Portal:生物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DNAの分子モデル
ポータル:生物学

生物学分野のウィキポータルです。生物学に関連した項目を探しやすくし、発展をうながすことを目的として開設、維持されています。各コーナーの説明はこのポータルについてを参照してください。

(左図解説) DNAの分子モデル。DNAは二本の分子が二重らせん構造をとる。外側の骨格はリン酸デオキシリボースが交互に結合したもの。内側の核酸塩基はアデニンチミングアニンシトシンがそれぞれ相補的に結合する。

お知らせ

  • 2013-10-19: 新着紹介を更新の上、復活しました。
  • 2011-08-14: 更新が長らく滞っているため、新着紹介をコメントアウトしました。
  • 2010-10-06: ノート:生物学生物学秀逸な記事の再選考に提出する提案があります。
  • 2010-09-09: 新着項目における充実した項目を★から太字に変更しました。
  • 2009-04-28: 新着項目の * 印は、「要整理」から(3文以下程度の)「短い項目」に変更しました。* がついている項目に加筆できる方はご協力ください。

新着項目

[ 編集 | CatScan V2.0β ] * 短い項目, # 要整理, 太字 充実した項目(いずれも確認時) -10/26:なし -10/25:トーマス・ロブ -10/24:アニー・ローレン・スミス -10/23:マチルダ・カレン・ノウルズ,Category:アイルランドの植物学者 -10/22:Category:イタリアの植物園,Category:アメリカ合衆国の植物園,Category:イギリスの植物園,Category:中国の植物園, -10/21:なし -10/20:ヨハン・ヘドヴィッヒ -10/19:エルンスト・ハンプ -10/18:オーガスティン・ヘンリー -10/17:キルビー姉妹,Category:モータータンパク質 -10/16:なし -10/15:ロバート・ケイ・グレヴィル,矢崎芳夫 -10/14:トーマス・ウォルター (植物学者),モバイローム,プロファージ,動物の売春 -10/13:*抑制遺伝子,フコステロール-エポキシドリアーゼ,2-デヒドロ-3-デオキシ-D-吉草酸アルドラーゼ -10/12:フィリッポ・パルラトーレ -10/11:恩田経介,アンリ=フランソワ=アンヌ・ド・ルーセル -10/10:アーゼ (化学),CYP3A,Category:シトクロムP450,CYP1A2 -10/9:ウィリアム・サヴィル=ケント,エドバルド・モーセル -10/8:なし -10/7:ジョン・オキーフ,タルトロン酸-セミアルデヒドシンターゼ,ホスファチジルセリンデカルボキシラーゼ,ウラシル-5-カルボン酸デカルボキシラーゼ,UDP-ガラクツロン酸デカルボキシラーゼ,5-オキソペンタ-3-エン-1,2,5-トリカルボン酸デカルボキシラーゼ,グルタコニルCoAデカルボキシラーゼ,インドールピルビン酸デカルボキシラーゼ,アリルマロン酸デカルボキシラーゼ,D-ドーパクロムデカルボキシラーゼ,3-デヒドロ-L-グロン酸-6-リン酸デカルボキシラーゼ -10/6:なし -10/5:なし -10/4:エリザベス・ガートルード・ブリトン -10/3:クリスティアン・ゴットフリート・ダニエル・ネース・フォン・エーゼンベック -10/2:オープンバイオ研究会,オープン・サイエンス・アワード -10/1:なし -9/30:日本バイオインフォマティクス学会,エリック・ポールマン (生物医学者) -9/29:リチャード・パルトニー -9/28:なし -9/27:カール・フリードリヒ・フィリップ・フォン・マルティウス,大久保三郎 (植物学者) -9/26:アエロバクチン,ヨハン・ミカン,フェニル酢酸CoAリガーゼ -9/25:ピーター・コリンソン (植物学者),アセトンカルボキシラーゼ,2-オキソグルタル酸カルボキシラーゼ,尿素カルボキシラーゼ -9/24:アンドリュー・ブロクサム,メチルアスパラギン酸アンモニアリアーゼ,チロシンアンモニアリアーゼ,フェニルアラニン/チロシンアンモニアリアーゼ -9/23:Category:EC 4.3.2,シチジル酸シクラーゼ,ホスファチジルイノシトールジアシルグリセロールリアーゼ,グリコシルホスファチジルイノシトールジアシルグリセロールリアーゼ,ヘムリガーゼ,2-C-メチル-D-エリトリトール 2,4-シクロ二リン酸シンターゼ,ペプチジルアミドグリコール酸リアーゼ,ウレイドグリコール酸リアーゼ,プリンイミダゾール環シクラーゼ,L-セリンアンモニアリアーゼ,アスパラギン酸アンモニアリアーゼ -9/22:アントン・ヨーゼフ・ケルナー,Category:プロスタグランジン -9/21:高良鉄夫 -9/20:ルイ・ヴァン・ホウテ,ロバート・スウィート (園芸家) -9/19:カール・ルートヴィヒ・フィリップ・ゼイハー,トリプトファナーゼ,ベンジルコハク酸シンターゼ,2-イミノ酢酸シンターゼ,3-ヒドロキシ-3-イソヘキセニルグルタリルCoAリアーゼ,グリセロールデヒドラターゼ,クエン酸デヒドラターゼ,ガラクトン酸デヒドラターゼ -9/18:セーター植物,増田修一,クロルギリン -9/17:ウィリアム・ハント・ペインター,シトリルCoAリアーゼ,シトラマリルCoAリアーゼ,マリルCoAリアーゼ,アミノデオキシコリスミ酸リアーゼ,シトラマル酸リアーゼ,クエン酸(pro-3S)-リアーゼ,コリスミ酸リアーゼ,アントラニル酸シンターゼ -9/16: -9/15:フィクトル・ヤンカ,L-フクロース-リン酸アルドラーゼ,乳酸アルドラーゼ,4-(2-カルボキシフェニル)-2-オキソブタ-3-エン酸アルドラーゼ,オキサロリンゴ酸リアーゼ,2,3-ジメチルリンゴ酸リアーゼ,4-ヒドロキシ-4-メチル-2-オキソグルタル酸アルドラーゼ,4-ヒドロキシ-2-オキソグルタル酸アルドラーゼ,3-ヒドロキシ-D-アスパラギン酸アルドラーゼ-9/14:ヒドロキシマンデロニトリルリアーゼ,17α-ヒドロキシプロゲステロンアルドラーゼ,ベンゾインアルドラーゼ,2-デヒドロパントイン酸アルドラーゼ,フルクトース-6-リン酸ホスホケトラーゼ,ラムヌロース-1-リン酸アルドラーゼ,スフィンガニン-1-リン酸アルドラーゼ,5-デヒドロ-2-デオキシホスホグルコン酸アルドラーゼ,バニリンシンターゼ,D-トレオニンアルドラーゼ,タガトース-ビスリン酸アルドラーゼ,2-デヒドロ-3-デオキシグルカル酸アルドラーゼ,2-デヒドロ-3-デオキシ-6-ホスホガラクトン酸アルドラーゼ,ジメチルアニリン-N-オキシドアルドラーゼ -9/13:α-エンドルフィン,γ-エンドルフィン,ジャン・ゴーダン -9/12:ネオエンドルフィン,α-ネオエンドルフィン,β-ネオエンドルフィン,ヘリング小体,ニューロフィジン -9/11:ピエール・ジョゼフ・ボナテール,フェルディナント・シュール,ゲンチジン酸デカルボキシラーゼ,ジアミノ酪酸デカルボキシラーゼ,ジヒドロネオプテリンアルドラーゼ -9/10:クラーク・エーベル,Category:EC 4.1.2,ケトテトロースリン酸アルドラーゼ,トレオニンアルドラーゼ,ホスホケトラーゼ,デオキシリボースリン酸アルドラーゼ,フェニルセリンアルドラーゼ,プロピオンシンターゼ -9/9:非競合阻害,不競合阻害,ジョン・デイ (園芸家) -9/8:田中茂穂 (生物学者),マロニル-S-ACPデカルボキシラーゼ,ビオチン非依存性マロン酸デカルボキシラーゼ,ビオチン依存性マロン酸デカルボキシラーゼ,インドール-3-カルボン酸デカルボキシラーゼ,ピロール-2-カルボン酸デカルボキシラーゼ,エチルマロニルCoAデカルボキシラーゼ -9/7:高橋淑子,日本産魚類図説 -9/6:ヘンリー・フレデリック・コンラッド・サンダー -9/5:石原初太郎,ベネディクト・レーツル,シュウ酸デカルボキシラーゼ -9/4:ヘインズ=ウルフプロット,イーディー=ホフステー図,競合阻害 -9/3:シルトプロット,ラインウィーバー=バークプロット,ヴィルヘルム・ヴァインガート -9/2:なし -9/1:フリードリッヒ・グスタフ・ブリーガー


