アンドラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンドラ公国
Principat d'Andorra
アンドラの国旗 アンドラの国章
国旗 国章
国の標語:Virtus Unita Fortior
ラテン語: 団結は力なり)
国歌アンドラの賛歌
アンドラの位置
公用語 カタルーニャ語
首都 アンドラ・ラ・ベリャ
最大の都市 アンドラ・ラ・ベリャ
政府
共同大公 フランソワ・オランド(フランス大統領)
ジュアン・エンリク・ビベス・イ・シシリア(ウルヘル司教)
首相 アントニ・マルティ
面積
総計 468km2193位
水面積率 極僅か
人口
総計(2011年 79,000人(183位
人口密度 168人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2004年 22億4368万ユーロ (€)
GDP (MER)
合計(2004年 27億8592万ドル(???位
GDP (PPP)
合計(2000年 25億7340€ドル(164位
1人あたり 32,575€ドル
独立 1278年
通貨 ユーロ (€) (EUR) [1][2]
時間帯 UTC +1(DST:+2)
ISO 3166-1 AD / AND
ccTLD .ad
国際電話番号 376
  1. ^ 1999年までの通貨はフランス・フランスペイン・ペセタ
  2. ^ アンドラのユーロ硬貨も参照。

アンドラ公国(アンドラこうこく、カタルーニャ語: Principat d'Andorra)、通称アンドラは、ピレネー山中にあり、フランススペインに挟まれた国家フランス大統領とスペインのウルヘル司教国家元首とするミニ国家である。首都アンドラ・ラ・ベリャ

国名[編集]

正式国名カタルーニャ語で、Principat d'Andorra(プリンシパット・ダンドーラ)、通称、Andorra(アンドーラ)。

フランス語では、Principauté d'Andorre(プランシポテ・ダンドール)、通称、Andorre(アンドール)、スペイン語では、Principado de Andorra(プリンシパード・デ・アンドーラ)、通称、Andorra(アンドーラ)、英語では、Principality of Andorra(プリンシパリティ・オブ・アンドーラ)、通称、Andorra(アンドーラ)である。日本語での正式国名はアンドラ公国、通称はアンドラ、漢字表記は安道爾である。

国名はバスク語起源の語に由来すると推定されるが、詳細は不明である。

歴史[編集]

803年、フランク王国シャルルマーニュピレネー山脈中においたスペイン辺境領の一つ、ウルヘル伯領英語版を起源とする[1]

1133年、ウルヘル伯はウルヘル司教にアンドラの宗主権を譲り渡した[1]。1096年、司教はカボー家カタロニア語版にアンドラの防衛を委ねる代わりに、代償としてアンドラの一部カボー谷の統治権を与えた[2]。カボー家の権利はカステルボー子爵カタロニア語版との婚姻によって移動し、1208年にはフォワ伯英語版家によって掌握された。フォワ伯家はアンドラ全体の統治権を狙い、司教と争うようになった。事態の解決のため、1278年に両者を対等の共同統治者とする宗主契約が結ばれた[3][1]。1419年には最初の議会が設置されている[1]。フォワ伯のガストン4世ナバラ女王レオノールと婚姻し、以降フォワ伯位とアンドラの統治権にくわえてナバラ王を継承するようになった。フォワ伯の地位は女系を経てブルボン家に渡り、1589年にアンリ4世がナバラ王兼フランス王となったことでフランス王がアンドラの宗主権を受け継ぐことになる。1607年にはアンリ4世が、フランス王とウルヘル司教を共同大公とする勅令を出し、アンドラは公国となった[1]

フランス革命が発生して1793年ルイ16世が処刑されると、フランス側の共同大公は存在しなくなった[2]。アンドラ側は革命政権を承認せず、フランス第一共和政政府もアンドラとの関係を絶った[2]。1794年、スペインとの間でピレネー戦争英語版を戦っていた共和政政府は、この機にアンドラを併合しようともくろんだ[2]。この時アンドラの代表がフランス軍の司令官のもとにおもむき、侵攻を断念するよう説得している。1806年、フランス皇帝に即位したナポレオン・ボナパルトとの間で両国関係は修復され、再びフランスの元首が共同大公につくことになった[2]。以降封建的な制度はそのまま受け継がれていくことになる。

先述のとおり、フランス元首もアンドラの宗主権を受け継いでいるのであるが、フランス首相は第一次世界大戦の宣戦布告文にフランス元首としてのみならずアンドラ公国宗主としても署名をした[要出典]。それ故第一次世界大戦に参戦したものの[要出典]ヴェルサイユ条約の範囲外にあった(条約締結の際、フランス元首がアンドラ公国元首としての署名をしなかったため)。そのため、形式的にアンドラ公国は「第一次世界大戦を継続したまま、第二次世界大戦を迎える」という珍事が起こった[4]。この戦争状態は1958年まで続いた[5]。1934年7月にはリトアニアの冒険家、ボリス・スコスヤレフ英語版がフランスの庇護下にあるアンドラ王を称して、ウルヘル司教に対して宣戦布告したが、まもなく国外追放される事件が起きている[2]

