ハンガリー国立銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンガリー国立銀行
Magyar Nemzeti Bank (ハンガリー語)
ハンガリー国立銀行本店
ハンガリー国立銀行本店
本店 ブダペスト
位置 北緯47度30分12.78秒東経19度3分8.32秒
設立 1924年5月24日
総裁 シモル・アンドラーシュ
ハンガリーの旗 ハンガリー
通貨 フォリント
ISO 4217 コード HUF
ウェブサイト www.mnb.hu

ハンガリー国立銀行(ハンガリーこくりつぎんこう、ハンガリー語Magyar Nemzeti Bank)はハンガリー中央銀行。ハンガリー国立銀行の主たる目的は物価の安定である。また通貨フォリントを発行し、通貨量の調整、中央銀行の基準金利の設定、公式の為替レートの発表、為替レートに影響を与える外国通貨と金の準備の管理といった業務を担い、ハンガリーの金融政策を統制している。

ハンガリー国立銀行は中期のインフレターゲットを3%前後に設定している。この設定率はヨーロッパの一般的なインフレターゲットよりも若干高いものとなっており、これはハンガリーがほかのヨーロッパ諸国の物価水準に並ぶための措置とされている[1]

総裁は任期が6年で、首相の提案を受けて大統領が任命する。ハンガリー国立銀行の最高意思決定機関は金融理事会である。本店の建物はブダペスト中心部のホルド通りにあり、隣にはアメリカ合衆国大使館が設置されている。

ハンガリー国立銀行の設置根拠となる中央銀行法によれば、ハンガリー国立銀行の主たる目的は物価安定の維持であるとされている。またその目的に反しない限りで自由に金融政策を実施して政府の経済政策を支えることができる。

ハンガリーは2010年のユーロ導入を計画しており、ハンガリー国立銀行は中央銀行としての多くの権能が制限されている。しかしハンガリー国立銀行の指導部は、緊縮財政によりハンガリーの経済成長が鈍化しかねないとしている[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Medium-term inflation target” (英語) (プレスリリース), ハンガリー国立銀行, (2005年8月22日), http://english.mnb.hu/Engine.aspx?page=mnben_monet_kozlem&ContentID=7161 2008年6月15日閲覧。 
  2. ^ Hungary's central bank chief urges Euro but warns of CPI, budget dangers”. Thomson Financial (2008年4月14日). 2008年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]