中国人民銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国人民銀行
中国人民银行 (簡体字)
中國人民銀行 (繁体字)
中国人民銀行
中国人民銀行
本店 北京市西城区成方街32号
位置 北緯39度54分28.9秒 東経116度21分36.3秒 / 北緯39.908028度 東経116.360083度 / 39.908028; 116.360083
設立 1948年12月1日
総裁 周小川
中華人民共和国の旗 中国
通貨 人民元
ISO 4217 コード CNY
ウェブサイト www.pbc.gov.cn
前身 中華民国中央銀行

中国人民銀行(ちゅうごくじんみんぎんこう, Zhongguo Renmin Yinhang, 英語名称People's Bank of China)は中華人民共和国中央銀行である。

中国銀行(Bank of China)は市中銀行(旧外国為替専門銀行)である。

沿革[編集]

1948年12月1日華北人民政府によって河北省石家荘に設立され、1949年中華人民共和国樹立にともない北京に移った。社会主義計画経済の下ですべての銀行が国有化され、中国人民銀行が中国の唯一の銀行(国家銀行)として中央銀行機能と市中銀行機能を併せ持った。

1979年以降の経済改革のなかで次第に市中銀行機能を分離していった。1992年までは国家銀行から中央銀行への移行期とされる。1993年国務院が金融体制改革を決定し、1995年全国人民代表大会が「中国人民銀行法」を制定して、中央銀行機能に特化することが規定された。

1998年米国の連邦準備制度をモデルとする大規模な機構改革を実施し、すべての省、地方支店を廃止、全国9地域支店に統合された。これは各省幹部の介入を避ける目的がある。

歴代行長[編集]

幹部[編集]

  • 副行長(5) - 胡暁煉 劉士余 馬徳倫 易 網 杜金富
  • 紀委書記 - 王洪章
  • 行長助理(3) - 李東栄 郭慶平 金琦

主要業務[編集]

  • 貨幣政策の制定と執行
  • 金融市場の監督
  • 人民元の為替レート決定を含む外国為替管理
  • 人民元の発行
  • 国庫経理など

分支機構[編集]

駐外代表機構[編集]

外部サイト[編集]