スペイン内戦の時期には中立を守り、フランス軍が駐屯している[2]第二次世界大戦では中立を守ったものの、スペイン軍が駐留している[2][1]。第二次世界大戦中にはスペインとヴィシー政権の密輸ルートとして利用されている。また1944年にはドイツ軍の部隊がアンドラに侵入しているが、1945年に退去するまで戦闘行為は発生しなかった[2]

1993年3月、新憲法が国民投票により可決され、ウルヘル司教とフランス大統領を共同元首とする議会制民主主義を敷く独立国家となる事が決定された。フランスおよびスペインはこれを6月1日に承認し、正式に独立国家となった。同年7月、国際連合に加盟した[3]

政治[編集]

国家元首である大公 princes d'Andorre は、スペインウルヘル司教 Obispado de Urgell, évêques d'Urgell と、フォワ伯爵位 comte de Foix を法的に継承するフランス大統領 président de la république française と、の二頭制である。1993年の憲法で国民主権が明記され、大公の権限は、首相の任命等、大使の接受,法律・条約の認証等である[3]。大公らがアンドラに来訪することはほとんどなく、それぞれの代行者が来訪して、またはそれぞれの駐在代理官 représentant が委任を受けて、その権限を行使する。

アンドラの国会に当たる大評議会カタルーニャ語: Consell General d'Andorra)は、一院制で、定数は28議席[6]カタルーニャ語: Consell General de les Valls、渓谷総会とも呼ばれる。任期は4年で、14議席を全国区から選出し、残り14議席は7教区ごとに割り振られて各教区2議席ずつの定数となっている。行政府の長 Cap de Govern である首相は、議会によって選出される。保守自由民主主義アンドラ自由党と、社会民主主義社会民主党による二大政党制だが、他にも小政党が存在する。

軍事・治安[編集]

敵対する国家も存在しない上、近年まで外交をスペインとフランスにゆだねていたこともあり、軍隊は持たず、国防に関してはフランス及びスペインに委託している[7]。240人規模の警察部隊 (アンドラ)英語版が存在し、国境警備や治安活動に当たっている。

国際関係[編集]

外交1993年までは共同元首の権限であり、ウルヘル司教は外交組織を持っていなかったためフランスが代行していた[3]。独立以後はアンドラ政府自身で行うことになった。国際連合(1993年)および欧州評議会1994年)に加盟。2013年現在、WTOに加盟申請中である。これに対して欧州連合(EU)や欧州自由貿易連合(EFTA)、万国郵便連合生物多様性条約には加盟していない。

日本との関係[編集]

日本は1993年12月にアンドラを国家承認し、1995年10月に両国間の外交関係が築かれた[3]。アンドラにおける日本の代表部は、在フランス日本国大使館が兼轄している[3]

日本人のアンドラへの渡航は、在スペイン及び在フランス日本人によるものを中心に年間数千人程度と見られている。

2005年(平成17年)1月20日、首相のマルク・フォルネ・モルネが湘南モノレールを視察。首相夫妻と外務大臣ら5人が、同社社長の前田克彦らとともに全区間を乗車した。同首相は積雪に強いこのモノレールに対し「アンドラ公国にぴったりの交通機関」と感想を述べた。アンドラは冬期5か月間は雪に閉ざされるため、降雪に強い交通手段として、このサフェージュ式モノレールに関心を寄せている。

2011年1月9日にテレビ東京系列で放送された「あなたの街にもいる?189ヶ国愛すべきヘンな外国人」で首相が調査した結果によれば、在アンドラ邦人は4人、在日アンドラ人は1人であった。2013年3月時点では在アンドラの邦人は10人。

地方行政区分[編集]

アンドラの地方行政区分図

7つの教区(パロキア、parròquia)に区分される。

地理[編集]

山がちなアンドラの地勢
アンドラの地図

国土面積は468km2であり、日本では金沢市の面積とほぼ等しい。

ピレネー山脈東部に位置し、スペインとフランスにはさまれた山がちの内陸国である。スペインのカタルーニャ州リェイダ県、フランスのミディ=ピレネー地域圏アリエージュ県ラングドック=ルシヨン地域圏ピレネー=オリアンタル県に接する。厳しい高低差があり、複数の谷が刻み込まれている[8]。山からは粘板岩が産出し、伝統的な家屋の屋根はこれで葺かれ、壁は自然石を用いて作られている[9]

夏季は乾燥し、冬季の降雪が多い地中海性気候である。耕作地や住宅地の他はほとんどが針葉樹林であるが、標高2500m以上の地域では樹木が生育せず、草地や裸地となっている[10]

最高峰はコマ・ペドローザ峰(2942m)、主な川はバリラ川

経済[編集]

エンカンプ市街地
オルディノ市街地

経済の中心は観光業である。独自通貨は持たず、EUには非加盟だがユーロを使うことができる。ユーロ導入前はスペイン・ペセタフランス・フランを併用していた。また、タックス・ヘイヴンの国家であり、消費税は存在しない。このため国家収入の大半は、EUからの輸入税である[3]

商業[編集]

冬期のスキースノーボード、夏期のトレッキングスパなどのレジャー産業が盛んで、タックス・ヘイヴンの上に成り立つ格安の宝石店、自動車パーツ店、免税店(ヨーロッパ全域のブランド品タバコ香水を扱う)でのショッピングを含めた観光業が基幹産業となっている。マドリウ=ペラフィタ=クラロ渓谷世界遺産にも登録されている[6]

スペインやフランスなどの周辺の国の人々の別荘も多く存在している。近隣の大都市であるスペイン・バルセロナからは、毎週末になると週末の観光を兼ねた買出し客が国境を越えて押し寄せることもあり、国境沿いの道路にはそれらの客を目的にした免税スーパーマーケットや免税ガソリンスタンドが軒を連ねる。この影響を受けて、フランスではカー用品が、スペインではタバコアルコール飲料が、免税の低価格で販売されるようになった。

農業[編集]

農業には人口の4%が従事し、国土の2.1%が農地である。主な品目はタバコ、ジャガイモトウモロコシオリーブなどの他、牧畜も行われている。世界的な観光業の成立以前は農業が国の基盤だった。現在、世界市場で競争力を持っているのはタバコである。アンドラ産のタバコの葉は大変香りが強いため珍重されており、ブレンド用として輸出されている。

鉱業[編集]

第一次産業第二次産業はいずれも規模が小さい。アンドラの鉱物資源は鉄鉱石ミョウバン、石材、イオウを含んだである。300年以上に渡り、採鉱から鍛鉄まで小規模ながら一貫した「鉱業」が継続していた。現在でも鉄資源は枯渇していないが、製鉄業は成立していない。イオウを含んだ水は羊毛の洗浄に用いるためのものである。

工業[編集]

工業は、繊維業、紙巻きたばこ製造、家具製造業を中核とする。繊維業では、レス・エスカルデスの羊毛で織ったスカーフ毛布が著名である。アンドラの輸出額に占める工業製品の比率は90%に達する。内容は自動車精密機械などで、いずれも軽微な加工に留まる。工業製品に分類される輸出金額は5700万ドル(2002年時点)である。

情報通信[編集]

テレビ局ラジオ局がある(RTVA)。郵便はフランスおよびスペインの郵便局が配達、アンドラ国内の送料は無料。街中に両国の郵政公社によるポストが設置されている[6]インターネットの国別ドメインは.adである。

交通[編集]

国内の交通は自動車とバスオートバイが一般的である。スペインとフランスとの間は幹線道路で結ばれており、特にバルセロナとの間には、高速道路が一部完成していることから交通量も多い。空港鉄道はない。ヘリポートは存在する。

国民[編集]

国籍はスペインが37.4%、アンドラが35.7%、ポルトガルが13.0%、フランスが6.6%、その他が7.3%である(2004年時点の公式統計)。

言語[編集]

言語は公用語カタルーニャ語である。その他、スペイン語フランス語ポルトガル語などが使われている。

宗教[編集]

国民のほぼ大半がカトリック教会の信者である。

文化[編集]

世界遺産[編集]

ユネスコ世界遺産の文化遺産としてマドリウ=ペラフィタ=クラロ渓谷が登録されている。

祝祭日[編集]

日付 日本語表記 現地語表記 備考
1月1日 元日
1月6日 公現祭
3月14日 憲法の日
移動祝日 聖木曜日
移動祝日 聖金曜日
移動祝日 復活の月曜日 復活祭の翌日
5月1日 メーデー
移動祝日 主の昇天 復活祭(イースター)の40日後
移動祝日 聖霊降臨祭 復活祭(イースター)の50日後
移動祝日 聖霊降臨祭後の月曜日 聖霊降臨祭の翌日
6月24日 洗礼者ヨハネの祝日
8月第一土曜日 アンドラ・ラ・ベリャの日
8月15日 聖母の被昇天
9月8日 国家の日
11月1日 諸聖人の日
11月4日 聖チャールズの日
12月8日 無原罪の聖マリアの祝日
12月24日 クリスマスイブ
12月25日 クリスマス
12月26日 ボクシング・デー
12月31日 大晦日

スポーツ[編集]

スキーをはじめとしたウィンタースポーツのほか、自転車競技などもさかん。2010年の3月1日から7日まで、山岳スキーの世界選手権が開催された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]