ノルウェー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノルウェー王国
Kongeriket Norge(ブークモール)
Kongeriket Noreg(ニーノシュク)
ノルウェーの国旗 ノルウェーの国章
国旗 国章
国の標語:なし
王のモットー:Alt for Norge
(ノルウェー語: 万事、ノルウェーのために)
国歌我等この国を愛す
ノルウェーの位置
公用語 ノルウェー語ブークモールニーノシュク¹
首都 オスロ
最大の都市 オスロ
政府
国王 ハーラル5世
首相 エルナ・ソルベルグ
面積
総計 385,199km266位
水面積率 6.0%
人口
総計(2014年 5,109,056人(116位[1]
人口密度 17人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 2兆5,378億[2]ノルウェー・クローネ
GDP (MER)
合計(2008年 4,562億[2]ドル(23位
GDP (PPP)
合計(2008年 2,565億[2]ドル(39位
1人あたり 53,450[2]ドル
独立
 - 宣言
 - 承認
スウェーデンより分離
1905年 6月7日
1905年10月26日
通貨 ノルウェー・クローネ (NOK)
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 NO / NOR
ccTLD .no
国際電話番号 47
註1 : 6地区では、さらにサーメ語公用語

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパスカンディナヴィア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。東にスウェーデンロシアフィンランドと国境を接する。国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡北海ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000km離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、また、スヴァールバル条約によりバレンツ海スヴァールバル諸島を領有している。南大西洋ブーベ島を属領として持つ。首都はオスロ

南極大陸クイーン・モード・ランドおよび南太平洋ペーター1世島の領有を主張しているが、両地は南極条約により領有権が凍結されている。ノルウェーとロシアの間でバレンツ海における領海の境界線の合意が得られていないことにより、当面の間両国によって共管される「グローソネン」(グレーゾーン)と呼ばれる海域があったが、2010年9月15日に両国は境界画定条約に調印した。面積は日本より若干広く、スヴァールバル諸島などを含めて約384,269km²となる。

国名[編集]

正式名称はノルウェー語ブークモール (bokmål) では Kongeriket Norge (country).ogg Norgeニーノシュク (nynorsk) では Kongeriket Noreg (country).ogg Noreg、サーミ語ではNorka。

英語による表記は Kingdom of Norway。通称 Norway。形容詞はNorwegian。

日本語による表記はノルウェー王国。通称はノルウェーノルウェイとも。古くはノールウエーと表記された[3]。漢字では諾威 挪威と表記し、諾 挪と略す。

歴史[編集]

考古学上の発見が示すところによると、ノルウェーには約12,000年前には人が住んでいた。彼らはおそらくもっと南の地域、ドイツ北部からやって来て、海岸線に沿ってさらに北上したと考えられている。

9世紀から11世紀までのヴァイキング時代が国家形成の統一運動及び拡大の元となった。1130年から1240年までは王位継承権をめぐる内戦が起こった(ノルウェー内戦)。黒死病などによりノルウェー王家1387年に途絶えデンマーク配下となり、1450年より条約により従属化され、1536年には正式に独立を失った(デンマーク=ノルウェー)。デンマークがナポレオン1世側に付いた後の1814年スウェーデンに引き渡された。ノルウェー人はこの時、独立をはかったが、列強の反対により実現できず、スウェーデン王国との同君連合スウェーデン=ノルウェー)が形成された。スウェーデン王カール13世がノルウェー王に即位した。1818年にカール13世が死去すると、スウェーデン=ノルウェーはベルナドッテ王朝の支配下となった。

1750年頃から第一次世界大戦ロシア革命が起こった1920年まではノルウェー北部とロシアのアルハンゲリスクの間でポモール貿易英語版と呼ばれる海上貿易が盛んに行われた。ノルウェーで捕れる魚とロシアの穀物を取引し、どちらの社会においても重要度が高かった。

20世紀初頭、スウェーデン=ノルウェーの連合を解消しようという運動が高まり、1905年にノルウェー側からデンマークのカール王子に打診があった。その後、国民投票により君主国家を設立、議会は満場一致でカール王子をノルウェー王として選出した。彼は独立したノルウェーでホーコン7世として即位した。スウェーデン政府はこの決定に反発し、一時騒然となったが、オスカル2世と社民党政府の国民への説得により、ノルウェーの独立が認められた。

