気候学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

気候学(きこうがく、英語:climatology)は、気候を取り扱う自然科学の一分野である。自然地理学の一分野でもある。地球物理学の一分野である気象学と近い内容を持つ。

ここでいう気候とはかつては、「ある特定された地点(地域)の大気の平均状態」の事を指していた。この構成要素である気温降水量をデータから算出し、その出現頻度や平均値との差などの研究していた。(ケッペンの気候区分など。)しかし、近代以降、航空技術の発達などにより気象現象を捉える技術が向上した事により、気象現象の過程やメカニズムを捉えることに重点を置く学問へとシフトしていった。

取り扱う分野から、総観気候学、物理気候学、農業気候学、天候気候学などの一般気候学、気候誌(気候地理学)、取り扱うスケールから、大・中・小・微の各気候学、さらに地質時代の気候復元などを行う古気候学などに細分化される。

近年クローズアップされている、地球温暖化ヒートアイランドエルニーニョ酸性雨などの環境問題へのアプローチにも、気候学が果たす役割は欠かせないものである。

関連項目[編集]