Portal:食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トマト
ポータル:食

食や食文化に関するウィキポータルです。食関連項目の執筆、編集、検索、閲覧、整備に役立てる目的で設立維持されています。あなたもこのページの編集に参加してみて下さい。

(左図解説) トマトの実。グルタミン酸の濃度が非常に高いためうま味があり、また印象的な酸味もあるため、各地で料理に広く利用されている。

新しい紹介を読み込む

お知らせ

  • 加筆依頼を出す時、その記事の何について加筆して欲しいのかを記載するようにしてください。
  • 執筆依頼を出す時、その記事を執筆した時に宣伝にならないかどうかを考えてください。もし宣伝になりそうであれば、その記事の執筆は依頼すべきではありません。特に、個別商品の記事、企業の記事は宣伝になりがちですので、十分注意してください。
  • 執筆依頼を出す時、その記事に特筆性があるかどうかを考えてください。検索エンジンなどで検索して、ヒットがあるかどうかは1つの基準となるでしょう。

特集項目

お好み焼き屋店頭に掲げられた提灯

お好み焼き(おこのみやき)は、各種の小麦粉を使用する鉄板焼きの一種であり日本の庶民的な料理である。

水に溶いた小麦粉を生地として、野菜魚介類などを具材とし、鉄板の上で焼き上げ、ソースマヨネーズ青のり等の調味料をつけて食するものであるが、焼き方や具材は地域によって差が見られる。「関西風お好み焼き」・「広島風お好み焼き」など、多くの地域に様々な様式のお好み焼きが存在している。

お好み焼きの起源は、安土桃山時代千利休が作らせていた「麩の焼き(ふのやき)」であるといわれている。その後、麩の焼きを起源として江戸末期から明治にかけ、味噌の代わりにを巻いて作る「助惣焼(すけそうやき)」が生まれる、明治時代には「もんじゃ焼き」「どんどん焼き」が生まれた。1923年大正12年)の関東大震災の際には主食的位置を占め、大正から昭和にかけてウスターソースを使用する「もんじゃ焼き」や「一銭洋食」が食料不足を補う方法としてもてはやされるようになる。コンニャクや豆といった具を入れ、醤油で味付けして食べる「ベタ焼」「チョボ焼」が誕生し、それが各種鉄板料理へと派生した。

戦前までは、「洋食焼き」や「一銭洋食」などと呼ばれ、水で溶いた小麦粉を鉄板に円状に広げ生地を焼き、その上にネギや天かすなどを載せて作る「のせ焼き」が主流であり、子供のおやつのようなものであった。

キャベツ鶏卵がいつころから定番の食材になったかについてははっきりしたことは分かっていない。キャベツそのものは冬性の季節性野菜であったが1904年頃から普及しており決して高価な食材ではなかった。高級レストランでは生食されていたが一般的ではなく、家庭では油いためにしたり汁物の具材などに利用されていた。昭和30年頃にはソース焼きそばの具材としてすでに定番であって、お好み焼きにもこの頃には定番化されていたと見られる。鶏卵については大規模養鶏が導入されたのは昭和30年代であり戦後しばらくまでは高級食材であった。

現在も、祭など、屋台で提供されている事も多い。

……もっと読む