ノルウェーは第一次世界大戦では中立国だったが、第二次世界大戦ではドイツによる侵略を受け、非同盟政策に疑問を抱くようになり、集団安全保障国家となった。また、1945年7月6日には対日宣戦布告するが、ついに戦火を交える事はなかった。ノルウェーは国際連合設立メンバーである。北大西洋条約 (NATO) に1949年に調印した。ノルウェーでは1972年1994年の2度欧州連合への加盟に関する投票が行われたが、二度とも否決され、現在も欧州自由貿易連合 (EFTA) のメンバーに留まっている。

政治[編集]

ストーティング(ノルウェー議会議事堂)。

政体[編集]

ノルウェーの政体議会制度を持つ立憲君主制である。国王の役割は、主に儀式や式典などに限られるが、国の象徴として国民意識の統一に重要な役割を果たしている。

行政[編集]

1814年の法律で国王には、議会または首相を含む内閣は国王により任命される、という重要な執行権が与えられたが、殆どの場合は議会が国王の名の下行使している。1884年には議院内閣制が成立し、内閣の発足には議会の承認が必要となった。これにより、国王による任命は事実上形式だけのものとなった。

立法[編集]

ノルウェー議会(ストーティング)は一院制で169名の議員から成る。2007年の憲法改正以前には、単一の選挙で選出された議員たちがウーデルスティング(下院127名)とラーグティング(上院42名)に分かれ、憲法改正等を除いては二院制として機能する変則的な体制であった。解散はなく、総選挙は4年に1度行われる。19の県を単位とする比例代表制選挙で150議席が選ばれたのち、19議席が得票率と獲得議席との乖離を調整するために配分される。選挙権はその年に満18歳以上となる者に与えられている。

なお、ノーベル平和賞の受賞者を決定するノルウェー・ノーベル委員会の委員はノルウェー議会によって選出される。

憲法[編集]

5月17日憲法記念日のパレードで、ノルウェーの国旗を持って行進するボーイスカウトたち。

1814年5月17日にアイツヴォル会議にて調印されたノルウェー憲法は、ノルウェーを絶対君主制から民主的な立憲君主制へと変化させた。ノルウェー1814年憲法言論の自由(100条)、法治主義(96、97、99条)などを定めた。主要な憲法改正には次のようなものがある:

  • 1814年11月4日 - スウェーデン王同君連合を形成するために再制定された。
  • 1851年 - ユダヤ人の入国禁止条項を撤廃した。
  • 1884年 - 議院内閣制が発足し、内閣は議会の過半数の反対があった場合存続できない慣例が確立した。この議会主義の原則は慣例であり、憲法の条項として明記されたものではなかった。
  • 1887年 - イエズス会修道会の禁止が撤廃された。
  • 1898年 - 男性の普通選挙権が確立された。
  • 1905年 - スウェーデンとの連合が解消された。
  • 1913年 - 男女普通選挙権が確立された。
  • 1956年 - 宗教の自由が公認された。
  • 2004年 - 表現の自由についての新しい条項、旧100条を置き換え。
  • 2007年 - 議院内閣制の明記。一院制議会への移行。
  • 2012年 - 福音ルーテル派ノルウェー(国)教会が、国教の地位から外された。

軍事[編集]

ノルウェー軍陸軍海軍空軍および郷土防衛隊の四軍からなる。沿岸警備隊も海軍の傘下にある。

徴兵制が敷かれており、19歳から44歳の国民が1年間徴兵されることになっている。女性は徴兵の対象から外れていたが、2015年より女性にも徴兵の対象が適用される見通しである。これにより、ノルウェーは欧州で唯一女性の徴兵制が施行される国となる[4]良心的兵役拒否によって、代替役務として社会奉仕活動を選択することが可能である。

地方行政区分[編集]

