国際連合食糧農業機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国際連合食糧農業機関
FAO logo.svg
概要 専門機関
略称 FAO
代表 ホセ・グラツィアーノ・ダ・シルバ英語版ブラジルの旗 ブラジル
状況 活動中
活動開始 1945年10月16日
本部 イタリアの旗 イタリア ローマ
公式サイト www.fao.org
母体組織 国際連合経済社会理事会
ポータル Portal:国際連合
テンプレートを表示

国際連合食糧農業機関(こくさいれんごうしょくりょうのうぎょうきかん、英語: Food and Agriculture Organization、FAO)は、飢餓の撲滅を世界食糧生産と分配の改善と生活向上を通して達成するのを目的とする、国際連合の専門機関の一つである。

主にその活動は先進国と発展途上国の両方で行われ、国際的な農業水産林業に関する政策提言および協議をする際に各国が公平に話し合えるプラットホームとしての役割も果たしている。国際連合食糧農業機関(FAO) は、他にも知識と情報を蓄積する役割も担っており、発展途上国が農業水産林業分野で技術改善を進めて、その結果として発展途上国の一般市民がより栄養価の高い食物を入手できる手伝いをしている。近年はフードセキュリティ(食の安全保障)を重要課題として掲げ、様々な国際的な調査に基づき、世界各国の農林水産業への勧告などを行ってもいる。

ロゴにも入っているfiat panisはこの機関のモットーで、ラテン語で「人々に食べ物あれ」という意味を持つ。

概要[編集]

第二次世界大戦中に設置された連合国食糧農業会議を基に、1905年以来の万国農業協会を引き継いで1945年10月16日に設置された。

設立目的は、「人々が健全で活発な生活をおくるために十分な量・質の食料への定期的アクセスを確保し、すべての人々の食料安全保障を達成する」ことである。

最高機関は全加盟国で構成される総会で、理事会は総会で構成される。本部はローマである。日本は1951年に加盟した。2008年現在、190ヶ国と地域が参加。

鳥インフルエンザで警告[編集]

アジアで猛威を振るい世界的に蔓延しているトリインフルエンザ感染の対策・予防に関して、2005年11月29日に勧告を出した。トリインフルエンザの予防措置として、ベトナムホーチミン市など一部の感染国が行っている都市での野鳥の駆除は、家禽への感染防止活動への注意をそらすもので、都市の内外に生息している野鳥はトリインフルエンザの媒介となっている湿地帯の水鳥とは異なった種類であり、トリインフルエンザの人間への感染予防にはほとんど意味がないので中止し、家禽の間のウイルス感染を規制することが重要であると勧告した。

宮崎の口蹄疫被害に専門家チームの派遣を提案[編集]

2010年5月20日、宮崎の口蹄疫被害に専門家チームの派遣を日本政府に提案したが、受け入れられなかったことについての報道があった[1]

世界食糧調査[編集]

FAOは、創設以来、不定期に世界食糧調査を実施してきた[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]