水産学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

水産学(すいさんがく、英語:fisheries science)とは、魚介類を中心とする水生生物について、増殖、漁獲、加工、流通まで水産業全体を研究する学問体系である。日本においては、水産業の中心を海洋が占めているために海洋学と混同される場合もあるが、産業への応用を目指す視点や漁獲および加工技術を含むことから異なる学問体系を取っている。

食糧生産を目標とする学問として農学の知識を応用する場合も多く見られるが、一次生産が漁獲という狩猟的な手段を中心としているため、資源管理という特有の体系を有する。また、畜産と比較して生産物が画一になりにくいため、加工および流通にも特有の面が見られる。

水産学の分野一覧[編集]

漁業学[編集]

水産学において最も特徴的な分野である。漁撈に関わる内容を中心としており、網や集魚灯などの漁具および漁法や、漁船の構造および運用などが研究されている。近年は魚群探知機の活用や資源管理、資源予測などもこの分野に含まれている。

水産海洋学[編集]

一般の海洋学と内容はかなり近接している。海洋生物の有効利用(漁獲)を前提とした研究姿勢にあるため、生物種については有用生物、海域としては現在利用されている漁場を研究対象とすることが多い。漁業学中の資源管理や資源予測と密接な関係にある。

水産増殖学[編集]

有用魚種の増養殖技術を研究する。なお、養殖は卵から収穫まで一貫して行う形態であり、増殖は一部時期を管理する、稚魚放流などである。品種改良や遺伝子組み換えなどもこの分野に含まれている。基礎学問として分類学、生態学が含まれることも多い。

水産加工学[編集]

魚介類の食品への加工および衛生管理について研究する。缶詰や練り製品、発酵食品への加工と食品加工技術全体を扱うために基本的な原理は畜産加工と重なるものが多いが、魚類の成分や筋肉の性質、食中毒の種類などが大幅に異なるため、特有の分野として確立している。近年は衛生管理としてHACCPの研究もなされているが、農学系が常に先んじている状況にある。

水産化学[編集]

水生生物における化学的性質の解明や、食品加工以外の医薬品への利用などを研究している。食品以外への利用を図るため、現在食品として利用されていない魚種を対象にすることも多い。また、加工によって発生する廃棄物の再利用(ゼロエミッション)なども研究されている。

水産経済学[編集]

漁業について、社会科学的見地から研究を行う。農学一般の農業経済学に対応する学問分野である。漁業経営および漁業協同組合経営といった経営学的な研究、水産業全般にわたる経済学的な研究、資源管理の社会科学的分析、漁業政策や漁業をめぐる国際関係の社会科学的分析等幅広いフィールドがその対象となる。

水産資源学[編集]

水産業の対象とする生物を水産資源と呼び、その個体数の変動や管理方法の研究を行う。水産業を持続的に行うための理論的な側面を検討する分野をさすことが多い。数理生物学や保全生物学における実学分野とも呼べる分野となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

学会[編集]

大学・研究機関[編集]

大学については水産学部の外部リンクを参照。