ノルウェーの県。

ノルウェーは、19のfylker(単数形:fylke)と呼ばれる県に分かれ、それぞれ番号付けされている。かつて県の地位にあったベルゲンが1973年にホルダラン県に編入されたため、13番は空き番号である。県の下に431のkommuner(単数形:kommune)と呼ばれる基礎自治体がある2層制になっている。首都オスロは県であり基礎自治体でもある。

  1. エストフォル県の旗 エストフォル県 (Østfold)
  2. アーケシュフース県の旗 アーケシュフース県 (Akershus)
  3. オスロの旗 オスロ (Oslo)
  4. ヘードマルク県の旗 ヘードマルク県 (Hedmark)
  5. オップラン県の旗 オップラン県 (Oppland)
  6. ブスケルー県の旗 ブスケルー県 (Buskerud)
  7. ヴェストフォル県の旗 ヴェストフォル県 (Vestfold)
  8. テレマルク県の旗 テレマルク県 (Telemark)
  9. アウスト・アグデル県の旗 アウスト・アグデル県 (Aust-Agder)
  10. ヴェスト・アグデル県の旗 ヴェスト・アグデル県 (Vest-Agder)
  11. ローガラン県の旗 ローガラン県 (Rogaland)
  12. ホルダラン県の旗 ホルダラン県 (Hordaland)
  13. (空き番号)
  14. ソグン・オ・フィヨーラネ県の旗 ソグン・オ・フョーラネ県 (Sogn og Fjordane)
  15. ムーレ・オ・ロムスダール県の旗 ムーレ・オ・ロムスダール県 (Møre og Romsdal)
  16. ソール・トロンデラーグ県の旗 ソール・トロンデラーグ県 (Sør-Trøndelag)
  17. ヌール・トロンデラーグ県の旗 ヌール・トロンデラーグ県 (Nord-Trøndelag)
  18. ヌールラン県の旗 ヌールラン県 (Nordland)
  19. トロムス県の旗 トロムス県 (Troms)
  20. フィンマルク県の旗 フィンマルク県 (Finnmark)

地理[編集]

ノルウェーの地図。

スカンディナヴィア半島の西岸に位置し、国土面積は日本とほぼ同じで約7300km²(熊本県程度)だけノルウェーの方が広い。北極海およびノルウェー海に面し、海岸にはフィヨルドが発達している。国土は北緯57度以上という高緯度地帯に位置しているが、北大西洋海流の分枝である暖流ノルウェー海流の影響により、冬でも不凍港であるほど温暖である。この為、バルト海沿岸よりもノルウェー北部は穏やかな気候となっている。また、陸地の殆どをスカンディナヴィア山脈が占める為、平地は無いに等しい。最高所はヨーツンハイム山地にあるガルフピッゲンであり、標高は2469m。

酸性雨が降り注ぎ、国連環境計画(UNEP)の1986年調査では、666万ヘクタールのうち26%に当たる171.2万ヘクタールが被害面積であった[5]

経済[編集]

オスロ証券取引所。オスロはノルウェー経済の中枢であり、北欧屈指の世界都市である。

2009年のノルウェーのGDPは3785億ドル(約32兆円)であり[6]神奈川県とほぼ同じ経済規模である[7]。世界第6の原油輸出国であり、原油はノルウェーの輸出の35%(1999年)を占める。1969年に北海油田が発見されて以降、油田・ガス田の開発が進んだ。北海における石油採掘は国有割合の高い企業(例えばスタトイルハイドロでは発行株式の約3分の2を国が保有[8])によって行われており、福祉国家ノルウェーの財政に大きく寄与している。さらに将来の石油・天然ガスの枯渇に備えて、原油売上による収益は原則として(2006年度予算では74%、2571億クローネ)ノルウェー政府年金基金として積み立てられ(2006年1月に従来の石油基金と年金基金が統合改組)、国際的な金融市場に投資されている。国家財政収支は石油以外の歳入だけで均衡するよう、歳出抑制策を実施しているが、なお石油基金からの繰り入れが大きな割合を占めている(2006年度予算では歳入9339億クローネ、うち石油から3483億クローネ、石油以外から5856億クローネ、歳出は6768億クローネ)。

