Portal:生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DNAの分子モデル
ショートカット:
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -4/5:籾山泰一 -4/4:フリードリヒ・パルロット,アルフレッド・マチュー・ジアール,Category:オーストリアの遺伝学者,Category:デンマークの遺伝学者,Category:オランダの遺伝学者,Category:イスラエルの遺伝学者,Category:スイスの遺伝学者 -4/3:なし -4/2:アルフォンス・トレモー・ド・ロシュブリュヌ,中野善夫 -4/1:フランソワ・クレパン -3/31:デイヴィッド・ネルソン (植物学者),ガメトゴニー -3/30:ルドルフ・アマンドゥス・フィリッピ -3/29:チャールズ・レオ・ヒッチコック,ヨハン・ウィルヘルム・ゼタールステッド,浜窪隆雄,Category:中国の昆虫学者,Category:スイスの昆虫学者,Category:オーストリアの昆虫学者,Category:デンマークの昆虫学者,Category:オランダの昆虫学者,Category:スウェーデンの昆虫学者,Category:ノルウェーの昆虫学者,Category:ベラルーシの昆虫学者,Category:ロシアの昆虫学者,Category:ベルギーの昆虫学者 -3/28:エドゥアール・スパック,小林義雄 (菌類学者),マスリー賞 -3/27:ジョン・ヒル (植物学者) -3/26:なし -3/25:南徹弘 -3/24:フランツ・アダム・フォン・ヴァルトシュタイン=ヴァルテンベルク -3/23:岡野恒也,きしわだ自然資料館 -3/22:ウィリアム・コーリー賞,栄養素 (植物) -3/21:ヨハン・クリストフ・レーリング,青木清 (動物行動学者),エルンスト・シエーリング賞 -3/20:フランツ・カール・メルテンス -3/19:ジュール・エミール・プランション -3/18:ハインリヒ・ゲッパート -3/17:ピーター・ウィレム・コルトハルス,造網性,高田礼人 -3/16:リー・アンド・ケネディ -3/15:宮下直 -3/14:ロベルト・デ・ヴィッサーニ -3/13:ロバート・ワイト -3/12:なし -3/11:クレメンズ・マリア・フランツ・フォン・ベニングハウゼン -3/10:なし -3/9:ヴィルヘルム・ダニエル・ヨーゼフ・コッホ -3/8:高橋理明,飛田廣 -3/7:フランツ・ヴィルヘルム・ユングフーン,フリードリヒ・アダム・ユリウス・フォン・ヴァンゲンハイム -3/6:ヒトの骨格,ポール・アンリ・ルコント,中西重忠 -3/5:ピエトロ・ロムアルド・ピロッタ,白木公康 -3/4:マレー・サンダース -3/3:ヴェンセスラウ・ボーイェル,小西正一,胸骨筋 -3/2:胎脂,古澤潔夫,ハプログループD2 (Y染色体) -3/1:リヒャルト・クレープス


ログ: 2015年,2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

植物細胞(しょくぶつさいぼう)は植物を構成する細胞である。他の真核生物の細胞とは、以下のような様々な点で区別される。

ロバート・エバンス・スナッドグラス: Robert Evans Snodgrass1875年7月5日1962年9月4日)は、アメリカ合衆国昆虫学者芸術家節足動物形態学解剖学進化変態の分野で多大な貢献を行った。

エドバルド・モーセル: Edvard Moser1962年4月27日 -)はノルウェー心理学者神経科学者であり、トロンハイムノルウェー科学技術大学英語版 (NTNU) にあるカヴリ統合神経科学研究所・ニューロコンピューティングセンター (Kavli Institute for Systems Neuroscience and Centre for Neural Computation) で所長を務めている。また現在は主に、ドイツミュンヘン近くにあるマックス・プランク神経生物学研究所英語版で客員研究員として活動している。

過去の5項目:ジョン・オキーフ,生存曲線ユップ・ランゲ,神経発生,カール・エルンスト・フォン・ベーア

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー