Portal:食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマト
ショートカット:
ポータル:食

食や食文化に関するウィキポータルです。食関連項目の執筆、編集、検索、閲覧、整備に役立てる目的で設立維持されています。あなたもこのページの編集に参加してみて下さい。

(左図解説) トマトの実。グルタミン酸の濃度が非常に高いためうま味があり、また印象的な酸味もあるため、各地で料理に広く利用されている。

新しい紹介を読み込む

お知らせ

  • 加筆依頼を出す時、その記事の何について加筆して欲しいのかを記載するようにしてください。
  • 執筆依頼を出す時、その記事を執筆した時に宣伝にならないかどうかを考えてください。もし宣伝になりそうであれば、その記事の執筆は依頼すべきではありません。特に、個別商品の記事、企業の記事は宣伝になりがちですので、十分注意してください。
  • 執筆依頼を出す時、その記事に特筆性があるかどうかを考えてください。検索エンジンなどで検索して、ヒットがあるかどうかは1つの基準となるでしょう。

特集項目

Otaru Ankake Yakisoba 11138725415.jpg

小樽あんかけ焼そば(おたるあんかけやきそば)は、北海道小樽市の多くの料理店で提供されているあんかけ焼そば。昭和30年代より小樽市内に広まり、平成期まで小樽市民に愛好されている。2010年代以降には過疎の進む小樽市のPRのため、市民団体により精力的な普及活動が行われており、ご当地グルメとして話題になっている。

小樽あんかけ焼そばの発祥については諸説ある。当初は1957年(昭和32年)に小樽市稲穂に移転オープンした中華料理店「梅月(ばいげつ)の「五目あんかけ焼そば」を元祖とする説が有力であった。当時の同店は比較的敷居が低く観光客にも親しまれ、当時急増していたカニ族にも好評を博し、小樽市民も市内中心部での買物後に同店であんかけ焼そばを食べることが流行するほどの人気ぶりであった。「梅月」は2代目店主・近藤祐司の代に最盛期を極めており、ほかの料理人たちにレシピを伝えることに積極的だった近藤の姿勢が、小樽市内にあんかけ焼そばを普及させることに一役買ったと見られている。

ただし後の研究によれば、小樽市内のほかの中華料理店「レストラン・ロール」や「来来軒」では1950年(昭和25年)頃にすでにあんかけ焼そばを提供していたとの報告もあり、日本全国の中華料理店であんかけ焼そばが賄い料理として出されていたことを考慮すると、小樽あんかけ焼そばの起源は「梅月」よりもさらに遡ることができるとの見方もある。また戦前には、小樽市内の多くのホテルや料亭が東京都京都府から調理師を雇い入れていたため、こうした人々があんかけ焼そばを小樽に伝え、港湾での労働者に愛好されて普及したとの説もある。

……もっと読む

新着項目

/5月20日 - コープのおいしめし /5月19日 - ニッカカフェグレーン /5月18日 - フレシネ /5月17日 - 滝野川ゴボウ /5月16日 - スワジランド料理 /5月14日 - 泉屋東京店 /5月13日 - エチオピア料理 /5月11日 - ソアン・パプディ尾澤酒造場 /5月10日 - ハートアタックグリル /5月9日 - 食べまくり!ドライブ in USA /5月8日 - ココレッチ日本のビールメーカー一覧 /5月6日 - シロウリ /5月5日 - ゴシポールリモナナ /5月4日 - ひもとうがらし‎淡路麺業 /5月3日 - ろいず珈琲館ザ・ニッカ /4月30日 - 純氷 /4月28日 - 室蘭カレーラーメンつつみ屋 /4月27日 - アロス・ネグロ /4月26日 - ミネストラ・マリタータ /4月25日 - ラミントン (菓子)大和丸なす /4月24日 - 喜久水酒造 (秋田県) /4月22日 - トルティーヤ・チップス荒野のグルメ /4月21日 - 砂糖漬け /4月18日 - オニヒラアジ /4月17日 - マルクス・ガビウス・アピシウス京地どり東洋ナッツ食品 /4月16日 - フロッグケーキ /4月15日 - ペコリーノ・サルド中澤正 /4月14日 - イトウオニヒラアジ天然氷 /4月13日 - アピシウスインドカイワリ /4月12日 - 東京カリント及第粥アイスコ /4月10日 - 北雪酒造 /4月9日 - ごはんジャパン /4月8日 - カツライス高原製粉精米水車場 /4月6日 - 金吾堂製菓 /4月5日 - 味の素食の文化センター /3月31日 - 大和三尺きゅうり /3月30日 - ガランガル /3月29日 - 2-メチルフランゴミ受け /3月28日 - ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ /3月27日 - 貝汁 /3月26日 - マテアジ /3月24日 - 毎日がイタリアン-ジャーダのカジュアル・クッキング-水上市場 /3月23日 - ジャーダ・デ・ラウレンティスクボアジ /3月22日 - レチョンミヤカミヒラアジ /3月21日 - チョッピーノ /3月19日 - ケーン・ブアット・ファクトーン /3月18日 - 酒の穀田屋 /3月15日 - メープルリーフフーズ /3月14日 - プレミックスシロガネアジ /3月12日 - ロイコチトゾーン宇陀金ごぼうハッショウマメホースグラムグラスピー /3月11日 - クサヤモロ内ヶ崎酒造店糖業協会 /3月10日 - 箱膳クロボシヒラアジ /3月9日 - ビワモドキ土田酒造パシーヤワヒーヨムラート (トウガラシ)ピキン (トウガラシ)アルボルアレッポトウガラシメドゥーサ (トウガラシ)含硫アミノ酸ハンガリアンワックス /3月8日 - 今市かぶポブラノマブタシマアジ /3月7日 - 千筋みずな大和いも /3月6日 - 池上紗織 /3月5日 - 味間いも /3月4日 - 大和きくな /3月2日 - ホレシュガランティーヌきたくりんエキメキバルブガル水道と水車群跡タフタン /2月28日 - 大和まな白十字堂 /2月25日 - ホーグランド溶液 /2月24日 - 種無しパンキャウンコキスフルーツカードサレップ‎糖水マーガリン類 /2月23日 - サム (料理)ボッサムドゥルムチレスエンノガダ /2月22日 - クープ・デュ・モンド・ド・ラ・ブーランジュリーモンターズィオガーリックライス /2月20日 - しらつゆエンジェル・オン・ホースバック匹見ワサビ /2月18日 - ムハンマラマチャカトールシ /2月16日 - 澄ましバタースクッグスメンフアン・マリ・アルサックアジカ /2月15日 - ナンジートゥッミヤンカムギュベチクラナカンピティカチャトーラチミチャンガケランチム修道女のおなら‎ジャフヌンファフサマラアワフキシュル /2月14日 - ライスミルククワハーダチェーファティール /2月13日 - ピチ (パスタ) /2月12日 - 大同門 (焼肉屋) /2月9日 - 森永デザート /2月8日 - タコバス /2月6日 - せんべいおこわ /2月5日 - エーブルグロッド /2月4日 - 石水幸安 /2月3日 - 培養肉 /2月2日 - 毒もみ /2月1日 - カネロニ /1月31日 - 小樽あんかけ焼そばシャクティ (料理) /1月30日 - 彦摩呂のB級グルメ天国 /1月29日 - あみだ池大黒ヨーロッパエビジャコ /1月28日 - ツバメ食品寒ざらし大黒屋 (食品メーカー) /1月27日 - 旭屋チョコレート・トレイン高遠そば /1月25日 - モネンシン /1月24日 - オンノ・カウスェーカウスェー /1月22日 - ダムカレー高木屋老舗 /1月20日 - 日本型食生活 /1月19日 - イートン・メス /1月18日 - メイソンジャー /1月17日 - 世界料理オリンピック世界司厨士協会連盟セミフレッド関西ラーメンコロシアム /1月14日 - ミレットビールババスオイルペカン油コフネヤシ油ババス /1月13日 - エアロプレスピスタチオ油ポンベバーガーシェフ /1月11日 - 新庄みそ /1月10日 - ますやみそ /1月9日 - 茂出木心護 /1月8日 - アサヒ醸造キンコー醤油横山味噌醤油醸造店かねこみそ /1月7日 - たいめいけん /1月6日 - オルトフェニルフェノールナトリウム吉村醸造アゾジカーボンアミド乳酸鉄(II)ポリビニルポリピロリドン亜硫酸水素カルシウムライスワックス /1月5日 - リソールルビンBK酢酸亜鉛グルタミン酸マグネシウム没食子酸オクチルパルミチン酸アスコルビルデクスター製粉用水車ビュー・ブローニュ /1月2日 - 欧州ワイン紀行〜銘醸ワインの産地を訪ねて〜 /1月1日 - 国光 (リンゴ)

- 2014年の新着項目