ログ: 2014年, 2013年, 2010年, 2009年, 2008年, 2007年, 2006年

新着項目紹介

エドバルド・モーセル: Edvard Moser1962年4月27日 -)はノルウェー心理学者神経科学者であり、トロンハイムノルウェー科学技術大学英語版 (NTNU) にあるカヴリ統合神経科学研究所・ニューロコンピューティングセンター (Kavli Institute for Systems Neuroscience and Centre for Neural Computation) で所長を務めている。また現在は主に、ドイツミュンヘン近くにあるマックス・プランク神経生物学研究所英語版で客員研究員として活動している。

ジョン・オキーフ: John O'Keefe1939年11月18日 -)は、米国英国神経科学者。彼は王立協会の会員であり、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの認知神経科学研究所 (Institute of Cognitive Neuroscience) および解剖学教室 (Department of Anatomy) の教授を務めている。彼は海馬における場所細胞英語版を発見し、それらがシータ位相歳差の形成という形で時間符号化を行なっていることを発見した。彼は2014年にノーベル生理学・医学賞を、マイブリット・モーセルエドバルド・モーセルと共同受賞した。

生存曲線とは、ある種の生物生活史において、時間経過に従って個体数がどのように減ってゆくかをグラフに表示したものである。生活史の段階により死亡率の違いを示す。

過去の5項目:ユップ・ランゲ,神経発生,カール・エルンスト・フォン・ベーア,Src (遺伝子),胎児性フィブロネクチン,篩板

主要項目

生物学の諸分野

Category:生物学: 分類学 - 微生物学 - 動物学 - 植物学 - 遺伝学 - 生化学 - 生理学 - 細胞生物学 - 発生生物学 - 動物行動学 - 生態学 - 生物工学

生物生命

Category:生物/分類学/微生物学/動物学/植物学: 生命の起源 - 生物の分類 - 学名 - 古細菌 - 真正細菌 - 真核生物 - 原生生物 - 植物 - 菌類 - 動物 - ヒト - ウイルス

生物を構成する物質

Category:生体物質: - 炭水化物 - 脂質 - 核酸 (DNA, RNA) - タンパク質

生化学反応

Category:生化学/生理学: 酵素 - 代謝 - 呼吸 - 光合成 - シグナル伝達

遺伝子DNA

Category:遺伝学/分子生物学: 遺伝 - 突然変異 - 染色体 - 複製 - 転写 - 翻訳 - ゲノム - プロテオーム

生殖

Category:生殖: 生殖細胞 - 配偶子 - 生殖器 - 繁殖行動

細胞

Category:細胞生物学: 細胞小器官 - 細胞核 - 細胞分裂 - 細胞周期 - 細胞骨格 - 細胞接着

個体と多細胞体制

Category:発生生物学/神経/免疫学: 多細胞生物 - 発生 - 器官 - 組織 - 老化 - 再生 - 神経系 - 免疫 - がん - アポトーシス

進化

Category:進化: 進化論 - ダーウィニズム - 中立進化説 - 相同性 - 細胞内共生説 - 共通祖先

生態学

Category:生態学: 生態系 - 生物多様性 - 食物連鎖 - 生物圏 - 個体群 - 生物群集 - 共生 - 寄生

生物学史と研究技術

Category:生物学者/研究技術: 生物学史 - 生物学と有機化学の年表 - 生物学者の一覧 - ノーベル生理学・医学賞 - 生命倫理学 - バイオテクノロジー