気候帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Köppen-geiger-hessd-2007.svg
  fa fb fc fd m wa wb wc wd sa sb sc sd  
E 寒帯   ET EF
D 亜寒帯 Dfa Dfb Dfc Dfd Dwa Dwb Dwc Dwd Dsa Dsb Dsc Dsd  
C 温帯 Cfa Cfb Cfc   Cwa Cwb Cwc Csa Csb Csc  
B 乾燥帯   BSh BSk BWh BWk
A 熱帯 Af Am Aw As  

気候帯(きこうたい)は、世界各地の気候特色がよく似た地域をいくつかの区域に分けた気候区分である。ケッペンの気候区分が有名。

気候帯形成の主要な要因は、太陽熱輻射に伴う気温分布によるものであり、概ね緯度に並行した分布となる。気温による区分では、熱帯亜熱帯温帯亜寒帯寒帯に分けられるが、降水量によって区分する場合もある。ケッペンの気候区分では気温と降水量を組み合わせ、熱帯、乾燥帯、温帯、亜寒帯、寒帯に分ける。亜寒帯を冷帯と言う場合もある。