出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(いさり、りょう)とは、人間がさまざまな漁具を用いて、水産資源を捕獲する行為のことである。また、さまざまな漁具の種類、用法によって類別される漁の方法のことを漁法(ぎょほう)という。いさり(漁)に対して、かり()。

なお、漁をおこなう行為のうち、その労働的側面に着目する場合、漁撈といって区別するのが一般的である。また、趣味娯楽として楽しむ漁の場合は、とくに遊漁といって区別する。

概要[編集]

漁の歴史的起源は古く、捕獲の対象となる生物の生態にあわせて、また、時代の技術的制約のもとで、さまざまな漁具や漁法が用いられてきた。

伝統的な漁では、漁具の材料に在来のものが多く、その生産性は低かったが、漁の規模と水産資源の生態が調和し、水域の水産資源は再生産されていた。

漁の規模が大きくなると、数人で共同して漁をおこなったり、とくに近世以降は、網主が大人数を雇って漁をおこなうような例(地引き網敷き網など)もあらわれた。

漁船の動力化や合成繊維網の普及などによる生産性の向上、急速な人口増加、漁場の広域化などの諸因により、水産資源の枯渇化という懸念が生じている。

漁法の種類[編集]

漁にはさまざまな漁法がある。もっとも素朴なものは、漁具を用いずに人間が直接素手で魚類などを掴み取る方法である。

漁具を用いる漁法では、漁獲の対象となる水生生物の生態や、漁場環境、漁期などを考慮して、その漁撈活動に最適の漁具を用いて、もっとも効率のよい漁法が選択される。以下に、代表的な漁法を紹介する。詳細は各リンク先を参照。

網漁業[編集]

川で魚網を用いている様子
トロール網での漁の概念図

漁具として漁網)を用いる漁法である。主な網漁業には以下のようなものがある。網漁の種類など詳細については網漁漁網を参照。

釣漁業[編集]

一般には釣り具を用いる漁法であるが、釣り竿を用いない釣り漁や、延縄漁もこれに含まれる。主な釣漁業には以下のようなものがある。詳細は釣り漁を参照。

  • 延縄(はえなわ) - まぐろ延縄、さけ・ます延縄など
  • 手釣り漁
  • 竿釣り漁 - 遠洋かつお一本釣など
  • 機械釣り漁 - 遠洋いか釣など
  • 曳縄釣り漁
  • 立縄釣り漁

刺突漁[編集]

徒行や船上から突具・鉤具を用いて、移動する魚類などを直接刺突する漁法である。岸辺や船上から目視して刺突したり、潜水して移動中の魚を「追突」(おいづき)する例などがある。以下のような刺突具がある。

  • モリ(
モリはクジラや海洋の大型魚の刺突に用いられた遊撃刺突具。
  • ヤス(簎・矠)
長い柄の先端に、数本の尖った鉄製の突き刺し具が付けられている。
  • カギ(
長い柄の先端に、先端が曲がった鉤状の金属が付けられている。
有明海干潟に生息するムツゴロウを捕獲する漁法。

陥穽漁法[編集]

タコの習性を利用した蛸壺

陥穽漁法(かんせいぎょほう、: Fish trap)とは、魚類の習性(遡上や降下性)を利用する、餌で誘導する、水流を利用するなど、さまざまな工夫によって魚を誘い込み、何らかのしかけ・によって魚を逃げられないようにする漁法である。以下のようなしかけ、漁具がある。

東北地方では一般に「ドウ」と呼ばれている籠状の漁具。

潜水漁法(潜水器漁業)[編集]

素潜り、または潜水器具を着用して、素手または刺突具など道具を用いて水生動物を捕獲する。

その他[編集]

  • 採貝漁業
  • 採藻漁業

日本で禁止されている漁法[編集]

  • 爆発漁法
爆発物をもちいて、水中の魚群を気絶させ、または死亡させて、漁獲する。ダイナマイト漁など。海獣捕獲を目的とする場合を除き、水産資源保護法第5条により禁止されている。
  • 毒流し漁
青酸椿油粕山椒などの毒物を流して魚群を浮上させる漁法。調査研究のため農林水産大臣の許可を得た場合を除き、水産資源保護法第6条により禁止されている。
  • 電気ショック漁法
電気ショッカー、エレクトロフィッシャー、鉛蓄電池などによって電流を流して、魚群に電気的ショックを与えて気絶させ、浮上させる漁法。ビリとも呼ばれる。各県の漁業調整規則などにより、有害魚種駆除の目的で許可を受けた場合以外、原則的に禁止されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 桜田勝徳 『漁撈の伝統』、岩崎美術社<民俗民芸双書>、1977年
  • 森浩一編『日本民俗文化体系13 技術と民俗(上)海と山の生活技術史』、小学館、1995年(普及版)
  • 大林太良編『日本民俗文化体系5 山民と海人 非平地民の生活と伝承』、小学館、1995年(普及版)
  • 金田禎之 『和文英文 日本の漁業と漁法』、成山堂書店、1995年
  • 田辺悟 『網』(ものと人間の文化史 106)、法政大学出版局、2002年