原子力工学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

原子力工学(げんしりょくこうがく)は原子力工業利用を研究する工学の一分野。

対象[編集]

学問の取り扱う対象としては、原子力エネルギーの工業利用と放射線の工業利用が代表的である。前者は主に核燃料および原子炉の設計・製造技術と安全評価技術が挙げられ、後者は主に工業技術、検査技術および医療技術が挙げられる。

研究対象が多岐に渡り、前述の通り他の様々な工学部門と密接な関係を有することから、学問体系としては広く浅い傾向にある。

日本における原子力工学[編集]

日本では第二次世界大戦後、原子力の平和利用の推進に伴い、それまでの電気工学機械工学材料工学化学工学などをベースに原子力工学が独自の発展を遂げた。

1950年代後半にシカゴ大学アルゴンヌ国立研究所留学から帰国した鳥飼欣一ら研究者によって、1956年昭和31年)茨城県東海村日本原子力研究所で、原子力の平和利用に関する研究、原子炉の製造が始まった。

近年は原子力の産業利用停滞に伴い、学問としての原子力工学の進展も停滞している。
大学受験生からも原子力工学が敬遠されるようになり、大学側では、学科名の変更を行った。例えば東京大学は「システム量子工学科」、京都大学は「物理工学科」など。一方で東海大学は「原子力工学科」の名称を継続し、東京都市大学のように「原子力安全工学科」という学科名を使用している例もある。

1999年に科学技術庁が様々な領域の専門家に対して、様々な領域についてアンケート調査を行ったところ、「将来の社会的可能性・経済的可能性」に関して、原子力技術は32分野中で最下位から2番目であった[要出典]。「科学上の知見を増やす可能性」についても、原子力技術は最下位から3番目、と判断された[要出典]。そして「今後人材を重点的に投入すべきか」という問いに関しては極め付きで、原子力技術は32分野の中で最下位であった[要出典]


関連項目[編集]