寒帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Köppen-geiger-hessd-2007.svg
  fa fb fc fd m wa wb wc wd sa sb sc sd  
E 寒帯   ET EF
D 亜寒帯 Dfa Dfb Dfc Dfd Dwa Dwb Dwc Dwd Dsa Dsb Dsc Dsd  
C 温帯 Cfa Cfb Cfc   Cwa Cwb Cwc Csa Csb Csc  
B 乾燥帯   BSh BSk BWh BWk
A 熱帯 Af Am Aw As  

寒帯(かんたい)とは気候帯の一種で最暖月平均気温が10℃未満の地域である(降水量は無条件)。この地域では樹木の生育は基本的に不可能である。ケッペンの気候区分による記号はEで、低緯度から5番目(最も高緯度)に位置することを示す。

フローン=クプファーの気候区分においては、ケッペンの区分でいう氷雪気候(EF)のみを寒帯気候帯(記号:EE)とする[1]アリソフの気候区分では、気候帯7(極気団地帯)に対応する[2]

気候区[編集]

寒帯は最暖月平均気温が0℃以上10℃未満ツンドラ気候(ET)と0℃未満氷雪気候(EF)に分けられる。どちらも、最寒月平均気温及び降水量についての条件はない。TとFは、ツンドラ(Tundra)と氷雪(Froste)のドイツ語での頭文字である。

気候の特色[編集]

ツンドラ気候帯ではコケなどの植物が生育可能であるが、氷雪気候帯では植物の生育は基本的に不可能である。

いずれにせよ農業にはまったく適しておらず、トナカイ遊牧狩猟・海洋漁業(カナダ原産のラブラドール・レトリバーラブラドール半島北部で魚網の牽引や脱落魚の回収を業としていた)と鉱業のみに適する。鉱物資源としてはグリーンランドのモリブデンスウェーデンアラスカ石油などが挙げられる。

シベリアン・ハスキーアラスカン・マラミュートサモエドツンドラ気候帯に暮らす人々のそり引きなどを手伝っていた犬である。

寒帯の分布する国と地域[編集]

ツンドラ気候[編集]

北アメリカ大陸ユーラシア大陸に存在する。

ロシア連邦北部、フィンランド北部と東部、スウェーデン北部、ノルウェー内陸部およびスヴァールバル諸島アイスランド北部、カナダ北部、アメリカ合衆国アラスカ州北部、チリ最南部、ケルゲレン諸島南極半島千島列島の一部。

氷雪気候[編集]

両極域にのみ存在する。

南極大陸の殆ど、グリーンランドデンマーク)内陸部の大半。

高山[編集]

寒帯は高山にも分布している(この地帯を高山気候帯(記号H)と呼び区別することもある)。例えば富士山中国チベット自治区の一部などである。

脚注[編集]

  1. ^ 矢澤(1989):306ページ
  2. ^ 矢澤(1989):354ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]