始めた。磁器クリスタルガラスの生産が可能になると、調度品として高く評価され、美術品としての価値を生むようにもなった。陶工陶芸家という職業も社会的地位を確立した。ただし、現在の開発途上国の小規模な伝統的窯業にあっては、陶器などの調度品、食器とならんで、建築のためのの生産量が多い。

近年では、窯業系サイディング材と呼ばれる建築材料が普及しつつあり、工期の速さや優れた意匠性などの特長、大工左官職人の不足や施工品質の安定性を求める市場環境から、戸建て住宅の外壁シェアの約7割を占めるまでに市場が拡大している。

関連項目[編集]