水資源が多く水力発電量も活発に行われており。漁業、林業、鉱業も盛んである。漁業では特にノルウェーサーモン(アトランティックサーモン)大西洋サバが日本に多く輸出されている。漁業文化が日本と似ており捕鯨推進国の一つ(ノルウェーの捕鯨を参照)。そのほか、牧畜などが行われている。

コンクリート技術も非常に発達しており、新しい材料技術が次から次へと誕生している。

世界最大の特殊船舶の製造会社のアケル・ソリューションズ、世界4大船級協会のひとつであるデット・ノルスケ・ベリタス、舶用通信機のNERA社、ソナーのSIMRAD社、潜水艇のArgus社、マリンファッションのHelly Hansenなど、海運や北海油田に関連する産業が盛んである。ウェブブラウザのOperaを作っているオペラ社もノルウェーの企業である。

ノルウェー中央銀行中央銀行として、金融システムの安定や物価の安定を目指しているほか、別部門のNorges Bank Investment Managementがノルウェー政府年金基金の運用を行っている。

税率が高く、ギネスブックでは「最も税金の高い国」として紹介されたことがある。追加個人税などで所得の100%を超える税金が課税されることがある。

社会[編集]

1人当たりのGDPや平均寿命、就学率、成人識字率ともに世界的に高く、「人間開発指数(HDI)」で、世界トップクラスに位置している(2006年度1位)[9]

また世界で最も男女平等が浸透している国としても知られている。男女間の機会均等、社会参加、利益などでも男女の差がなく、社会的要素の利益が男女の垣根なくいかに自由で平等に行き渡っているかを数値化したGDI、男女間の機会均等と社会参加の程度をあらわすGEMどちらも世界一である[9]。一方で、現在徴兵制は男性だけの義務となっている。しかし、徴兵制を女性にも広げる法案が可決したことから、2015年をめどに開始される模様である。

保健[編集]

ノルディックモデルによる高負担高福祉の福祉国家であり、社会保険モデルによるユニバーサルヘルスケアが達成されている[10]。国民一人あたりの保健支出は、OECD各国において米国に次いで高い<[11]

国民[編集]

民族構成(ノルウェー)
ノルウェー人
  
82%
その他
  
18%
粥を持ち、ヤギにまたがったニッセサンタクロースの原型と言われる。ユールにお粥を炊いて、ニッセに供える習慣がある)。

2011年の統計[12] によるとゲルマン系のノルウェー人がほとんどで82.0%を占める。その他、スウェーデン系1.6%、デンマーク系1.0%、他に少数民族のサーミ人約2万人がいる。残りは移民であり、2010年には移民人口は552,000人と全人口の11.4%を占めている[13]。その内訳はポーランド(60,610人)、スウェーデン(34,108人)パキスタン(31,884人)、イラク(27,827人)、ソマリア(27,523人)、ドイツ(24,394人)、ベトナム(20,452人)、デンマーク(19,522人)、イラン(16,957人)、トルコ(16,430人)の順となっている。近年は、アジア・アフリカからの移民受け入れが多くなっている。

言語[編集]

公用語ノルウェー語である。ノルウェー語には、ブークモール(書物の言葉)およびニーノシュク(新しいノルウェー語)の2種類がある。どちらも公用語であるが、9割近くがブークモールである。公式にはニーノシュクの使用人口が1割以上居ることになっているが、実態は各地のランスモール(土着の言葉)の話者である。

他にサーミ人がサーメ語を使っている。サーミ語人口は2万人程度である。カラショーク (Kárášjohka-Karasjok) 、カウトケイノ (Guovdageaidnu-Kautokeino) 、ネッセビィ (Unjárga-Nesseby) 、ポルサンゲル (Porsanger) 、ターナ (Deatnu-Tana) 、コーフョルド (Gáivuotna-Kåfjord) といったサーメ人が多く居住する地区では、サーメ語も公用語である。

また、ノルウェーでは英語のテレビ番組が放送されていることもあり、(特に大都市圏では)多くの国民が英語に明るい。

宗教[編集]

