東海村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とうかいむら
東海村
Flag of Tokai Ibaraki 2.svg
東海村旗
Symbol of Tokai Ibaraki.svg
東海村章
村旗:1995年平成7年)2月28日
村章:1963年昭和38年)4月1日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
那珂郡
団体コード 08341-1
面積 37.48 km²
総人口 37,959
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 1,010人/km²
隣接自治体 日立市那珂市ひたちなか市
村の木 黒松
村の花 スカシユリ
村の鳥 メジロ
東海村役場
所在地 319-1192
茨城県那珂郡東海村東海三丁目7番1号
北緯36度28分22.7秒東経140度33分58秒
外部リンク 東海村

東海村位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

東海村(とうかいむら)は、茨城県北部の那珂郡に属する。

概要[編集]

日本で初めて原子力の火が灯ったとして有名である。1957年昭和32年)に日本原子力研究所(当時)東海研究所が設置され、日本最初の原子炉であるJRR-1が臨界に達して以来、多くの原子力関連施設が集積することとなった。現在も日本原子力研究開発機構日本原子力発電東海発電所東海第二発電所など多くの原子力施設が村内に所在し、近隣市町をあわせた茨城県の太平洋沿岸部は日本の原子力産業の拠点となっている。

1999年9月30日東海村JCO臨界事故が発生した。村内では、施設の周辺住民の中性子線被曝風評被害など、様々な影響があった。

全国の村では、沖縄県中頭郡読谷村に次いで2番目に人口が多い。また、人口密度は4番目に高い。茨城県条例による町制施行要件は満たしている。

茨城県内にある村は、本村と稲敷郡美浦村の2つのみである。

地勢[編集]

水戸市から北東へ約15kmの距離にあり、東は太平洋に面し、西は那珂市、南はひたちなか市、北は久慈川を境に日立市に接している。常陸台地の北端に位置する一帯で、久慈川の南側と真崎浦、細浦などの低地は沖積層で、水田地帯となっている。一方、台地洪積層で、地と平地が広がり、東へ緩やかに傾斜したその先端が砂丘となっている。砂丘は現在、防砂林として活用されているほか、日本原子力研究開発機構、日本原子力発電株式会社などの敷地となっている。

歴史[編集]

村名の由来[編集]

藤田東湖の『正気歌』にある「…卓立東海浜」による。1955年昭和30年)の発足時の新命名。1948年昭和23年)には、村松村石神村組合立による東海中学校が設立されており、東海村が成立する前から、当地において「東海」の名称が採用されている。

沿革[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口[編集]

Demography08341.svg
東海村と全国の年齢別人口分布(2005年) 東海村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 東海村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
東海村(に該当する地域)の人口の推移
1970年 18,960人
1975年 25,151人
1980年 29,197人
1985年 31,065人
1990年 31,557人
1995年 32,727人
2000年 34,333人
2005年 35,450人
2010年 37,430人
総務省統計局 国勢調査より

日本の村としては、2番目に人口が多い。

行政[編集]

産業[編集]

  • 農業
  • 原子力産業:電源開発上非常に重要であり、村もその政策で存立している。催し物も原子力政策にまつわるものが多い。

原子力産業[編集]

姉妹都市[編集]

学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

高速バス[編集]

道路[編集]

港湾[編集]

東海村を舞台とした作品[編集]

観光地[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1955年(昭和30年)3月29日総理府告示第533号「村の廃置分合」
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 8 茨城県』、角川書店、1983年 ISBN 4040010809より

関連項目[編集]