オランダ銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オランダ銀行
De Nederlandsche Bank (オランダ語)
本店ビル南側 本店ビル北側
本店ビル南側 本店ビル北側
本店 アムステルダム
設立 1814年
総裁 クラース・クノット
オランダの旗 オランダ
ウェブサイト www.dnb.nl
継承 欧州中央銀行 (1999)1
1 オランダ銀行自体は存続しているが、中央銀行としての多くの機能は欧州中央銀行が継承した。

オランダ銀行(De Nederlandsche Bank、DNB)とは、オランダ中央銀行で、欧州中央銀行制度を構成する銀行のひとつ。設立は1814年。オランダ銀行はオランダのABNアムロ銀行を指すこともあり、オランダ中央銀行とも表記される。

経緯[編集]

1998年5月2日欧州連合に加盟する11か国が1999年1月1日をもって経済通貨同盟へ移行することを決定。この移行国にオランダも含まれており、1998年6月1日にオランダ銀行、ドイツ連邦銀行が欧州中央銀行制度に組み込まれた。同日、「1998年オランダ銀行法」が発効され、約185年におよぶオランダ銀行の歴史は新たな局面へと入り、1999年1月1日よりユーロが導入された。

役割[編集]

それまでの1948年オランダ銀行法にかわって「1998年オランダ銀行法」では、以下の役割を果たすことが定められている。

  • 欧州中央銀行制度の枠組みにおいて欧州連合の金融政策を実行し、それに貢献する。物価安定を目的とし、その目的を損なうことなく欧州連合の経済政策を支える。
  • 外貨準備の維持、外国為替操作の実行を管理する。
  • 統計資料の収集と作成を行う。
  • 資金決済の円滑化を促進し、資金循環を取り計らう。
  • 国内金融業の監督を行う。
  • 王法に従い、公共の利益に寄与する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]