キリスト教プロテスタントルーテル教会が多数派であり、ノルウェー国教会の所属が78,0%を占めている(2010年現在)。1537年に創設されたノルウェー国教会は長らく国教の地位にあったが、2012年にその座を降りた。その他のプロテスタントやローマ・カトリック等の団体所属は5.4%、キリスト教以外の宗教は2.7%(このうち80.1%がイスラム教)、人生哲学団体に所属する人の割合は1.7%である[14]

婚姻[編集]

ノルウェーでは、婚姻の際には、夫婦別姓と夫婦同姓のいずれかを選択できる。また、2008年より、同性同士の婚姻(同性婚)が可能となっている。

文化[編集]

音楽[編集]

クラシック音楽に於いてはロマン派音楽の作曲家エドヴァルド・グリーグ、世界的に著名なピアニストのレイフ・オヴェ・アンスネス、チェリストのトルルス・モルク、作曲家のアルネ・ノールヘイムなどの音楽家を輩出している。

ポピュラー音楽に於いてはメイヘムサテリコンエンペラーディム・ボガーに代表されるブラックメタルや、80年代後半から90年代初頭にかけて世界的ヒット曲を生み出したa-ha、ゴシック/EBM系シーンにおいて世界的成功を収めたAPOPTIGMA BERZERKなどのグループの成功は、近年の重要な輸出産業の一つとなっている。その他、ヤン・ガルバレクに代表されるジャズや、伝統的な民謡の影響を受けたフォーク音楽も非常に盛んで世界的に高い評価を得ており、サーミ人ヨイクの歌い手、マリ・ボイネも知られている。

世界遺産[編集]

ノルウェー国内には、ユネスコ世界遺産リストに登録された文化遺産が6件、自然遺産が1件存在する。

祝祭日[編集]

祝祭日
日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 新年 Nyttårsdag
移動祝日 棕櫚の日曜日 Palmesøndag 復活祭の前の日曜日
移動祝日 洗足木曜日 Skjærtorsdag 復活祭の前の木曜日
移動祝日 聖金曜日 Langfredag 復活祭の前の金曜日
移動祝日 復活祭第1日 Første påskedag 前日の午後はPåskeaftenと言い、祝日ではないが半休になる
移動祝日 イースター・マンデー(復活祭第2日) Andre påskedag 復活祭の後の月曜日
5月1日 メーデー Arbeidernes dag
5月17日 憲法記念日 Grunnlovsdagen
移動祝日 昇天祭 Kristi Himmelfartsdag 復活祭の39日後
移動祝日 聖霊降臨祭第1日 Første pinsedag 復活祭の49日後
移動祝日 聖霊降臨祭第2日 Andre pinsedag 聖霊降臨祭の翌日
12月25日 ユール第1日(クリスマス第1日) Første juledag 前日の午後はJuleaftenと言い、祝日ではないが半休になる
12月26日 ユール第2日(クリスマス第2日、ボクシングデー Andre juledag

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年4月27日閲覧([2]
  3. ^ 『國際聯盟年鑑 1929年』 青木節一著
  4. ^ ノルウェー、女性を徴兵へ=欧州で初、15年にも実施時事通信 2013年6月15日
  5. ^ 石弘之著『地球環境報告』岩波書店《岩波新書(新赤版33)》 1988年 218ページ
  6. ^ IMF
  7. ^ 国民経済計算
  8. ^ Top 20 shareholders”. StatoilHydro (2010年4月20日). 2010年5月8日閲覧。
  9. ^ a b UNDP(国連開発計画)「人間開発報告書(HDR)」より
  10. ^ “ノルウェーの社会保障制度” (プレスリリース), ノルウェー日本国大使館, (2013年6月), http://www.no.emb-japan.go.jp/Japanese/Nikokukan/nikokukan_files/noruweinoshakaihoshouseido.pdf 
  11. ^ Health at a Glance 2013 (Report). OECD. (2013-11-21). doi:10.1787/health_glance-2013-en. 
  12. ^ Statistics Norway – Persons with immigrant background by immigration category and country background”. Ssb.no (2011年1月1日). 2011年7月23日閲覧。
  13. ^ Innvandrere fra 216 land”. Statistics Norway (2010年4月29日). 2011年7月25日閲覧。
  14. ^ ノルウェーデータ 2012: メディアと文化

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府
日本政府
観光
その他