ノルウェー中央銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Norges Bank
企業形態 政府関係機関
業種 中央銀行
設立 1816年6月14日
本部 ノルウェーの旗ノルウェーオスロ
事業地域 ノルウェー
代表者等 Svein Gjedrem (総裁)
従業員数 589名 (2009年12月31日現在)[1]
株主 ノルウェー財務省
ウェブサイト www.norges-bank.no
Norges Bank

ノルウェー銀行(ノルウェーぎんこう、ノルウェー語Norges BankあるいはNoregs Bank)は、ノルウェー中央銀行。中央銀行の伝統的政策である金融システムの安定と物価の安定のほかに、ソブリン・ウエルス・ファンドであるノルウェー政府年金基金を運営する。ノルウェー王国の中央銀行であることからノルウェー中央銀行と記述されることもある。

2009年12月31日現在、ノルウェー銀行は589名の従業員を有する。経営陣すべて、ノルウェー国会の決定の後に、ノルウェー国王ハーラル5世が任命する。理事会の議長であるSvein Gjedremはノルウェー中央銀行の総裁(Central Bank Governor)である。総裁と副総裁は毎年、ノルウェーで起きた多くの出来事についてスピーチを行う。

投資部門[編集]

Norges Bank Investment ManagementNBIM)はノルウェー銀行の別部門であり、ノルウェー政府年金基金を運営する責任を負う。NBIMはノルウェー中央銀行の外貨準備も運営する。NBIMは世界的に、証券市場や金融市場に投資している。

歴任総裁一覧[編集]

歴任総裁一覧は以下のとおりである[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ About Norges Bank”. Norges Bank. 2010年3月6日閲覧。
  2. ^ Leaders of Norges Bank's Executive Board”. Norges Bank. 2010年3月6日閲覧。

外部リンク[編集]