Portal:生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -8/17:応用植物科学科,アセト乳酸デカルボキシラーゼ,ベンゾイルギ酸デカルボキシラーゼ,アスパラギン酸-1-デカルボキシラーゼ,アスパラギン酸-4-デカルボキシラーゼ,ジアミノピメリン酸デカルボキシラーゼ,アミノ安息香酸デカルボキシラーゼ,スルフィノアラニンデカルボキシラーゼ -8/16:Epi幹細胞 -8/15:ヤン・スヴァトプルク・プレスル,ニコライ・プルジェヴァリスキー,フリードリヒ・フォン・ベルヒトルト -8/14:ジュール=セザール・サヴィニー -8/13:なし -8/12:なし -8/11:チャールズ・ライト (植物学者),フローラ・ウォンボー=パターソン,肺胞マクロファージ,野尻湖ナウマンゾウ博物館 -8/10:エドウィン・ビンガム・コープランド,魚類用語 -8/9:ブラシュカ父子,ハーバード大学標本館 -8/8:なし -8/7:ヴェラ・チャールズ -8/6:ウィリアム・コレンソ -8/5:なし -8/4:なし -8/3:ExPASy,MetaCyc -8/2:チャールズ・フレデリック・ミルズポー,ベルリン=ダーレム植物園 -8/1:イグナーツ・ウルバン -7/31:マリー・ストープス -7/30:なし -7/29:なし -7/28:なし -7/27:エミリオ・コルナリア -7/26:ジョルジョ・ジャン,カール・フレドリック・ファーレン -7/25:ロスコー・パウンド,ハイナルド・ラヨシュ -7/24:生存曲線 -7/23:なし -7/22:ベルサザール・ハケット -7/21:なし -7/20:高橋忠伸,STAP騒動 -7/19:ユップ・ランゲ,パオロ・ボッコーネ -7/18:ピエトロ・アンドレア・マッティオリ -7/17:フランツ・ユリウス・フェルディナント・マイエン,フランソワ・ルガ -7/16:なし -7/15:裸名 -7/14:なし -7/13:ジャン・フロリモン・ブードン・ド・サンタマン -7/12:ポール・エミール・ド・ピュイ -7/11:ランドルフ・ネッセ,セルゲイ・ナワシン -7/10:フランソワ・ルイ・ドゥ・ラポルト,鳥居啓子 -7/9:PPM1D,ヒュー・アルジャーノン・ウィーデル -7/8:なし -7/7:ジャン=ジャック・ポーレット -7/6:なし -7/5:アルベルト・ピラート,河岡義裕,ルイス・デービッド・ド・シュウェイニツ -7/4:ユリウス・ヴィンセンツ・フォン・クロムホルツ -7/3:なし -7/2:なし -7/1:なし


ログ: 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

生存曲線とは、ある種の生物生活史において、時間経過に従って個体数がどのように減ってゆくかをグラフに表示したものである。生活史の段階により死亡率の違いを示す。

ヨセフ・マリー・アルベルト・"ユップ"・ランゲ(Joseph Marie Albert "Joep" Lange、1954年9月25日 - 2014年7月17日)は、オランダ医学研究者、ヒト免疫不全ウイルス (HIV) 治療の専門家。2002年から2004年まで、国際エイズ学会 (International AIDS Society) の会長を務めた。

神経発生ニューロン新生神経新生神経形成、英:neurogenesis)とは、神経幹細胞前駆細胞から新たな神経細胞が発生する生理現象胎児期に最も活性化し、の形成や発達に重要な役割を果たす。成長するにつれて発生量は減少していくが、海馬脳室下帯では成人後も続くことが確認されている。

過去の5項目:カール・エルンスト・フォン・ベーア,Src (遺伝子),胎児性フィブロネクチン,篩板,刺激惹起性多能性獲得細胞

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー