タラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タラ科
Atlantic cod.jpg
タイセイヨウダラ Gadus morhua
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: タラ目 Gadiformes
: タラ科 Gadidae
亜科 : タラ亜科 Gadinae
英名
Cod
Haddock
タラ(Pacific, raw)
100 gあたりの栄養価
エネルギー 288 kJ (69 kcal)
0 g
糖分 0 g
食物繊維 0 g
0.41 g
飽和脂肪酸 0.085 g
トランス脂肪酸 0.005 g
一価不飽和脂肪酸 0.073 g
多価不飽和脂肪酸 0.164 g
0.135 g
0.017 g
15.27 g
トリプトファン 0.188 g
トレオニン 0.658 g
イソロイシン 0.679 g
ロイシン 1.211 g
リシン 1.399 g
メチオニン 0.418 g
シスチン 0.136 g
フェニルアラニン 0.595 g
チロシン 0.553 g
バリン 0.731 g
アルギニン 0.982 g
ヒスチジン 0.324 g
アラニン 0.877 g
アスパラギン酸 1.525 g
グルタミン酸 2.297 g
グリシン 0.71 g
プロリン 0.512 g
セリン 0.647 g
ビタミン
ビタミンA相当量
(0%)
2 μg
(0%)
0 μg
0 μg
チアミン (B1)
(3%)
0.033 mg
リボフラビン (B2)
(4%)
0.045 mg
ナイアシン (B3)
(7%)
1.095 mg
(6%)
0.294 mg
ビタミンB6
(9%)
0.117 mg
葉酸 (B9)
(2%)
7 μg
ビタミンB12
(83%)
1.98 μg
コリン
(13%)
65 mg
ビタミンC
(0%)
0 mg
ビタミンD
(3%)
20 IU
ビタミンE
(4%)
0.54 mg
ビタミンK
(0%)
0 μg
ミネラル
カルシウム
(1%)
8 mg
鉄分
(1%)
0.16 mg
マグネシウム
(6%)
20 mg
マンガン
(1%)
0.012 mg
セレン
(33%)
22.9 μg
リン
(40%)
281 mg
カリウム
(5%)
235 mg
ナトリウム
(20%)
303 mg
亜鉛
(3%)
0.31 mg
他の成分
水分 83.95 g
コレステロール 47 mg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

タラ(鱈、大口魚、鰔)は、タラ目タラ科のうちタラ亜科に所属する魚類の総称。北半球の寒冷な海に分布する肉食性底生魚で、重要な水産資源となる魚を多く含む[1]

日本近海では北日本沿岸にマダラスケトウダラコマイの3属3種が分布する[1]。単に「タラ」と呼んだ場合はマダラGadus macrocephalus)を指すことが多い。

生態[編集]

温帯に分布するものや汽水域に入るものもいるが、ほとんどの種類は寒帯亜寒帯の冷たい海に分布する海水魚である。

海底の近くで生活する底生魚で、水深200m以深で暮らすいわゆる深海魚が多いが、季節によって生息深度を変える種類もいる。大きな群れを形成し、大規模な回遊を行うものもある[2]。背中側の体色は灰色や褐色で、水底に紛れる保護色となる。

食性は肉食性で、多毛類貝類頭足類などの無脊椎動物や他の魚類を捕食する。

産卵は冬期から早春にかけて行われる。卵は沈性卵で、砂泥の海底に産卵される。タラ類の一度の産卵数は数十万から数百万個に及び、魚類の中でも多産の部類である。親魚による卵や仔魚の保護はみられず、生残率は非常に低いと考えられる。

形態[編集]

背鰭が3つ、臀鰭は2つに分かれることがタラ亜科の大きな特徴で、タラ目の他のグループ(チゴダラ科ソコダラ科メルルーサ科など)との鑑別点の一つとなっている[3]。口が大きく、下顎にヒゲをもつ種類が多い[3]。全長は数十cmを超える中・大型種が多く、最大のタイセイヨウダラは全長2mに達することもある[2]

第1背鰭は頭部より後方に位置し、すべてのは棘条を欠く[2]。腹鰭は胸鰭よりも前方にある[2]。尾鰭の後端は截形か、あるいはやや陥凹する[3]

人間との関わり[編集]

利用[編集]

タラ亜科はほとんどの種類が重要な水産資源として利用され、底引き網延縄釣りなどで漁獲される。

身は脂肪が少なく柔らかい白身で、鱈ちりなどの鍋料理や、棒鱈などの干物フィッシュ・アンド・チップスのような揚げ物バカラオなどの塩蔵品かまぼこおよび魚肉ソーセージなどの練製品として利用される。肝臓からは肝油を採取するほか、オイル漬けにしたものはコッドレバーとして缶詰にされる。また、スケトウダラ卵巣たらこ)、マダラ精巣白子)、韓国料理の食材チャンジャ)、舌(ノルウェー料理の食材。ムニエルにして食す)なども食材として用いられる。

文化[編集]

漢字では身が雪のように白いことから「鱈」と書くが、これは和製漢字である。日本では古くから、大きな口を開けて他の生物を捕食することから「大口魚」と呼ばれていた。なお、この和製漢字(国字)は、中国でも一般的に用いられている。

非常に貪欲なことから、腹いっぱい食べるという意味の副詞「たらふく(鱈腹)」の語源となったといわれている。一方で、「たらふく」の語源は「足(た)らい脹(ふく)くるる」すなわち「満足して(腹が)脹れる」に由来し、「鱈腹」は当て字とする説もある。タラを解剖すると少なからぬ胃潰瘍の病巣が認められ、これがこの過食によるものだとする説がある。この話は魚類学者末広恭雄のエッセイにも書かれ、人口に膾炙することとなった。

分類[編集]

ミナミダラ。タラ亜科で唯一南半球に分布する。
シロイトダラ Pollachius virens 。大西洋北東部に分布。
タイセイヨウダラ。タラ亜科中の最大種。
マダラ塩焼き煮付けなどさまざまな調理法で利用される[1]

タラ亜科は10属23種を含む[4][2]。分布の中心は北大西洋だが、一部は北極海や日本近海を含む北太平洋に生息する[1][3]。タラ科にはタラ亜科の他にカワメンタイ亜科 Lotinae(3属5種)、ヒゲダラ亜科 Gaidropsarinae(3属17種)、Phycinae(2属11種)が属する[4]

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[6][7]

タラ亜科

Gadiculus




Trisopterus




Microgadus +コマイ属




Merlangius merlangus





コダラ



ミナミダラ属





Pollachius





ホッキョクダラ



コオリダラ




マダラ属









出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『日本の海水魚』 pp.132-133
  2. ^ a b c d e f g Gadidae”. FishBase. 2011年1月23日閲覧。
  3. ^ a b c d 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.242-243
  4. ^ a b Roa-Varón, Adela and Ortí, Guillermo (2009). "Phylogenetic relationships among families of Gadiformes (Teleostei, Paracanthopterygii) based on nuclear and mitochondrial data". Molecular phylogenetics and evolution 52 (3): 688–704. doi:10.1016/j.ympev.2009.03.020. 
  5. ^ 日本魚類学会 シノニム・学名の変更”. 2015年3月10日閲覧。
  6. ^ Owens, Hannah L. (2015). "Evolution of codfishes (Teleostei: Gadinae) in geographical and ecological space: evidence that physiological limits drove diversification of subarctic fishes". Journal of Biogeography. doi:10.1111/jbi.12483. 
  7. ^ Møller, Peter R., et al. (2002). "Phylogenetic position of the cryopelagic codfish genus Arctogadus Drjagin, 1932 based on partial mitochondrial cytochrome b sequences". Polar Biology 25 (5): 342–349. doi:10.1007/s00300-001-0348-5. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]